タグ:中津 ( 22 ) タグの人気記事
米焼酎の“吟湧耽麗”・・・ 「特別蒸留 耶馬美人」
“松”もとれ、“寒中見舞い”が届いて・・・本来なら、“正月気分”から抜け出るための“日常モード三連休”だったはずなんですが・・・なんとなく、我が家で過ごす“正月気分”のままでした・・・(反省・・・)。

c0001578_23494250.jpgそんな“三連休”の初日の土曜日(10日)・・・“北海道”から届いた“毛蟹”と書かれた宅配発泡スチロール・・・女房殿の親族からだったので、女房殿が開けるなりに吃驚!・・・“浜茹で”の丸ごと冷凍が2杯・・・。

その吃驚した声を聞きつけて・・・玄関先にオヤジと次男坊も駆けつけ・・・居間で三人がその宅配された発泡スチロールを開けながら囲み・・・思い思いに声を出して覗き込むという始末・・・(笑)。

女房殿・・・「決まり!今夜は、コレにしよぉっ!・・・。」
次男坊・・・「まぁ、豪華やけど・・・コレだけ?・・・。」
オヤジ(私)・・・(女房殿の顔色を伺いながら、怖々・・・)「なら、寿司かなっ?・・・久しぶりに“金太郎”の持ち帰り“桶”・・・。」
女房殿・・・(しばらく考えて)「まっ、いいかぁ・・・なら、夕方に“お澄まし(汁)”だけ作ればいいし・・・そうしよう!・・・。」
次男坊の「よっしゃぁ~!」という声と同時に・・・オヤジは次男坊に向って“Vサイン”・・・。

別府公園の近くに移転した“金太郎 寿司”で16時頃にオーダー・・・18時頃に桶を受け取って帰宅すると・・・丁度、長男坊も戻っており・・・「おおっ!豪華ぁ~」と・・・。

寿司を摘んでは、蟹身を取って食べる家族を尻目に・・・オヤジは、こんな日のための“米焼酎”を今年の“初開封”の一本にしました・・・『特別蒸留 耶馬美人』・・・。

先ずは、“生”のまま一杯・・・空想の果実を連想してしまうような仄かに放たれる優美な吟醸香を嗅ぎながら・・・口元で滑らかさを感じる円熟した甘みが膨らんだかと思うと・・・口中で転がすうちに浮かび上がる円やかな辛口の旨味・・・磨かれた米アルコールの静かな味わいが爽やかに過ぎてゆく喉越し・・・鼻腔に残る穏やかな余韻も好いです・・・。

この米焼酎の“流飲感”が“耽美”な印象を残す“生”一杯で・・・“蟹味噌”を嘗めて・・・“炙りカンパチ”のにぎりと“鮭の腹皮”の軍艦を摘み・・・“6:4”に割って湯煎した“燗つけ”焼酎を飲む・・・これが“至福”の晩酌・・・。

ついつい・・・掌を額に当てて“くぅ~”っと・・・唸っているのであります・・・(笑)。

■「特別蒸留 耶馬美人」(旭酒造:中津市/不明:米・米麹)25度・・・米焼酎
 吟醸の如く優美な淡香に酔いしれながら、含み香の味わいに米アルコールの円やかな甘さと落ち着いた辛口の滑らかな舌触りを楽しむ米焼酎。喉越しに爽やかなに流れる余韻を感じる耽美派の麗品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “寿司”と“蟹”に・・・美味な“6:4の燗つけ”
by project-beppin | 2009-01-13 23:55 | 地焼酎(米 ect.)
“生”で飲みたい“減圧”麦旨味・・・“吟円”「一(ひとあじ)」
オヤジは、給油時に“一葉”一枚で満タンにならないと“不満”を洩らし・・・女房殿は、食品と食料が高止まりしてると“嘆く”・・・ぐらいなら、まだイイのですが・・・世の中では、事件、事故、人災、天災が相次ぎ“社会”を覆う“激震”・・・。“安全”と“安心”は、何処へ・・・と言いたくなるほど・・・筆舌に尽くし難い不条理な事件や不意をつく大地震・・・被害に遭われた方々には・・・心からのご冥福と一日も早い平穏な暮らしに戻れることを・・・お祈りいたします・・・(合掌)。

c0001578_23143333.jpg“入梅”してシトシトと降る雨の中・・・出張先から戻る途中忘れた傘・・・結局、濡れながら我が家へと駆け込んだのであります・・・。

