タグ:晩酌 ( 252 ) タグの人気記事
“にいな”に“柔醇無比”な旨さ・・・「ホワイト ムテキ」
“HAKUDOU検地”と題して5月の“雨月研修”の旧宇目町“巡行”をお届けしてきましたが・・・そろそろ、“エピローグ”・・・。その間に飲んでいたのが・・・この“焼酎”と“清酒”です・・・。

c0001578_15551288.jpgこれは5月30日(土)の夕食・・・“寿司が食べたい”と言った女房殿のリクエストに応えて・・・いつもの“金太郎 寿司”とは違う寿司処を思案して・・・“くるくる寿司 亀正(かめまさ)”で“テイクアウト”・・・。

“寿司”だけでも好いのですが・・・スーパーに寄って日用品やお菓子等の買物も頼まれてたオヤジは・・・久々に“旬”の貝を見つけて1パック買って帰りました・・・。

♪ 小銭 あれば ひとつ買う “にいな”ぁ~ ♪ (沢田研二:追憶・・・の替歌)

最近では珍しくなりましたが・・・粒の揃った磯の巻貝“にいな”・・・初夏はこれに限る!という方もいるぐらい“大分”では・・・庶民的な“巻貝”です・・・。もちろん、オヤジが自ら厨房に入り・・・ちょちょっと“塩茹で”にして食卓で“アテ”としました・・・。

で・・・とっておきの“晩酌焼酎”は・・・日焼けしたラベルの“褪色”に年代を感じる瓶“古酒”の風貌が見事な“麦”焼酎・・・あの本匠の酒屋さんで偶然発見した“一期一会”の一升瓶・・・“小野富酒造”の20°『ホワイト ムテキ』・・・。

“巡行”から戻り、自宅でこの一升瓶を開封して・・・初めの一杯を“生”で飲んだ時・・・柔らかな芳味に馴染む“円熟”した優しい味わい・・・スムースな“常圧”らしさを口中で転がしても余裕の旨味が見事・・・実にソフトな口あたりで甘みも秘めている飲み心地に感動すら覚えました・・・。

ですから“生”で呷るのが最も旨い味わい方で好いのですが・・・この日は8:2ぐらいに“白湯”で“水割り”・・・。

じんわりと沁み入るような柔軟な麦の香ばしさ・・・伸びても崩れない旨味が優しい口あたりで・・・スイスイいただきました・・・。

この風味は“芳醇無比”というよく使われる“四字熟語”とは一線を画し・・・“柔醇無比”・・・あの「喜納屋」や「白藤」と似て非なるところがなんとも心地よく・・・“狂乱”ブーム以前の平穏な“麦”の“常圧”「ホワイト ムテキ」・・・“ステキ”な“ムテキ”です・・・。

■ 「ホワイト ムテキ」(小野富酒造:佐伯市/常圧:麦・麦麹)20度・・・スムース旨口タイプ
 柔らかな芳香と口中を円く転がるような心地よい含み香に優しく響く麦の旨みが重なる旨口タイプ。マイルドな口あたりの風味と沁み込むような喉ごしの余韻を堪能できるスムースな飲み口の秀品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “にいな”ぁ~♪と・・・“ハゲ肝”と“シャコ”も・・・
by project-beppin | 2009-06-13 15:56 | 大分麦焼酎
あぁぁあ~~誰か“枯響”を想わざる・・・純米吟醸「弥生神力」
“HAKUDOU検地”から我が家へ戻った5月3日(祝)の夕餉の晩酌がこの画像です・・・。昼間は・・・指を銜えて見守るだけであった“情”造酒・・・純米吟醸「弥生神力」を・・・早速、開封しての“独酌”であります・・・。

