タグ:ドライ系 ( 78 ) タグの人気記事
柔らかく飲める“大分割り”・・・「大分んもん」
一日に7杯もの“丼物”・・・“酢香丼”、“野丼”、“手歩丼”・・・こんなに日本海に食らわされると“威嚇超”ですね・・・。いくら“毒菜”が好きでもこれほど偏食が続くと良くありません・・・ちゃんと“青菜”を“一杯”与えないと・・・。

c0001578_12915.jpgこんな“きな臭い”話は・・・ニュース解説に任せて・・・“七夕”の夜ですから・・・“彦星”と“織姫”の“逢瀬”に想いを寄せましょう・・・。

♪ 笹の葉
 さ~らさら               
 軒端に揺れる                   
 お星さ~ま
 き~らきら                 
 金銀すなご♪
(唱歌:たなばたさま)               

遅く帰った我が家の“彦星”(私)・・・“織姫”(女房殿)の“仰せ”のとおり・・・シャワーを浴びてさっぱりした気分で“晩酌”・・・。

やまと芋と鰤身の“やまかけリュウキュウ”と・・・“野菜の天ぷら”・・・旨そうです・・・。

疲れを癒す“一杯”の至福を・・・すっきりとクイクイ飲みたかったので・・・『大分んもん』20°を7:3の“白湯割り”にして・・・かぼす果汁を数滴垂らして・・・“大分割り”です・・・。

氷を入れないのは・・・清酒の“冷や”の感覚・・・冷やしすぎないことで、かぼす果汁の酸味を穏やかにして・・・ドライな麦焼酎独特の甘味を最大限引き出す飲み方・・・。ゆっくりクイクイ料理と一緒に飲む時に・・・丁度合ってるんです・・・。

穏やかな“果実香”が漂う感じの甘みをもっているこの焼酎・・・もともと20°ですから、ドライ系の中でも“シャープ”というより・・・“ソフト”な口あたりに甘旨みがのっていて・・・おとなしい鼻抜けに安堵できますし・・・舌先で転がしても“すぅ~”と滲みこむような透明感があります・・・。

“かぼす果汁”はほんの数滴・・・入れ“過ぎない”方が美味しいです・・・。

ソフトなドライ系20°「大分んもん」と“白湯(さゆ)”で・・・氷のない“水割り”・・・夏の夜の“ゆっくり晩酌”には・・・焼酎の味わいを楽しむ“ベスト・カップル”だと思います・・・。

■「大分んもん」(藤居醸造:豊後大野市/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 穏やかな甘い果実のような香りを漂わせ、円醇な甘みが柔らかい口あたりと味わえる旨さの喉越しに安らぐ淡麗タイプ。味わいを持ちながらも、染み渡るような透明感が印象深い優品。

More “やまかけリュウキュウ”と“野菜の天ぷら”
by project-beppin | 2006-07-08 12:11 | 大分麦焼酎
旨塩っぱい“うるか”に・・・清い甘さの「吉吾」
南下した“梅雨前線”で・・・大分各地は、今年一番の“暑さ”・・・30℃を越えて“汗ばむ陽気”・・・。“クール・ビズ”でも汗だく・・・今日は・・・飲みたかったぁ~・・・(笑)。

c0001578_2344128.jpg夕食は・・・蒸した“鰻”と、茹でた“枝豆”や“玉蜀黍”・・・夏らしさを感じる食材でした・・・。もちろん・・・この食事でも飲んでましたよ・・・“ロック”で『吉吾』・・・。

香りはおとなしく穏やかですが・・・溶けかけた時に一口飲めば、清らかな甘みが先行して・・・口中で転がして、苦味や辛味とまでは至らない旨さのコクが香る感じ・・・。

ホタルの棲む“山国川源流”の清水のようで・・・氷で引き立つ涼しい“甘露”な感じ・・・喉越しにも活きています・・・。

♪ ホっ、ホっ、ホ~タル来いっ
   あっ酎の水は 苦いぞ~ こっ酎の水は 甘いぞぉ~
    ホっ、ホっ、ホ~タル来いっ ♪  (唱歌:ほたるこい・・・の替歌)

