<   2005年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧
宴の会席膳:その参・・・牛肉の朴葉味噌焼き
生葉に近い朴葉に包まれ・・・味噌の香りがたってきました。

c0001578_22352969.jpg蒸し焼きのようになっていた朴葉の包みを開けましょう。葉を通して・・・牛肉にも火が通りはじめています。

焦げつきすぎないように・・・牛肉に刻み葱と、甘い味噌を絡ませれば・・・さらに、甘く芳ばしい匂いが鼻を擽ります。

和牛の赤身肉に・・・味のある肉汁と練り味噌が絡んで・・・噛めば、柔らかく・・・口の中では、味わいも芳ばしく甘濃くジューシー・・・しっかりとした味わいですよ。

この香りを伝えられないのが残念です。おとなしい辛味のしし唐が・・・口直しの味としても・・・丁度いいです。

しっかりとした味わいでしたので・・・さて、次なる焼酎の一杯は・・・ガツン濃厚系が・・・飲みたいですねぇ。
by project-beppin | 2005-04-04 22:40 | 美食の街
竹祭り・・・竹の感謝祭
今日は・・・別府八湯温泉祭りの最終日・・・朝見神社で開かれた・・・“竹の感謝祭”を見ることができました。

c0001578_20325053.jpg朝の10時前に・・・“四海波”(しかいなみ)という編み方で・・・竹籠を編み上げて献納する神事が行われていました。


別府は・・・京都よりも技術の高い国内唯一の竹細工の産地。竹籠を編ませると右に出る職人は・・・他にはいませんねぇ。

若い職人が、献納の神事に・・・真摯な姿勢で挑む・・・このまじめな“ものづくり”の伝統・・・これこそ、焼酎のものづくりに通ずる・・・職人の技のひとつです。

青き竹を自在に操る匠の世界・・・末永く・・・世界に轟く『JAPAN Presence』であってほしいものです。
by project-beppin | 2005-04-03 20:36 | 大分の風土・行楽
別府八湯温泉祭り・・・春の名物「扇山火まつり」
4月になりました・・・別府に春を告げる・・・“別府八湯温泉祭り”・・・。
メインイベントのひとつ・・・『扇山火まつり』・・・“大地と炎のロードショー”。
春の芽吹きを呼ぶための草原地の山焼きですが・・・京都“大文字の送り火”の別府版とでもいえば・・・その壮大なイメージがお分かりいただけると思います・・・。
c0001578_21431256.jpg
時間とともに移り行く“火の帯”・・・幻想的な炎と大地の芸術とも・・・

今夜は・・・残念ながら小雨混じり・・・火の勢いも例年に比べて小さいようですが・・・見ていると時間を忘れます。
手前右の彩光は・・・鉄輪の“湯けむりライトアップショー”
明日(3日)は、朝見神社で“竹祭り”、駅前通りは歩行者天国で“湯かけ祭り”など・・・桜とともに・・・別府の街が花開きます。市営温泉(竹瓦・永石・浜脇・不老泉・海門寺・鉄輪熱ん湯など)も・・・明日まで無料です。

“夜桜”越しの扇山火まつり
by project-beppin | 2005-04-02 21:48 | 大分の風土・行楽
宴の会席膳:その弐・・・ビール後は「路地裏散歩」
“お造り”をいただいて・・・焼酎にしましょう・・・もちろん、麦焼酎。

c0001578_90583.jpgほ~、ここでは・・・別府らしい焼酎が出てくるんですねぇ・・・『路地裏散歩』
先日、ちょっと紹介した別府PBの銘柄です・・・さっそく、ロックで飲んでいます。

“減圧蒸留造り”とあるようにドライ淡麗タイプ・・・香りはおとなしく、含んで広がるキリっとした甘旨さ・・・やっぱり“宴席の邪魔”をしない味わい。旨い、旨い。


宴席ですから・・・膳前をまわり・・・話をしながら、自らはこれを・・・。
氷が溶けてからも、スムースな喉越しです・・・次の料理もほしくなります。

■「路地裏散歩」(藤居酒造:臼杵市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 控えめに微香、口に含んでキレと芯のある甘旨みを味わえる淡麗タイプ。喉越しの甘みをともなうアルコール感もほどよく“料理の邪魔”をしない食中の美品。(「豊後の里」のPB銘柄ラベル換え)
by project-beppin | 2005-04-02 09:03 | 大分麦焼酎
宴の会席膳:その壱・・・お造り
一昨日は・・・“送別の宴”・・・
会席の御膳を飾る美味なる料理・・・数回にわたってご紹介します。

c0001578_20221885.jpg名残惜しい“送る言葉”の後に・・・ビールで乾杯!
前菜をいただいて・・・緑釉をかけた“織部”風の皿には・・・鰺、烏賊、車海老の『お造り』

山葵をのせて・・・醤油にチョコンと・・・。

鰺は、新鮮な歯ごたえ・・・
烏賊は、厚みのある舌触り・・・
車海老は、噛めばプリプリの甘さ。


会席の味わいは・・・素材の本質を鮮度で味わう・・・「お造り」から始まります・・・。
量的には少なくて良いんです・・・刺身を“旨い”と思えた宴席は・・・あとの料理も美味しいことが多くありませんか?
by project-beppin | 2005-04-01 22:32 | 美食の街