「千灯明」の光景・・・籠灯りの“枯山水”
昨夜、雨天延長となった別府公園の「千灯明」・・・今夜、興味津々で会場に向うと・・・無料開放の駐車場は、ほぼ満車状態・・・月曜日ですから、県外観光客は少なめですが・・・多くの市民や家族連れの“光”園散歩・・・。

c0001578_1364789.jpg

c0001578_1371965.jpg今年の目玉は・・・当然、この“青竹の籠岩”のある“竹のインスタレーション”・・・。

この光景を知らずに訪れたカップルも・・・携帯やデジカメで思わず記念撮影・・・。三脚を立てたアマチュア・カメラマンの方々もこの場所に集中していて・・・光を捉えるアングルと露出を思い思いに探っています・・・。

中から解き放たれる光が・・・“籠目”のシルエットに有機的な容を与え・・・“光る岩”の如く浮かび上がらせて・・・見る人を惹きつけるこの空間構成・・・まるで、竹林の奥行きを幽玄な屏風に見立てた・・・籠灯りの“枯山水”・・・。

“別府竹工芸”が世界的にも注目されて・・・欧米では“コレクター”まで存在するという理由は・・・こんな独創性を自由に操れる技能と感覚が脈々と受け継がれているからなのかもしれません・・・。

これも・・・正しく、別府の“地霊を宿す文化”だと思うのは・・・私だけでしょうか・・・。




c0001578_1384030.jpgもう、ここからは、言葉よりも・・・イメージでお楽しみ下さい・・・。

c0001578_1385388.jpg

c0001578_139524.jpg

c0001578_1391758.jpg

c0001578_1393018.jpg

c0001578_140032.jpg

c0001578_140138.jpg

c0001578_1402560.jpg
by project-beppin | 2007-04-03 01:42 | 大分の風土・行楽
<< 米の甘みが“純酔ロック”・・・... 別府公園の“竹景”・・・“別府... >>