常圧蒸留 吉吾」と減圧の「諭吉の里」の“ブレンド”とのこと・・・地元仕様の20°タイプですが“生”で呷ると・・・常圧のコク旨さが減圧のキレのある甘さと重なって・・・味わいがしっかりしています・・・。

さてさて・・・今、TVドラマ「弁護士のくず」(最終回)を見ながら・・・ゆっくりと二杯目の晩酌・・・。アテは・・・“道の駅 やまくに”で買い求めた“うるか”・・・。そうです・・・清流の多い大分ならではの“鮎の塩辛”・・・。

山国川源流”を訪ねた思い出の晩酌・・・“うるか”と「吉吾」20°の“ロック”・・・忘れられない夏らしい晩酌です・・・。

■「吉吾」(西の誉銘醸:中津市/減圧・常圧ブレンド:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 穏やかな香りに、常圧のコク旨さが減圧のキレのある甘さと重なって味わえる淡麗タイプ。清水のような甘露な風味がしっかりしているアルコール感が和む優品。

More 絶品!山国川の“身うるか”・・・
by project-beppin | 2006-06-29 23:48 | 大分麦焼酎
“ナシカ!”の“酎上絵”・・・「原酒 なしか!」
朝には雨も上がって・・・陽射しも眩しい日中と蒸し暑さの残る夕方・・・。早めに、家に帰り着けば・・・鍵がかかっていて、誰もいない・・・。19時前になって、次男坊が遊び疲れて戻って来ました・・・。

c0001578_0232017.jpgそうです・・・今日から女房殿は“東京”・・・。我が家に残るは、オヤジと愚息ども・・・“野郎三匹”・・・(笑)。

張りきって“男子厨房”をと・・・“オヤジの手料理”の提案したところ・・・愚息どもから“大ブーイング”・・・。
次男坊 「遅くなるぅ~ 腹減ったぁ~」
長男坊 「不味かったら、食えんっちゃぁ~」

オヤジ 「じゃぁ、“吉牛”の“豚丼弁当”かぁ~?」

次男坊 「まぁ、いいよぉ~」 
長男坊 「まだ、(その方が)マシやし・・・」

チェッ・・・。そんなこんなで・・・“豚丼”、“お新香”、“味噌汁”・・・の夕食・・・。
食べ初めれば・・・(心の中では)三人とも・・・「たまには、うめぇ~なぁ」でした・・・(笑)。

さてと・・・洗濯物を取り込んで、宿題をさせて・・・愚息どもが風呂に入って・・・やっと“週末晩酌”・・・暑くなってきたので、“バンッ ズビッ バン!(Bounce with me Bounce!)”と・・・『原酒 なしか!』・・・。

アテは・・・コンビニの“牛蒡天”と・・・夕食の残りモノの“紅生姜”・・・。

“原酒 ロック”・・・ドライな減圧系でありながら、含んだ甘味が“ビヴィット”で・・・鼻腔へ広がる“全麹仕込み”のブレンドが醸す香味の拡散・・・まるで“シャンプー香料”のような鼻抜け・・・。

私には・・・氷に解けて馴染む液体の甘旨さより・・・不意を衝かれるようなこの“吟麗”香味が・・・何故か、もうひとつ馴染めないんです・・・特に“ロック”では・・・。

となれば・・・ドライ系のロックには“天下の宝刀”・・・“かぼす果汁”をタラ~リ・・・(笑)。

氷を振るように・・・軽くグラスごと“ステイ”して・・・“グビッ”っと飲めば・・・くぅ~、これです、これ・・・抜群に旨さが光る“豊後のDRY GIN”ってな感じ・・・痺れるほどシャープに響く旨さ・・・。

