タグ:寿司 ( 7 ) タグの人気記事
気取らない“ネタ”に“ひと技”が光る・・・安くて旨いすし処「金太郎」
日曜日(6日)・・・日中は、雨の予報もあったのですが、何とか持ちこたえた“曇天”続きで・・・風が吹くと桜の花弁が一片ひらりと舞う天候・・・少し肌寒さの残る一日となりました・・・。ぽかぽか陽気の“花見”や穏やかな春宵の“夜桜”を期待した方には・・・少し残念だったのではないでしょうか・・・。

c0001578_735324.jpg夕方、次男坊にせがまれて“CDレンタル”に出かけたところ・・・無性に“寿司”を食べたくなって・・・合宿中の長男坊には申し訳ないのですが・・・家族三人で出かけてしまったのです・・・(笑)。

家族で“寿司”といえば・・・庶民的な“回転すし”というのが一般的なご時世ですが・・・我が家の“とっておき”のお気に入りは・・・“回転すし”並みの“お値段”で、“回転しないすし”並みの“ネタ”の味わいを楽しめるファミリーすし処「金太郎」なのです・・・。

国道10号線沿いの商業店舗が犇く“餅ヶ浜”の一角にあって・・・“くーた”や“リンガーハット”などのFC外食店と軒を連ねる区画にあることから・・・場所は誰もが分かると思います・・・。

元“コンビニ”を改装した店舗は・・・寿司店の先入観からすれば“テーブル席の簡素なつくり”という方もいらっしゃいますが・・・その“気取らない”雰囲気だからこそ好みの“注文”をすれば・・・旨い“ネタ”にちょっとした“ひと技”が光る“寿司”を握ってもらえるんですなぁ~・・・これが・・・。

この画像の寿司は・・・“鯵(あじ)”のにぎりに・・・“釜揚げしらす”と“鮭(さけ)の腹皮”の軍艦巻き・・・。

“鯵(あじ)”は寿司ネタらしい旨味があって・・・口中で“刻み葱”と“擂り胡麻”に“シャリ”が絡むと見事に調和する感じ・・・仄かにシャリの温かさに頃合いの酢香が漂うところが・・・注文して“にぎり立て”が食せる寿司本来の醍醐味・・・。

店で“釜揚げ”にしたような“しらす”の“旬鮮”な塩っ気も・・・脂ののった“鮭の腹皮”の蕩けそうな旨味も・・・なかなかのもの・・・。

コレだけ?と思ってもらっては困りますよ・・・まだまだ、あります・・・“〆”、“漬け”、“炙り”など“ネタ”のあしらい方も多彩で・・・その“ひと技”が・・・垂涎でした・・・。

■ すし : 金太郎 / 別府市若草=(青山町に移転)

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “〆”、“漬け”、“炙り”など・・・
by project-beppin | 2008-04-08 07:36 | 美食の街
安くて旨い!旬の“姿寿司”・・・「焼秋刀魚ずし」
小雨が降った日曜日(1日)・・・いつものように買い物の“アッシー”に徹して・・・スーパーで食材ほかの買出しに付き合いました・・・。

c0001578_0182331.jpg「“お昼”も買って帰ろうかぁ・・・」と女房殿・・・。
当然の如く・・・それがオヤジの“楽しみ”の一つだったりします・・・(笑)。
オヤジがまず、一直線に向うのは・・・スーパー内の“魚屋コーナー”・・・。

“揚げ物”や“炒め物”なら、女房殿でもできますが・・・もとい、女房殿の方が上手いですが(笑)・・・女房殿の“昼食”には出てこないない“安くて旨いモノ”と云えば・・・旬の“青モノ魚”を“酢飯”で食べる・・・この“姿寿司”・・・。

“姿寿司”・・・大分では“鯵ずし”や“鯖ずし”などの郷土食があまりにも有名です・・・。

しかし・・・この日、目に入ったのは・・・“旬到来”真っ只中の『焼秋刀魚ずし』・・・。

あの“豊後鯖ずし”のような旨さを期待して・・・いただきました・・・。

炙ったような“焼き秋刀魚”にカボスを絞って・・・一気に口に入れると・・・「めっちゃ旨ぁ~」と・・・思わず声を出してしまいました・・・(笑)。心の中では・・・

♪ “あま酢”ぅと“カボス”がぁ~ 夢のぉ“味”ぃ・・・ ♪
   (チェリッシュ:てんとう虫のサンバ・・・の替歌)

一切れ食ったところで・・・女房殿と次男坊も・・・この皿から一切れずつ・・・“パクッ”と・・・“あっ、あぁ~、無くなっちゃう”という感じで眉間にシワを寄せる“大人げない”オヤジ・・・。

