タグ:伝統酒 ( 4 ) タグの人気記事
肥後の正調“お屠蘇”酒・・・「赤酒」
昨日までの“温い(ぬるい) 雨”が上がっても・・・例年に比べると暖かな“年の瀬”ですね・・・。今朝も、“冷え込み”とは呼べないような穏やかな天候でしたが・・・明日は、例年並みでしょうか・・・天気予報も“雪マーク”・・・。

c0001578_259217.jpg昨夜、帰り着くなり女房殿が・・・「ご近所の○○さんが作ったからって、ほらっ、これ戴いた・・・」と・・・小皿に取り分けた“田つくり(ごまめ)”を見せてくれました・・・。

“年の瀬”を段取り好く“正月”に備えるご近所の方らしい・・・お心遣い・・・。
ありがたく“晩酌のアテ”にしようと思ったのですが・・・それならば!と思って“お屠蘇”酒を一足早く試飲することにしました・・・肥後(熊本)の正調“お屠蘇”酒アルコール度数12°の「赤酒(あかざけ)」・・・。

「赤酒」・・・大分では食料品売り場の“調味料酒”のコーナーで見かけますが・・・実は、歴(れっき)とした古代酒“灰持酒(あくもちしゅ)”の正統派を受け継ぐ・・・熊本の“御国酒=伝統酒”で・・・正月の“お屠蘇”となる“祝酒”でもあると・・・。

熊本式 “お屠蘇”とは・・・この「赤酒」に“屠蘇散”と呼ばれる“生薬”・・・肉桂(にっけい)、防風(ぼうふう)、蜀椒(しょくしょ) 、桔梗(ききょう)、白朮(びゃくじゅつ)、陳皮(ちんぴ) ・・・を前日(大晦日)浸しておくのだそうです・・・。

ということで・・・この時節は、このように“屠蘇散”袋も同梱されている山鹿市の千代の園酒造『極上 赤酒』で・・・熊本式 “お屠蘇”を模擬体験・・・昨夜、浸けておいた“屠蘇散”袋を取り出し・・・グラスに注いで、もちろん“生”のまま一杯・・・(本来は“お屠蘇”ですから、こんな風には飲まないのでしょうが・・・笑)。

ほう、ほう・・・注いだ時に感じる“トロみ”のある淡黄褐色の酒液・・・フム、フム・・・“生薬”由来の香りは、仄かながら複雑です・・・。

クイッと飲めば・・・全体を覆うようなマッタリと滑らかな甘味の舌触りが主体となって・・・続いて“アルカリ”っぽい苦辛さに・・・“生薬”の“肉桂(ニッキ)”風味が重なって鼻腔に抜けてゆく後味 ・・・例えれば、本醸造の“味醂”の尖った感じが取り除かれた円やかな“漢方酒”とでも謂えばイメージがお分かりいただけるかと・・・。

なるほど・・・古式ゆかしき由緒ある“お屠蘇”の本義・・・“鬼神・邪気”を祓い一年の“無病息災”、“一家長寿”を願う薬酒・・・これまで、“お屠蘇”も“般若湯”もなんら変わらぬ“清酒”だと思い込んでいた無教養に簡略化した“正月儀礼”を見直さなくてはと・・・急に“畏(かしこ)” まるオヤジでありました・・・(笑)。

ご近所から戴いたこの“田つくり(ごまめ)”も美味しく・・・“年の瀬”に“お節”気分の試飲晩酌でした・・・。

More 「赤酒」“お屠蘇”と“田つくり(ごまめ)”・・・
by project-beppin | 2006-12-27 23:59 | 異郷酒晩酌伝
もうひとつの“白酒”・・・豊後の正調「花の宴」
冷たい雨が降っていました・・・でも、雨ですから・・・春が近づいてきたんでしょう・・・“桜”の開花予報も発表されましたし・・・。“桃の節句”も・・・明後日ですね・・・。

c0001578_23403234.jpg今日は早く終って・・・酒屋を廻ってから20時に帰り着きました・・・。
酒屋を廻った理由は・・・この“白酒”探索だったのです・・・。

実は昨日、「中津の古式“白酒”を飲んだョ」と・・・知人に自慢気に話したところ・・・

知人 「えっ?竹田でも造っちょる(造っているの意)って、テレビで見たぞぉ~」と・・・。

私 「竹田でぇ?、まだ造っちょるって・・・?」

そんな会話をしたもんですから・・・別府の酒屋で焼酎物色、兼、もうひとつの“白酒(しろざけ)”探索・・・。

たまたまでしょうが・・・道すがらに寄った酒屋で運よく発見!・・・レジ脇に置いてありました・・・熊谷酒造さんの“白酒”『花の宴』・・・アルコール度数13°。

“焼鳥”ほかで夕食を終えて・・・アテに残しておいた女房殿お手製の“椎茸と肉入りの金平牛蒡”とともに・・・早速、飲んでみました・・・。

女房殿は・・・ショットグラスに入れて、そのまま“トロリ感”を・・・。
私は・・・“きたかたさん”にコメントした美峰酒類(新潟支社)さんの米焼酎「こしひかり」25°で割り増しし・・・更に、“お湯割り”にしたものをよくかき混ぜて・・・飲みやすい“ブレンド・カクテル”で・・・。

