タグ:ガツン系 ( 57 ) タグの人気記事
潮香の“くろめ”も旨い・・・ミディアム・ビター「おへま 黒」
朝夕に、吐く息が白くなります・・・一挙に冬本番・・・帰り着いてストーブの暖かい空気に触れながら・・・食卓に向かうと・・・素直に“団欒”という言葉が思い浮かびます・・・。

c0001578_12418.jpg長男坊のリクエストの“野菜炒め”・・・オヤジには“穴子天”。
そして、珍しいことに佐賀関の特産“くろめ”。
“めかぶ”に近いネバネバ感をもった昆布のような海藻・・・細く刻んでカボス醤油と七味をかけて掻き混ぜただけ・・・大分らしい“冬の味わい”・・・。
ありがたいですねぇ~・・・この潮香がそのまま広がるような口内食感・・・。

淡白な“穴子天”は荒塩で・・・となれば・・・ガツンと香ばしい“お湯割”を飲みましょう・・・『おへま 黒』。
黒麹仕込みではありませんよ・・・お間違いなきように。
昨年飲んだ「おへま(赤字)」が・・・実は「麻生富士子」の県内銘柄ですから・・・高度数30°版ラベルのこの「おへま 黒」は・・・つまり「麻生富士子N°17」のこと・・・。

先ずは“生”でチビチビと飲んでみると・・・30°の味わいでありながら度数の高さによるビリビリ感は全くなくて・・・バランスのとれた麦ビターな香りに・・・ホロ苦い辛旨さと麦ビターな甘み・・・喉越しも思ったほどハードではなく・・・“シングル・ビターのミディアム・ボディー”ってな感じです・・・「為・」と「酔ちょくれ」の中間的な味わいに思えます・・・。

続いて、本格的に飲む6:4の“お湯割”・・・苦辛さのカドがとれて・・・円やかな甘香ばしさが軽快な心地よさで・・・丁度いい感じ・・・優しいコクの旨さがありますよ!・・・。

“くろめのカボス醤油”の粘酸っぱさを味わった後に・・・あっさりと“穴子天”をいただいて・・・この“お湯割”をゆっくり飲む・・・あぁ~、旨~い!

■「おへま 黒」(麻生本店:由布市/常圧:麦・麦麹)30度・・・ガツン濃厚タイプ
 麦ビターの芳香、ホロ苦い辛旨さと麦ビターな味わいに円やかな甘香ばしさが軽快なアルコール感を引き出してくれる濃厚タイプ。麦らしいミディアム・ボディーの喉越しに優しいコクが心地よい優品。 (「麻生富士子N°17」の県内銘柄ラベル)
by project-beppin | 2005-12-08 01:07 | 大分麦焼酎
チーズ・フォンデュに・・・フルボディー「常圧 常蔵 原酒」
今日、次男坊と釣りの約束をしていたのですが・・・風が吹いて、冷たい小雨となって、波も高く・・・(女房殿の中止要請もあって・・・)断念・・・。

c0001578_23123037.jpg罪滅ぼしに・・・昼食はオヤジが厨房に立って・・・あの“恵会のトマトケチャップ”をブレンドしたトンカツソースと“ニンニクオイル”で風味をつけた“焼そば”。やっぱり、評価は・・・“それなり”・・・とのこと・・・。

夕食は・・・愚息どものリクエストもあって・・・女房殿ご自慢の“チーズフォンデュ”・・・白ワインのアルコールを飛ばして、ナチュラルチーズと小麦粉ほかをホット・プレートで“トロトロ”に・・・そこへ、お好みの食材を・・・。
ガーリック・トーストの香ばしさだけで・・・食欲をそそられますが・・・ボイルしたささ身、牡蠣、海老、鶉玉子・・・ブロッコリー、フライドポテトなどなど・・・。

こんな時は・・・濃厚な麦の香ばしさを“ショット”でひっかけてみたくなります・・・『常圧 常蔵 原酒』・・・。

チーズの濃い味わいに負けない・・・スウィートな芳ばしさが・・・ほのかに漂います。
“チビリ”と口をつけ・・・舌先で甘みを感じたかと思うと・・・口中に“ブワァ~”と広がる・・・苦芳ばしい麦ビターの芳醇な味わい・・・鼻腔に抜けるビター・アロマが“ズバーン”と拡散してゆきます・・・。
喉越しに“グワァ”っと痺れる・・・濃厚なアルコール感・・・。
長~い余韻に浸りながら・・・35°のフルボディー“麦甘み”・・・“グビグビ”と飲むことは出来ませんが・・・“ショット”で攻めると・・・このなんとも優しく濃醇な苦旨さが・・・抜群な快感です・・・。

