2005年 12月 18日 ( 2 )
新出張紀行(その3)/チャーシュー増し・・・“みそ膳”の「中華そば」
“鱈尽くし”で燗酒を堪能した後で・・・仕上げに選んだのは・・・チェーン店「みそ膳」の“味噌”とは全く関係ない・・・「中華そば」・・・全国各地の味噌ラーメンメニューとは別に・・・食券にある最も安いラーメン・・・。

c0001578_21445669.jpgあっさり仕上げたいので・・・重たい味わいの味噌系は却下・・・で、味噌自慢の店で敢えて基本のコク醤油スープに・・・チャーシューを別増しトッピング・・・俗に言う典型的な“チャーシュー麺”です・・・。

酔い加減もいい感じですから・・・スープも濃口ながら醤油らしいコクの効いたシンプルな味わいが丁度いい感じです・・・。

チャーシュー旨さは、さすが・・・しっかりした味わいと噛みしめて滲む味わいの肉旨み・・・チャーシューの下のモヤシを絡めて食らう“縮れ麺”も・・・癖なくシンプル・・・。

特別な個性がないところが“持ち味”・・・忘年会帰りのお客も多く・・・仕上げの駅前ラーメンとはこうあってほしいもんです・・・。
by project-beppin | 2005-12-18 21:45 | 旅先の酒と食
新出張紀行(その2)/口福燗・・・“鱈尽くし”
“雪雲”に覆われた日本海沿いを・・・福岡空港から“ひとっ飛び”・・・。新潟空港には・・・思ったほど雪はなかったのですが・・・長岡市に向かうにつれて“積雪”が深くなりました・・・。

c0001578_155101.jpg安宿にチェックインして・・・仕事の段取りを終えると・・・居酒屋へと・・・融け残った雪の中を街へ繰り出します・・・。やはり、“忘年会”と思しき人々が行き交う長岡の駅前・・・寒空の中でも、街が暖かな雰囲気に包まれていますよ。

道際には10cm以上の雪が残っているような駅前の居酒屋街・・・暖簾をくぐって、ひとりカウンター席へ座り・・・先ずは“ぬる燗”を注文・・・。焼酎は・・・大手ビールメーカーのものしかありませんでしたからね・・・でも、これが本来の新潟の居酒屋でしょう・・・。
ぬる燗を手酌でひっかけながら・・・“本日のおススメ”とある白板を眺めると・・・“真鱈の白子”という品書きが目に入りました・・・。

真鱈の白子・・・あの天ぷらの旨さが蘇りました・・・。店の大将が“今日は、いいのが入ったんですよ”と一声・・・“んじゃぁ、貰おうかぁ”とオイさんも素直に従います・・・。この季節になったなぁ~と思いながら・・・出された「白子のポン酢」をいただきます。

綺麗ですねぇ~・・・この淡いピンクの艶やかな白子・・・思わず歌いたくなります・・・。

 ♪ こ、これ これ これ 白子と燗酒
  鱈っだ ラッタ ラッタ ラッタ ラッタ ラッ鱈~ ♪ (唱歌:うさぎのダンス・・・の替歌)

箸で口に運ぶ間にも・・・滑り落ちそうな鮮度・・・口の中へチュルっと流し込んで・・・噛めばニュワ~ととろける清楚な旨み・・・ポン酢が効き過ぎず・・・脳醇な白子のコクが舌を覆います・・・くぅぉ~・・・。

 ♪ 箸っで 食いけり
    チュッル チュッル 踊る
   美味に舌巻き 鱈っ鱈っ鱈~ ♪

鮮度のいい真鱈の白子は、実に旨い!“口福燗”は・・・ご当地の定番“芳醇 吉乃川”の燗酒・・・やや辛口なコクのある清酒が、さらに演出してくれます・・・。

More “鱈尽くし”のもう一杯
by project-beppin | 2005-12-18 15:07 | 旅先の酒と食