9品で充分満足
昨日の居酒屋は、おまかせセットメニューでした。

“大根サラダ”・・・“つくね串”・・・“蛸と刺身のカルパッチョ”・・・“豚キムチ”・・・“鳥天南蛮”・・・“エビのチリマヨ”・・・“唐揚げ”・・・“ベーコンほーれん草”・・・“きなこパン”

c0001578_19453511.jpg4人以上のグループで予約する「おまかせセット」ですね。今回は9品セットで・・・一人約2,000円・・・

これに生ビール何杯かと、前述の麦焼酎5合瓶を2本空けて・・・3,500円で・・・おつりがきました。


ちょっと、脂っこかったですがね・・・安くて充分満足。

■グループ セット 9品:平成文化食堂 石垣店/別府市石垣西
# by project-beppin | 2004-12-12 10:00 | 美食の街
オリジナル?・・・「平成文化食堂」
昨日も洒落た居酒屋で、忘年会でした・・・。

c0001578_1332461.jpgどのテーブルも予約の札ばかり・・・こりゃ満席だ・・・。

居酒屋ご推薦の料理がテーブル一杯に広がって、生ビールを一杯飲んでしまえば・・・5合瓶の焼酎・・・となるのが普通ですねぇ。

「麦にしますか、芋にしますか?」と店員・・・「麦は何?」と聞き返すと・・・「当店のオリジナルです」と・・・「じゃあ、それ」・・・。

出てきたのが・・・『平成文化食堂』・・・店名そのまま!

早速、ロックで・・・わいわいガヤガヤ飲むには、すっきりグイグイいけちゃいますね。

■「平成文化食堂」(ぶんご銘醸:南海部郡/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
清らかな微香、軽やかな口あたりの淡麗タイプ。ほのかな甘さと綺麗でクセのないアルコール感が心地よいカジュアルな焼酎。 (「ぶんご太郎」のPB瓶ラベル換え)
# by project-beppin | 2004-12-12 01:43 | 大分麦焼酎
嗚呼!ふぐ会席・・・番外編:『ふぐ寿司』
“ふぐ皮の肝合え”・・・“刺し”・・・“唐揚げ”・・・“ふぐ鍋”・・・“雑炊”・・・と続いて、満腹。

c0001578_1114357.jpgあ~ん?大分のふぐ会席としては?・・・なにかひとつ足りませんねぇ。
そうなんです!唐揚げのあとにもう一品ありました・・・“ふぐ寿司”

半透明な艶やかな刺身・・・
透けて見えるのは・・・彩り鮮やかな“ふぐ寿司”トリコロール・・・肝・・・紅葉おろし・・・浅葱
箸をとらずに、手で摘んで・・・ちょこんとポン酢を・・・一口でいただく・・・

シャリの酢香もほのかで、上品です。なんと言っていいやら・・・
“うひょぉ~~~!”

(注:“うひょぉ~~~!”=けんじさんオリジナルの旨さの擬態語・・・摘ませていただきました・・・)

■ふぐ会席:つま味/別府市元町
# by project-beppin | 2004-12-11 11:14 | 美食の街
嗚呼!ふぐ会席・・・その参:『唐揚げ』に「二階堂」
待ってました!・・・“唐揚げ”・・・アツアツにかぶりつきましょう。

c0001578_933286.jpgカリッとした衣に粗塩をつけて、シンプルに頬張るのも良し・・・ポン酢に潜らせ、吸いつくも良し。
身は淡白な肉質ですが、何てたって・・・この食感ですよ・・・ささ身のようで鰆のようで・・・。
骨の周りにも・・・たっぷりの白身があって・・・歯をあてながらしゃぶりつく・・・満足、満足。