c0001578_22305690.jpg女房殿が準備した夕食のおかずは・・・“にんにく焼肉”、“いわし天”、“ツマミ揚”・・・。

それに、オヤジの“検地”土産・・・佐伯“ちりめん”と直川“からし椎茸”を和えた即席“酒肴”を一品加えた顔ぶれで“独酌”へと・・・。

あの山間の原風景が浮かぶ“情”造酒には・・・“ひや”が相応しいのではと・・・そのまま盃でクイッと呷るのであります・・・。

口にした瞬間の“中口”の落ち着いた風味に・・・続く“濃艶”な酸味の舌触り・・・仄かな甘旨さの複奏に秘めた“熟”辛さ・・・これこそ、清酒の“本道”の“味わい”と納得する旨さです・・・。“鮮度”の繊細な味わいにはない・・・“秘蔵酒”の“円熟”を味わう“野太さ”は・・・“神力”米の在るべき酒質なのでしょう・・・。

師匠の“真言”・・・この酒を称して“哀愁の野太”と・・・。

この酒のもっとも似合う風景として想い浮かぶのが・・・胡坐を組んだ男衆が車座になって一升瓶を酌み交す“祭り”の後の“直会(なおらい)”・・・。

♪ はぁ~な摘むぅ野ぉ辺にぃ~ 日はぁ~落ぉちぃてぇ~
   みぃんなぁで肩をぉ組みぃなぁがぁらぁ~  唄をぉうたぁったぁ帰ぇりぃみちぃ~ ♪
                                   (霧島昇:誰か故郷を想わざる

軟弱な“味”では太刀打ち出来ない“鋭気”と“親睦”が漲る場・・・茶碗に注いで呷っても負けない“味わい”の品性・・・“流行”に左右されないで醸された“姿”正しき“復古”酒質・・・“淡枯”な“響き”を失っていません・・・。

♪ 幼馴染のぉ あの友この友
    あぁぁあ~ 誰か “枯響”ぅぉをぉ~  想ぉわぁぁ~ざぁるぅ~ ♪

ついつい、“古賀メロディー”を口ずさんでしまう・・・“枯響”な旨さ・・・だと“想い”ます・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 質実“郷圏”のアテは?・・・“ちりめん”和え“からし椎茸”
by project-beppin | 2009-05-22 07:59 | 大分地霊の酒 ect.
冴えわたる“全麹造り”の“吟”蒸留・・・「iichiko FRASCO」
ご無沙汰しておりましたぁ~・・・“花冷え”に悩まされ・・・“風邪”が長引いている“青っ洟”オヤジです・・・(笑)。“卯月”になって桜満開の“別府八湯 温泉まつり”も今日がファイナルでしたね・・・。

c0001578_1124245.jpg景気対策3段ロケット”も打上げれないうちに・・・“飛翔体”という名の軌道にのらなかった“奇道3段ロケット”が“来た挑戦”・・・に翻弄される“愁傷”官邸とは、これ如何に・・・。

“来た挑戦”にも・・・“愁傷”の対応にも・・・“憤り”を感じますが・・・何もできないままでその時を過ごしていた自分自身も・・・なんとなく“情けなく”思えるのであります・・・。

で・・・やっと、“花冷え”も一段落・・・“春爛漫”を満喫したくなる晩酌をと・・・“炭焼き鶏の野菜炒め”と“サーモン刺”をアテに・・・“いいちこ”の“最高峰”と名高い名作を“ロック”でいただきました・・・。俗に言う“フラスコ ボトル”・・・『iichiko FRASCO』・・・。

我が家での晩酌には、ちょっと格好好過ぎる洗練された雰囲気・・・透明感で統一されたボトルデザインの“フラスコ”フォルム・・・そのシンプルな高級感に秘めた“全麹造り”の味わいとは・・・・期待して良いはずです・・・。

コルク栓を抜き・・・氷の入ったグラスに注ぐと・・・香りは控えめで軽快な清涼感・・・実に“綺麗”な雰囲気を纏っています・・・。

浮かび上がる氷の中で・・・30°のアルコールがグラスの中を漂うように混じってゆくのを感じながら・・・一口めを含んだ時の印象は・・・ドライ感を極めた“吟”蒸留が冴えわたるシャープなアルコール感と・・・・フルーティーな放香を鼻腔へと拡散させる“全麹”らしい甘旨み・・。スムースに駆け抜けるようなキレの好い喉ごしの余韻も申し分なしです・・・。

