大分空港の“空弁”・・・「椎茸づくし」
昨日は“春一番”が吹くという時候・・・“花粉”も粉発つように飛んでいます・・・(笑)。天気が好い日は“花粉霞”という“季語”も生まれそうです・・・。

c0001578_10355065.jpg21日(木)・・・仕事の“報告”を行うために大分空港へ・・・搭乗手続き締切時刻にぎりぎり間に合って搭乗口へと・・・。

搭乗待合売店で“椎茸うどん”を啜る余裕もなく・・・俗に言う“空弁”とやらを探したところ、お手頃サイズの“お弁当”・・・「椎茸づくし」が目に留まり、買ってそのまま機内へと・・・。

広島上空で“水平飛行”になったところでこの“空弁”を広げて・・・安堵の昼食と相成りました・・・。

その前何日かは“コンビニ弁当”が主食だったことから考えれば・・・蓋を取ったその中味・・・なんてったて“揚モノ”が小さめの“鶏天”と“肉詰め椎茸”と“椎茸コロッケ”だけという“煮炒めモノ”主体という嬉しさ・・・オヤジには“涙チョチョキレ”モノ・・・(笑)。

中央の“煮付け椎茸”の甘辛さの味付けが疲れた脳裏を癒すような味わい・・・“炊込み椎茸むすび”の薄味に香る“刻み椎茸”の旨さ・・・アッと驚く名物らしさが際立っているわけではないのですが・・・椎茸の多彩な“和む”味わいにこそ、この“空弁”の“本意”があるように思えたのでした・・・。

■ 椎茸づくし(弁当):寿 本舗/大分空港 搭乗口売店

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_10405380.jpgこんな姿で売られてます・・・竹皮で編んだ籠は田舎弁当というイメージでしょうが・・・パッケージは“中国製”ですかね・・・。

c0001578_1041627.jpg“煮もの”充実ぶりに“手づくり”っぽさ・・・“椎茸”だけでなく、蓮根、牛蒡、筍、人参・・・各々きれいに滲みた味わい・・・。

“鶏天”まで薄味で・・・鶏肉本来の味でした・・・。

c0001578_10415212.jpg“炊込み椎茸むすび”の脇に・・・甘い“胡麻和え”水菜と・・・ひとくち“椎茸コロッケ”は少々胡椒が効いた好い味・・・。

c0001578_1042949.jpg“肉詰め椎茸”もひとくちサイズで・・・脂っこくなくてグー!・・・旨いですよ・・・。
by project-beppin | 2008-02-24 10:43 | 美食の街
<< 空路“東海道三景”・・・洛中洛... “ウィスキー・ボンボン”は何処... >>