2005年 04月 02日 ( 2 )
別府八湯温泉祭り・・・春の名物「扇山火まつり」
4月になりました・・・別府に春を告げる・・・“別府八湯温泉祭り”・・・。
メインイベントのひとつ・・・『扇山火まつり』・・・“大地と炎のロードショー”。
春の芽吹きを呼ぶための草原地の山焼きですが・・・京都“大文字の送り火”の別府版とでもいえば・・・その壮大なイメージがお分かりいただけると思います・・・。
c0001578_21431256.jpg
時間とともに移り行く“火の帯”・・・幻想的な炎と大地の芸術とも・・・

今夜は・・・残念ながら小雨混じり・・・火の勢いも例年に比べて小さいようですが・・・見ていると時間を忘れます。
手前右の彩光は・・・鉄輪の“湯けむりライトアップショー”
明日(3日)は、朝見神社で“竹祭り”、駅前通りは歩行者天国で“湯かけ祭り”など・・・桜とともに・・・別府の街が花開きます。市営温泉(竹瓦・永石・浜脇・不老泉・海門寺・鉄輪熱ん湯など)も・・・明日まで無料です。

“夜桜”越しの扇山火まつり
by project-beppin | 2005-04-02 21:48 | 大分の風土・行楽
宴の会席膳:その弐・・・ビール後は「路地裏散歩」
“お造り”をいただいて・・・焼酎にしましょう・・・もちろん、麦焼酎。

c0001578_90583.jpgほ~、ここでは・・・別府らしい焼酎が出てくるんですねぇ・・・『路地裏散歩』
先日、ちょっと紹介した別府PBの銘柄です・・・さっそく、ロックで飲んでいます。

“減圧蒸留造り”とあるようにドライ淡麗タイプ・・・香りはおとなしく、含んで広がるキリっとした甘旨さ・・・やっぱり“宴席の邪魔”をしない味わい。旨い、旨い。


宴席ですから・・・膳前をまわり・・・話をしながら、自らはこれを・・・。
氷が溶けてからも、スムースな喉越しです・・・次の料理もほしくなります。

■「路地裏散歩」(藤居酒造:臼杵市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 控えめに微香、口に含んでキレと芯のある甘旨みを味わえる淡麗タイプ。喉越しの甘みをともなうアルコール感もほどよく“料理の邪魔”をしない食中の美品。(「豊後の里」のPB銘柄ラベル換え)
by project-beppin | 2005-04-02 09:03 | 大分麦焼酎