2005年 12月 29日 ( 3 )
円熟フルボディー・・・スモーキー・ビター「甕貯蔵 泰明」
やっと、“年賀状”を仕上げて・・・ズボラなオヤジが我が家で一番遅く・・・顰蹙(ひんしゅく)をかいました・・・ごめんチャイ・・・。

c0001578_23165624.jpg今日は、飲まないつもりでしたが・・・投函した後に・・・酒屋さんに寄っちゃってですねぇ・・・今年の“開封じまい”ということで・・・『甕貯蔵 泰明』・・・。
常圧蒸留「特蒸 泰明」の“原酒”で・・・二年間、甕貯蔵した36°です・・・。

夕食になって、待ちきれずに・・・ショットグラスで“生”をひっかけました・・・。

甘いビター・チョコのようなの豊かな香り・・・口に含んだ時に、芳醇で“スモーキー”なホロ苦さ・・・その奥に甘~いコクが重なる福与かな口あたり・・・アルコール感に円やかな熟成味・・・これほどボディーがしっかりしていながら・・・喉越しに柔らかく豊かな余韻を持つのは・・・優れモノです・・・。

香りの膨らみ方と、原料(こちらは二条大麦)や度数の違いによる口あたりは・・・あの「原酒 兼八」とは異なりますが・・・“スモーキー・ビター”な風味を味わうには・・・こちらも、好いですね・・・。

肴は・・・女房殿が北海道から頂いた“キンキの一夜干”・・・ホッケよりも一回り以上大きくて・・・その上、干物とは思えぬ肉厚さ・・・オーブンで焼くのに、その姿のままでは焼けないほど・・・。

ホッコリした白身の旨味と・・・皮裏にのっかっている蕩けるような甘みの脂に“舌鼓”・・・。

その後に・・・もう一杯・・・この濃厚な“生”の旨さに“喉鼓”を打って・・・今年一年の“開封の儀”を締めくくりましょうかねぇ・・・合掌・・・。

■「甕貯蔵 泰明」(藤居醸造:豊後大野市/常圧:麦・麦麹)36度・・・ガツン濃厚タイプ
豊かなビター・チョコ・フレーバーに、スモーキーなホロ苦さと、その奥に重なる甘く円やかなコクをもつ濃厚タイプ。その福与かな口当たりとアルコール感の円熟した喉越しに柔らかく豊かな余韻を楽しむ秀逸な絶品。
by project-beppin | 2005-12-29 23:21 | 大分麦焼酎
臼杵探訪(その6):初冬の街角・・・スナップ散策
散策中に見つけた臼杵の風景・・・冬景色の中、街角で拾ったスナップ・・・。

c0001578_1414192.jpg


c0001578_142463.jpg城下町の商家、旧家、社寺、路地、河川・・・はじめてみる風景であっても・・・どこか懐かしく・・・路地の裏側まで知っているような臼杵・・・。

More 臼杵の心象風景
by project-beppin | 2005-12-29 14:06 | 大分の風土・行楽
堪能~臼杵ふぐ会席・・・後編:“白子”は“熱燗”、“ふぐ鍋”は“お湯割り”
ゆっくり会話しながら・・・“ヒレ酒”で“刺し肝和え”を堪能したら・・・中座して庭を眺めながら一服です・・・この“一服”も至福です・・・。

c0001578_046217.jpg大広間では・・・大人数の忘年会も賑やかに盛り上がっています・・・。
廊下や洗面所のさりげない衝立や花入れに“老舗”らしい“もてなしのしつらえ”が見え隠れ・・・。慣れないオイさんは・・・床の間の絵画や鴨居の欄間額などを見上げながら・・・この“場の雰囲気”も味わっています・・・。

c0001578_0462477.jpgそれでは・・・
 “焼き物”は“白子”、“揚げ物”は“唐揚げ”・・・
ここまでは、御銚子の清酒“熱燗”で・・・。
 この辺から焼酎“お湯割り”に替えて・・・
 “寿司”、“鍋”・・・そして・・・“雑炊”で仕上げる・・・もう、悶絶~・・・。

■ふぐ会席:喜楽庵/臼杵市城南


料理は“ふぐ 尽くし”・・・酒は“一の井手 尽くし”・・・堪能した“絶品の臼杵”であります・・・。(詳しくは・・・↓をクリック)

More 臼杵のふぐ会席(後編)・・・
by project-beppin | 2005-12-29 00:58 | 美食の街