たぶん・・・他の“柑橘系果汁”や“焼酎用レモン”では・・・ここまで“ど真ん中”に来ないような“COOL”な風味です・・・。
これこそ、減圧の原酒らしいテイスト・・・“味覚中枢”に“バンッ ズビッ バン!”・・・“DJ OZMA”に飲ませたくなります・・・(爆)。

■「原酒 なしか!」(八鹿酒造:玖珠郡九重町/減圧:麦・麦麹)40度・・・ドライ濃醇タイプ
 クールでフレーバーなアルコール香を発し、全麹の甘味がビヴィットに口中で拡散して味わえる濃醇タイプ。痺れるようにシャープに響くドライなトロミを氷解しながら、キレまでクールな原酒の優品。

More “牛蒡天”・・・FRIDAY ナイト“ファイバー ”
by project-beppin | 2006-06-16 23:59 | 大分麦焼酎
黒麹の“貴腐”甘み・・・「黒閻魔」
九州南部が“入梅”したとのこと・・・別府も一日中、小雨が残った天候でした・・・。今年は“五月晴れ”が少なかったような気がします・・・。

c0001578_0521067.jpg今夜は、“餃子”で一杯・・・と相成りました・・・。

ストイックに“カボス酎ハイ”でシャープに味わうか・・・甘い口あたりのコクもキリリと“芋ロック”か・・・悩みましたが・・・ちょっと変わったところで、ドライで“香麗”な味わいと言いたくなる・・・『黒閻魔』・・・。

あの無濾過「月心」28°で味わった感じのレギュラー・・・ですね・・・。キリリと“ロック”です・・・。

何故“ロック”かというと・・・この焼酎、“生”では・・・全量黒麹仕込みですから“貴腐”ワインのような麦黒麹の香りと甘みが“独特”過ぎます・・・甘い麹のコクが気になるんですね・・・。

氷が溶けて・・・甘みが落ち着きますが・・・味わいは飲みやすくなった甘みと・・・アルコール感が気にならないキレを持っています。

この焼酎は・・・“ロック”を基本に設計されているんじゃないかなぁ~?・・・と前々から思っていますので・・・“餃子”と一緒に飲んでも・・・味わいながら、すっきりと飲み続けられるんですね・・・。

■「黒閻魔」(老松酒造:日田市/減圧:全量麦麹)25度・・・ドライ甘口タイプ
 甘く匂いたつ麹香と黒麹の持つ甘みを際立たせた個性的な甘口タイプ。貴腐の麦黒麹の香りと甘みがコクを持ちながらキレのいい酔い心地をつくる良品。
by project-beppin | 2006-05-28 00:52 | 大分麦焼酎
爽やかな“涼麗ロック”・・・「縣屋」(あがたや)
5月14日(日)・・・“母の日”・・・女房殿への感謝の気持ちは“夕食の買出し”・・・。部活の長男坊は夜まで戻ってこないので・・・次男坊と“買出し”に・・・。

c0001578_0245937.jpg“お母さんの好きなもの”なんて・・・しおらしいこと言ってた次男坊も・・・これといったものが思い浮かばない・・・オヤジも同様・・・。
だけど・・・“おいしい笑顔”の夕食を想像して・・・“大トロ”入りの特売・・・“刺身の盛り合わせ”と“しめ鯖”にしてみました・・・(笑)。

戻って・・・“夕食の準備”のお手伝い・・・盛り付ける役目もオヤジの担当・・・美味しそうに見えるように各々の皿に取り分け・・・ハイッ!食卓に出揃いましたぁ~・・・。

もちろん、麦焼酎も・・・『縣屋』(あがたや)。

“生”で飲めば・・・“清純”なフルーティー香・・・含みながら、口中で転がせば・・・磨かれ“凛”とした麦甘さ・・・。喉へ向う舌の上で・・・吟麗な辛口旨さ・・・。喉ごしのアルコール感も尖っていない円やかさ・・・。