■「常圧 常蔵 原酒」(久家本店:臼杵市/常圧:麦・麦麹)35度・・・ガツン濃厚タイプ
 ほのかでスウィートな芳ばしさに、甘みを伴って口中に広がるビターな苦芳ばしさの濃厚タイプ。鼻腔に抜けるビター・アロマが拡散して、痺れるフルボディー感も優しく秀逸な逸品。
by project-beppin | 2005-12-04 23:18 | 大分麦焼酎
“むかご”の塩茹でに・・・ビター・ブラック「黒麹 常蔵」
今朝は、あまり冷え込まなかったようで・・・湯布院の“朝霧”も・・・出なかったんじゃないかなぁ~?・・・と思いながら、仕事へ向かいました・・・。日中も・・・“小春日和”・・・。

c0001578_23503362.jpg帰って・・・カツカレーで夕食・・・長男坊の中間テストの結果に・・・親としての“ジャッジ”です・・・。

“説教”にならないようにと思いながら・・・そのうち、互いに感情的な言動が出ちゃって・・・結果的には・・・“説教”でした・・・。

長男坊が部屋に消えた後で・・・25度『黒麹 常蔵』・・・。私には・・・30度よりも・・・“ロック”や“生”で飲みやすいと思って・・・。

“生”・・・きれいな麦黒麹の甘い香り・・・含んだ感じは、25度らしい黒麹のストレートな広がり・・・飲み易い“ビター・ブラック”という感じ・・・喉越しに苦辛さを伴って響き・・・心地よい甘苦みと刺激が舌先に残る余韻となります・・・。

“ロック”・・・香りはおとなしく・・・氷が溶けゆく中で、キレのいい仄かな甘さと・・・ビターな芳ばしい黒麹感が・・・快く清き旨さ・・・。喉越しの余韻にも程好い甘苦さが・・・重なるひととき・・・。

「はい、これ・・・食べながら飲めば・・・」と出された小皿・・・“むかごの塩茹で”・・・女房殿が知り合いから、戴いたそうです・・・「自分で採って、茹でたんだって・・・美味しいよ」。
むかご(零余子)・・・へぇ~珍しい~・・・これこそ“自然薯の自然薯”です・・・山芋の蔓に生る“豆のような芋”・・・大豆くらいの大きさ・・・。竹楊枝で突き刺して・・・一つずつ“パクッ”・・・。
塩っぱさは控えめで・・・噛むと・・・皮の部分の“葉緑素の苦味”のようなが味わい・・・豆芋の澱粉風味と混じり・・・微妙に深く旨いんです・・・。

女房殿と交互に摘みながら・・・愚息のことを話し合って・・・コップの氷も溶けました・・・。
あ~ぁ・・・明日の“竹宵”は・・・“微妙”・・・。

■「黒麹 常蔵」(久家本店:臼杵市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃甘タイプ
 麦香ばしさに、ほど良い苦辛さと黒麹の甘さが重なるストレートなコクの濃甘タイプ。キレのいい喉越しと舌先に残る心地よい響きもビターな黒麹旨さを感じさせる優品。
by project-beppin | 2005-11-04 23:55 | 大分麦焼酎
ビター・スイーツの旨さ・・・「ふしぎ屋 原酒」
昨日は・・・“半信タイガース”だったのですが・・・“勝って マリンズ”に完敗でした・・・参っちゃいました・・・。

c0001578_23165844.jpg帰ってエビフライ他で夕食・・・今、風呂から上がって・・・クイッと飲みたくなって・・・久しぶりに原酒を・・・『ふしぎ屋 原酒』・・・。

この36度の芳ばしい香りは・・・何処となく甘い柔らかさがあるように感じるのは・・・私だけでしょうか・・・。

ガツンでありながら麦・麦麹の円い“ビター・スイーツ”・・・舌先に響くように・・・麦芳ばしい甘みのコク・・・喉越しに芳醇さを伝えると同時に・・・鼻腔へはビター・ロースト感を解き放ちます・・・“ビリビリ”というより、“コロコロ”と転がる柔らかさの苦味が・・・バランス感覚に優れていますね・・・。

