タグ:春 ( 89 ) タグの人気記事
HAKUDOU師匠と“日田”巡行(その1)・・・“豆田町”と“月隈”
“雨月の会”から一夜開け3日(月)・・・HAKUDOU師匠と佐伯“雨月庵”を出発し・・・県南、佐伯I.C.から高速道路を約130km・・・県内の酒蔵を訪ねる旅・・・今回は、県西部の“日田”へ・・・JR九州“久大線”沿いを巡ります・・・。

HAKUDOU師匠と“日田”巡行(その1)・・・“豆田町”と“月隈”_c0001578_23383073.jpg先ずは・・・日田I.C.を降りて“月隈公園=永山城址”に隣接する市営駐車場(無料)に車を停め・・・歩いて“御幸橋”から“花月川”を渡り・・・“豆田町”を散策しました・・・。

江戸時代・・・“西国筋郡代”として発展した“天領 日田”・・・“幕藩体制”下で、九州の政治経済の“中心”であった“天領商家”の町並です・・・。

電柱が消え、国の“重要伝統的建造物群保存地区”に選定され・・・その歴史的な町並の“風情”が甦って、散策しやすくなりましたし・・・昔姿の駄菓子売り、人力車なども登場して・・・“商人町”の雰囲気を醸す演出もなかなかのもの・・・。

春の“おひなまつり”・・・夏の“祇園祭り”・・・秋の“天領まつり・千年あかり”・・・冬の“十日恵比寿”などなど・・・四季折々の催しも町の“情景”を際立たせてくれると思います・・・。

この日は午前10時頃から・・・師匠にはこの町並とともに酒屋や蔵での“試飲散策”を愉しんでいただくこととし・・・こんオヤジは、その“エスプリ”を感じる“景観散歩”といたしましょう・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “景観散歩”・・・豆田町並
by project-beppin | 2010-05-09 10:12 | 大分の風土・行楽
「166ページじゃな。」に酔う・・・長木酒店と『立ち呑みの流儀』
「雨月の会」も夜宴へと向う18時過ぎ・・・HAKUDOU師匠から“夜街活動”へ導かれ・・・“歴史と文学の道”を抜け・・・“長木(ちょうき)酒店”へ・・・。

「166ページじゃな。」に酔う・・・長木酒店と『立ち呑みの流儀』_c0001578_0132319.jpg市街地をR217号線沿いに“中江川”へ向って歩き・・・西谷町の交差点から旧道を少し入ると・・・その通りに面して店灯りが路上に漏れる“生粋”の“街の酒屋”の佇まい・・・。

師匠が佐伯に帰省した折は・・・ほとんど毎日のように“日参”するという・・・郷里の“角打ち”処です・・・。

通い慣れた師匠の背中を追うように・・・サッシ戸の入口を開けて店内へと進むと・・・まるでこの“刻”を待っていたかのような店主の親仁さんの出迎え・・・。

師匠が「こんばんわ」と挨拶をかわして冷蔵ケースと陳列棚から取り出した・・・“ホッピー”とワンカップ「豊後の里」・・・コップに注いで“酎ッピー”(笑)・・・アテは、チーズと魚肉ソーセージ・・・。

こんオヤジ(私)も・・・この“酎ッピー”をご相伴に与りながら・・・此処で買うことを決めていた『立ち呑みの流儀』を親仁さんに所望したのであります・・・。
手元に本を取り出す親仁さん・・・4-5冊の在庫分は、律儀に(汚さないように)ビニール袋に包まれていて・・・その中から、丁寧に1冊を抜いて渡してくれました・・・。

親仁さんと師匠がしばし“店頭談義”を重ねる合間に・・・パラパラとめくって読もうとしていたオヤジ・・・。
その様子を察した親仁さんから一言・・・「ウチも(この本に)載っちょるからなぁ・・・166ページじゃな。」と・・・。
そのページを探し開くと・・・どんぴしゃり・・・“ビール逆さ置き 立ち呑み”との見出しに・・・確かにこの店とこの親仁さんへの“礼讃”随想・・・。

預かった本であっても・・・(人様に)売る以上はちゃんと“商品”として扱い・・・“自負”できる“商品情報”を伝えるという無意識の“接客本能”とでもいうべき親仁さんのこの一言に・・・“心酔”してしまいました・・・。