そして“ロック”・・・冷えたことによって甘みが長く続く感じ・・・喉ごしの爽やかな“涼麗”アルコール感です・・・。

ラベルの右端に・・・“高精白 吟造り”の赤いスタンプ・・・しかし、醸造元は“大分銘醸”ではなく“縣屋酒造”となってますから・・・「安心院蔵」とは違う蒸留でしょう・・・酒質は似ていますが・・・少し甘みが強いかな・・・?。

“刺身の盛り合わせ”・・・“母の日”ですから・・・オヤジは“大トロ”と“しま鯵”が各1枚だけ・・・つまり“オコボレ”、“おすそ分け”・・・でした・・・(笑)。

■「縣屋」(縣屋酒造:宇佐市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 純でフルーティーな微香、口中で転がる磨かれた甘さと舌に余韻を残す辛口も響く淡麗タイプ。凛とした麦甘さと喉ごしの爽やかなアルコール感が円やかな美品。

More “大トロ”、“しま鯵”、“しめ鯖”・・・
by project-beppin | 2006-05-20 00:39 | 大分麦焼酎
軽快な“微甘淡麗”・・・「ぶんご太郎」
仕事も動き出した・・・5月9日(火)・・・“チキン・ステーキ”・・・大きいです・・・粒々の“スパイス”も効いています・・・。

c0001578_2235311.jpgやっぱり、こんな料理の時は・・・“ドライ淡麗”が真っ先に飲みたくなります・・・この日もワンカップ・・・『ぶんご太郎』20°で“カボス酎ハイ”・・・。

続けて飲んでも“飽きない”というのが・・・私の本音・・・(笑)。

ビールよりも・・・ストイックな“スパークリング感”の中に潜む“微かな甘み”・・・キレのいい淡麗らしい軽快な喉越し・・・。

“生”では・・・シャープに甘さがあって・・・ツンと響くアルコール感で・・・“カジュアル”に飲める飾りっ気のなさこそ・・・この焼酎の“核心”です・・・。

多くを語るよりも・・・すっきり飲めるという“微甘淡麗”の実感を・・・ご理解いただければ・・・何より・・・(笑)。

■「ぶんご太郎」(ぶんご銘醸:佐伯市/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 清らかな微香、軽やかな口あたりの淡麗タイプ。ほのかな甘さと綺麗でクセのないアルコール感が心地よいカジュアルな焼酎。

More “チキン・ステーキ”・・・
by project-beppin | 2006-05-17 22:36 | 大分麦焼酎
キレのあるすっきりした飲み口・・・「荒城の月」
釣りから帰って・・・女房殿の夕飯支度の前に・・・さっそく、次男坊の釣果を捌きました・・・“ネバゴチ”3匹・・・(笑)。

c0001578_2153947.jpg塩でヌルミを取って・・・腹腸を出して・・・冷水で洗って・・・水切りして・・・皿に並べておけば・・・女房殿が“唐揚げ”にして出してくれました・・・。

他にも・・・“味付けマグロの唐揚げ”や一口サイズの“揚げ出し豆腐”も・・・。

“揚げ物”には・・・ドライ淡麗タイプが欠かせません・・・“酎ーリング”の折に入手した・・・『荒城の月』25°ワンカップを・・・“カボス&ソーダ”で割って・・・すっきり飲みたいです・・・。

先ずは、キャプを開けて“生”でチビリと飲んだのですが・・・微香のシャープな口あたりで・・・仄かな優しい甘さがあって・・・ドライですが、心地よい味わいが軽快なアルコール感です・・・。

それでは・・・氷の入ったグラスに“100%カボス果汁”を少しと・・・焼酎を入れ・・・6:4となる濃いめの“ソーダ割り”・・・。
軽くステアして、グビッと飲めば・・・口中で“シュワッ~”・・・やっぱ、旨いです・・・この“柑橘酸”味とドライなキレが効いた“スパークリング感”・・・くぅ~、うめぇ~・・・。