“ブレンド・カクテル”は・・・ちょっと米焼酎の辛みが出ていますが・・・この“白酒”由来の奥行きのあるコク甘みの味わいもあって・・・それなりに旨いです・・・。

女房殿も・・・「トロっとしていて、オイシイ」と・・・お気に入りです・・・。
そんな会話をしながら・・・“白酒”を楽しむ私たちの前には・・・宿題を終えた次男坊・・・パジャマ姿で“ケロロ軍曹”の似顔絵を描いて遊んでました・・・(笑)。

More “白酒”「花の宴」のこの風味は・・・?
by project-beppin | 2006-03-01 23:41 | 大分地霊の酒 ect.
焼酎と白酒の“直燗”ブレンド・・・「耶馬の初雪美人」
夜は・・・やっぱり、まだまだ冷えます・・・。

c0001578_6444148.jpg21時を過ぎて帰り着いて・・・夕食は“カレーライス”でした・・・。

風呂上りで・・・“一杯だけ”飲むことにして・・・昨日の“白酒”の飲み方で“洒落”てみましょう・・・。
勝手に名付けたんですが・・・“ブレンド・カクテル”『耶馬の初雪美人』・・・(笑)。

要は・・・米焼酎「耶馬美人」20°と白酒「耶馬の初雪」の7:3のブレンド・・・“米尽くし”、“耶馬尽くし”で楽しむ味わいは・・・もちろん“直燗”で“ぬる燗”という飲み方・・・。

焼酎だけでも充分温まるのですが・・・トロみがあって甘ぁ~い白酒をさらに飲み易くしてみました・・・。

私にとっては・・・この“ブレンド・カクテル”の方が・・・甘みが上品で・・・好いですね・・・。
アテは“仏手柑の味噌漬”・・・これが何んとも・・・いい味わいです・・・。
by project-beppin | 2006-02-24 06:45 | 焼酎文化考
♪すぅこし白酒ぇ めされたかぁ~♪・・・古式“白酒”「耶馬の初雪」

愚息二人のわが家には・・・無縁の行事ですが・・・“ひな祭り”が近づいてきましたね・・・。昨日、帰り着けば・・・玄関に“立ち雛飾り”・・・「あれっ?なんで・・・」

 ♪ あかりをつけましょ ぼんぼりにぃ~ 
    おはなをあげましょ 桃の花ぁ~ ♪ (唱歌:うれしいひなまつり

c0001578_23434565.jpg最近・・・女房殿の実家が引越ししたんですが・・・その折に義母が見つけて・・・送ってくれたそうです・・・。
「おばあちゃんの(持っていた)“壇飾り雛”の方は・・・処分しちゃったんだって・・・。これは・・・私が小さい時に買ってもらった“木目込み人形”の“立ち雛”・・・久しぶりに見たけど・・・どう?、意外と綺麗でしょ」と・・・女房殿が語ってくれました・・・。

“中津散策シリーズ”は・・・昨日で完了しましたが・・・中津に行った目的は・・・これを探すこともそのひとつでした・・・大分で唯一残る・・・伝統製法で造られた“白酒”『耶馬の初雪』・・・。
その中津訪問は、日曜日(12日)だったので・・・製造直販のシマザワ酒店が休みで買えなかったのですが・・・先日の日曜日(19日)に・・・大分のショッピングモールで見つけました・・・。

ご覧のとおり・・・一見すれば“甘酒”のように見えるのですが・・・私も女房殿も・・・この本来の“白酒”を飲むのは・・・はじめてです・・・。

原料のもち米や米麹などを“石臼”で挽き溶かして・・・熟成させたアルコール度数12°以上・・・れっきとした“お酒”(酒税法上はリキュール類扱い)です・・・。高盃の代わりに・・・手吹きガラスのグラスに注いで・・・いただきました・・・。

香りは、昔ながらの甘酒のようですが・・・甘酒ほど、“麹”由来の匂いが気にならず・・・甘馨しいです・・・。
飲んでみると・・・“トロみ”のある微粒子固形分が混じっている舌触りに・・・上品でしっかりした“甘ぁ~い”味わい・・・。
昔、上新粉を溶いて米糊をつくったことがあるんですが・・・その時、つくっている途中で舐めた舌触りを思い出して・・・それがそのまま濃く“甘酒”になったような味わいです・・・。

この古式ゆかしい風味を“懐かしい”と思えないのは・・・男系家族であった私の“性(さが)”ですが・・・女房殿は、雛飾りができたことと・・・これを飲んで気に入ったようで・・・ちょっと“上機嫌”でした・・・(笑)。

♪ 金のびょうぶに うつる灯を~  かすかにゆする 春の風ぇ
  すぅこし白酒ぇ めされたかぁ~ あかいお顔の 右大臣 ♪

ちなみに・・・雛飾りの立ち位置・・・“脱和入洋”でこうなったって・・・知ってましたぁ?・・・(私は恥ずかしながら・・・知りませんでした)。

More ひな祭り用“白酒”は・・・
by project-beppin | 2006-02-22 23:48 | 大分地霊の酒 ect.