“ねぎ盛り放題”のあっさりとんこつ・・・むさし「ラーメン」
昨日(21日)は、夕方から久しぶりの雨・・・降りだしたら止まぬ感じの“冬至”となりました・・・。今年は“ホワイト・クリスマス”にはほど遠い“クリスマス HANABI ファンタジア”になりそうです・・・。

c0001578_256512.jpg仕事で“国東”へと出かけた“師走”の平日・・・“風土”の宿るラーメン店に立ち寄ったのでした・・・。

空港からまっすぐ国東方面へと抜けたR213号線沿いにあって・・・旧武蔵町の“武蔵港”にほど近い・・・ラーメン店“むさしラーメン”・・・。

丁度、昼時・・・作業着やネクタイ姿の“働くオイさん”達が埋め尽くすという店内・・・空いたばかりのカウンター席に陣取り・・・一見客で初顔となるこのオヤジは、いつものようにその店の定番・・・つまり、シンプルに「ラーメン!」と注文・・・その直後、隣の席のオイさんが食べてるのを見て、直感的に“旨そう”と思ってしまい・・・「大盛にして!」と追加注文・・・。

ここは、各自の好みで“後載せ”できるトッピング薬味が4種・・・通常の“紅生姜”と“辛子高菜”のみならず、“醤油漬けにんにくスライス”と“武蔵ネギ(大分味一ねぎ)”も載せ放題・・・さすが“小葱生産地”のラーメン屋というサービスが、オヤジ心を擽ります・・・。

カウンター越しに出て来た“ラーメン”は、“モヤシ”、“チャーシュー”、“玉子”、“海苔”という至ってシンプルなもの・・・“薬味葱”が堪らなく好きなオヤジは、もちろんこの刻み“武蔵ネギ”と“辛子高菜”をトッピング・・・午後の仕事で訪ねる先様のことが脳裏に浮かび“醤油漬けにんにくスライス”は断念・・・。

箸を割って、先ずスープを啜ると・・・これがなんとも、あっさりとした“とんこつ”・・・“塩とんこつ”とでも表現したくなるようなスープに絡む淡白なカンスイ系“細麺”をズッズーと口中で噛み締めると・・・調和のとれた“白湯(パイタン)”な味わい・・・こりゃぁ、旨い・・・。

シャキシャキ感のある“モヤシ”や刻み“武蔵ネギ”の食感も上出来・・・。“チャーシュー”も味付けが塩加減のみという肉の旨みを伝える風味で・・・“玉子”の黄身も見事に全体の風味を整えている感じ・・・。

麺とともに“海苔”と“辛子高菜”を溶くように泳がせて喰らう中盤の旨さもなかなかどうして・・・。

終盤ともなれば、残った少量の麺とこのスープに“紅生姜”を溶いて・・・ピシッと引き締める味わいを楽しめる“口福”感・・・この絶妙な旨さは、最後までスープを飲みたくなる衝動に駆られるほどでした・・・。

■ ラーメン:むさし/国東市武蔵町
by project-beppin | 2007-12-22 23:53 | 美食の街
<< 無垢な焼酎・・・6銘柄(その18) “全麹”ブレンドのコク“芳味”... >>