長岡へ・・・“MAXとき”と「まさかいくらなんでも寿司」
福岡を発って、1時間を過ぎる頃、雪深い大地の新潟県に・・・。

c0001578_22215955.jpg新潟駅からは・・・“MAXとき”で30分足らずの乗車時間・・・。
新幹線ホームで・・・蕎麦を食おうか?と悩んでいると・・・目に飛び込んでくるんですよっ・・・駅弁!「まさかいくらなんでも寿司」と・・・。

買って車内で・・・軽めの夕食ですね。
〆鱒、鮭と蟹のフレーク、醤油漬いくら、玉子・・・日本海のチラシ寿司の四天王の揃い踏み・・・合掌、いただきま~す!

玉子の甘みは、品よく・・・ちょっと酢香が利いた酢飯・・・。いくらは、プツプツ濃~いはじけ方。鮭と蟹のフレークは、ちょっと塩っ辛~い・・・かなぁ。〆鱒は、旨い酢加減・・・。

駅弁に舌鼓も・・・いいもんすよねっ・・・。さあ、長岡に着いたら・・・飲むぞ~。
by project-beppin | 2005-02-24 22:12 | 旅先の酒と食
<< 美酒探訪/長岡・・・その壱:『... プロローグ/旅立ちの一杯・・・「ほ」 >>