案の定・・・我が家では、食卓から離れ食後に寛ぐ家族の姿・・・。久しぶりに皆が揃っているその光景は・・・オヤジにも“安堵感”をもたらして・・・「ふぅっ~、疲かれましたわな・・・」と荷物を置くだけで“疲労感”が和らいで行くのであります・・・。

「お疲れさま・・・雨が降ってたから、大したモノ作ってないけど・・・」と・・・“カンパチのとろろがけ”と・・・温め直して出てきたお手製の“エビチリ茄子炒め”・・・。

このなんてことない“手料理”と“日常”的会話が・・・出張から帰宅した我が身には・・・何よりの“ご馳走”であるんだと・・・つくづく思います・・・(笑)。

そんな食卓に出してきた“晩酌”4合瓶は・・・“味わえる”減圧蒸留の麦焼酎『一(ひとあじ)』・・・。先々週に買って、その日のうちに“嵌まって”しまったという“意標を衝かれた”その旨さは・・・25°ながら、ほとんど“生”で飲んでました・・・いや、飲みたくなるんです・・・。

このスマートな瓶からグラスに注ぐ時点で・・・その液体に心地よい“滑らかさ”を感じるような第一印象でしたが・・・グラスを口元に近づけた時に“円やか”に漂う福与かな減圧蒸留の“吟醸”香が何ものにも変え難く秀逸です・・・。

口に含んだその口あたりも一口“瞭然”・・・“磨かれた”ことが明確に伝わる香りと雑味がなく“清々しい”辛口麦の甘旨みは、柔らかく拡散して“味わえる”旨さがスムースです・・・。喉越しの味わいにも厚みがありますし・・・透明感のあるキレも“お見事!”で・・・“生”で飲んでも噎せかえることがない爽やかな旨口なんですよ・・・。

■「一(ひとあじ)」(西の誉酒造:中津市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 磨かれないと味わえない麦の福与かな吟醸香に、滑らかな口あたりと雑味のない清流のような辛口旨みが柔らかな甘みが、明確に味わえる淡麗タイプ。爽やかな風味の奥行きと円やかさのキレに透明感を響かせる秀逸な減圧蒸留の逸品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も150位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “カンパチのとろろがけ”と・・・“生”の香味
by project-beppin | 2008-06-15 23:19 | 大分麦焼酎
“焼肉”にプレーンな旨さ・・・「諭吉の里」
日曜日(3日)は、朝から小雨混じりの中、“町内一斉清掃”・・・水路の雑草や藻を取って“梅雨”に備えます・・・。小雨が本降りになる前に、ご近所総出で何とか片付けることができたのも・・・朝早くから、段取りをお世話いただいた自治会役員の方々の“おかげ”・・・ありがたいことです・・・。

c0001578_23502121.jpgこの日の昼は、長男坊の試合を応援して・・・日中の貢献度が認められて・・・夕方から晩酌か?と思いきや・・・子供達の借りた“レンタルビデオ”の返却日とのことで・・・“飲む前にひとっ走り返して来てぇ~”との“ミッション”が与えられました・・・(笑)。

滞りなく返却した後・・・まっすぐ帰るなんてことは・・・“ミッション インポシブル”・・・(爆)。

帰り道に酒屋に寄ると・・・何となく“豊後チュウハイ”が飲みたい気分になり・・・20°『諭吉の里』を選択・・・隣のスーパーで“かぼす果汁”と“ソーダ”を揃えて・・・恙無く帰宅・・・。

帰り着けば・・・丁度、夕食を終えた子供達が食卓を立つところ・・・オヤジ用に盛り付けられた“焼肉”皿・・・牛の小間切れ肉と豚バラのスライスに野菜炒め・・・。

“大分の罷蘭地(ブランディ)”とのキャッチコピーのある「諭吉の里」・・・微かな香りの麦焼酎ですが・・・味わいは、甘みが前面、フルーティーな辛みが後面・・・心地よい口あたりが身上のオーソドックスなドライ系です・・・。

氷を盛ったグラスにこの焼酎とソーダを6:4で注いで・・・旧千歳村(現豊後大野市)の無添加“かぼす果汁”を垂らせば・・・グラスを揺すって出来上がり・・・。

グビッと含んだその旨さは・・・爽やかなソーダのシュパァ~っとした口あたりに・・・プレーンな柑橘酸のかぼす風味が宿って・・・この麦焼酎のアルコール感が甘く柔和に広がる感じ・・・。