More 「長木酒店」店主謹白・・・“酒屋の流儀”
by project-beppin | 2010-05-07 00:57 | 焼酎文化考
「雨月の会」二十二年“春”・・・“再会”の酒
昨年夏から・・・“突(然)(蒸)発”的に・・・長期間“記事エントリー中断”状態を“放置”しておりました・・・。ご心配をいただいたにもかかわらず・・・ご期待を裏切りながら・・・それでも、何度もこの拙文ブログにお越し下さいました皆様方に・・・重ね重ね、深くお詫びいたします・・・m(_ _)m。・・・m(_ _)m。

そんな状態から・・・“心機一転”・・・本日よりボチボチと“復帰”いたしますので・・・よろしければ、これまで以上の“ご愛顧”のほど・・・よろしくお願いいたします・・・m(_ _)m。

で・・・先ずは・・・HAKUDOU師匠との“再会”から・・・“再会”します・・・。

「雨月の会」二十二年“春”・・・“再会”の酒_c0001578_203213.jpg 「雨月の会」主宰であるHAKUDOU師匠から“春”開宴の報に接し・・・“大型連休”の5月2日(日)・・・一年ぶりの佐伯“雨月庵”へ・・・。

NEXCO(西日本高速道路株式会社)“大分道”から“東九州自動車道”に繋がる“別府I.C.~佐伯I.C.”間を約50分・・・時間的にも、料金的にも“近く”なりました・・・。

五月晴れの山笑う“鶴城”を見上げて車を停め・・・日豊線の踏み切りを横切り・・・通いなれた“庵”へ・・・。

「こんにちわぁ~ ご無沙汰しとりま~す。」と声をかけおえるか終わらぬうちに・・・
「ハイ!まぁ、お久しぶり・・・どないしとりましたん?お元気ですのん?・・・まっ、どうぞどうぞ!」と師匠の声・・・「(師匠の)周りの皆、体悪ぅーしたんやないか?いうて・・・心配してましたんやぁ~・・・」と・・・。
「そりゃぁ、(ご心配をおかけして)すんません。・・・元気です。(お招きいただき)ありがとうございます。」と・・・互いにいつもの笑顔で“再会”・・・。

凛とした座敷に“雨月”の“おもてなし”様式とも言うべき・・・“盃”列、“酒瓶”律、“肴盛”彩・・・準備万端の膳卓に感動しながら・・・喉を潤す“水代わり”のビールで乾杯・・・。

鶯の囀りも“再会談義”に加わり・・・“国酒”の“地味”にも“再会”・・・師匠心酔の“明日香”の「キトラ」と・・・地酒たる“宇目”の「弥生神力」・・・“地霊”の醸す“古酒”の“魔力”で盃を交わし・・・この“地味”こそ“雨月の会”の真髄・・・。

正に“再会”の酒に宿る“古典”・・・新酒の“清麗”な口あたりとは“別物”・・・侘びて尚、抜けずに残る香りと味わい・・・「キトラ」のコク、「弥生神力」のキレ・・・これら“経年酒”となった清酒“古酒”は・・・“流行らぬ”味ではありますが、時を経ても崩れぬ“普遍の酒質”を・・・知ることができますね・・・。

そんな“再会”の酒に並ぶ師匠の“肴盛”彩は・・・国東の“椎茸”、“蕨(わらび)”、“芽コンブ”の煮付けなどなど・・・“素朴”な味わいの手をかけ過ぎない“肴”こそ似合います・・・。

More 「雨月の会」的“酒肴”・・・“地味”への回帰
by project-beppin | 2010-05-04 20:47 | 焼酎文化考
HAKUDOU検地(その5)・・・“唄げんか大橋”と“北川ダム”
“藤河内渓谷”から戻る道は・・・深い谷川の様相を呈する“桑原川”に沿って下る道が続き・・・そのうち宮崎県境のR326号線に合流します・・・。国道を“宇目”方面へ戻ながら・・・幾つかのトンネルを越え・・・“斜張橋”を渡ると・・・道の駅“宇目”が見えました・・・。
 
HAKUDOU検地(その5)・・・“唄げんか大橋”と“北川ダム”_c0001578_22462282.jpg“木浦鉱山”から“藤河内渓谷”経由でこの“道の駅”まで戻りついて既に時間は14時を越えていましたので・・・ここで昼食をと言うことになりました・・・。

その前に・・・この道の駅“宇目”の眺望・・・湖面に架かる長さ全国7番目の逆Y字型斜張橋の“唄げんか大橋”・・・この橋が架かる河口湖面が、あの“木浦鉱山”を流れ下った“中岳川”であるという点を除いては・・・放射状のワイヤーケーブルのリズミカルな直線美のモダニズム・・・“名は体を表”さない・・・その“ギャップ”が好いんです・・・(笑)。

