無垢な焼酎・・・6銘柄(その19)
今年の上半期冬から夏、主に晩酌した焼酎の銘柄をまとめてご紹介・・・
生で味わい、ロックで飲み、お湯割で酔う・・・以下。

■「余谷物語」(常徳屋酒造場:宇佐市/常圧:米・米麹)25度・・・米焼酎
 米らしい柔らかな風味と香ばしさを宿す香りに、濃醇な甘みと仄かに香ばしい苦みの濃厚でありながら滑らかな米焼酎。味わいの膨らみと割っても崩れない伸びのある潤いが、心地好い飲み応えへの余韻に誘う秀逸品。
■「天領時代おくれ」(井上酒造:日田市/不明:米・米麹・酒粕)25度・・・米焼酎
 仄かに感じる酒粕の甘美な香りが清々しく、米甘みの円やかさに辛口なキレが秀逸な口あたりと純粋で真っ直ぐな味わいが心地よい飲み口。米焼酎を響かせる粕取焼酎のブレンドが光る優品。
c0001578_15143293.jpg
■「虹色おいさん」(八鹿酒造:九重町/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 清々しい濃吟な香気、口中で転がるシャープな辛口に鼻腔まで甘みを持った濃口な味わいが響き渡る風味の骨格がしっかりした淡麗タイプ。辛口な響きと甘みの余韻が交錯して共鳴する優品。
■「むぎゅ」(ぶんご銘醸:佐伯市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 爽やかな微香、口中に広がる麗しい辛口のキレと吟醸のシャープな放香に包まれる旨さを持った口あたりの淡麗タイプ。ほのかな甘みの奥に秘めた余韻のアルコール感が心地よい美品。
■「がまだす」(老松酒造:日田市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 吟香の甘麹な香気、口中でゆるりを主張する特長のある甘みの旨口感に遅れて続くほんわかな辛口の旨さが優しい淡麗タイプ。口あたりの吟麹の印象が響きながら穏やかな喉ごしの余韻が漂流する優品。
■「一(ひとあじ)」(西の誉酒造:中津市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 磨かれないと味わえない麦の福与かな吟醸香に、滑らかな口あたりと雑味のない清流のような辛口旨みが柔らかな甘みが、明確に味わえる淡麗タイプ。爽やかな風味の奥行きと円やかさのキレに透明感を響かせる秀逸な減圧蒸留の逸品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して70位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。
by project-beppin | 2008-07-21 15:16 | 晩酌焼酎(INDEX)
<< “売県奴”たちの“貧性”・・・... “国体”の迎え酒・・・“かぼす... >>