♪ “盛り”も小さく “後悔”で~ 結構ぉ “すし”を あげましたぁ~
   照り照る“すし酢”の “すし飯”がぁ~
    “口付け”せよと はやしたてぇ~
     そぉっと“あま酢”で 食えましたぁ~ ♪

“焼き秋刀魚”にも淡い酢加減とカボスの酸味に・・・ちょこっと載せる“紅生姜”・・・刻んだ“細葱”と“生姜”の爽やかな“口中コーラス”・・・。

■ 焼秋刀魚ずし:市内スーパー魚屋/別府市

More “店頭ずし”の“秋刀魚”・・・
by project-beppin | 2006-10-04 00:21 | 美食の街
脂ののった旨さが絶品!!!・・・「豊後さばずし」
今日の昼食・・・午前中に女房殿の所用で市内へ出て・・・買い物に付き合います・・・もちろん、買い物籠を持つ係・・・ハイ、ハイ・・・(笑)。

c0001578_19255119.jpgいつものスーパーと同じ系列ですが・・・お店は違って、ちょっと大きめ・・・店内に入っている“魚屋コーナー”の品揃えも違います・・・。

そこで、目に付いたのが・・・これ!・・・「豊後さばずし」・・・魚屋さんの“棒鯖寿司”・・・。

“鯖”には“うるさい”我が家では・・・この“とろろ昆布”の下で鮮度の“銀光り”を放つ鯖に・・・心奪われました・・・(笑)。
“豊後水道”の鯖は・・・佐賀関漁協以外に揚がれば“関さば”ではなく“豊後さば”・・・三枚に下ろした半身で一本の“棒鯖寿司”が旨そうです・・・。

買って昼食に持ち帰り・・・取り皿に分けて約3人前・・・家族で食します・・・。

基本的には“押し寿司”ですから・・・切り方は身に対して直角・・・つまり、この厚みは“断面”です・・・。

先ずは一口、齧りついて・・・我が家の誰もが“鯖反り=イナバウワー”情態・・・めっちゃ旨~い・・・“よゐこ”の浜口ではないのですが“ウマバウワ~!!!”・・・(笑)。

■ 豊後鯖ずし:市内スーパー魚屋/別府市

More “サババウワ~!!!”・・・
by project-beppin | 2006-04-15 19:34 | 美食の街
新出張紀行(その1)/往路・・・“柿の葉ずし”と「かぼすリキュール」
この寒波の中・・・またまた、新潟県へ今年最後の県外出張・・・別府駅から“ソニック”に乗り込み・・・先ずは福岡空港をめざします・・・。

c0001578_2281928.jpgもう恒例になりましたね・・・博多までの2時間を過ごす“ちょい飲み駅弁セット”の車内の楽しみ・・・。この日、オイさんが選んだ“お伴”は・・・「柿の葉ずし」と「かぼすリキュール」・・・。

柿の葉ずし」・・・佐伯市で作られる鯖の押し寿司・・・柿の葉に巻いた一口サイズの12カン入り・・・。柿の葉のほのかな香りに・・・ほどよいシャリと〆鯖の酢香・・・冷えていて丁度いいご飯粒の口あたりに・・・甘酢加減と柔らかな身の旨さが、何んとも絶妙な〆鯖の味わい・・・。鯖好きのオイさんは・・・もう、これだけで・・・大満足!。
混み合う列車の中では・・・声には出せませんが・・・車窓の風景を眺めながら・・・心の中で“旨いがな~”と・・・叫んでおりました・・・(笑)。

さてさて・・・「かぼすリキュール」はというと・・・かぼすと醸造用アルコールにクエン酸や糖分を添加してつくられた25°・・・“生”で飲んでみると・・・“甘過ぎ~”って感じでした・・・。

で・・・このペットボトル水を1/3ほど飲み、ペットボトルの中に移し替えるように・・・かぼすリキュールを入れて・・・よく混ぜれば・・・ホラッ、飲みやすくなった“かぼ酒ドリンク”の出来上がり・・・。

甘ったるさは幾分効いていますが・・・なんとも“かぼすもどき”らしい酸っぱさで・・・ジュースのような感覚で・・・グビグビやれます・・・。

“柿の葉ずし”を頬張りながら・・・時々はこの“かぼ酎”ドリンクを・・・いただきま~す!!!。

More 〆鯖とNEWソニック883
by project-beppin | 2005-12-17 02:35 | 旅先の酒と食
五月晴れの昼食・・・「雪ん子寿し」
天候に恵まれたゴールデン・ウィークになりましたねぇ・・・五月晴れ!
朝から・・・半袖シャツでも汗ばむほど・・・女房殿と“庭弄り”して・・・買い物につきあいました。

c0001578_1421161.jpg俗に言う“デパ地下”で・・・「何、食べる?」と聞かれて・・・「なんか、さっぱりしたものがいいなぁ・・・」と買ってきたのが・・・本日の昼食「雪ん子寿し」

