2006年 04月 30日 ( 5 )
HAKUDOU師匠と“別府逍遥”(エピローグ)・・・「ドリンク教室」
“Gemuse”、“TAKEYA”、“湖月”を廻ったのですが・・・この時に前を通りかかって・・・記憶に残しておきたい“過去形の別府逍遥”があります・・・。

HAKUDOU師匠と“別府逍遥”(エピローグ)・・・「ドリンク教室」_c0001578_17445830.jpg「ドリンク教室」・・・“竹瓦アーケード”より山手側の流川通りに近い裏路地(裏銀座)の木造アーケードに・・・この店があります・・・いや、正確には“ありました”・・・。

別府はもちろんのこと、大分県下で最も古い“ウィスキーBAR”であり、“カクテルBAR”であったのがこの店です・・・。私が駆け出しの若造の頃は・・・先代が亡くなられて、白い“割烹着”を着たおばぁちゃんがひとりで店を開けていました・・・。

重厚な造りの木製カウンター越しには・・・何十種類ものウィスキーやリキュールなどが見事なまでに整然と並んでいて・・・壁面には・・・昔の年代別に“サントリー”や“ニッカ”の“販促トレー”や“コースター”が飾られていました・・・。

酔った勢いで扉を開けて・・・横柄な口調で注文しようものなら・・・「あなたに出すお酒はございません、(今日は店が)終りました・・・お帰りください。」と・・・きっぱり断られた店・・・。礼儀のない客には・・・見事なまでに“毅然”とした姿勢を貫く店でした・・・。

More 正に・・・“BARの原風景”
by project-beppin | 2006-04-30 17:00 | 焼酎文化考
HAKUDOU師匠と“別府逍遥”(その3)・・・湖月(こげつ)
さてさて・・・竹瓦温泉から“銀天街”の裏路地を駅前通りに戻りながら、もう一軒・・・私のおススメに寄りました・・・ぎょうざ専門店“湖月”へ・・・。

HAKUDOU師匠と“別府逍遥”(その3)・・・湖月(こげつ)_c0001578_025861.jpg私が若い頃に“街飲み”に出かける時は・・・必ず最初に立ち寄った店です・・・。

久しぶりに暖簾をくぐって・・・店内は7人座れば満席となる狭く細いカウンターのみ・・・夕方4時だというのに相変わらずの人気・・・“持ち帰り”を待つおじさんと二人連れが二組・・・。

三人で押しかけた我々・・・席を譲り合ってくれた先客の厚意に甘えて・・・席につき“ビール”2本と“鍋烙=焼ぎょうざ”3人前・・・この店の“フルコース”・・・。

ビールは“キリン・ラガー”と“アサヒ・スーパードライ”・・・私は迷わずいつもの“ラガー”を・・・。

“鍋烙”は一人前が15個・・・45個が一皿に豪快に盛られて登場するこのスタイルも昔ながら・・・焼き上がりの“狐色”が職人技の旨さの秘訣・・・。

よく冷えたビールを一口飲んで・・・口中を冷ましておけば・・・なおよろし・・・。

■ 鍋烙=焼ぎょうざ:湖月/別府市北浜
※ 注) あの冷麺・温麺専門店の「“胡”月」と・・・ここ、ぎょうざ専門店の「“湖”月」は・・・違いますよ・・・お間違いなきよう・・・。

More それでは・・・いただきましょう・・・。
by project-beppin | 2006-04-30 16:30 | 美食の街
HAKUDOU師匠と“別府逍遥”(その2)・・・TAKEYA(タケヤ)
さて・・・次は、I さんのおススメの竹瓦温泉前の“TAKEYA”・・・生ビールで師匠の帰郷と再開を祝して“乾杯ぃ~!”・・・。

HAKUDOU師匠と“別府逍遥”(その2)・・・TAKEYA(タケヤ)_c0001578_2039913.jpgアテは「おかず盛り合わせ」・・・ちゃんとしたメニューです・・・決して、飲んだくれオヤジが“無理強い”して・・・出してもらったわけではありませんよ・・・(笑)。

そして・・・好みでつける“ゆずこしょう”・・・院内町の“青唐辛子増量”タイプ・・・これが、ツン!としていて・・・鼻腔に効いてくる辛旨さなんですよ・・・。

“ゆずこしょう”を箸につけ舐めながら・・・ってのも・・・ビールにも好く合います・・・。

白昼堂々と飲める“ビールジョッキの幸せ”は・・・“郷愁の別府”の味わい・・・最高です・・・。

HAKUDOU師匠は 「このアテは、最高~! 味がいい! このアテなら、(清)酒がほしゅうなる・・・」と・・・。

■ おかず盛り合わせ:TAKEYA/別府市元町

More “TAKEYA”で語る“別府今昔”・・・
by project-beppin | 2006-04-30 16:20 | 美食の街
HAKUDOU師匠と“別府逍遥”(その1)・・・Gemuse(ゲミューゼ)
今日昼前に・・・帰郷したHAKUDOU師匠から連絡が入り・・・“別府逍遥”とのこと・・・。

HAKUDOU師匠と“別府逍遥”(その1)・・・Gemuse(ゲミューゼ)_c0001578_22325541.jpgならば、是非!とばかりに・・・午後2時過ぎにAPUの I さんとHAKUDOU師匠と駅前高等温泉前で待ち合わせ・・・。

ここは・・・APUの学生が運営する露天カフェ“Gemuse”・・・これがホントの“学生かい?の喫茶店”・・・(笑)。

♪ 君とよくこの店に 来たものさぁ~
  訳あぁってお茶を飲み 話したよぉ~ ♪
  (GARO:学生街の喫茶店・・・の替え歌) 

1年ぶりに見る師匠の元気そうな“赤ら顔”・・・既に別府の温泉に入り・・・あの“九丁目の八ちょう目”まで訪ねて(店休を確認し)・・・帰り道に哀愁のある“たこ焼屋”を発見とのこと・・・。

別府の感想を聞きながら・・・三人で“西の関”や“一乃井手”や“とっぱい”や“いいちこ”への思いを語ります・・・。I さんは・・・久住の清酒「千羽鶴」に感銘とのこと・・・。

♪ 学生でにぎやかな この店のぉ~ 片隅で話してた 酒・談義ぃ~ ♪

そんなオヤジたちも心地よく扱ってくれるここの店長・・・M君・・・なかなか手馴れた“客引き”コミュニケーション・・・好感の持てる好青年・・・。ちょっと煮つまったようなコーヒーが・・・これまた美味!・・・。私の学生の頃とは・・・一味違う・・・この雰囲気が・・・イイねっ!

♪ あの時の歌は 聞こえない~ 人の姿も変わったよぉ~ 時はぁ流れたぁ~ ♪

More ここから、始まった・・・
by project-beppin | 2006-04-30 15:00 | 大分の風土・行楽
別府歳時記・・・さくらんぼ
好天に恵まれて始まったG.W.になりましたね・・・休日に近所を散歩・・・。

別府歳時記・・・さくらんぼ_c0001578_9425564.jpg3月に早咲きの桜の花だと思っていた木・・・昨日見ると・・・赤々と“さくらんぼ”をつけていました・・・。

去年、撮影したあの“春告げ桜”は・・・実は“桜桃=さくらんぼ”の花だったと・・・。

春の花から実る果実・・・これから夏にかけて・・・“梅”や“”も、実が膨らみますね・・・。

私は・・・度数の高い焼酎(35°~)で・・・自飲用の果実酒をつくりたくなります・・・(笑)。
by project-beppin | 2006-04-30 09:44 | 大分の風土・行楽