飲みやすくなった“ウィスキー?”・・・「ブラックニッカ クリアブレンド」
今日、晴れていたのですが風は“木枯らし”・・・寒さを連れて来たような一日でした・・・。今夜(18日)まで、紅葉の“竹楽”・・・我が家は、結局、なんだかんだで今年も行けなかったのですが・・・昨夜、竹田に出かけたという知人から「今年の紅葉は、昨年以上に綺麗だった」と聞きました・・・。

c0001578_2241633.jpg今夜は、女房殿も所用で出かけていたので・・・結局、晩ご飯の“おかず”の買出しを頼まれたオヤジの選んだ“お惣菜”で夕食・・・。

“揚げ物とか、焼き物ばっかり~!”とお叱りは受けましたが・・・まぁ“あとの祭り”・・・“塩焼き鳥”と“マイタケかき揚げ”・・・確かに食卓に並ぶとオヤジの“晩酌”のアテです・・・(笑)。

先日から飲んでいるのは・・・ちょっとした“浮気ごころ”で『ブラックニッカ クリアブレンド』・・・それも“ホット・ウィスキー”で・・・。

飲んでみた感想は・・・その昔に飲んだ学生時代の「ブラックニッカ」とは違った印象・・・。なんていうか?そのぉ~・・・“飲みやすい”んです・・・。

“ウィスキー”ですから樽の苦い“スモーキー”な香りと風味がないと言えば嘘になるんですが・・・“ピート”を使用しない香味だということで・・・スッキリした口あたりの苦甘みと言っていいと思います・・・。

この“飲みやすさ”は・・・まるで“樽モノ麦焼酎”に“近付けよう”としているのではないか?と思ってしまうほど・・・つまり、こうやって“食中酒”として割って飲むのに向いています・・・。

ウィスキー好きの方には、“これはウィスキーじゃないね”と言われそうですが・・・“樽モノ麦焼酎”好きの方には“これも旨いのぉ~”と思われそうな酒質設計と診ました・・・“和食”にあわせるという食中狙いの“ウィスキー”・・・そんな時代の味わいなんでしょうね・・・。




c0001578_2311775.jpg“とり皮”・・・この鶏皮にのみ許された弾力と香ばしく焼かれた塩焼き脂旨み・・・。

私は・・・“柚子こしょう”をつけて食べるのが好きですね・・・。

c0001578_2313157.jpg“ウィスキー”が、食中酒となるために“ピート香味”を捨てたのか?・・“樽モノ”焼酎党からすれば、“スモーキーな樽モノ”が新たに加わったと捉えるべきか?・・・悩むところです・・・。

こうやって陶器の湯呑で飲めば・・・“ホット・ウィスキー”ではなく“ブラックのお湯割り”でしょ?・・・(笑)。

“酒用文明”も“カオス”の渦に飲み込まれて・・・“変容”し始めてます・・・。
by project-beppin | 2007-11-18 23:00 | 異郷酒晩酌伝
<< “豊後名山”秋景(その1)・・... 深秋の“源流”紀行(その3)・... >>