タグ:晩酌 ( 252 ) タグの人気記事
“イサキ”と“地アジ”に・・・旨辛ワンカップ「石仏」
“梅雨らしい梅雨”だなぁと長雨が続いていた日々・・・梅雨前線が北上し消えちゃった?のか“予想より早く”梅雨明けのようですね・・・。“予想より早く”といえば・・・“オールスター明け”かと思っていた阪神の“マジック”点灯も・・・。

c0001578_23432252.jpg今夜はちょっと早めに帰ろうと・・・我が家に電話を入れたところ・・・女房殿から「お刺身だよぉ~、早く帰っておいでぇ~」と・・・“家路”を急ぐ車内・・・とうとう“エアコン”を入れちゃいました・・・。

車を停めて・・・玄関から居間に入るまでの十数歩のうちに、額が汗ばむこの感じ・・・夏です・・・。

今しがた、食べ終わったばかりという感じの食卓で・・・女房殿がひとりテレビを見てました・・・。

「ハイ、ハイ、今出しますからね・・・」と・・・冷蔵庫からラップを取りながら出された“刺身”・・・“イサキ”と“アジ”・・・「“ウナギ”より安いんよ・・・」と・・・。

“地アジ”の旨さは云わずとしれた定番ですが・・・夏だねェ~と思える地モノ旬魚といえば“イサキ”・・・脂ののった癖のない甘みがまとまってますから・・・“地アジ”の“滋味”と“イサキ”の“美味”の対照的な味わいも嬉しい限り・・・。

さて“晩酌”にと思案していて・・・安易に先日のくり焼酎「三代の松」の残り一合ほどにしようか?と思ってはみたものの・・・“スッキリ”飲みたいという“慣性の法則”とでもいいましょうか・・・やっぱり“麦”のドライ感が捨て難く・・・思い出したのが“佐賀関 紀行”時に“九四国道フェリー”の売店で買ったガラス容器のワンカップ『石仏』・・・。

臼杵石仏”の象徴“大日如来”の“仏頭”・・・“アバタ”か“ニキビ”かと想ってしまう“ブツ頭”なんて言っちゃうと罰当たりで失礼ですが・・・その“無骨”なキャラクター的表情が“ステキ”です・・・(笑)。

もちろん、“生”で飲む旨さが味わいたくて黄色いキャップを捻って開けたんですが・・・口元に近づけると減圧のドライな香りを漂わせ・・・“これぞ、スッキリ麦”というスタンダードな安心感・・・口中に漂うキレのある“旨辛”口・・・仄かな甘旨みの舌触りが味わいを引き締めます・・・。

喉越しのスッキリとしたアルコール感の残響に隠れている“旨み”が垣間見えて・・・定番の味わいでこその“安堵感”・・・グビと一口、グビ、グビと二口・・・飽きませんなぁ~・・・やっぱ、旨っ!・・・です・・・。

■ 「石仏」(久家本店:臼杵市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 減圧のもつ清純な麦の香りと、軽快でシャープなキレが先行する辛口に潜む甘旨さの淡麗タイプ。素朴なドライ感の喉越しと味わえる余韻の旨さがストイックな口あたりの良品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 刺身とワンカップ焼酎・・・“イサキ”石仏
by project-beppin | 2008-07-04 23:50 | 大分麦焼酎
“あげみ”で“しょちくれ”・・・くり焼酎「三代の松」
東九州“大返し”をやってのけた日の夜は・・・宮崎は“延岡”を味わう“しょちくれ”でした・・・。

c0001578_1375383.jpg帰路・・・宮崎県北部“延岡市”の市街地から大分県境に近づくR10号線沿いの“コンビニ”に立ち寄って“トイレ休憩”したところ・・・店内に並ぶ酒類も、大分とは様変わり・・・芋焼酎に大御所「黒霧島」はもちろんのこと・・・「日向 木挽」や「飫肥杉」、「松の露」があって・・・此処は“宮崎県”だと実感して酒棚の前を通り過ぎようとしたのですが・・・ふと見ると上棚に「くり焼酎」の文字の角瓶・・・。

その時・・・“そうだ、この辺りは穀物焼酎の地だった・・・”と笹さんの“酎論”を断片的に思い起こしたのでした・・・。

脳細胞が減少するオヤジにあって・・・希薄になった“シナプス”が伝達物質を送ったという“神秘”の“脳内反応”に・・・“衝動”という“心理”状態を発生させるという“脳科学”を行動として実証するために・・・真っ直ぐレジへとその角瓶を運ぶのであります・・・。

