黒麹常圧の“ブラ・コン”・・・「黒むぎ 杜谷」
いやぁ~、今日(26日)も暑かったぁ~・・・日田中津では“祇園祭り”ですし、別府も“夏の宵まつり”の“ワイワイ市”などが開催となっているこの週末・・・暦通り“大暑”そのものですね・・・。

c0001578_8491757.jpgそれでなくても、例年にも増して“暑苦しい”オヤジ・・・朝夕の新聞で“組織ぐるみの口利きルート”と“6割が口利き採用”との報道を読み、さらに“ヒートアップ”・・・広い額からは汗と怒りが噴出・・・カッカしながら“行水シャワー”しても“自棄意思に水”ってな感じ・・・(笑)。

女房殿もこの暑さには、“夏バテ”気味・・・タレ焼き“焼鳥”と“枝豆”の“できちゃってるフード”で夕食・・・。

昨日、買ってきた焼酎は・・・久しぶりの常圧ガツン系“黒麹”仕込み・・・麦焼酎の深化する味わいの『黒むぎ 杜谷(もりや)』・・・。

先ずは、“生”でその芳醇な旨味を口中で転がしてみましたが・・・“フルボディー”の味わいが堪能できます・・・。

福与かさが漂う甘香ばしい濃醇香・・・口に含むと同時に、重厚なビター感の苦旨みとコク甘みが複層化して拡散するアルコール感も実に味わい深い・・・喉越しの深い重量感といい、鼻腔に残る余韻の響きといい、黒麹仕込みで常圧蒸留の“典型”とでも申しましょうか・・・“ソウルフル”で“ブラック・コンテンポラリー”な焼酎です・・・。

このあと・・・“ロック”で飲みましたが・・・これは!“氷”の中でホロ苦さを抑えて先行する甘みが“秀逸”で超旨いです・・・。この蔵の焼酎は・・・“なでしこ酵母”の「杜谷」や“オーガニック”な 「狩生」などなど・・・“香り”と“甘旨み”を酒質設計の柱にして“ロック”で飲む焼酎だと思います・・・。その新たな“ブラ・コン”濃厚タイプです・・・。

■「黒むぎ 杜谷(もりや)」(ぶんご銘醸:佐伯市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 黒麹の濃醇な香りに宿る奥行きと口中で膨らむ重厚なビター感溢れるコク深い甘みを思う存分味わえる濃厚タイプ。生で味わうブッラク・スモーキーな酒質の風格もさることながら、ロックで飲めば香ばしい甘みを極めたような旨さに酔いしれる超美品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して70位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_8512252.jpg調理済みタレ塗り“焼鳥”・・・甘いというか、べったりというか・・・こういう暑い日には“炭火塩焼”の方が好みなんですが・・・その手のモノは、少なくて高いそうで・・・。



c0001578_8505682.jpg冷凍モノですが夏の風物詩“枝豆”・・・ビール缶が食卓に出ることは皆無に近いので・・・もちろん、焼酎のアテにしてます・・・(笑)。

夏の塩茹で豆モノの中でも・・・この枝豆は、最も癖がないというか・・・子供達の夕食の“アテ”にもなっていて実は、我が家でも“重宝”しています・・・。

c0001578_8514933.jpg“黒むぎ”とあるように・・・味わいを楽しむ焼酎の中では・・・原料が“麦・麦麹”で“黒麹”仕込みで“常圧”蒸留というのが、最も近年になって現れた“深化”した味わいですね・・・。

“ロック”で飲むなら・・・音楽を聴きながらゆっくりとその“時間”を味わうというのが似合いそうです・・・。

勿論・・・B.G.M.は“ブラック・コンテンポラリー”で・・・。

私は・・・もう少し古い“スモーキー・ロビンソン(Smokey Robinson)”か“テンプテーションズ(The Temptations)”だったりします・・・(笑)。
by project-beppin | 2008-07-27 08:52 | 大分麦焼酎
<< “花火”借景の“屋台村”・・・... “売県奴”たちの“貧性”・・・... >>