“焼きモノ”の醍醐味・・・炉ばた焼“伸永”
昨日(11日)・・・久しぶりに都合が合った知人と二人で“街飲み”へ・・・。

c0001578_1442568.jpg小洒落た居酒屋もいいのですが・・・奇を衒うことなく、旨いモノを旨く出してくれる“ろばた焼”の老舗と言えば・・・“伸永”(のぶなが)・・・。

無論、ネタが良く、当たり外れの無い安堵感が支持されてオヤジたちの“溜り場”・・・カウンター席も空きがないほど・・・。

この日の気分は・・・魚介類の“焼きモノ”を肴に一杯・・・まずは“車海老”で生ビールを一杯・・・。

“焼きモノ”の醍醐味は・・・ネタの新鮮さもさることながら、“振り塩”と“焼き加減”で決まります・・・。香ばしくも身が硬くなり過ぎない肉質感を持つ“車海老”・・・納得の旨さです・・・。

その後は、“鰯”や“椎茸”と“モツ鍋”を「黒霧」20°の“ロック”とともに・・・。

旨い肴とともに二人で飲む時の“居酒屋談義”・・・戯言のようで、実は真面目な仕事の話題、時事展望、人生観・・・“酔い心地”の中にも“明日へのヒント”があったりします・・・。

■ 炉ばた焼:伸永/別府市北浜

※ ご覧戴いている皆様!・・・“春のランキング・UP・キャンペーン”ということで・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。現在のところ・・・皆様のおかげで40位前後です。




c0001578_1455678.jpgまるまるとした“鰯”は・・・“カボス”を搾って“大根おろし”であっさりと・・・。


c0001578_1465799.jpg云わずと知れた“焼椎茸”・・・生椎茸に醤油ダレを薄く塗りながら焼いてくれる丁寧な味です・・・。


c0001578_1473062.jpg仕上げの“モツ鍋”・・・この味噌出汁にはコクもあり・・・野菜の甘みやモツの旨みも凝縮されている感じ・・・。
by project-beppin | 2007-04-12 23:54 | 美食の街
<< Shot “GIN” form... 芳醇なスウィート・ビターが冴え... >>