夏宵の“Venus”・・・宵の“明星”
昨晩(15日)・・・晩酌途中に所用が入り、散歩がてらに出かけ・・・台風の“なごり風”が吹く涼しい朝見川沿いから・・・“鶴見岳”を眺めながらの帰り道・・・。

c0001578_1332879.jpg空気の澄んだ宵闇が深まる19時半過ぎ・・・西の方角となる宵空の“一番星”・・・一際明るく煌く“宵の明星”に出会えました・・・。

“宵の明星”・・・丁度、今頃が最も明るい光度だそうで・・・正に、夜空の“女神(Venus)”という輝き・・・。

帰り着いて・・・早速、家族にこの美しい夏宵の“金星”を報告したのですが・・・愚息どもは、全くの無関心・・・(チッ!)。

オヤジは・・・もう一度、朝見川沿いまで戻り・・・撮影・・・。

結局、“どれどれ”と言いながら見に出かけたのは女房殿だけ・・・その煌きに“宝石みたい、きれい、キレイ”と感動してました・・・さすが、我が家の“ビーナス”です・・・(ヨイショ!)。

♪ あれからぁ~  ぼくたちはぁ~ 
  何かをぉ 信じてこれたかなぁ~
  夜空のぉむこうにはぁ~
  明日が もぉう 待っているぅ~ ♪
   (SMAP:夜空のムコウ)

今夜も(雲さえなければ)・・・皆さんの地域でも西の空に見ることができると思います・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_1334031.jpgホント・・・台風の後の澄みきった空気だったからでしょうか・・・夜空の“宝石”・・・最も明るい光度の“明星”・・・“平凡”ではありません・・・(古っ!笑)。

実は、よく見ると・・・月と同じく太陽光を反射している“金星”の輝きですから・・・“満ち欠け”しているんだそうです・・・。
by project-beppin | 2007-07-16 13:06 | 大分の風土・行楽
<< “しゅぱぁっ~”と円みの辛口・... “古酒”の“豊潤”コクと“爽風... >>