佐伯の焼酎3:ニッポン!ニッポン!・・・ポーク・ステーキと「麦美人」
サッカー・ワールドカップ・アジア最終予選の初戦・・・辛勝・・・よくヤッタ!小笠原!大黒!
稀に見る好試合でしたねェ。 家族で一喜一憂、ワォ~!ヨッシャ~!と同調して声を上げるTV観戦なんて・・・最近あんまりないですもんねぇ。家族の連帯感を久しぶりに実感・・・。

c0001578_084235.jpgそんな試合の途中でしたが・・・佐伯のもうひとつの蔵元、大地酒造さんの『麦美人』20度ワンカップのキャップを開けて・・・そのまま“生”で飲みながら・・・行け~高原~!アァ~。。。

典型的な大分のドライ淡麗・・・香りはほとんどない癖のない味わい・・・旨甘みがあって、喉越しのアルコールの刺激も適度にきっちり・・・私にとっては昔ながらの味わい・・・コレコレ・・・

メイン・ディッシュは・・・“ポーク・ステーキ”・・・ニンニク醤油の煮詰まったソースの香りと脂っ濃さが食欲を誘います。白身魚のフライにも・・・このソースをつけましょう・・・おっ、いいじゃんこれも・・・。

なんて思いながら・・・ヤキモキした後半終了間際のロスタイム・・・ウォッシャー!(思わず立ち上がりました)・・・大黒!ナイス!グレート!ファンタスティック!
何がいいかって・・・こんなときの晩酌焼酎は・・・そりゃ~堪らんですわ~・・・

■「麦美人」(大地酒造:佐伯市/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
ツン・ピリも穏やか、クセがない心地よい甘さも、喉越しで主張するアルコール感も重たくない後口につながる淡麗タイプ。食前、食中、食後を問わず味わえる典型的な大分の味わい。
by project-beppin | 2005-02-10 00:13 | 大分麦焼酎
<< 佐伯探訪(その4):港と海の情... 佐伯探訪(その3):素朴な市街... >>