HAKUDOU師匠と“日田”巡行(その1)・・・“豆田町”と“月隈”
“雨月の会”から一夜開け3日(月)・・・HAKUDOU師匠と佐伯“雨月庵”を出発し・・・県南、佐伯I.C.から高速道路を約130km・・・県内の酒蔵を訪ねる旅・・・今回は、県西部の“日田”へ・・・JR九州“久大線”沿いを巡ります・・・。

c0001578_23383073.jpg先ずは・・・日田I.C.を降りて“月隈公園=永山城址”に隣接する市営駐車場(無料)に車を停め・・・歩いて“御幸橋”から“花月川”を渡り・・・“豆田町”を散策しました・・・。

江戸時代・・・“西国筋郡代”として発展した“天領 日田”・・・“幕藩体制”下で、九州の政治経済の“中心”であった“天領商家”の町並です・・・。

電柱が消え、国の“重要伝統的建造物群保存地区”に選定され・・・その歴史的な町並の“風情”が甦って、散策しやすくなりましたし・・・昔姿の駄菓子売り、人力車なども登場して・・・“商人町”の雰囲気を醸す演出もなかなかのもの・・・。

春の“おひなまつり”・・・夏の“祇園祭り”・・・秋の“天領まつり・千年あかり”・・・冬の“十日恵比寿”などなど・・・四季折々の催しも町の“情景”を際立たせてくれると思います・・・。

この日は午前10時頃から・・・師匠にはこの町並とともに酒屋や蔵での“試飲散策”を愉しんでいただくこととし・・・こんオヤジは、その“エスプリ”を感じる“景観散歩”といたしましょう・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “景観散歩”・・・豆田町並
# by project-beppin | 2010-05-09 10:12 | 大分の風土・行楽
美しき“原酒”の響き・・・「恋麦」
 「長木酒店」の“仁義と人情と流儀”に心酔した“夜街活動”から“庵”へ戻り・・・まだまだ“雨月の夜宴”は続くのであります・・・(笑)。

c0001578_1021787.jpg師匠の語る“上海博中”・・・もとい、“上海白酒”余談と・・・私の戯言“芋焼酎ブーム”の顛末“霧島のひとり勝ち”雑感などなど・・・。

そんな、こんなで・・・忘れていたわけではないのですが・・・師匠にと持参したこの“原酒”のことを・・・。

仕事で遅くなることが多かったこの冬・・・毎晩のようには飲めなかったオヤジが・・・まるで“養命酒”の如く“寝酒”代わりにひっかける“ショットグラス”の一杯に目覚め、“酔う銘酒”として嗜んでいたのが・・・このスマートな200mlの瓶・・・国産大麦の厚みのある濃醇な旨さの40°『恋麦』・・・。日田市の“クンチョウ酒造”の意欲作ではないでしょうか・・・。

“原酒”と書きましたが・・・“原酒”ということは、“和水”した25度の銘柄がある?と思い巡らせてみたのですが特定する銘柄が思い当たりません・・・。何しろ、大分の麦焼酎の中では“プレミア級”のC.P.(コスト・パフォーマンス)・・・(爆)。

ビター芳香もあって、チビチビと濃厚な香ばしさとアルコール感を嘗めるように味わうも好し・・・クイッと含んで口中で転がしながら、鼻腔に拡散する“先鋭”な香ばしさと苦辛い旨みを響かせるコクを味わって、喉越しにも強く深いアルコール感の余韻に浸るも好し・・・です・・・。

“PURE BARLEY SHOCHU”とあるように・・・箱書きでは“ロック”を薦めていますが・・・氷で薄まるのも“もったいない”・・・是非、常温か冷やした“ストレート”で飲んでみてほしいと思います・・・。

■「恋麦」(クンチョウ酒造:日田市/常圧:大麦・大麦麹)40度・・・ガツン濃厚タイプ
 芳醇な麦香と口中に広げるホロ苦さの鮮明な味わいに響くシャープでビターな深き旨みの濃厚タイプ。大麦醸しの濃醇なコクと浸潤するアルコール感の残響と奥行きのある喉越しが原酒の美意識を主張する絶品。