そして眼前に新緑をも溶かし込むような奥深い“北川ダム”・・・“湖水”の清閑な表情が静かな“人工湖”の美しさを秘めているようで・・・確かに山間の“オアシス”という雰囲気です・・・。


※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 道の駅“宇目”にて・・・“唄げんか”大橋
by project-beppin | 2009-06-07 22:54 | 大分の風土・行楽
HAKUDOU検地(その4) ・・・“源流”の名勝“藤河内渓谷”
蓮光寺湧水”と“木浦鉱山”からさらに県道6号線を真っ直ぐ行くと“杉ヶ越”トンネルで宮崎県日之影町へと出るのですが・・・今回は、林道“木浦-藤河内線”へ入り・・・“藤河内渓谷”をめざしました・・・。

HAKUDOU検地(その4) ・・・“源流”の名勝“藤河内渓谷”_c0001578_11292895.jpg途中、唯一残る“エメリー鉱”の事業所を通り過ぎ・・・落石がゴロゴロ散乱する林道を上って行くと“横岳”の山肌に最盛期の鉱山跡“千人間府”・・・“大切峠”辺りで“祖母・傾山”の絶景を車窓から眺め・・・悲哀の遺構“女郎墓”を通り過ぎ・・・“天神原山”を“藤河内”へと下ります・・・。

“中岳川”の源流に近い“木浦”とは、宮崎県境で合流し延岡市へと下る“北川”水系の支流のひとつであることは変りないのですが・・・“大切峠”を越えるだけあって・・・“藤河内”は“桑原川”の源流地域となります・・・。

“藤河内渓谷”・・・登山客や渓流釣師達の起点となる“湯~とぴあ”で休憩した後・・・硬い“花崗岩”を浸蝕した“渓谷美”を求めて俗称“千枚平”へと向ったのです・・・。

その“清涼感”の造形美・・・原生林の新緑とともに・・・お楽しみ下さい・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 浸蝕の造形美“花崗岩”の渓谷・・・
by project-beppin | 2009-06-06 11:34 | 大分の風土・行楽
HAKUDOU検地(その3) ・・・鉱山集落“木浦”の“名水”
山間へ向かって県道6号線を渓流を上るように分け入る感じで車を走らせると・・・“傾山”山系の谷間に開けるような集落“木浦”地区に辿り着きました・・・。

HAKUDOU検地(その3) ・・・鉱山集落“木浦”の“名水”_c0001578_241839.jpg“木浦”地区と書きましたが・・・地名は宇目町“木浦鉱山”・・・正に“鉱山”町として成立した元々“山師”の集落・・・格好よく言えば“コールド・ラッシュ”ならぬ・・・豊後の“鉱物・ラッシュ”の歴史を刻んだ“地霊”の開拓史があります・・。

この“木浦鉱山”が長年栄えたのには、諸説あるようですが・・・地形構造学的には“三本の構造線”のうち比較的古い“仏像構造線”の複雑な鉱脈が銅、錫、鉛、亜鉛、砒鉱などを産出したことによる“鉱物の博物館”であったこととともに・・・それらの鉱物の“製錬”を支える“水(湧水)”と“炭(木炭)”も豊富にあったから・・・ではないでしょうか・・・。

その枯れることのない“湧水”源が・・・この“木浦鉱山”を支えた“連光寺湧水”なのでしょうね・・・。

“名水館”前に車を停めて歩いて散策・・・“地霊”の恵みたる“名水”と“鉱山”町の佇まいを・・・少しだけ体験することができます・・・。


※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “木浦鉱山”の名水・・・“蓮光寺湧水”
by project-beppin | 2009-05-25 02:12 | 大分の風土・行楽
雨月の“朝食”・・・県南“海の幸”膳
一夜明けて・・・“雨月の会”恒例の“庵庭”朝食・・・ご準備いただき・・・心から感謝しながらいただきました・・・合掌・・・。

雨月の“朝食”・・・県南“海の幸”膳_c0001578_1159762.jpgこの朝食にも“趣向”あり・・・“県南の鶏肝、砂ずり”、“旧本匠村産の梅干”などなど質実“郷圏”のおかずが並び・・・本題は県南“海の幸”膳と名付けたくなるような産品が“三品”・・・。

“すりみ文化圏”である津久見の“いわし天”と“ぎょろっけ”・・・“リアス式海岸”の漁場でこそ食せる上浦の“カンダイの薄造り”・・・“佐伯の殿様、浦でもつ”の伝統産品“ちりめん”を“だいこんおろし”でと・・・“おめざ”にはなんとも贅沢な“旨い!”でありました・・・。