もう、それほどまでに“衝動”シグナルで活性化した我が“脳”には・・・レジカウンター脇にある“あげみ”という表示の“すり身天”をも・・・“視覚”シグナルとして認知した瞬間に“衝動買い”へと“トランス状態”化して連続行動を誘発するのでありました・・・(笑)。

“大返し”から戻った23時過ぎという時間帯・・・そんな“脳内メーカー”ならぬ“脳内、飲めるか?”という期待の角瓶“くり焼酎”はというと・・・延岡市内は佐藤焼酎製造場の『三代の松』・・・。

女房殿と長男坊はいない・・・次男坊は寝た・・・という“三位一体”の晩酌“好機”ですから・・・“あげみ”2枚を刻んで・・・“延岡”のアテで“しょちくれ”ました・・・。

1杯飲んで・・・“燃費”ならぬ“飲費”が良いと実感できる味です・・・何時でも36km以上走れる感じ・・・“九里しょっちゅう”・・・“くり”焼酎・・・(お粗末!)。

“栗”らしいというより・・・辛口の白麹仕立ての芋焼酎に甘旨さのコクのある米焼酎を馴染ませたような濃厚な味わい・・・喉ごしの後の甘い残り香とキレのいい辛さのアルコール感が“生”で飲んで旨い“マロン”とした焼酎です・・・。

■ 「三代の松」(佐藤焼酎製造場:宮崎県延岡市/常圧:くり・米麹・麦)25度

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “あげみ”という名で“しょちくれ”で・・・
by project-beppin | 2008-07-02 01:44 | 隣人の焼酎・泡盛
“生”で飲みたい“減圧”麦旨味・・・“吟円”「一(ひとあじ)」
オヤジは、給油時に“一葉”一枚で満タンにならないと“不満”を洩らし・・・女房殿は、食品と食料が高止まりしてると“嘆く”・・・ぐらいなら、まだイイのですが・・・世の中では、事件、事故、人災、天災が相次ぎ“社会”を覆う“激震”・・・。“安全”と“安心”は、何処へ・・・と言いたくなるほど・・・筆舌に尽くし難い不条理な事件や不意をつく大地震・・・被害に遭われた方々には・・・心からのご冥福と一日も早い平穏な暮らしに戻れることを・・・お祈りいたします・・・(合掌)。

c0001578_23143333.jpg“入梅”してシトシトと降る雨の中・・・出張先から戻る途中忘れた傘・・・結局、濡れながら我が家へと駆け込んだのであります・・・。

案の定・・・我が家では、食卓から離れ食後に寛ぐ家族の姿・・・。久しぶりに皆が揃っているその光景は・・・オヤジにも“安堵感”をもたらして・・・「ふぅっ~、疲かれましたわな・・・」と荷物を置くだけで“疲労感”が和らいで行くのであります・・・。

「お疲れさま・・・雨が降ってたから、大したモノ作ってないけど・・・」と・・・“カンパチのとろろがけ”と・・・温め直して出てきたお手製の“エビチリ茄子炒め”・・・。

このなんてことない“手料理”と“日常”的会話が・・・出張から帰宅した我が身には・・・何よりの“ご馳走”であるんだと・・・つくづく思います・・・(笑)。

そんな食卓に出してきた“晩酌”4合瓶は・・・“味わえる”減圧蒸留の麦焼酎『一(ひとあじ)』・・・。先々週に買って、その日のうちに“嵌まって”しまったという“意標を衝かれた”その旨さは・・・25°ながら、ほとんど“生”で飲んでました・・・いや、飲みたくなるんです・・・。

このスマートな瓶からグラスに注ぐ時点で・・・その液体に心地よい“滑らかさ”を感じるような第一印象でしたが・・・グラスを口元に近づけた時に“円やか”に漂う福与かな減圧蒸留の“吟醸”香が何ものにも変え難く秀逸です・・・。

口に含んだその口あたりも一口“瞭然”・・・“磨かれた”ことが明確に伝わる香りと雑味がなく“清々しい”辛口麦の甘旨みは、柔らかく拡散して“味わえる”旨さがスムースです・・・。喉越しの味わいにも厚みがありますし・・・透明感のあるキレも“お見事!”で・・・“生”で飲んでも噎せかえることがない爽やかな旨口なんですよ・・・。

