2006年 02月 28日 ( 1 )
“Strong Dry”なエッジ感・・・「御伽の座敷(おとぎのざしき) -麦の舞-」
梅は満開を過ぎ・・・日当たりの好いところでは・・・陽射しが暖かくなってきましたね・・・。

c0001578_0573462.jpg帰りが遅くなることが続いているので・・・ゆっくり夕食とともに晩酌とならないのが・・・ちとツライ日々・・・。こういう時は・・・“飲めるだけでも幸せ”と・・・思うことにしています・・・(笑)。

風呂上りに・・・寝酒感覚でショットグラスに注ぎ・・・チビチビと飲むならば“原酒”で味わいたいものです・・・。
ドライ系の“原酒”・・・『御伽の座敷 -麦の舞-』

度数が高いアルコール・・・シャープで爽やかな匂いたちです・・・。
含んで舌先で転がせば・・・ドライなアルコール香が気化しながら・・・鼻腔へと迫って爽快な“鼻抜け香”を感じます・・・。
舌先での“味わいの第一波”を・・・馴染むような甘みとして捉えているのですが・・・舌から喉へと押し寄せる“第二波”は・・・“Strong Dry”と言い表したくなるほど・・・痺れるようなシャープな“辛口”が心地よく響きます・・・。
申し分ないキレを持っていますが・・・喉越しにどこか尖った感じがあって・・・それが“エッジ感”という表現を使いたくなる理由なんです・・・。

これを・・・10年くらい長期貯蔵して“エッジ感”がもう少し円くなれば・・・非常に美味しい“ドライ淡麗タイプ原酒”になると思いますよ・・・。
まぁ、屋号が「角(かく)の井」の井上酒造さんですから・・・“角(かど)”があるのも“蔵の個性”でしょう・・・(笑)。
そんな勝手なこと言いながら・・・実は2杯目のショットグラスに突入しています・・・旨いです・・・。

アテには・・・“ビーナッツ・チョコ”をちょっとだけ・・・。欲を言えば・・・“殻付きのビーナッツ”があれば・・・私好みなのですが・・・。

同じ原酒でも・・・円くこなれた旨みは「夢の風」の方が秀でた旨さがありますが・・・このキレのいい“Strong Dry”な味わいも・・・それなりに嵌まりますよ・・・。この角瓶の姿は・・・そう、あの「原酒 兼八」と同じです・・・。

■「御伽の座敷 -麦の舞-」(井上酒造:日田市/減圧:麦・麦麹)40度・・・ドライ濃厚タイプ
爽やかでシャープなアルコール香に、ドライに気化しながら鼻腔へ抜ける爽快なアロマと馴染むような甘旨みの濃厚タイプ。痺れるようなシャープな辛口が心地よく響き、キレのいいエッジ感に陶酔できる原酒の良品。
by project-beppin | 2006-02-28 01:02 | 大分麦焼酎