ショットグラス・・・チビチビと口に運びながら・・・グラスに絡む厚みにも酔ってます・・・きちんと主張しているのですが・・・“し過ぎ”ていないという感覚・・・いかにもこの蔵らしい風味を感じます・・・。

愚息どものオヤツから“御すそ分け”いただいた・・・ポテチ・・・塩っぱさ加減で、4・5枚食べました・・・。このひと時が・・・幸せですなぁ・・・。

Robert John Valentine”・・・「ソノチームハ~ イチバン!デ~ス!・・・!」・・・優しそうな二重瞼の感涙・・・あっぱれ!おめでとう!・・・マリンズ!・・・今日は素直に“喝采”できます・・・。

■「ふしぎ屋 原酒」(藤居酒造:臼杵市/常圧:麦・麦麹)36度・・・ガツン濃厚タイプ
 芳ばしくも甘く柔らかな香りに、舌先に響くビターな甘みが芳醇な濃厚タイプ。転がるようなバランスが秀逸で、ビター・ロースト感も素直に味わえる優品。
by project-beppin | 2005-10-27 23:22 | 大分麦焼酎
ホロ香ばしい麦旨み・・・「自然麦」
曇り空でしたが・・・“彼岸花=曼珠沙華”に誘われて・・・“原尻の滝”や“岡城阯”などへ・・・往復200kmを越えてのドライブ・・・車の窓を開けて走ると・・・日中はまだ、蒸しっぽさが混じりますね・・・。

c0001578_2293245.jpg夕方、帰り着けば・・・“大根おろし”の担当・・・でした・・・。
“もずく胡瓜”にかけるか・・・“野菜天”におろし醤油がけするか・・・お好みですが・・・私は“野菜天”にぶっかけました・・・。“鮭の刺身”はカボスと醤油でマッタリ感をサッパリといただきます・・・。

麦旨さをゆったりと味わいながら・・・晩酌にしましょうかね・・・“生”と“お湯割り”で『自然麦』・・・。

“生”で嗅いだときは・・・常圧らしい麦香ばしさ・・・口に含めば・・・ビシッと鼻腔に向かう甘苦いアルコール感の心地よい主張・・・喉越しにもしっかりと香ばしさをともなって残響が長く続きます・・・麦旨さを味わえますねぇ・・・。

6:4の“お湯割り”では・・・甘苦さのホロ苦味が抑えられ・・・麦のホロ香ばしい甘さが柔らかく味わえます・・・この柔らかい旨さも捨てがたい。
これなら・・・食中酒としてクイクイと飲めますし・・・肴を楽しんだあとに・・・ゆっくり味わうことも一興・・・。

ちなみに・・・定番銘柄の「大分んもん」は・・・減圧と常圧のブレンドですから・・・この「自然麦」とは違いますよ・・・。

■「自然麦」(藤居醸造:豊後大野市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
常圧らしい麦香ばしさに甘苦いアルコール感がしっかりした心地よい濃厚タイプ。お湯割りのホロ香ばしい甘さと柔かな麦旨さで長く飲み続けたい晩酌定番の優品。
by project-beppin | 2005-09-19 22:12 | 大分麦焼酎
黒麹麦の濃厚な深味・・・「羽衣」
夏は今日までらしいですねぇ・・・。季節の変わり目・・・“中秋の名月”に間に合いましたね・・・。

c0001578_0261735.jpg先ほど、飲み始めようと思って・・・「何か肴ある」と訊ねれば・・・「これでいい?」とレトルトを温め・・・“煮込み豚なんこつ”・・・「いいよ、好いですよ~」と・・・ニンマリ・・・。
醤油味醂で甘くマッタリと味付けされた煮込み具合は・・・柔らかな弾力・・・刻葱の香も混じる食感は・・・悶絶の旨さです・・・。

こんな肴にゃ・・・久しぶりに“黒麹ガツン系”といきたいですね・・・『羽衣』・・・そう、あの「麦香醉」の原酒・・・。
トォク、トク、トクゥッと鳴りながら注ぐ・・・豊後伝統の瓢箪トックリの300mlフロスティー瓶タイプ・・・。

先ずは、ショットグラスで“生”のまま・・・ほのかに甘く芳ばしさを感じる麹香・・・濃~い甘みのあとに黒麹と杉樽蒸留らしい旨み・・・甘旨さのあとに黒胡椒に似た独特のパンチの効いたアルコール旨みが鼻腔に抜けていきます・・・。
このコクのある味わいは・・・味覚中枢が痺れます・・・。喉越しの残響感とキレのいい余韻も・・・さすがです・・・。