そろそろ焼酎ですね・・・淡白なふぐの味覚を壊さない・・・癖がないものがいいですねぇ。
淡い甘みの『二階堂』・・・料理屋に必ずある定番銘柄。

20度ですから、ロックの氷がしっかりしているうちに・・・ク~ッと一杯。旨い!
ふぐ料理の邪魔をしない・・・

■「二階堂」(二階堂酒造:速見郡/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 香り麗か、甘みもきれい。癖のない素直さを良しとする淡麗タイプ。おとなしい味わいは、食中酒としても楽しめる。
# by project-beppin | 2004-12-11 09:40 | 大分麦焼酎
嗚呼!ふぐ会席・・・その弐:『ふぐ刺し』と『ヒレ酒』
ホラホラッ・・・“ふぐ刺し”が来ました~!来ましたヨ~ン!

c0001578_1275415.jpgご自慢の自家製ポン酢に・・・浅葱、紅葉おろし、そして肝を入れて・・・少し和えてっと・・・。

大分は・・・絵皿が透けて見えるような薄引きではなく・・・肉厚のふぐ身の歯応えを味わうんです。
皮と小葱を刺身で巻いて~・・・ちょんとポン酢に潜らせて・・・口の中へ・・・。

鼻先に残るポン酢香・・・舌の上では、肝のコクが滲み・・・噛んで、身のプリッとした弾力と感じて・・・淡白な旨みを味わい・・・身の中に包まれた小葱はサックっと・・・皮はコリッと・・・

噛むたびに、心地よく跳ね返す厚い刺身・・・ふぐ、ふぐ、ふく、福・・・至福~

c0001578_11185439.jpg この時とばかりに・・・“ヒレ酒”登場!

おっと・・・アルコールを飛ばした熱燗が匂いたちました~。杯を手にとっても熱くないように竹籠を編みつけてあるのも・・・粋だね~。

杯に唇を啜るようにあてると・・・ヒレの焦げた香りに甘~い燗香が混じり・・・口の中で染渡るヒレのコク・・・クゥッ~・・・絶句・・・。

More “ヒレ酒”・・・秘儀の炎
# by project-beppin | 2004-12-09 22:31 | 美食の街
嗚呼!ふぐ会席・・・その壱:『ふぐ皮の肝和え』
私は今日から忘年会が、はじまりました。・・・美味い料理をご紹介します。
本日からは、3回にわたって、大分名物“ふぐ会席”の特集です。

c0001578_22493347.jpg座って、まずはビールですね・・・乾杯~・・・グビッ、ふ~っ~う、旨いっ!

さてと、あぁっ!・・・“ふぐ皮の肝和え”・・・1年ぶりですね。
ポン酢タレに浸って耀いてます。・・・まずは一口・・・く~っ、旨め~。

確かに、ふぐ皮です・・・このコリコリ感は、他の食材で味わったことがありません。肝も大きいし、淡白でありながら濃い旨みが出ています・・・何の肝かなんて・・・どうでもいいぐらい美味。

噛む・・・コリッコリッ・・・あっ、肝の旨みが広がった・・・呑み込んでも、喉を皮と肝汁が交互に通るのが味覚と触覚で感じられます。ビールをグビッ!皮をコリッ!肝も・・・く~っ!・・・悶絶~

(つづく)
# by project-beppin | 2004-12-08 22:56 | 美食の街
3つの個性がつくり出す・・・「月心」(げっしん)
忘年会のシーズンですね・・・今週と来週は忙しいかなあと思ってます。

c0001578_20422438.jpg今夜は、かみさんが出かけてます。鍋のルーを温めなおして、和洋折衷ハヤシライスをいただきます。

こんな食事の後には・・・個性的な味わいを“生”で飲みたいですね。

そうそう!あります・・・和洋折衷的な味わいの麦焼酎・・・『月心』(げっしん)
黒麹の甘~い香りでありながら・・・貴腐ワインのような味わい・・・鼻腔にぬける麦らしいアルコール感・・・雑味の余韻を舌触りと喉越しで味わう。