More 濃厚“アテ”の究極・・・“雲丹”に“かちえび”
# by project-beppin | 2010-05-08 10:15 | 大分麦焼酎
「166ページじゃな。」に酔う・・・長木酒店と『立ち呑みの流儀』
「雨月の会」も夜宴へと向う18時過ぎ・・・HAKUDOU師匠から“夜街活動”へ導かれ・・・“歴史と文学の道”を抜け・・・“長木(ちょうき)酒店”へ・・・。

c0001578_0132319.jpg市街地をR217号線沿いに“中江川”へ向って歩き・・・西谷町の交差点から旧道を少し入ると・・・その通りに面して店灯りが路上に漏れる“生粋”の“街の酒屋”の佇まい・・・。

師匠が佐伯に帰省した折は・・・ほとんど毎日のように“日参”するという・・・郷里の“角打ち”処です・・・。

通い慣れた師匠の背中を追うように・・・サッシ戸の入口を開けて店内へと進むと・・・まるでこの“刻”を待っていたかのような店主の親仁さんの出迎え・・・。

師匠が「こんばんわ」と挨拶をかわして冷蔵ケースと陳列棚から取り出した・・・“ホッピー”とワンカップ「豊後の里」・・・コップに注いで“酎ッピー”(笑)・・・アテは、チーズと魚肉ソーセージ・・・。

こんオヤジ(私)も・・・この“酎ッピー”をご相伴に与りながら・・・此処で買うことを決めていた『立ち呑みの流儀』を親仁さんに所望したのであります・・・。
手元に本を取り出す親仁さん・・・4-5冊の在庫分は、律儀に(汚さないように)ビニール袋に包まれていて・・・その中から、丁寧に1冊を抜いて渡してくれました・・・。

親仁さんと師匠がしばし“店頭談義”を重ねる合間に・・・パラパラとめくって読もうとしていたオヤジ・・・。
その様子を察した親仁さんから一言・・・「ウチも(この本に)載っちょるからなぁ・・・166ページじゃな。」と・・・。
そのページを探し開くと・・・どんぴしゃり・・・“ビール逆さ置き 立ち呑み”との見出しに・・・確かにこの店とこの親仁さんへの“礼讃”随想・・・。

預かった本であっても・・・(人様に)売る以上はちゃんと“商品”として扱い・・・“自負”できる“商品情報”を伝えるという無意識の“接客本能”とでもいうべき親仁さんのこの一言に・・・“心酔”してしまいました・・・。

More 「長木酒店」店主謹白・・・“酒屋の流儀”
# by project-beppin | 2010-05-07 00:57 | 焼酎文化考
「雨月の会」二十二年“春”・・・“再会”の酒
昨年夏から・・・“突(然)(蒸)発”的に・・・長期間“記事エントリー中断”状態を“放置”しておりました・・・。ご心配をいただいたにもかかわらず・・・ご期待を裏切りながら・・・それでも、何度もこの拙文ブログにお越し下さいました皆様方に・・・重ね重ね、深くお詫びいたします・・・m(_ _)m。・・・m(_ _)m。

そんな状態から・・・“心機一転”・・・本日よりボチボチと“復帰”いたしますので・・・よろしければ、これまで以上の“ご愛顧”のほど・・・よろしくお願いいたします・・・m(_ _)m。

で・・・先ずは・・・HAKUDOU師匠との“再会”から・・・“再会”します・・・。

c0001578_203213.jpg 「雨月の会」主宰であるHAKUDOU師匠から“春”開宴の報に接し・・・“大型連休”の5月2日(日)・・・一年ぶりの佐伯“雨月庵”へ・・・。

NEXCO(西日本高速道路株式会社)“大分道”から“東九州自動車道”に繋がる“別府I.C.~佐伯I.C.”間を約50分・・・時間的にも、料金的にも“近く”なりました・・・。

五月晴れの山笑う“鶴城”を見上げて車を停め・・・日豊線の踏み切りを横切り・・・通いなれた“庵”へ・・・。

「こんにちわぁ~ ご無沙汰しとりま~す。」と声をかけおえるか終わらぬうちに・・・
「ハイ!まぁ、お久しぶり・・・どないしとりましたん?お元気ですのん?・・・まっ、どうぞどうぞ!」と師匠の声・・・「(師匠の)周りの皆、体悪ぅーしたんやないか?いうて・・・心配してましたんやぁ~・・・」と・・・。
「そりゃぁ、(ご心配をおかけして)すんません。・・・元気です。(お招きいただき)ありがとうございます。」と・・・互いにいつもの笑顔で“再会”・・・。