“全麹造り”をドライで甘露な旨さに100%導いてゆく技というか・・・これほどまでに、隙がない“鏡面仕上げ”のようなドライ淡麗タイプとは・・・流石です・・・。

誰がなんと云おうと・・・この旨さを口中で転がしながら味わうには“ロック”が最も綺麗に響きます・・・。“Cool”で“Intelligence”に仕上がった正に“磨かれた”ドライ淡麗の“到達点”でしょうね・・・。

■「iichiko FRASCO」(三和酒類:宇佐市/減圧:大麦麹)30度・・・ドライ淡麗タイプ
 軽快な微香、“吟”シャープなアルコール感と冴えわたる全麹のドライ甘露な旨さの淡麗タイプ。全麹造りの磨かれた綺麗な味わいは麦焼酎の“技”を究めた逸品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “炭焼き鶏の野菜炒め”と“サーモン刺”を・・・“ロック”で・・・
by project-beppin | 2009-04-06 01:35 | 大分麦焼酎
旨き酸香、福与か淡口・・・三井の寿「純米酒」ワンカップ
“暑さ寒さも彼岸まで”とは、よく言ったもので・・・三連休初日の“春分の日”も桜咲く“晴天”のぽかぽか陽気でした・・・。

c0001578_23445095.jpg日中は・・・このWBC4度目の“日本 v.s. 韓国”に釘付け・・・大分工高出身の“内川”のHRですぐさま追いつき・・・流れを引き寄せましたね・・・。

こんな日の夕食時は“祝杯”と称しての晩酌・・・福岡県の井上合名“三井の寿”のワンカップ・・・“カエル”絵柄の「純米酒」・・・。

先月の“博多出張”で買っていながら、冷蔵庫に入れたままになっていたこの“筑後の清酒”を・・・アルミタンポで20秒の“温燗”にして陶杯でいただきます・・・。

清らかな“アク”の無い含み香・・・強過ぎない控え目な酸香味の旨さと・・・純米らしさの福与かな淡いコク・・・甘さは抑えられているんですがするりと伸びる旨味のキレ・・・肩の力を抜いてゆっくり飲める“好い酒”です・・・。

“冷静な情熱”をこの酒に感じながら・・・“SAMURAI ジャパン”の戦いが“冷静な情熱”であってほしいと・・・想うのであります・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “豚肉白菜の蒸焼”と・・・
by project-beppin | 2009-03-21 09:11 | 異郷酒晩酌伝
麦薫“ストロング”ビター・・・「久保」
1週間が経って・・・トリニータは昨日(14日)の“ホーム開幕戦”で完勝し・・・“サムライ JAPAN”は明日の“日本 v.s. キューバ”決戦へと・・・興奮は覚めやらぬまま明日の朝を迎えたいのですが・・・。

c0001578_2022564.jpg今夜は、家族揃って長男坊や次男坊の“部活”の話を聞きながら・・・久しぶりの“晩酌”です・・・。

ここのところ、ゆっくり飲めない日々を送っていたオヤジ・・・「いつ?飲んだっけ?」と女房殿に聞かれるありさま・・・(笑)。

“今夜は飲ませてもらいます”という合図は・・・食卓に並べようとする“おかず”が台所で皿に盛り付けられている時に・・・邪魔するように“湯呑”を探しにウロウロすることだそうで・・・女房殿に見透かされています・・・(爆)。

“湯呑”を“お湯割り”用で選んで・・・おもむろに食卓に据える黒い艶やかな4合瓶・・・“宇佐産裸麦”の常圧蒸留とある“ガツン麦・麦”・・・『久保』・・・。

先ずは、“生”のまま含んでみようとしたんですが・・・もう“湯呑”に唇を近づけただけで感じる香味の予感・・・“麦薫”という印象の香ばしく甘く放たれる香気・・・“これは味わえる”という直感を抱いて含むと・・・口中で複相する旨さ・・・つまり、輪郭のはっきりしたビターな“気相”は鼻腔に拡散し・・・苦甘味のアルコール“液相”は舌上を喉に向って浸潤しながら広がってゆきます・・・。