■「一(ひとあじ)」(西の誉酒造:中津市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 磨かれないと味わえない麦の福与かな吟醸香に、滑らかな口あたりと雑味のない清流のような辛口旨みが柔らかな甘みが、明確に味わえる淡麗タイプ。爽やかな風味の奥行きと円やかさのキレに透明感を響かせる秀逸な減圧蒸留の逸品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も150位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “カンパチのとろろがけ”と・・・“生”の香味
by project-beppin | 2008-06-15 23:19 | 大分麦焼酎
“リンゴ酸”味の辛口白ワイン・・・「Peter Lehmann Riesling BAROSSA 2006」
あっという間に“G.W.”に突入ですね・・・新緑に“”と“れんげ畑”・・・春に見る里山の光景を思い出します・・・。この時期、“久住高原”や“熊野磨崖仏”へと出かけたことを思い出してみたり・・・今年も何処かに行きたいと思っています・・・。

c0001578_1711437.jpg昨夜(25日)遅く戻ったところ・・・いつもと違って女房殿が待ちわびたとばかりに・・・朝のワイドショーで話題になったというイギリスの“新人オペラ歌手Paul Potts (ポール・ポッツ)”誕生秘話を聞かされ・・・ネクタイを外しながら聞き流していると・・・女房殿はひとりで盛り上がっているらしく「ちょっと!ちょっと!コレ見てみぃ~」と・・・発端となったオーディション番組ビデオを見せられたのでした・・・。

冴えないサラリーマンの風貌からは考えられないそのテノールの歌声・・・夢を諦めなかった者が夢を掴んだ瞬間リアリティー・・・疲れていたオヤジも思わず感動・・・世界の“三大テノール”には敵わないまでも、その後の“Making of Paul Potts ”まで調べてしまうという入れ込みようでした・・・(笑)。

で・・・その感動を共にする晩酌は、なんと!“白ワイン”・・・女房殿の知人の“オーストラリア土産”だそうで・・・先に少し飲んでいた女房殿が“鶏皮の唐揚げ”とともに出してくれました・・・『Peter Lehmann Riesling BAROSSA 2006』・・・。

台所で「ねっ、どう?映画みたいでしょ!」という女房殿に・・・グラスに注いだ白ワインを口に運びながら「まっ、確かに、オペラ版“クリストファー・クロス”の“ブリティッシュ ドリーム”ですかな・・・」なんて答えたんですが・・・その次なる感動が、既に口中から始まっているのでした・・・。

“おぉっ!旨い!旨い!”と・・・この白ワインの洗練された酸味とキレのある口あたりのドライな旨さを転がしております・・・。

“オーストラリア”という“新興”ワイン産地でありながら・・・スパッと冴える“リンゴ酸”のような酸味に香る柑橘花のような風味・・・透明感も併せ持つゆったりとした味わいは・・・どことなく昔飲んだ辛口の“ドイツワイン”に通じているようで、さすが白ワイン用の葡萄“Riesling(リースニング)”種らしさ・・・。

買っては飲むことがほとんどない“ワイン”という醸造酒も・・・たまには、いいもんですな・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “鶏皮の唐揚げ”と“WINNER”・・・
by project-beppin | 2008-04-26 16:50 | 異郷酒晩酌伝
“麗酸”なコクと輪郭のくっきりとした旨口・・・「菊姫 山廃吟醸」
“入学式”も終って・・・真新しい学生服姿の中高生が目立つ時候になりましたね・・・。境川も“花筏”となって・・・桜並木もそろそろ“葉桜”に変わり・・・この週末の花見は“鶴見岳”や“志高湖”や“城島”でしょう・・・。

c0001578_102112.jpg今夜は、皆が揃って夕食の時間を迎えたのですが・・・毎週のように“飲みごと”が続いているオヤジの晩酌は・・・少しだけ!との女房殿の“御達し”・・・。

今夜のおかずが“醤油ダレ焼肉”と“鶏のケチャップ煮”ですから・・・麦焼酎「がまだす」の“ロック”も候補でしたが・・・石川県出身の方から戴いた“吟醸酒”を“ライス・ワイン”感覚で“ひや”のまま一杯だけとしました・・・。

その“吟醸酒”とは、加賀の“濃醇旨口”・・・『菊姫 山廃吟醸』・・・。

“山廃仕込み”の独特な風味が色濃く香る濃厚さが漂っています・・・含み香も甘辛な芳醇さ・・・。口中で広がる味わいは・・・コシの強い味わいの輪郭を麗らかな酸味が浮かび上がらせるようで・・・正真正銘、加賀の“濃醇旨口”・・・“フルボディー”感が味覚中枢に刻まれるような旨口らしさ・・・くっきりとしたキレに余裕すら感じる味わい深さが際立ちます・・・。