シュパァ~っと冷たく清涼感を伴った“喉越し”旨さを実感・・・“豊後チュウハイ”の季節になりました・・・!!!。

■「諭吉の里」(西の誉銘醸:中津市/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 麦のフルティーな微香と、穏やかな甘旨みに優しいいアルコール感の辛口が心地よい口あたりの淡麗タイプ。甘く柔和なアルコール感と喉越しのオーソドックスなスムースさを実感できる良品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “焼肉”と“豊後チュウハイ”・・・
by project-beppin | 2007-06-04 23:59 | 大分麦焼酎
コク旨口の老舗味・・・中津の宝来軒「ラーメン」
先日、中津方面に外回りの仕事・・・弁当持参でないオイさんは・・・無性にラーメンが食べたくなります・・・(笑)。

c0001578_2345934.jpg中津といえば・・・“言わずと知れた”地元老舗の“宝来軒”・・・。

中津駅前アーケード街の路地裏通りにある“本店”があまりにも有名ですが・・・我々のような“外メシ”派サラリーマンには・・・寄り付きのいいR10号線バイパス沿いの支店が“行きつけ”です・・・。

ここでの“外メシ”基本型は・・・“ラーメン ライス”・・・。

このスープは・・・“コッテリ”風ですが・・・“ベタなトンコツ”とは一味違うコクのある“しょうゆトンコツ”・・・聞くところによると・・・豚骨、牛骨、鶏ガラを煮込んで醤油ダレと合わせた“旨口”スープで・・・私好み・・・(笑)。

輪切りの葱、チャーシュー、海苔、煎胡麻・・・シンプルで旨い、この具のバランス・・・スープと絡んだ麺の味わいを邪魔せず守り立てる感じ・・・。

ストレートの細め麺が・・・スルスルっと口中にスープの旨さを運んでくれて・・・噛めば麺にも、落ち着いた味わいがあります・・・。

麺を食べては、ご飯も食べるを繰り返して・・・たまに、ラーメン鉢を持ち上げて、啜るようにスープを飲むと・・・いつの間にか飲み乾してしまいます・・・。

最後の一滴まで逃したくないほど・・・なかなか旨いラーメンです・・・。

■ラーメン:宝来軒 バイパス店/中津市加来

More なかなか旨いラーメン・・・
by project-beppin | 2006-12-12 02:35 | 美食の街
山間の奇岩秀峰・・・“裏耶馬渓”と“立羽田の景”
中津市山国町からR212号線を耶馬溪町へと向かい・・・玖珠郡玖珠町へ抜ける県道702号線で山間の支流に沿って遡るように車を走らせます・・・。

c0001578_40103.jpg奥耶馬渓”が山国川の北に位置する源流の“奇峡秀渓”であるならば・・・南側の支流“金吉川”の源流近くにある山間の“奇岩秀峰”こそ・・・“裏耶馬渓”の景・・・。

“裏”の付く“耶馬渓”であることからもわかるように・・・メジャーな“耶馬渓”や“深耶馬渓”に比べればマイナーな景勝ですが・・・(笑)。

緑深き山肌に・・・突き出すようにそびえる岩肌の姿は・・・満月にそのシルエットが浮かび上がる“月夜景”も美しいと・・・。

この周辺は“裏耶馬温泉”でもあり・・・民宿や旅行村で“スッポン”や“川魚”や“山菜”などの季節料理も楽しめます・・・。

ここから・・・山間を上り詰めて玖珠町との“峠”であり、山国川と玖珠川の“分水嶺”となる山肌には“立羽田の景”があり・・・“山間ドライブ”には“もってこい”の景勝道です・・・。

More “奇岩秀峰”・・・
by project-beppin | 2006-07-02 04:02 | 大分の風土・行楽
旨塩っぱい“うるか”に・・・清い甘さの「吉吾」
南下した“梅雨前線”で・・・大分各地は、今年一番の“暑さ”・・・30℃を越えて“汗ばむ陽気”・・・。“クール・ビズ”でも汗だく・・・今日は・・・飲みたかったぁ~・・・(笑)。

c0001578_2344128.jpg夕食は・・・蒸した“鰻”と、茹でた“枝豆”や“玉蜀黍”・・・夏らしさを感じる食材でした・・・。もちろん・・・この食事でも飲んでましたよ・・・“ロック”で『吉吾』・・・。