凛とした座敷に“雨月”の“おもてなし”様式とも言うべき・・・“盃”列、“酒瓶”律、“肴盛”彩・・・準備万端の膳卓に感動しながら・・・喉を潤す“水代わり”のビールで乾杯・・・。

鶯の囀りも“再会談義”に加わり・・・“国酒”の“地味”にも“再会”・・・師匠心酔の“明日香”の「キトラ」と・・・地酒たる“宇目”の「弥生神力」・・・“地霊”の醸す“古酒”の“魔力”で盃を交わし・・・この“地味”こそ“雨月の会”の真髄・・・。

正に“再会”の酒に宿る“古典”・・・新酒の“清麗”な口あたりとは“別物”・・・侘びて尚、抜けずに残る香りと味わい・・・「キトラ」のコク、「弥生神力」のキレ・・・これら“経年酒”となった清酒“古酒”は・・・“流行らぬ”味ではありますが、時を経ても崩れぬ“普遍の酒質”を・・・知ることができますね・・・。

そんな“再会”の酒に並ぶ師匠の“肴盛”彩は・・・国東の“椎茸”、“蕨(わらび)”、“芽コンブ”の煮付けなどなど・・・“素朴”な味わいの手をかけ過ぎない“肴”こそ似合います・・・。

More 「雨月の会」的“酒肴”・・・“地味”への回帰
# by project-beppin | 2010-05-04 20:47 | 焼酎文化考
四国横断~紀州の旅路(その3)・・・“加太温泉”から望む“紀淡海峡”
“和歌山港”に到着後・・・めざしたのが“紀淡海峡”を望む“漁師町”でもあり、“サーファー”や“海水浴客”でも賑わう和歌山県内“北端”の“海岸温泉地”・・・“加太(かだ)”・・・。

“紀ノ川”の河口から“南海電鉄 加太線”に沿って走る“県道7号線”・・・小高い山際を縫って建て込んだ街並みの向こう側に“加太海岸”が見えました・・・。
c0001578_23361985.jpg
道を上った“休暇村 紀州加太”から眺めた景観・・・(↑が180°のパノラマ・モンタージュ・・・画像をクリックすれば、大きく別表示します・・・)。

観光マップ”を見ると・・・左端奥が“田倉崎”と“加太港”・・・手前に突き出した岬が“城ヶ崎”・・・中央手前の“深山”の向こうに・・・四国・徳島が霞む水平線の“紀伊水道”・・・右側が奥の“淡路島”と“友ヶ島(手前から地ノ島、沖ノ島)”に挟まれ“大阪湾”と繋がる“紀淡海峡”・・・。


思ったより“淡路島”や“四国”が近くに見えるので・・・古くは・・・“神武東征”の頃から・・・この“加太湾”や“紀淡海峡”に刻まれた“歴史”があったのではないでしょうか・・・。


※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “加太”の今昔・・・
# by project-beppin | 2009-08-17 23:30 | 旅先の風土・行楽
四国横断~紀州の旅路(その2)・・・“紀伊水道”を渡る
“徳島ラーメン”を食体験した後・・・“曇天”で夏らしさがいまひとつの“港湾”地帯へと車を向けて・・・ほんの5分ほどでしょうか?・・・到着したのがこの“徳島港フェリーのりば”・・・。

c0001578_2334622.jpg“和歌山港ゆき”と書かれた建物を案内板のとおり廻りながら・・・“ドライブスルー”形式の乗船駐車場に車を停めて・・・乗船時間までしばらく待つんですが・・・此処での楽しみは、“紀伊水道”を渡る前の“徳島土産”・・・“フェリーのりば売店”の“哀愁”のある雰囲気が好きだったりします・・・(笑)。

“ご当地土産”の単なる“物色”だけなんですが・・・“徳島ラーメン”の箱土産・・・練物“焼ちくわ”・・・農産物は“鳴門金時”・・・そして“地酒”と・・・多彩な“徳島らしさ”をダイジェスト版で垣間見た後・・・“乗船アナウンス”が流れ、係員の誘導に従い運転して“車両甲板”に乗り込み・・・船内階段を上って“2等客室”へと向いました・・・。