“酒肴”にと揃えたものであっても・・・“朝餉”のおかずとして文句なしの“一汁多彩”な“味わい”・・・この上ない時間と空間と味覚でゆっくりと過ごしながら・・・この日これからの“雨月研修=HAKUDOU検地”の向う場所とコースを何処にするか?と相談して・・・その師匠巡行先を決めたのであります・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 県南“海の幸”膳・・・美味“三珍”・・・
by project-beppin | 2009-05-16 12:01 | 焼酎文化考
豊後歳時記・・・暁嵐の“庭・樹・野花”
“暁嵐”公園で“滝”を見みて“花”を見ず・・・には、ならないように・・・ちゃんと“山笑う春”に彩を添える花を愛でたのであります・・・。

豊後歳時記・・・暁嵐の“庭・樹・野花”_c0001578_2343812.jpg日向(ひなた)の照り返すような光の中・・・眩しい“彩度”の花の色より・・・日陰の落ち着いた鮮やかさに惹かれるオヤジであります・・・。

 “庭”花・・・暁嵐茶屋のツツジ
 “樹”花・・・神社境内のエゴノキ
 “野”花・・・滝露地のカタバミ

“庭・樹・野花”・・・何処でどのような花を咲かせるか・・・“草木”の“百花繚乱”・・・

♪ 花はぁ~花としぃてぇ~ 
  わらいもぉでぇきるぅ~ ♪

♪ 人はぁ~人としぃてぇ~ 
  涙もぉなぁがぁすぅ~ ♪
  (おおたか静流:花)

貴賎の区別なく、その“個性”を垣間見るようでした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More ♪ それがぁ~自然のぉ詩なぁ~のぉさぁ~ぁ~ぁ ♪
by project-beppin | 2009-05-08 23:06 | 大分の風土・行楽
佐伯路の旅景(その2)・・・静寂なる崖景“暁嵐の滝”
春の光に輝く海道R217号線を南下しながらの“寄り道”がもう一つ・・・これまで幾度となくこの道を走りながらも見逃していた“暁嵐(ぎょうらん)の滝”へ・・・。大分の“滝フェチ”オヤジとしては・・・県南佐伯で最も有名な滝の一つを今回は見過ごすことがないようにと・・・国道から離れ細い路地を廻って“暁嵐公園”をめざしました・・・。

佐伯路の旅景(その2)・・・静寂なる崖景“暁嵐の滝”_c0001578_14333791.jpg暁嵐公園”・・・JR日豊本線“浅海井(あざむい)駅”を山手へと向ったところ・・・民家建ち並ぶ細い路地を案内板に沿って徒歩で行けるような場所なんですが・・・連休中とは思えぬ萌え息吹く“静寂”な新緑に包まれた空間でした・・・。

もともとは、“暁嵐の滝”とその信仰の社“瀧三柱神社”だったんでしょうが・・・今は、境内に“和風庭園”、周辺に“遊歩道”も整備されて・・・春の桜、秋の紅葉と・・・散策しながら日豊海岸を一望する展望台を目指すこともできます・・・。

落差約15mの単滝・・・“大分百景”にも選ばれた“暁嵐の滝”の景は・・・岩崖の間に清楚な容姿を刻んでいます・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “瀧三柱神社”と岩崖の自然・・・
by project-beppin | 2009-05-06 14:36 | 大分の風土・行楽
佐伯路の旅景(その1)・・・上浦町“しおさいの里”
津久見湾からJR日豊本線に沿って・・・“山笑う”緑風とともに車を走らせるR217号線・・・“四浦半島”の付根を貫通したトンネルを抜けると・・・眼前に紺碧の“佐伯湾”が眩しく広がります・・・。

佐伯路の旅景(その1)・・・上浦町“しおさいの里”_c0001578_181911.jpg佐伯湾北岸の旧上浦町・・・誰もが景勝地として思い浮かべる“豊後二見ヶ浦”の見える場所に里の駅“しおさいの里”がありました・・・。

“海風”の中に佇んで佐伯湾の眺望を楽しむだけでなく、小さな子供も遊べる公園を併設する“レスト・スポット”であり・・・半島の山肌に点在する“柑橘畑”の“農産物”と、豊かな漁場の“海産物”を味わえる“フード・スポット”でもあります・・・。

亜麻色の長い“髪”を“海風”になびかせることのない(笑)オヤジは、“大入島”と“二見ヶ浦”を眺めた後・・・此処で新鮮な“魚介類”を調達して・・・さらに“海道”を南下するのであります・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 里の駅“しおさいの里”・・・
by project-beppin | 2009-05-05 18:20 | 大分の風土・行楽