その後は“お湯割り”・・・“湯気”の香りも愉しみながら、温かなお湯で割っても“慌てない旨味”の“伸び”の好さ・・・“ガツン系”の持つこの“ストロング”な旨さは久々・・・(ショチクレさんの飲んだ感想にも“なるほど!”と同感しながら)・・・いやぁ~、良い意味で“不意を衝かれ”ました・・・(笑)。

宇佐市長洲の“久保酒蔵”の“新銘柄”・・・というか“会心”の“新蒸留”・・・“宇佐産裸麦”+“駅館川伏流水”+“常圧蒸留”=“宇佐”に拘った“麦焼酎”の“本流”へ自らも“真っ向勝負”に出た味わいです・・・好い感じでガンガン響きます・・・。

■「久保」(久保酒蔵:宇佐市/常圧:裸麦・裸麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 ホロ苦さの芳ばしい麦の薫りに、香ばしい旨さの香気と苦甘みのアルコール感が複相する濃厚タイプ。輪郭がはっきりとしたビターな味わいと、伸びても崩れない喉ごしのコクとキレが浸潤するように響く秀品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More ズルッと“山かけりゅうきゅう”・・・カリッと“はさみ揚げ蓮根”
by project-beppin | 2009-03-15 20:56 | 大分麦焼酎
麦焼酎の“宮崎”三昧・・・“日南路焼酎街道”(その1)
20世紀の覇者たるU.S.AがJAPANをどう視ているか?・・・訪米“首脳会談”が霞み・・・“アカデミー賞”での“ダブル受賞”が注目されるという皮肉・・・嗚呼、なんとも情けないやら、めでたいやら・・・(笑)。

c0001578_22431933.jpg“隣の芝生”状態だった宮崎の“WBC”キャンプも・・・オーストラリアとの大阪“テストマッチ”を2連勝で終えて・・・来週以降しばらくは“永田町政局”が霞み・・・“東京ラウンド”が注目されるんでしょう・・・。

そんなことを思いながら・・・オヤジは先々週の出張“宮崎ラウンド”の“土産”焼酎を並べました・・・。

“ほっけ”と“海老と白菜の煮炒め”をアテに飲む晩酌時・・・“土産”箱を開けて・・・100mlミニペット5種の揃い踏み“日南路焼酎街道”・・・王手門酒造の5銘柄焼酎の“飲み比べセット”です・・・。

芋3種「しろ銀滴」、「不阿羅王」、「超不阿羅王」・・・麦2種「むぎ銀滴」、「隠し蔵の三悪人」・・・いずれも25°・・・。直ぐさま迷わず開封したのは・・・「むぎ銀滴」・・・もちろん“生”の旨さでいただいております・・・。

苦香しい麦・麦麹の“ガツン系”・・・香ばしさの響く甘みの苦辛い刺激・・・頼もしい旨さがありますし・・・喉越しでもキリリと味わえる濃厚味・・・なんとも好い味・・・。

このままでは、終わりませんな・・・(笑)・・・こんな“土産”飲みの愉しみを・・・本日は、当然“麦くらべ”・・・いたしました・・・。

■ 「むぎ銀滴」(王手門酒造:宮崎県南那珂郡/常圧:麦・麦麹)25度

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “ほっけ”に・・・“ガツン系”の宮崎三昧
by project-beppin | 2009-02-25 23:10 | 隣人の焼酎・泡盛
深味のあるビター・マイルド・・・麦焼酎「三段しこみ」
すっかり遅れてしまいましたが・・・宮崎からの帰路に提げて帰った“自分へのご褒美”焼酎の1本が・・・コレでした・・・。

c0001578_1581367.jpg買って帰った土曜日の晩酌風景・・・部活で遅くなった長男坊と食卓をともにするオヤジは・・・女房殿が出してくれた“焼肉”と“スープ”を前にして・・・ご飯茶碗を後回しにしながら・・・おもむろに鞄からこの4合瓶を取り出しました・・・。