■「荒城の月」(丹誠酒類:豊後大野市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 シャープな微香、仄かな優しい甘さに心地よい味わいが軽快な淡麗タイプ。キレのいい凛麗な口あたりとすっきりとした飲み口のアルコール感がオールマイティーな良品。

More “ネバゴチ”と“味付けマグロ”の唐揚げ・・・
by project-beppin | 2006-05-15 02:18 | 大分麦焼酎
“Sharp Sweetly & Dry”・・・「全麹減圧蒸留 原酒」
今日は・・・昨日から降り続いていた冷たい雨が上がって・・・少し肌寒さが残る“卯月の花散らし”・・・それでも桜はまだまだ楽しめますよ・・・。鶴見岳の“別府ロープウェイ”は、まだ7分咲きだそうですから・・・。

♪ 桜舞い散る中にぃ 忘れた記憶とぉ 君の声が 戻ってくぅるぅ ♪  (ケツメイシ:さくら)

c0001578_20275416.jpg・・・と口ずさみながら・・・我が家に戻って来たのですが・・・帰るなり、次男坊が・・・
「今日は、“豆腐ステーキ”なんやぁ~・・・これがなぁ~、おいしいんやぁ~」
と・・・よっぽど気に入ったらしい・・・その“語りぐさ”・・・。

食卓には・・・確かにその“豆腐ステーキ”と・・・“鰈の煮付け”と“トマト”です・・・。

こういう時は・・・私の場合“ドライ淡麗”をゆっくりと“お湯割り”で飲みたい・・・と思ってしまうんです・・・。手持ちの“ドライ淡麗系”・・・“いいちこ日田蒸留所”でウィンクされて、迷わず持ち帰った(笑)・・・原酒3種のうち・・・『全麹減圧蒸留 原酒』を3:7で楽しみます・・・。

この“全麹減圧”というのが・・・すばらしく鮮明な香りを放ちます・・・。
そして・・・口に含めば、清真な柔らかい甘さ・・・鼻腔に抜けてゆくような“精緻な辛口”の味わい・・・ドライなアルコール感も、実に円やかで爽やかな残響・・・メッチャ旨い・・・。

正に“いいちこの核心”に触れたような・・・洗練され、磨かれた旨さが、際立っていて・・・一言で言えば、こんな感じ・・・“Sharp Sweetly & Dry”・・・。ついつい・・・“鼻歌”も続けて出てしまいます・・・。

♪ 君が風に舞う髪 掻き分けたときのぉ 淡い香り 戻ってくぅるぅ~ ♪

“きのこ醤油ソース”が濃口の味わいの“豆腐ステーキ”・・・こんなに旨いと思えるのは・・・“晩酌冥利”に尽きます・・・。

■「全麹減圧蒸留 原酒」(三和酒類:宇佐市/減圧:大麦麹)44度・・・ドライ淡麗タイプ
 鮮明でシャープな香りに、清真な甘さが広がる柔らかい口あたりとその甘さに潜む精緻な辛口が爽やかな淡麗タイプ。洗練され磨かれた旨さのアルコール感が爽やかに際立つ優品。

More “晩酌冥利”の肴・・・
by project-beppin | 2006-04-06 00:56 | 大分麦焼酎
鮭のムニエルと・・・“麗柔旨口”の「焼酎倶楽部」
今日はなんと言っても・・・WBC決勝“日本 vs キューバ”・・・テレビ放映が写らなかった我が家では・・・お街に出かけて見てました(笑)。

c0001578_2323492.jpg先制しても・・・最後まで“ハラハラ”・・・素直に野球の“ワールドカップ初優勝”と考えれば・・・“王Japan”に“拍手喝采”を惜しみません・・・。