“ロック”では・・・氷溶け後でも、黒麹の甘さのコシが抜けません・・・こちらもなかなかどうして・・・旨いです・・・。

度数が違うと、こうも主張が明確になるのかぁ・・・と再認識・・・黒麹麦も濃厚で深いですぞ・・・。

■「羽衣」(小手川酒造:臼杵市/常圧:麦・麦麹)36度・・・ガツン濃甘タイプ
 裸麦、鉄釜蒸し、黒麹、杉樽の木桶蒸留、三年長期貯蔵の原酒。ほのかな黒麹香、芳醇な甘みとパンチの効いたコクを持つ濃甘タイプ。喉越しも余韻も甘く主張する優品。
by project-beppin | 2005-09-15 00:26 | 大分麦焼酎
“閻魔、おまえもか!”・・・「常圧 閻魔」(グリーンラベル)
台風も、選挙カーも、“ゆっくり走る”ので・・・ついつい、道沿いの酒屋に寄っちゃいました・・・ということにしておいて下さい・・・。

c0001578_23365880.jpg入って・・・いつもどおり、物色しているうちに・・・目に飛び込む“グリーンラベル”・・・。
見た瞬間・・・「仮面ライダー 響鬼の“V3”ラベルかぁ~」と思ってしまうような・・・(そんなこと、思うかいっ!!!)・・・『常圧 閻魔』

“はぁ~?”・・・と、ついつい手に取っちゃいましたねぇ・・・(こらっ!ええかげんにせんかいっ!)・・・スンマセン・・・。
早速、飲んでみましょうかねぇ・・・先ずは“生”からでしょう・・・。

香りは、モロに“ガツン系”・・・「ふしぎ屋」と「酔っちょくれ」に近いかな・・・と思わせる大麦の甘香ばしさです・・・。口に含んで・・・麦苦さの主張のあとに甘旨さです・・・ホロ苦な香ばしい甘さが鼻腔でも心地よい・・・喉越しのアルコール感の残響も余韻もまとまってます・・・。欲を云うなら・・・厚みが足りないかなぁ・・・。

“ロック”では・・・ホロ苦さが抑えられて・・・甘旨さが先行しますね・・・溶けすぎないうちが旨いです・・・。

樽貯蔵の「赤 閻魔」と黒麹減圧の「黒 閻魔」が・・・老松さんの個性だと自信を持っていればいいのに・・・敢えて“閻魔”レーベルで、緑に変身させてしまったというのが・・・よくわからないのですが、例えるなら・・・「仮面ライダー“閻魔”V3」ってな感じ・・・。

ラーメン・スナックしかなかったのが残念です・・・アーモンドぐらいあればいいのに・・・。

■「常圧 閻魔」(老松酒造:日田市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 香ばしい大麦の香と、ホロ苦さと甘旨みが時間差で味わえる濃厚タイプ。麦苦さの主張のあとの甘旨さが心地よい残響にまとめる良品。
by project-beppin | 2005-09-08 23:39 | 大分麦焼酎
甘苦味が先行するハードビター・・・「為・原酒」
実は・・夏の風物誌“納涼花火大会”を撮影するつもりで・・・7月31日(日)に“別府 夏の宵まつり”に行って・・・愛用のデジカメを落として故障・・・_| ̄|○(ガックリ) 。仕方なく・・・修理が終るまで・・・ケータイスナップ画像で・・・ご勘弁を・・・。

c0001578_23215931.jpg今夜は・・・外食後に帰宅・・・「一杯だけ~」の約束で・・・封を切りました・・・『為・原酒』

この真紅のラベル地と黒字のコントラスト・・・まんまと、店頭で誘われました・・・あの「為、」(ためしてん)の原酒です。先ずは“生”のままショットグラスで・・・。

アルコール臭を伴う“チョコ・ウェハース”のような香り・・・。
チビリと口に含むと・・・芳醇な甘苦い舌触りの味わいと気化しながら鼻腔へと向かうビターな旨味のガツン感・・・舌先を心地よく痺れさせながら・・・喉越しに熱く円やかにアルコール感の余韻を残します・・・鼻腔と喉に馥郁たる香りとビターな旨味の残響を残すところが・・・優れています。
“生”をショットグラスで飲むなら・・・この季節・・・キンキンに冷やしておくのがよりBetterかも・・・。