“紀伊水道”を渡る船旅・・・時間的には“豊後水道”を東へと渡って四国に上陸するより短い2時間ちょっとの“南海フェリー”・・・海上では進行方向の左手に“鳴門海峡”と“淡路島”を眺めて・・・海風とともに“和歌山”へ・・・ 。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “フェリーのりば”から“船上”風景まで・・・
# by project-beppin | 2009-08-11 23:47 | 旅先の風土・行楽
四国横断~紀州の旅路(その1)・・・甘口の醤油豚骨「徳島ラーメン」
スカッとした“夏空”が恋しい日々・・・照り付ける“太陽”と晴れ渡る空の白い“入道雲”を求めて・・・というわけでもないのですが・・・(笑)・・・一足早い“夏休み”をとって・・・九州・別府を海路で四国へ渡り・・・四国内を西から東へと“横断”し・・・和歌山県へと向かいました・・・。

c0001578_4131571.jpgあの“高速道路ETC割引1,000円料金利用”の“ノンストップ”も魅力でしたが・・・込み合って長時間“ドライブ”となるとオヤジも家族も“疲れる”ということで・・・旅慣れた感のある“フェリー利用”で愛媛県松山市に上陸・・・もちろん四国内は“ETC割引1,000円料金利用”で“松山道”を東へ・・・香川県琴平町の“親族”を中継点にして“3泊4日”の旅程・・・。

その2日目・・・“高松道”を東進し、徳島県徳島市へ・・・和歌山県へ渡る“フェリー”に乗る前に道すがらの昼食で・・・なんと!300円を切る「徳島ラーメン」に“遭遇”しました・・・(笑)。

四国の“ご当地ラーメン”として有名になったのが“徳島ラーメン”・・・“中華そば”を発祥としながら老舗とされるラーメン店の甘口で濃厚な“醤油豚骨”スープと“ばら肉”と“生卵”入りを“原型”とした特徴を持つとのこと・・・正しくは、“ラーメン”単独ではなく“ご飯”とともに・・・だそうで“ラーメン&ライス”が“一般的”だとか・・・。

そこから市民権を得て発展し・・・市内各店舗で味わいの広がる“醤油豚骨”スープと麺と具材が楽しめるまでに至ったようです・・・。

この“千代田食堂”も・・・実は、全国展開しているF.C.型“まいどおおきに食堂”系列の一店舗なのですが・・・“ご当地”のお馴染みメニューとして、このラーメンも“サービス価格”で提供しているようです・・・。

食べてみると・・・この“徳島ラーメン”スープが特徴とでも言いましょうか・・・甘口な濃口醤油ベースに豚骨スープを合わせるようで・・・“甘濃口”の醤油豚骨が麺に絡むスープの旨さに“ご当地”色がありますね・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More この甘口スープが“徳島”らしさ・・・
# by project-beppin | 2009-08-10 05:03 | 旅先の酒と食
別府で見上げた・・・曇天の“日蝕”
遅ればせながら・・・水曜日(22日)の“日蝕”・・・女房殿が我が家で撮った“曇天”に浮かぶ“白昼”の“三日月”形の“太陽”・・・。

c0001578_8375845.jpg国内では・・・46年ぶりで、且つ21世紀最長の“皆既日食”とのフレコミで・・・26年後(2035年9月2日)まで生きているかどうか?わからないオヤジも、職場でしばらく見上げました・・・(笑)。

大分県下でも最も欠けた時(10時58分)には90%以上で・・・C字形に細い光となったとのことのですが・・・あいにくの曇天・・・被った雲の流れが薄い時だけ雲が“日蝕フィルター”となって・・・なんとか裸眼で見上げることができました・・・。

まあ、これほど多くの方々が同時に“太陽”を見上げたことも稀でしょうから・・・貴重な体験として記録しておきましょう・・・。

さて、次回は・・・3年後(2012年5月21日)に“金環蝕”をまたまた実体験できることを楽しみに待ちましょうかね・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 拡大・・・“日蝕”
# by project-beppin | 2009-07-25 08:44 | 大分の風土・行楽
“土用”の“肝”焼き“ロック”・・・長期貯蔵「由布岳 粗濾過」
“梅雨明け”告知の体感は“蒸暑さ”だけでなく・・・海のサインは“入道雲”と“土用波”・・・山のシグナルは“蝉時雨”・・・とは、よく言ったもんです・・・。
小泉“郵政プロパガンダ解散”から早4年・・・このところの“任期明け=解散”告知では・・・“自見ん”党内紛“席乱運”と“動揺波”・・・与野党が入り乱れての“責時雨”になってしまって・・・“(自)ミン、ミン(主)”蝉ばかりが喧しい・・・(笑)。

c0001578_9494019.jpg土曜日(18日)・・・遅くなっている“中元”をしなくてはと出かけ・・・結局、安くなっていた“蒲焼”に“肝焼”串を追加してしまったオヤジ・・・“土曜”の“土用”の“動揺”という出来事・・・。

