「耶馬美人」の歴史的銘柄
大分の米焼酎の逸品・・・旭酒造の『耶馬美人』をご存知ですか・・・。
とあるコンビニ(元酒屋)で、「耶馬美人」の歴史的銘柄にめぐり合いました。

c0001578_13535539.jpg■『耶馬の露』
「耶馬美人」の元祖となる昭和30年代のモノとのこと。当時でも純米古酒として販売していた銘柄です。一升瓶の栓は、王冠。開けてみたい・・・。非売品でした・・・ざんね~ん!

■『旭菊』
元々の看板銘柄です。耶馬美人(米)は、米・米麹の純米焼酎ですが、この姉妹品は、米・米麹・麦麹との原材料表示がありました。地元の古くからのご贔屓には現役だとか・・・。

蔵元の銘柄への思いも伝わってきました。
大分といえば・・・麦焼酎と思っていましたが、粕取焼酎、米焼酎もちゃんとあって、その中で培ってきた醸造技術が・・・今に繋がっているんでしょうなあ。

酒販量販店ではない・・・古くからの酒屋さん・・・蔵元との長いおつきあいの歴史を垣間見れて・・・思わず「旭菊」を買っちゃいました。飲んだ味わいの感想は・・・また後日・・・
by project-beppin | 2004-11-27 13:59 | 焼酎文化考
<< 水餃子とマグロやまかけに「豊後... 兼八だけではありませんぞ!・・... >>