“蛮カラ”な焼酎専業蔵・・・小野富酒造
先日、“臼杵紀行”に出かけた後で・・・HAKUDOU師匠にご案内いただきながら佐伯市街地を廻ると・・・R217号線から“駅前町”の路地を入ったところに・・・有名な“小野富酒造”がありました・・・。

c0001578_042514.jpg今では静かな十字路の角地を埋め尽くすように連なる一面の白い蔵壁・・・四角く覆われた煙突の佇まいは・・・正に、100年以上続く佐伯の“焼酎専業蔵”らしい“老舗の風格”・・・。

HAKUDOU師匠が若かりし頃・・・焼酎を“アメリカに輸出する”という“挑戦”に積極的だったとされるこの蔵には・・・その当時、「Mutekku」という銘柄があり・・・その味わいにも佐伯らしい“蛮カラ”な風土が宿っています・・・。

特有の味わいの“The 豊後の米焼酎”とも言うべき「天下無敵」と・・・旨い麦焼酎「豊後むぎ」を柱に・・・“米・麦混和”の「六富蔵」、「なずな 無敵」などは・・・この蔵の“定番”焼酎として・・・熱烈なファンがいます・・・。

その上・・・この蔵に眠る長期樽貯蔵の“三勇士”・・・米焼酎「古樽楽」、麦焼酎「独歩」・・・そして、これらの“三十年古酒”をブレンドした米麦混和「男の港」・・・どれをとっても樽モノ焼酎の“到達点”ではないかと・・・。

この蔵の“雄姿”を眺めながら・・・その醸し続けた幾年月と刻まれた味わいを思い出せる幸せ・・・“地霊”とは、そういうものではないでしょうか・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_0423154.jpg

c0001578_043110.jpg


by project-beppin | 2007-07-06 23:44 | 焼酎文化考 | Comments(4)
Commented by いで at 2007-07-07 11:48 x
酎州さん
おお、思わず「出たー」と叫ぶところでした。いいですね、小野富酒造!

PCの画面から棚に目を向けると「古樽楽」と空になった「男の港」が並んでいます。
おっしゃるとおりこれは樽モノとしては秀逸です。

ところでもう一本、佐伯出張のおりに後輩が買ってきてくれたもので「道の駅やよい」というタグの掛かった「豊の秘蔵酒」というのも並んでいます。
原料からみると中身は「古樽楽」のようでありますが。

「道の駅やよい」というのは佐伯あたりにあるのでしょうか?
Commented by 酎州大分 at 2007-07-07 13:04 x
いでさん・・・横浜大選集2007・・・お疲れ様でした・・・。

満を持して、出ましたねェ~(やっと、出せたんですが・・・)小野富酒造・・・(笑)。

いでさんがこの蔵を訪ねた当時の雰囲気と味わいの記憶を・・・この蔵の風景で思い出していただけたようで・・・何よりです・・・。

いでさんからお教えいただいたとおり・・・豊後の“米焼酎”の旨さと“樽モノ”の味わいという意味では・・・信念のある個性がありましたからね・・・「古樽楽」と「男の港」・・・。

“道の駅やよい”・・・R10号線沿いの番匠大橋手前にありまして・・・佐伯市内の蔵元の銘酒、銘酎が手軽に買えます・・・。番匠川の“鮎うるか”なども・・・所在地は↓
http://www.city.saiki.oita.jp/michinoekiyayoi/index.html

「豊の秘蔵酒」?・・・ここのところ、小野富さんの“ラベル換え”が各地に多く出回ってましてですね・・・(笑)・・・麦焼酎“天下夢滴”なんてのもあります・・・(爆)。
こんなところも・・・“蛮カラ”な蔵元らしさなんですよ・・・。
Commented by いで at 2007-07-10 02:43 x
道の駅は、いいですね。大抵、その地の銘酒が並んでいるので。
やはり佐伯近くだったんですね。>やよい

よくよく見たら、豊の秘蔵酒「天下無敵」・・・ってなってました。一合のちっちゃい瓶に入った酒です。
道の駅の売店の棚に並んでいる様子が想像されて、急に愛着が出てきました。

ところで、小野富さんの「ラベル換え」、確かに色々出てる感じです。竹田で捕獲したのがうちのどこかにあるんですが、銘柄名がよくわからない。例の「貯蔵30年以上の原酒を中心に過去の思い出に残る数々の製品の中から・・・」というくだりの説明文は一緒でしたが。
宝探しのような楽しみもあるということですね(笑)。
Commented by 酎州大分 at 2007-07-10 21:15 x
いでさん・・・道の駅“やよい”は、南海部郡弥生町でしたが、合併で佐伯市になりましたから・・・新市内にある蔵元の代表的な銘柄が手頃な4~5合瓶で並んでます・・・佐伯の小野富酒造、大地酒造、直川のぶんご銘醸、宇目の小椋酒造など・・・地蔵のモノが・・・。
また、その秘蔵酒のような一合瓶もあって・・・観光バスの乗客向けというか、お土産向けというか・・・一服休憩の立ち寄り買いには重宝します・・・。

“ラベル換え”・・・観光地小売向けの場合と企画モノの場合があるのですが・・・前々から、気がかりなぐらい多い!のが大分の特徴でしょうか?・・・“銘柄”が“ブランド”にならず、苦戦した時代の名残りかと思いきや・・・“新銘柄”でさえ、いくつも“同時発売銘柄”で出回ったりしますからね・・・蔵によっては・・・。

その旨さを知っている輩には、正に“宝探し”ですが・・・その旨さを味わったことのない輩に買ってもらうには“下手な鉄砲も数打ちゃ・・・”的にという発想かと・・・。これも“良かれ悪しかれ”だと思う今日この頃です・・・(笑)。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 無垢な麦焼酎・・・6銘柄(その17) “冷酒”の真骨頂・・・本醸造「... >>