美酒探訪/新潟・・・その壱:『柳鰈の汐干』に「越の雄町」
夜の9時を回ってます・・・オヤジがひとりで・・・暖簾をくぐる。
日本海の魚を“肴”に・・・ご自慢の清酒をいただきたいですねぇ。

c0001578_011519.jpgまずは、銘酒の一升瓶が鎮座する看板に誘われて・・・『藤正』というお店の暖簾をくぐります。

「お奨めの清酒を冷やで・・・肴も刺身と焼き物をお奨めで・・・」
一元者が・・・お店に座ったときは、これに限ります・・・。実際、美味しい清酒に疎いのですから・・・

c0001578_031498.jpg女将さん直々にお持ちいただきました・・・『大吟醸 越の雄町』・・・ありがたくいただきます。
一口いただいて・・・「美味しい」と声を出していました。吟醸の気品の味わいとは・・・こういうものなんでしょうねぇ。
清清しい含み香、柔らかい口当たり、すっきりとした清楚な甘み、滑らかな喉越し・・・。意識してないのに・・・スイスイ・・・

その後に・・・ちょっと辛口の『大吟醸 麒麟山』・・・美味しい。

“肴”は、地もの『刺身の盛り合わせ』・・・佐渡の寒ぶり、真いか、ばい貝、真鯛・・・と
『柳鰈の汐干』・・・肉厚でホロッと身離れのよい薄塩の白身・・・。


その後は・・・板場の店主と馴染みのお客さんとともに河豚談義で・・・楽しい時間・・・居酒屋礼讃
by project-beppin | 2004-12-18 00:06 | 旅先の酒と食
<< 美酒探訪/新潟・・・その弐:粕... 美酒探訪/新潟・・・序章:駅前... >>