無濾過、黒麹、全麹仕込みの3つの個性が・・・この味わいをつくり出すんですね。麹甘いけど・・・クセになる・・・。

■「月心(げっしん)」(老松酒造:日田市/減圧:全量麦麹)28度・・・ドライ甘口タイプ
 甘く匂いたつ麹香と黒麹の持つ甘みを際立たせた個性的な甘口タイプ。記憶の奥を呼び覚ますような深く優美な旨み、トロみ、甘みをもつ新境地。
# by project-beppin | 2004-12-07 21:56 | 大分麦焼酎
豚シャブとともに・・・「八面山」の水割り
冬らしくなってきましたな・・・ついに我が家もストーブを入れました。

c0001578_20312189.jpg「ただいま~」と食卓のある部屋に入ったとたん・・・湯気の気配・・・ははぁ~ん、鍋だな・・・水炊き?・・・と思って食卓を覗き込むと・・・“豚シャブ”でした。

そっか~、カボスもたくさんあるし、カボス醤油で・・・さっと泳がした豚と豆腐をフ~フ~・・・いただきましょう。

熱った口の中を・・・麦らしい上品な旨甘さで・・・冷ますのがいいでしょうね。
今日は、『八面山』を萬太郎水で割っていただきましょう。

ロックだと冷えすぎるのですが・・・酎8:水2程度で割水した水割りは・・・口に含んで、香りと麦甘さをころがしながら・・・スーと喉越しを楽めるんです。これが・・・丁度いい・・・。

■「八面山」(大分銘醸:宇佐市/常圧:麦・麦麹)25度・・・スムース旨口タイプ
長期貯蔵でカドがとれ、麦本来の甘さと香りが上品な旨口タイプ。豊かな甘さの奥にころがるアルコール感に惚れる美品。
# by project-beppin | 2004-12-06 20:37 | 大分麦焼酎
ブレンドの妙を味わう・・・米麦混和「六富蔵」
日中は、季節はずれの台風くずれの影響で・・・風も強く、寒かったですね・・・。

c0001578_21405968.jpg今夜の夕食はビビンバです。よくかき混ぜていただきましょう。

さて、食事が終われば・・・喉越しが素直に“旨い”と思えるものが飲みたい気分です。・・・ならば・・・『六富蔵』

“古来伝統製法”とあるように、あくまで常圧蒸留で竹炭濾過にこだわり、米焼酎の甘みと麦焼酎の素直な旨みが調和したブレンドは・・・絶妙です。

このふくよかな甘旨みは・・・堪らんですなあ~。

■「六富蔵」(小野富酒造:佐伯市/常圧:米・麦・米麹・麦麹)25度・・・ウェット旨口タイプ
香りはおとなしく、ふくらみのある甘さでやさしい舌触り、喉越しは麦らしい旨みとアルコール感の上品な旨口タイプ。米と麦の良さを際立たせた優品。
# by project-beppin | 2004-12-05 21:47 | 大分麦焼酎
打ち止めに、スルメと「豊の国」
今日は、酒宴でした・・・今、帰って来ました・・・。

c0001578_23252376.jpgちょっと、物足りないかな・・・と、コンビニに寄っちゃいました・・・。で、一杯だけなら・・・ワンカップ『豊の国』

酔ってはいるのですが・・・なんか寝つきには足りないと言うときは・・・これがいいですね。

“生”でグッピと味わう20度ワンカップ・・・多少は鼻腔にピンときますが・・・しっかりとした喉越しのアルコール感と余韻の麦の甘さ・・・打ち止めには・・・これっす・・・!



■「豊の国」(クンチョウ酒造:日田市/減圧:麦・麦麹)20度ワンカップ・・・ドライ淡麗タイプ
アルコール感の甘い微香、ツン・ピリもいやみのない喉越しのアルコール感と舌触り、余韻もほのかな端麗タイプ。ちょっとほしいときの日常酒。
# by project-beppin | 2004-12-04 23:26 | 大分麦焼酎