常飲の“竹酒”・・・焼鳥“鷹城”
先週、日田で“飲み会”に参加しました・・・。日田ん“地元んし”が“安くて旨い”と口を揃える“鷹城”・・・。

c0001578_246410.jpg野朗6人が座敷席・・・乾杯!の“生ビール”後は“鳥刺”、“串焼”などの“盛り合わせ”を皆でつっつくという飲み喰い・・・。

確かに“鳥刺”も“串焼”も“レバ韮”も・・・“安くて旨い”が大正解でした・・・。

そして、この店の“酒の名物”は?というと・・・これです・・・“竹酒”・・・。

注文してから切って仕立てた青竹の節間に清酒三合を注いで直火にかけた“カッポ酒”・・・清酒は、もちろん地酒“薫長”・・・竹香を纏った“ぬる燗”を“竹猪口”でクイッと飲むと・・・これが旨い!・・・。

燗酒がよく出る冬場は・・・ほとんど毎日のように伐りに行くというこの真竹(マダケ)の新鮮な彩り・・・気取らずにいつでも飲めるというのが・・・さすが・・・。

竹を直火で焦がしながら炙る加減も、竹筒の注ぎ口の仕立ても慣れたもの・・・野趣に富む“竹酒”の旨さを知っている“地元ん呑助”達が納得するはずです・・・。

■ 鳥刺・焼鳥・竹酒:鷹城/日田市三本松




c0001578_2461821.jpg“盛り合わせ”で出された“鳥刺”・・・“柚こしょう”醤油を付けながら食べると旨いのなんの・・・。

ささみ、もも、砂肝とともに“ダチョウの刺身”も・・・あっという間にこの状態・・・(笑)。


c0001578_2464251.jpg“串焼”は・・・アスパラ巻、しし唐、えのき巻、椎茸、つくねなど・・・“鳥串”以外の種類も豊富で旨い・・・。


c0001578_247419.jpg隠れた名物はこの“レバ韮”・・新鮮なレバーの滋味な旨さとエグ味の無い韮のシャキシャキ感・・・高温で炒めた油にも香ばしさがあって・・・これまた“メチャ旨”・・・。


c0001578_247258.jpg“竹猪口”・・・竹の断面部を小刀で削って、“竹酒”を飲みやすくしたこの一工夫・・・もてなしの“心遣い”とは、このことでしょうな・・・。
by project-beppin | 2007-04-06 02:50 | 美食の街
<< 豊後歳時記・・・春花“西国三葉躑躅” 米の甘みが“純酔ロック”・・・... >>