女房殿も・・・歓んでました。

今夜は・・・“鮭のムニエル”がメイン・ディッシュ・・・付け合わせが“アスパラと舞茸のソテー”・・・晩酌の向付けには“ちりめん納豆”・・・。

そんな食中晩酌に開封の一本・・・『焼酎倶楽部』を・・・5:5の“お湯割り”で・・・。

この焼酎は・・・お湯割りで淡麗な如何にも「二階堂」という独特の香りが匂い発ちます・・・。香りは「二階堂」に近いのですが・・・口に含んだ感じが幾分、柔らかく麗かに感じる清らかな旨口です・・・ストイックな甘みを口の中で転がして“淡麗”を味わいます・・・アルコール感が喉越しに“刺さない”ところがこの“旨さの極み”でしょうね・・・“麗柔旨口”・・・抜群!。

そんな晩酌を楽しんでいるオヤジに・・・長男坊・・・先ほどニュースで放映された“シャンパンファイト”されてる王監督の映像を見て一言・・・「王監督の頭、おとうさん見たいやなぁ~(ニヤ!)」・・・相変わらず“減らず口”です・・・(笑)。

■「焼酎倶楽部」(二階堂酒造:速見郡/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
独特な二階堂淡麗というべき芳香。口中に含んだ柔らかくも、麗かな清らかさの淡麗タイプ。ストイックな甘みを素直に味わえる軽やかなコクのアルコールの柔らかさに磨かれた味わいを見出す優品。

More “鮭のムニエル”と“ちりめん納豆”・・・
by project-beppin | 2006-03-21 23:25 | 大分麦焼酎
“ちもとぬた”に・・・八丈島の麦「情け嶋」
吐く息は白くないので・・・“春雨”ですかね・・・。一日中、小雨の続く天気でした・・・。

c0001578_252328.jpgそんな小雨の中を・・・塾から戻った長男坊が・・・ひとり遅れて“ギョーザ”ほかで晩飯を食っています・・・。

相変わらず“減らず口”をきいていますが・・・オヤジは、オヤジで“減らずの飲み口”で晩酌中・・・お互いさまかぁ・・・(笑)。

今夜のアテは・・・大分の春を告げる“郷土食”と言っても良いでしょうね・・・“ちもとぬた”・・・。
皆さんには・・・“分葱(わけぎ)芥子味噌和え”と言えば・・・その香りと風味がご想像いただけるかと・・・。

今宵は・・・そんなアテにお付き合いいただこうと・・・“島酎”を開けました・・・。お湯が冷めた白湯(さゆ)と6:4で割って飲んでます・・・『情け嶋』・・・。

長男坊が食べながら・・・「今日は、何飲みヨン?(飲んでるの?・・・の意)」と・・・オヤジに聞いてきたので「ぅん、今日は八丈島の麦焼酎・・・」と答えれば・・・「ふ~ん、そんなとこにも“焼酎”があるん?・・・で、旨い?」と・・・。

仄かに柔らかい香り・・・含んだ口あたりも優しい淡麗な円やかさ・・・喉越しの刺激も少なくスムースに流れてゆきます・・・シンプルな味わいで、癖もなく、控え目な甘みが・・・綺麗にまとまっています・・・。
「情け嶋」の名のとおり・・・優しい味わいは、心地よいですよ・・・。

二口ほど、飲んで・・・「やっぱ、それぞれに個性があって・・・人と同じで“トリエのない”焼酎なんてのは無いから・・・これも、旨い!」と返したのですが・・・長男坊には、何となく、説教臭く思われたようです・・・(笑)。

優しく淡い酔い心地の“島酎”と・・・“ちもとぬた”の風味と・・・長男坊との“酒の人生観問答”と・・・晩酌らしい晩酌のひとときが楽しめました・・・。

■「情け嶋」(八丈興発:東京都八丈町/減圧:麦・麦麹)25度

More 旬菜風味の“ちもとぬた”・・・
by project-beppin | 2006-03-19 03:00 | 隣人の焼酎・泡盛