葉月上弦の“雨月の会”(その3)・・・番匠川“納涼花火”の宴
今年の“雨月の会”は・・・佐伯の“納涼花火大会”と日を同じくしたという“偶然”の“一期一会”・・・“夕涼み”ならぬ“花火涼み”の宴にと・・・焼酎を抱えて出かけたのであります・・・。

c0001578_0375216.jpg佐伯の誇る清流“番匠川”河畔の広い河川敷がその会場・・・河川敷に100m以上も続く“提灯飾り”と“夜店屋台”が一直線に並ぶ橋下の夜光景に・・・カップル、家族連れ、ダチグループ・・・肩車のお父さんも杖をつくおばあちゃんも・・・一夜限りの夏の思い出を川面に映して楽しもうと・・・溢れんばかりに集っています・・・。

師匠の花火の本意とは・・・“大空高き大玉一発”とのこと・・・潔(いさぎよ)い一瞬の美学こそ・・・美しいと・・・。

そんな師匠の想いとは一味違った印象で始まった“河畔花火”でしたが・・・川面に“光彩”の絵筆を走らせたような・・・水辺の“光芸”を眺めながら飲む焼酎の味わい・・・これも贅沢な時間でありました・・・。

“同期のチューバ”さんが、カチ割った“氷”でいただく“焼酎ロック”・・・旨いです・・・。

上弦の月夜・・・“花火”と“オヤジ”と“焼酎”と“番匠川”・・・「一発、いけっぇ~・・・(ドォ~ン)・・・よっ!ええどぉ~・・・よっ!日本一!・・・」・・・師匠もこの夜ばかりは“二十世紀少年”の頃に戻ってました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して70位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_22213022.jpg風はほとんど吹いていなかったのですが・・・思ったほど蒸暑くなく・・・やぶ蚊も少なく・・・“番匠川”河川敷に“二十世紀少年”が三人・・・“二十一世紀壮年”の大好きな“焼酎”を飲みながら・・・見上げる“花火”です・・・(笑)。

花火の酒宴・・・泡盛「粗濾過 松藤」、ワンカップ芋「三岳」、ワンカップ蕎麦「雲海」もありましたが・・・私は、もちろん・・・麦焼酎「喜納屋」・・・。

“同期のチューバ”さんの割ってくれた氷・・・自ら御手入れして・・・。

c0001578_0302639.jpg師匠の背中越し・・・夜空に光るは・・・“葉月上弦”の月光・・・。
ではでは・・・佐伯“納涼花火”の瞬間芸術の記憶を・・・フラッシュバックするように・・・スライドショウで↓・・・。


c0001578_22233687.jpg“番匠川”河川敷の花火の賑わい・・・一直線に並ぶ“露店”と“提灯”・・・。

佐伯の夏の夜・・・。
by project-beppin | 2008-08-19 00:44 | 大分の風土・行楽
<< “雨月の会”の遠足(その1)・... 葉月上弦の“雨月の会”(その2... >>