能登の「宗玄 特醸 玉箒」の優しい風格は記憶に残る旨さでしたし・・・金沢の「福正宗 黒麹仕込 純米完熟辛口」の実直な辛口も上出来でしたから・・・この加賀の“王道”たる“菊姫”の“濃醇旨口”が加わると・・・清酒文化の懐深さが“百万石”級だと実感しました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “醤油ダレ焼肉”と“鶏のケチャップ煮”・・・
by project-beppin | 2008-04-12 23:33 | 異郷酒晩酌伝
“神様、仏様”の“玄米麦酒”・・・「鉄腕稲尾ビール」
春の陽気の“別府八湯温泉まつり”になりました・・・。昨朝は“満開”の桜に送られて仕事に出かけ・・・19時過ぎの帰路で別府の街が“扇山火まつり”のオレンジ色の炎に染まる光景を眺めながら帰宅した次第・・・。

c0001578_1238323.jpg「扇山の山焼きが始まッちょんよ~」と言いながら居間に入れば無人・・・支度の整いかけた食卓の椅子も空っぽ・・・。

「二人ともまだ帰ってないよー」と台所から女房殿の声・・・春休みの次男坊まで“まつり詣で”に出かけたままだとか・・・。

「先に食べはじめてて・・・」と女房殿の背中が言うものですから・・・食卓に並んだ“いわしフライ”と“野菜炒め煮”で“独酌”を準備します・・・。

この陽気とアテなら・・・久しぶりの“地ビール”で軽く飲もうかと・・・県産“玄米”を使った“麦酒”・・・なんと!その名も『鉄腕稲尾ビール』・・・。

別府出身で昨秋、急逝した往年の大投手“稲尾和久”・・・昭和33年の“日本シリーズ 対 巨人戦”・・・エースは藤田、打者は川上、長嶋などを擁する巨人を相手に6試合に登板し5連投・・・3連敗後の逆転4連勝・・・このシリーズ全ての勝利投手となったあの伝説の“神様、仏様、稲尾様”・・・に因んだ“山香綺ら羅”が造る“地ビール”です・・・。

過剰な自己満足のようにも映るこのラベル・・・いかにも“ご当地自慢お土産ビール”と宣言しているようで・・・これまで見かけてはいたのですが、敬遠してました・・・(笑)。

しかし、飲んでみると・・・一口めの“口あたり”は・・・苦味の前に“玄米”由来の“ライス・フレーバー”と表現したくなる膨らむ香りと・・・苦味のコクより甘味のコクが優勢・・・女房殿も「飲みやすい」と言うので・・・その甘味が残るキレは、“和風”の味わいと言えば解ってもらえるでしょうか?・・・。

昨今の“プレミアム・ビール”とは味わいの“落としドコロ”が180度違っていて・・・丁度、こんな“家庭”料理に相性が好かったりするんです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “独酌”の“いわしフライ”と“野菜炒め煮”・・・
by project-beppin | 2008-04-05 13:28 | 大分地霊の酒 ect.
“豊後野禽(ジビエ)”の“鹿刺”に・・・“甘麹辛口”の「がまだす」
三月下旬は、別れと旅立ちの中で仕事も〆るとなると・・・あれよあれよと過ぎてしまった感じ・・・(それでも、飲んでましたが)・・・。雨の一日となった昨日と今日は“花冷え”・・・別府は“桜”も“4分咲き”になったかな?ってな程度・・・四月となれば“温泉まつり”ですから今週末から来週にかけてが“花見の宴”でしょうな・・・。

c0001578_1543653.jpg昨夜(30日)は、久しぶりに早めに帰宅したところ・・・10分違いで部活の県外試合から戻った長男坊も加わって“一家団欒”の夕食・・・。

そこに出てきたのが・・・女房殿が知人からお分けいただいたというこの冬に獲った“冷凍モノ”・・・“豊後野禽(ジビエ)”の赤肉“鹿刺”・・・我が家の食卓に載るのは“お初”です・・・(垂涎)。

この“肉皿”をめぐって大人気ない“親子喧嘩”を起こさないように・・・女房殿の配慮と裁断で各自に配分されたのであります・・・。

もちろん「おっ!こりゃぁ~飲まにゃぁ~」とオヤジも早速、一本出してきました・・・老松酒造が地元麦で醸した『がまだす』・・・6:4の“お湯割り”だす・・・(笑)。

香りは、“貴腐”なあの「月心」に似ている印象・・・ゆるりとした液体を口に含むと、優しく広がる“甘麹”のような“旨口”が特徴・・・次に続くほんわかなドライ系“辛口”の舌触り・・・喉ごしの穏やかさの後でも・・・さらに余韻深く漂うその“アンニュイ”な“色香”のある味わいが好いです・・・。

