2005年 12月 26日 ( 1 )
臼杵探訪(その5):“切通し”の石畳・・・二王座歴史の道
“浜町界隈”の「満寿屋」から・・・“じゃりんこチエ”が飛び出してきそうな下町情緒の“田町界隈”を抜けて・・・高い石垣に囲まれた“石畳の坂”を上りはじめると・・・そこが「二王座歴史の道」です・・・。

c0001578_1292528.jpg二王座は・・・火山灰が固まった岩(凝灰岩)でできた台地であり・・・その高台へと上る坂道は、岩を削ってつくられたことから「切り通し」とも称されて・・・その昔、島津氏が攻め入った時、この狭く細い坂で迎え討ったという“戦国古戦場”でもあります・・・。

その削った岩は、“石畳”や“石垣”として使用され「臼杵石」と呼ばれています・・・。
乾いた時には淡灰色なのですが・・・雨に濡れると黒っぽくなり・・・落ち着いた“モノトーン”の情景が色濃くしっとりと深まった景観に変化します・・・。

藩政時代の武家旧家や寺院とともに、明治期以降の洋館風の建物などが並ぶ佇まい・・・この“モノトーン”な町並みは・・・“ご城下”らしい情緒と歴史を感じます・・・。

More 二王座を歩く・・・
by project-beppin | 2005-12-26 01:34 | 大分の風土・行楽