まんまと“平賀源内”にしてやられた“土用鰻プロパガンダ”なんですが・・・晩酌の“アテ”を探すオヤジは・・・こんな慣習も“アテ”にしています・・・(笑)。

オヤジ以外は・・・女房殿が蒸し直した“蒲焼”をご飯が隠れるほど載せての“鰻丼”・・・オヤジは“肝焼”の分だけ“蒲焼”が少なくなっていましたが・・・この“肝焼”が焼け香ばしい苦滋味なコクを持っていて・・・噛めば舌上から口中にねっとり絡みつく風味が好いんです・・・。

そして、晩酌の麦焼酎はというと・・・ここのところ“ロック”で飲んでその旨さに嵌まっていますが・・・どっしりと主張する辛口のコク・・・“ドライ&スモーク”な旨味の混成が実に見事で濃醇なキレの好さ・・・“長期貯蔵”の『由布岳 粗濾過』・・・。

まず、特質すべきは・・・これが“減圧蒸留”の“粗濾過”という点・・・従来の“ドライ淡麗”という“先入観”だけでは想像ができない辛口で香ばしく甘い味わえる“パンチ”力・・・“旨味”を失わない程度に“雑味”を整えるような“粗濾過”なんでしょうか・・・よほど拘った“原酒”なのかもしれません・・・。

続いて・・・味わいの奥行きを混成する“長期貯蔵”で纏った“樽香”風味・・・口中で気化する味わいの鼻抜けに一瞬感じる“スモーキー”で仄かな“バニラ”芳香・・・まるで“常圧蒸留”の“ガツン濃厚”な香味をもブレンドしたのでは?と疑ってしまいたくなるほど・・・。

しかし・・・“原酒”らしさと“粗濾過”旨味が先行して“樽香”のみに味わいの構造を支配させないという・・・小野酒造の“意図”的な酒質設計が巧妙に計算されているように思えます・・・この“減圧蒸留”+“粗濾過”+“長期貯蔵”の“絶対調和”を感じます・・・。

■ 「由布岳 粗濾過」(小野酒造:由布市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ醇麗タイプ
 心地よい長期貯蔵の醇香と、辛口だけが先行しない旨味と甘味の香ばしさを混成するパンチ力の醇麗タイプ。粗濾過の減圧原酒と樽香味の長期貯蔵がこれほど見事に結実するのかと感心してしまう酒質設計の意図が伝わる優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “土用”鰻の“肝焼”と“鮎魚醤”冷奴に・・・“粗濾過”の“凄ロック”旨味
# by project-beppin | 2009-07-19 09:55 | 大分麦焼酎
“薄味”の“涼味”スープに“細角麺”・・・かねだ「冷麺」
韓流焼肉店では・・・どうしても気になるのが、この“冷麺”・・・どんな“涼”麺感が味わえるかがもう一つの愉しみなんです・・・。

c0001578_024287.jpgあえて刻むほどの“冷麺”ではないのでは?・・・という方もいらっしゃるかもしれませんね・・・。

別府での“温麺・冷麺”は・・・“現圧”の“太丸麺”至上主義だと・・・“きりん亭”、“胡月”、“六盛”、“アリラン”、“大陸ラーメン”等の“専門店”というのが“ノーマル”でしょうが・・・。

しかし・・・この“細麺”一派も、なかなかどうして・・・個性的な“盛付け”と“スープ”と“麺食感”が味わえるんですな・・・例えば“モランボン”と此処「かねだ」でも違いますから・・・。

氷の浮かぶあっさりした“薄味”スープ・・・旨味があるダシもスッキリと冷たくて“涼味”・・・“細角麺”の“麺弾力”の噛み応えのある食感に“錦糸卵”、“薄切り人参”、“キムチ”、“胡瓜”、“刻み海苔”、“胡麻”の絡み具合がアクセント・・・。

焼肉の“脂”旨さに馴染んだ口中を“クールダウン”してくれるような・・・“邪魔”にならない“すっきり”した風味ですね・・・。

■ 冷麺:かねだ/別府市石垣東

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 氷解する旨味に・・・“クニュ”麺・・・
# by project-beppin | 2009-07-12 00:55 | 美食の街