以前、別府駅のKioskで買って、列車の中で食べたことがありますが・・・これ旨いんです。
シソ大葉の上に、酢飯、・・・甘辛く煮た椎茸・・・甘酢の薄切り大根・・・。

いただきま~す・・・口の中へ“パクッ”と・・・。
ヒンヤリとした甘酢大根のシャキっとした歯ごたえ・・・
甘辛く煮付けた椎茸のほどよい触感と口中に滲み出る味わい・・・
噛み重ねると・・・酢飯と大葉の清涼感が大根と椎茸に交じりあう・・・やっぱ、旨~い!

“ホダ木”に生えている椎茸にうっすら積もった雪をイメージした・・・というこのお寿司・・・生活改善グループ「愛の里」が創作し、平成13年の“きのこ料理コンクール全国大会 シイタケ料理の部”で最優秀賞を受賞した逸品。“寒椿”に似せた・・・葉も紅酢大根もついてます。

■雪ん子寿し:愛の里グループ/佐伯市(旧本匠村地域)
by project-beppin | 2005-05-04 14:05 | 美食の街
長岡へ・・・“MAXとき”と「まさかいくらなんでも寿司」
福岡を発って、1時間を過ぎる頃、雪深い大地の新潟県に・・・。

c0001578_22215955.jpg新潟駅からは・・・“MAXとき”で30分足らずの乗車時間・・・。
新幹線ホームで・・・蕎麦を食おうか?と悩んでいると・・・目に飛び込んでくるんですよっ・・・駅弁!「まさかいくらなんでも寿司」と・・・。

買って車内で・・・軽めの夕食ですね。
〆鱒、鮭と蟹のフレーク、醤油漬いくら、玉子・・・日本海のチラシ寿司の四天王の揃い踏み・・・合掌、いただきま~す!

玉子の甘みは、品よく・・・ちょっと酢香が利いた酢飯・・・。いくらは、プツプツ濃~いはじけ方。鮭と蟹のフレークは、ちょっと塩っ辛~い・・・かなぁ。〆鱒は、旨い酢加減・・・。

駅弁に舌鼓も・・・いいもんすよねっ・・・。さあ、長岡に着いたら・・・飲むぞ~。
by project-beppin | 2005-02-24 22:12 | 旅先の酒と食
佐伯探訪(その1):“世界一の佐伯寿司”とは如何に・・・寿し好で「上寿司」と「天丼」
折角、佐伯に来たのですから・・・ちょっと贅沢しましょうかねぇ。
女房殿も御所望で・・・“世界一の佐伯寿司”とは如何に・・・「寿し好」さんへ・・・。

c0001578_17592191.jpg豊後水道の漁場は・・・新鮮な寿司ネタの宝庫ですからね。佐伯では“地もの”でネタが大きい寿司がお手ごろ価格で堪能できます・・・私は「上寿司」。
来ました!ネタは・・・鯛、鮪、烏賊、鰺、山芋巻、厚焼玉子、雲丹、青柳、海老、カンパチ・・・
なんつっても・・・脂ののった鰺にカボスを絞って・・・スパッと身切れのいいのは鮮度がいいからでしょうね。やっぱ、旨いわ~。
それから・・・プリッ、プリッの歯ごたえのカンパチ・・・。厚焼き玉子も・・・フワッとした甘さが上品な良きお味。地ものならでは・・・磯のコクを凝縮した雲丹と・・・透き通るような甘みがある鯛・・・などなど・・・魚の旨さを引き出したネタの旨さと銀シャリの酢加減も絶妙。ガリの甘酢も、吸い物も、舌に“ここちよろし”・・・。

c0001578_17593851.jpgちなみに・・・女房殿は、「天丼」を食してましたが・・・海老、烏賊、独活(うど)、茗荷(みょうが)、椎茸、舞茸、と丼からはみ出すほどの豪華な盛りで・・・
食べきれないらしく・・・残すのはもったいないので、少しばかりいただきました・・・こちらもツユが甘辛くしっとりとご飯に絡んで・・・美味しゅうございました。

温かくアガリをいただいて・・・ご馳走さまでした・・・合掌。

■上寿司と天丼:寿し好/佐伯市中村東町

付録ネタ) 地焼酎にも力入れてるんです!
by project-beppin | 2005-02-06 17:51 | 美食の街