香りはおとなしく穏やかですが・・・溶けかけた時に一口飲めば、清らかな甘みが先行して・・・口中で転がして、苦味や辛味とまでは至らない旨さのコクが香る感じ・・・。

ホタルの棲む“山国川源流”の清水のようで・・・氷で引き立つ涼しい“甘露”な感じ・・・喉越しにも活きています・・・。

♪ ホっ、ホっ、ホ~タル来いっ
   あっ酎の水は 苦いぞ~ こっ酎の水は 甘いぞぉ~
    ホっ、ホっ、ホ~タル来いっ ♪  (唱歌:ほたるこい・・・の替歌)

常圧蒸留 吉吾」と減圧の「諭吉の里」の“ブレンド”とのこと・・・地元仕様の20°タイプですが“生”で呷ると・・・常圧のコク旨さが減圧のキレのある甘さと重なって・・・味わいがしっかりしています・・・。

さてさて・・・今、TVドラマ「弁護士のくず」(最終回)を見ながら・・・ゆっくりと二杯目の晩酌・・・。アテは・・・“道の駅 やまくに”で買い求めた“うるか”・・・。そうです・・・清流の多い大分ならではの“鮎の塩辛”・・・。

山国川源流”を訪ねた思い出の晩酌・・・“うるか”と「吉吾」20°の“ロック”・・・忘れられない夏らしい晩酌です・・・。

■「吉吾」(西の誉銘醸:中津市/減圧・常圧ブレンド:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 穏やかな香りに、常圧のコク旨さが減圧のキレのある甘さと重なって味わえる淡麗タイプ。清水のような甘露な風味がしっかりしているアルコール感が和む優品。

More 絶品!山国川の“身うるか”・・・
by project-beppin | 2006-06-29 23:48 | 大分麦焼酎
山国川源流・・・梅雨空の“奥耶馬渓”
梅雨の“豪雨”が降り続く25日(日)・・・雨の上がりかけた“雲間”をぬって・・・中津市山国町へ・・・。

c0001578_0164697.jpg福岡県境の修験道信仰の山“英彦山”方面へと向うR496号線・・・“山国川源流”となる“田良川”の景勝地“奥耶馬渓”の景・・・。

“奥耶馬渓”・・・“耶馬渓”や“深耶馬渓”等の“奇峰”とは違って・・・“奇峡”の景を散策しながら楽しみます・・・。

紅葉の頃は・・・鏡のような水面に鮮やかな景色を映しこみながら・・・河床一帯に白い奇岩のコントラストが映える静寂な「猿飛千壺峡」・・・。

その昔は・・・この奇岩を猿が飛び交っていたことから・・・名付けられたとされる“奇峡”です・・・。

この日ばかりは・・・緑深き山々から流れ下る激流に削られる動的な“天然記念物”・・・。

梅雨の“集中豪雨”は・・・景勝地の風景やイメージも一変させます・・・。

本当は・・・“ホタル”も“”も・・・見たかったのですが・・・。

More 「猿飛千壺峡」~「念仏橋の景」~「魔林峡」・・・
by project-beppin | 2006-06-28 23:43 | 大分の風土・行楽
焼酎と白酒の“直燗”ブレンド・・・「耶馬の初雪美人」
夜は・・・やっぱり、まだまだ冷えます・・・。

c0001578_6444148.jpg21時を過ぎて帰り着いて・・・夕食は“カレーライス”でした・・・。

風呂上りで・・・“一杯だけ”飲むことにして・・・昨日の“白酒”の飲み方で“洒落”てみましょう・・・。
勝手に名付けたんですが・・・“ブレンド・カクテル”『耶馬の初雪美人』・・・(笑)。

要は・・・米焼酎「耶馬美人」20°と白酒「耶馬の初雪」の7:3のブレンド・・・“米尽くし”、“耶馬尽くし”で楽しむ味わいは・・・もちろん“直燗”で“ぬる燗”という飲み方・・・。

焼酎だけでも充分温まるのですが・・・トロみがあって甘ぁ~い白酒をさらに飲み易くしてみました・・・。

私にとっては・・・この“ブレンド・カクテル”の方が・・・甘みが上品で・・・好いですね・・・。
アテは“仏手柑の味噌漬”・・・これが何んとも・・・いい味わいです・・・。
by project-beppin | 2006-02-24 06:45 | 焼酎文化考
♪すぅこし白酒ぇ めされたかぁ~♪・・・古式“白酒”「耶馬の初雪」

