オムレツをつっつきながら・・・「赤嶺」
今日は早めに帰ることができました・・・で、“グラタン”がまだできてないそうです。

c0001578_20442946.jpgハイッ・・・と出されたのは・・・オムレツですかぁ。
ちょっと果実のような香りでアルコール感がしっかりした『赤嶺』・・・
“生”で飲もうっと・・・。

熟したような微香に誘われ・・・口に含むと・・・どこかで嗅いだようなフルーティーな味わいが鼻腔に抜けていきます。ホント“果実蒸留アルコール感”とでも言いたい心地よい刺激が喉越しにも・・・余韻にも・・・印象深く感じられます。
“生”でも旨いですが・・・“ロック”で味わうと甘旨さがまた際立ってきます。

オムレツの中は半熟で・・・小さく刻んだ鶏肉やピーマンの胡椒加減もほど良く・・・ケチャップも絡めば・・・なかなかです。意外と、この焼酎によく合ってましたよ~。

■「赤嶺」(赤嶺酒造場:大野郡/常圧:麦・麦麹)25度・・・スムース旨口タイプ
 微かな果甘香、空想の果実の鼻腔に抜ける香りと甘みのフルーティーな旨口タイプ。喉越しと後口に心地よいアルコール感が余韻を残す美品。
by project-beppin | 2005-02-04 20:47 | 大分麦焼酎
<< 佐伯の焼酎1:地産地消が醸す味... わが家で再現・・・“さぬきうどん” >>