ラミネートを取って、スクリューキャップを開封・・・宮崎らしい麦焼酎の“ガツン系”かな?という思いで買ったもんですから早速、飲みたくなるのが心情・・・“岩倉酒造場”の『三段しこみ』・・・。

小さめの湯呑に“生”でトクトクと半分ほど注いで・・・一口めの芳香と旨味を味わったのですが・・・芳しき麦香が甘柔らかく香るようで・・・麦・麦麹の先鋭な濃厚“ビター”感とは一味違う印象・・・厚みのある旨さの“深味”に浸れる頃合いがあって・・米麹の醸す甘香ばしさを“ビター・マイルド”なアルコール感で程好く仕上げた口あたり・・・鼻腔へ抜ける放香味も、麦の甘苦さを潤いのある米麹の甘香ばしさでまとめた感じ・・・飲みやすく味わい“深い”喉越しの心地よさがあります・・・。

米麹と麦と米麹という“三段仕込み”に由来する麦焼酎・・・この味わいで“勝負”したいという“想い”が・・・伝わってくるようです・・・。

この後は・・・6:4の“お湯割り”・・・さすがに“深味”がある分、味わいは伸びても、ゆるりと落ち着く・・・そんな印象でしょうか・・・。ステーキソースの余りで味付けしたという“焼肉”にも・・・カレー風味の“チキンスープ”にも・・・麦焼酎の“お湯割り”らしさが負けないところも・・・“深味”でしょう・・・。

あまりに“高嶺(高値)の華”扱いすると可哀想です・・・この味わいを“麦”好きの“日常酎”とできるなら、誠に申し分ありません・・・。

■ 「三段しこみ」(岩倉酒造場:宮崎県西都市/常圧:麦・米麹)25度

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More ステーキソース風味“焼肉”とカレー風味“チキンスープ”に・・・
by project-beppin | 2009-02-19 01:58 | 隣人の焼酎・泡盛
清涼な“湧水”ドライ・・・「名水焼酎」
あれよあれよと言う間に・・・1月から2月へと・・・。明日(1日)は“別府大分毎日マラソン”・・・それから、“節分”・・・“チモト(わけぎ)”もスーパーの店頭に並んで・・・少しずつ“春”へと向かう実感が湧いてきました・・・。

c0001578_21182566.jpg女房殿に言わせると・・・あまり嬉しくない“季節の便り”もあるのだそうで・・・既に春の使者“花粉”というものが引き起こす症状が“ムズムズ”始めているとのこと・・・。

そんな話をしながら準備してくれたアテで“晩酌”・・・帰り着くのが遅れた分、冷めてしまって“彩”が悪くなったと“愚痴”を溢されるのも・・・ご愛嬌かと・・・。

“肉野菜炒め”と“砂ズリ塩葱”に“野沢菜キムチ”・・・しっかりした味付けのアテが三品でしたので・・・やっぱり定番の6:4“お湯割り”の一杯で落ち着いた旨さで安堵したいと思った次第・・・宇目の酒屋さんのP.B.銘柄『名水焼酎』・・・中味は“ぶんご銘醸”さんの「ぶんご太郎」か?はたまた「むぎゅ」か?・・・。

清涼感のある“ドライ系”・・・ストイックな味わいの中に甘旨さが伸びるやんわりと響く口あたり・・・静寂な麦焼酎の好いところ・・・やっぱり、食中酒として“分相応”な酒質設計だと思います・・・。

あの銀山としても栄えた宇目町“木浦鉱山”・・・“藤河内渓谷”にも近いこの地区の生活水ともなった“法水山蓮光寺”の境内に湧出する名水で“原酒”を“和水”したという麦焼酎ですから・・・本来なら、割らずにその“名水仕立て”の旨さとキレを味わうのが・・・最も綺麗な風味なのかもしれませんね・・・。

