2005年 06月 12日 ( 3 )
甘苦くビターなキレのある味わい・・・「竹宵」
出張から戻り・・・昼寝してました・・・夕方、買い物につき合わされるまでは・・・。

c0001578_22373475.jpg今日の夕食・・・鰻蒲焼と烏賊リング・・・ちょっと“ロック”を飲みたいですね・・・『竹宵』

臼杵で毎年秋に催される“竹宵まつり”の名を冠した昔造り(常圧)の焼酎です。

味わいは・・・「常圧 常蔵」に似ていますね。
“ロック”では・・・香ばしさを感じる程度・・・氷が溶けて、口に含むと・・・甘く清くガツンときます・・・キレがいい甘苦くビターな味わいが・・・スーっと喉を過ぎて・・・余韻も柔らかい芯を持って・・・ちょうどよく旨いです。

鰻蒲焼・・・お惣菜ですから・・・家で蒸上げ直して・・・ホクホク・・・。
烏賊リング・・・ちょっと固くなっちゃってましたが・・・レモンを絞れば・・・風味が活きてきます。

やっぱり・・・家庭で晩酌・・・一番好いです。

■「竹宵」(久家本店:臼杵市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
麦の香ばしい甘さと含んだ甘苦い味わいの旨みが広がり、キレがよく喉を過ぎる濃厚タイプ。柔らかな芯のある味わいが飲みやすい優品。
by project-beppin | 2005-06-12 22:41 | 大分麦焼酎
奥別府散策(その4):鶴見岳への誘い・・・別府ロープウェイ
奥別府を巡り・・・帰路の途中・・・あの“九州焼酎館”のある「別府ロープウェイ」に立ち寄りました。

c0001578_185572.jpg標高1,300mの山頂では・・・ミヤマキリシマが満開との案内・・・高原駅周辺でもまだ咲き誇る花を見ることができました。

山頂は・・・天気がよければ・・・別府湾を一望どころか・・・四国まで見渡せます。下界と気温が10℃違いますから・・・夏は“天然の避暑地”・・・冬は“樹氷の国”・・・。

この高原駅から鶴見岳登山を楽しんだ後・・・山頂駅からロープウェイで戻ってくる・・・“プチ登山”も楽しいです・・・高原駅の“豆腐アイス”も人気があります・・・。

More 高原駅周辺
by project-beppin | 2005-06-12 20:52 | 大分の風土・行楽
奥別府散策(その3):岩肌の曲線美・・・由布川渓谷
志高湖、神楽女湖から・・・少し戻って、挟間(はざま)町へ向かう県道をしばらく走ると・・・棚田を眼前に見ながら・・・椿(つばき)と云う集落から・・・「由布川渓谷」に向かいます。
c0001578_2005280.jpg
振り返れば・・・渓谷の源流となる・・・由布岳とその南麓の城島(きじま)高原を見ることができます。

c0001578_2012810.jpg椿入口から車を下らせ・・・渓谷入口の駐車場に車を停めて・・・樹間をぬって階段を下ります。

高さ40mを越える渓谷の底に下りると・・・眼前に広がる岩肌の曲線美・・・濡れた岩面には・・・白糸のように流れ落ちてくる“清水の滝”・・・緑生す苔と草木に木洩れ陽が射して・・・輝く清涼感を満喫できます。

一枚板の岩盤を浸食した“悠久の時空”を感じること・・・その中でちっぽけな自分を知ること・・・そんな自分も、この自然の清らかさに心が解き放たれること・・・。

裸足になって・・・清流に足をつけると・・・童心に戻って・・・水遊びがしたくなります。

More 由布川渓谷
by project-beppin | 2005-06-12 20:06 | 大分の風土・行楽