「一杯だけ~」・・・の約束を破って・・・チェイサーのように見せかけた・・・“ロック”・・・注いで直ぐなら・・・甘みが引き立ちます・・・氷が解けだす前、つまり薄くならないうちに飲むのが・・・こちらもBetter・・・。

アテのつもりで付けた“ホワイトチョコを挟んだクッキー”・・・それなりの味ですが・・・飲み終えて摘んだら・・・湿気てました・・・。乾き物のアテ・・・夏は、これが困ったもんですねぇ・・・。

■「為・原酒」(常徳屋酒造場:宇佐市/常圧:はだか麦・麦麹)38度・・・ガツン濃厚タイプ
 骨太なチョコ・ウェハース香と、複雑で芳醇な甘苦い旨みが先行する濃厚タイプ。馥郁たる香りとビターな旨味の残響を堪能する絶品。
by project-beppin | 2005-08-02 23:21 | 大分麦焼酎
甘苦くビターなキレのある味わい・・・「竹宵」
出張から戻り・・・昼寝してました・・・夕方、買い物につき合わされるまでは・・・。

c0001578_22373475.jpg今日の夕食・・・鰻蒲焼と烏賊リング・・・ちょっと“ロック”を飲みたいですね・・・『竹宵』

臼杵で毎年秋に催される“竹宵まつり”の名を冠した昔造り(常圧)の焼酎です。

味わいは・・・「常圧 常蔵」に似ていますね。
“ロック”では・・・香ばしさを感じる程度・・・氷が溶けて、口に含むと・・・甘く清くガツンときます・・・キレがいい甘苦くビターな味わいが・・・スーっと喉を過ぎて・・・余韻も柔らかい芯を持って・・・ちょうどよく旨いです。

鰻蒲焼・・・お惣菜ですから・・・家で蒸上げ直して・・・ホクホク・・・。
烏賊リング・・・ちょっと固くなっちゃってましたが・・・レモンを絞れば・・・風味が活きてきます。

やっぱり・・・家庭で晩酌・・・一番好いです。

■「竹宵」(久家本店:臼杵市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
麦の香ばしい甘さと含んだ甘苦い味わいの旨みが広がり、キレがよく喉を過ぎる濃厚タイプ。柔らかな芯のある味わいが飲みやすい優品。
by project-beppin | 2005-06-12 22:41 | 大分麦焼酎
丸干し鰯と焼餃子に・・・ビターな麦旨み「大龍蔵」(おおたつぐら)
陽気に誘われて半袖シャツで出かける・・・昼過ぎから新緑の中で涼みたくなって・・・“乙原の滝”に登ってきました。
日中、ちょっと動いたもんで・・・晩酌を楽しみに席に着きました。

c0001578_051222.jpg好いじゃないですかぁ~・・・“餃子”に炙った“丸干し鰯”。餃子のパリパリ感と・・・鰯の苦旨い塩加減・・・。

ガツンと行きましょうか~ぁ・・・香ばしさの濃厚な・・・『大龍蔵』。

甘くほのかにビターな香り・・・口に含めば甘さと同時に香ばしい・・・舌先で転がすと、ビターな麦香が鼻腔に抜けて・・・味わいも鼻抜けも濃厚です。

喉越しは・・・重すぎず軽すぎずアルコール感の芯に・・・しっかりと甘苦い残像を残して・・・余韻にも・・・ビターな香りが鮮明に残っています。

これは・・・旨いです。私には・・・「常圧 常蔵」と「兼八」がクロスオーバーした味わいに思えました。ラベルに赤字で“復活 常圧蒸留”とあるように・・・常圧で、裸麦で、三年かけて復活させた常圧蒸留器での醸しとくれば・・・そこまでしても醸したかった“快心”の味わいなのでしょう。是非・・・豊後の旅先で・・・この濃厚な香ばしさと旨さを・・・ご堪能いただきたい!

肴とともに・・・“パリパリ餃子”で1杯目・・・続いて、“丸干し鰯”で2杯目・・・。くぅ~・・・この米水津産の鰯は絶品~!・・・がびょ~ん・・・(活字で表現できませ~ん・・・)。

■「大龍蔵」(おおたつぐら)(小野酒造:大分郡/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
甘みの混じるビターな香り、甘旨さと香ばしさを舌先で転がして鼻腔に抜けるビターな麦香を楽しむ濃厚タイプ。芯のある心地好いアルコール感と、鮮明に余韻を重ねる裸麦の“ビターロースト感”が快心の優品。
by project-beppin | 2005-05-30 00:09 | 大分麦焼酎