■「名水焼酎」(ぶんご銘醸:南海部郡/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 清らかな微香、軽やかな口あたりの清涼感に、ほのかな甘旨さと綺麗でクセのないアルコール感が心地よい名水仕立ての焼酎。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 宇目の“名水仕用”・・・
by project-beppin | 2009-01-31 21:24 | 大分麦焼酎
“湯女”の面影“潤醸淡辛”・・・上撰 「仁喜多津」
私の中では・・・“四国”の旅の恒例となった清酒“ワンカップ”の土産“晩酌”・・・何時飲むのか?と決めかねていましたが・・・本日、先ほど“やっと”戴きました・・・。

c0001578_22292772.jpg買ったのは帰路の“フェリー”の船内売店・・・昨年の「梅美人」から今年は・・・伊予・松山の“道後地酒”・・・上撰 『仁喜多津(にきたつ)』・・・。

“酒肴”は・・・女房殿が夕食のおかずから取り分けてあった3品・・・“親子煮”と“姫かつお”の角煮と“サーモン”の刺身・・・この1合には、充分過ぎるほど・・・。

清酒は“燗”好きのオヤジ・・・“ワンカップ”なんですが・・・注いだ“アルミタンポ”でストーブ上のヤカンの蓋を取り・・・浸けて20秒弱・・・ふんわりとした“ぬる燗”程度を見計らって・・・微かな湯気発ちを愉しみながら湯呑に注ぐと・・・その湯呑をゆっくりと持ち上げて口元へ・・・。

一口めの口あたり・・・仄かな匂い発ちの潤い感と・・・含み香の柔らかさの解き放ちと・・・静かに淡い辛口の風味の第一印象・・・これは、旨いです・・・。

ゆっくりと二口三口と飲み進み・・・舌上で転がしながら喉もとへ送るまでの間に“旨口淡麗”な味わいの“軌跡”を残して・・・ゆるりと落ち着きながら余韻にキレを残すというタイプ・・・。

擬人化すれば・・・“道後”の“湯女”の面影とでも云いましょうか・・・“ぬる燗”に“肌触り”を感じる味わいです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “姫かつお”角煮と“砥部焼”・・・
by project-beppin | 2009-01-29 22:35 | 異郷酒晩酌伝
“コシ”のある酸旨口・・・綾菊 山廃純米「長田屋」
四国で年越しをした際のスナップを整理していたら・・・もう一本の清酒“綾菊”のことを思い出しました・・・。

c0001578_0433122.jpgこれは・・・晦日の夜“餅搗き”を手伝い終えた後の“晩餉”の光景・・・。

手伝った皆が・・・スーパー特売の“盛り合わせ寿司”と・・・昆布とイリコ出汁のお手製“かけうどん”で座卓を囲み“お疲れさん”会・・・。

昔の“電気燗付け器”が現役で出てきて・・・そこから注がれた“熱燗”・・・綾菊酒造の清酒銘柄“山廃純米”「長田屋」・・・。

飲む時点は、“燗冷まし”気味だったためか・・・“山廃”の旨みのコク酸味が発ち過ぎているように感じたのが一杯目・・・独特のコク旨さは充分なのに、鼻腔に風味クセが残るような味わい・・・と言えばわかりますか・・・?

この後しばらくして・・・風呂上りに残り5勺を飲みきれとばかりに“冷や”のままで注がれた一杯が・・・なんとも!実に旨かった・・・酸味の強いコク旨口に朗らかなキレ・・・俗にいう“コシ”のある酒・・・飲み口の余韻を味わえる“貫禄”がありました・・・。

この味わいがもたらす飲み心地の“落ち着き”・・・飲み終えたあとに感じる味わいの“懐”深さ・・・そんな讃岐の銘酒です・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 香川の酒米“さぬきよいまい”・・・
by project-beppin | 2009-01-22 07:54 | 旅先の酒と食