愚息二人のわが家には・・・無縁の行事ですが・・・“ひな祭り”が近づいてきましたね・・・。昨日、帰り着けば・・・玄関に“立ち雛飾り”・・・「あれっ?なんで・・・」

 ♪ あかりをつけましょ ぼんぼりにぃ~ 
    おはなをあげましょ 桃の花ぁ~ ♪ (唱歌:うれしいひなまつり

c0001578_23434565.jpg最近・・・女房殿の実家が引越ししたんですが・・・その折に義母が見つけて・・・送ってくれたそうです・・・。
「おばあちゃんの(持っていた)“壇飾り雛”の方は・・・処分しちゃったんだって・・・。これは・・・私が小さい時に買ってもらった“木目込み人形”の“立ち雛”・・・久しぶりに見たけど・・・どう?、意外と綺麗でしょ」と・・・女房殿が語ってくれました・・・。

“中津散策シリーズ”は・・・昨日で完了しましたが・・・中津に行った目的は・・・これを探すこともそのひとつでした・・・大分で唯一残る・・・伝統製法で造られた“白酒”『耶馬の初雪』・・・。
その中津訪問は、日曜日(12日)だったので・・・製造直販のシマザワ酒店が休みで買えなかったのですが・・・先日の日曜日(19日)に・・・大分のショッピングモールで見つけました・・・。

ご覧のとおり・・・一見すれば“甘酒”のように見えるのですが・・・私も女房殿も・・・この本来の“白酒”を飲むのは・・・はじめてです・・・。

原料のもち米や米麹などを“石臼”で挽き溶かして・・・熟成させたアルコール度数12°以上・・・れっきとした“お酒”(酒税法上はリキュール類扱い)です・・・。高盃の代わりに・・・手吹きガラスのグラスに注いで・・・いただきました・・・。

香りは、昔ながらの甘酒のようですが・・・甘酒ほど、“麹”由来の匂いが気にならず・・・甘馨しいです・・・。
飲んでみると・・・“トロみ”のある微粒子固形分が混じっている舌触りに・・・上品でしっかりした“甘ぁ~い”味わい・・・。
昔、上新粉を溶いて米糊をつくったことがあるんですが・・・その時、つくっている途中で舐めた舌触りを思い出して・・・それがそのまま濃く“甘酒”になったような味わいです・・・。

この古式ゆかしい風味を“懐かしい”と思えないのは・・・男系家族であった私の“性(さが)”ですが・・・女房殿は、雛飾りができたことと・・・これを飲んで気に入ったようで・・・ちょっと“上機嫌”でした・・・(笑)。

♪ 金のびょうぶに うつる灯を~  かすかにゆする 春の風ぇ
  すぅこし白酒ぇ めされたかぁ~ あかいお顔の 右大臣 ♪

ちなみに・・・雛飾りの立ち位置・・・“脱和入洋”でこうなったって・・・知ってましたぁ?・・・(私は恥ずかしながら・・・知りませんでした)。

More ひな祭り用“白酒”は・・・
by project-beppin | 2006-02-22 23:48 | 大分地霊の酒 ect.
中津散策(その6):“耶馬の三橋”のうち・・・耶馬渓橋
夕暮れの“古羅漢”を後にして・・・212号線を戻りかけると・・・山国川を跨ぐように風景に溶け込む日本一の“石橋”・・・「耶馬渓橋

c0001578_0302749.jpg何が日本一か?というと・・・石積式のアーチ橋が8連であることと・・・その長さが116mであること・・・。

オバちゃんが♪チリン・チリン♪とベルを鳴らしながら・・・この橋のたもとにあるパン屋さんに向かってやって来る・・・そんな光景に出会える・・・“今でも現役”の通行橋です・・・。離合はできないのですが・・・ちゃんと車も通行できます。

私にとっては・・・“本耶馬渓”のランドマーク・・・この橋を見ると・・・中津から“耶馬”にやって来たという気持ちになれるんです・・・。

耶馬の三橋”と呼ばれる・・・大正時代の“石匠”の構造美は・・・この「耶馬渓橋」の他に・・・近くの「羅漢寺橋」と・・・旧耶馬渓町にある「馬渓橋」・・・。

実は・・・九州こそ“石橋文化”の集積地・・・大分も知る人ぞ知る“石橋の宝庫”なんですよ・・・。つまり・・・“石橋フェチ”には・・・堪らないと思いますよ・・・(笑)。

また、いつの日か・・・この橋を見に来よっと・・・。
by project-beppin | 2006-02-22 00:31 | 大分の風土・行楽