ちなみに“がまだす”とは?・・・日田弁で“元気で頑張る”という意味だそうで・・・ここのところ、日常的に使用される会話では、めっきり減ったみたいですが・・・それでも、地元の農家収穫した“麦”をこの蔵の味わいの特長を生み出す“麹”と蒸留の“技”・・・地域ぐるみで“がまだし”てほしいですね・・・。

■ 「がまだす」(老松酒造:日田市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 吟香の甘麹な香気、口中でゆるりを主張する特長のある甘みの旨口感に遅れて続くほんわかな辛口の旨さが優しい淡麗タイプ。口あたりの吟麹の印象が響きながら穏やかな喉ごしの余韻が漂流する優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 赤肉“鹿刺”・・・
by project-beppin | 2008-04-01 02:01 | 大分麦焼酎
“太刀魚”と“菜の花”と・・・濃口ドライ「虹色おいさん」
春はセンバツから”・・・もちろん地元、別府の“明豊高校”が、昨年の覇者“常葉菊川”と対戦するんですから・・・集中して挑み“大金星”をと・・・期待したいですね・・・。

c0001578_0401530.jpgトリニータ”も開幕から好調2連勝なんですが・・・“ヒートデビルズ”はウェスタンカンファレンス3位と・・・“巻き返し”に期待です・・・。

今夜は・・・“太刀打ち”できる“巻き返し”を祈願して・・・(無茶苦茶“強引”に)“太刀魚”の“箸巻”をアテに・・・『虹色おいさん』で晩酌です・・・(笑)。

この“八鹿酒造”の麦焼酎に気づいたのは・・・あの“御手洗酒店”でして・・・棚にあったこの5合瓶を見つけたオヤジ(私)・・・不躾にも・・・“寛”氏本人に向って「コレ、中味は“なしか”でしょう・・・?」と聞いたところ・・・間髪を容れず“寛”氏の返答「ちゃいます!・・・コレは、ちゃんと私も何種もの原酒を“利き酒”してですな・・・最後は酔うちょったんですが(笑)・・・オリジナルですわ・・・。」と・・・。

“ぁっ痛たたたぁ~”なんと失礼なことを・・・と思ったものの・・・“オリジナル”なら、まだ“味知らぬ”ドライ系?・・・ならば“飲んでみたいのぉ~”と・・・脳裏を過ぎる“衝動”に駆られたので5合瓶を買って帰ったモノ・・・。

開封して“生”で飲むと・・・清々しいドライな“香気”が鼻腔へと響くようで濃吟に匂い発ちます・・・。口中で転がすと・・・先鋭な辛口の刺激が交錯する甘い濃口とでもいいましょうか・・・ドライ系の風味に宿る響き渡る感じ・・・喉越しに共鳴するキレも余韻も・・・しっかりした味わい・・・。

“箸巻”の甘辛さも、“菜の花炒め”の旬菜滋味も、“キンピラ蓮根”のピリ辛味も・・・おおぅ~!これがまた旨いアテ!・・・。

で・・・“お湯割り”に“かぼす果汁”を注いで“かぼす割り”の一杯も“流石”ですし・・・どんなアテにも、どんな飲み方にも“七変化”して馴染む“レインボー”な旨さを秘めてますね・・・。

■ 「虹色おいさん」(八鹿酒造:九重町/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 清々しい濃吟な香気、口中で転がるシャープな辛口に鼻腔まで甘みを持った濃口な味わいが響き渡る風味の骨格がしっかりした淡麗タイプ。辛口な響きと甘みの余韻が交錯して共鳴する優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も50位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “箸巻”、“菜の花”、“蓮根”に・・・仕上げは“ネギトロ丼”
by project-beppin | 2008-03-16 00:49 | 大分麦焼酎
“ほんのり”した“吟麗”な旨さ・・・「むぎゅ」
今朝は、車のフロントガラスの雪を払い“暖機運転”・・・昼には市内の積雪も融けたのですが・・・それでも雪舞う一日・・・今年一番の“冷え込み”でした・・・。この月曜日から・・・熱っぽい“偏頭痛”が続き首筋が張った感じ・・・“風邪”をひいたようで・・・“流行性感冒”か?と思いきや“扁桃腺”が腫れるほどではなく“葛根湯”入りの顆粒薬でなんとか良くなったようです・・・。

c0001578_150462.jpgやっと飲める“体調”?と思える気分になって酒屋に寄って帰宅すると・・・子供達が食べ終わった直後・・・どうも今夜は、女房殿の味付け“焼そば”と冷凍モノの“たこ焼”・・・。

女房殿は「今日は買物に出なかったので“手抜き”しました・・・」と正直に言ってましたが・・・オヤジは何故か“嬉しい手抜き”に思えるのでした・・・(笑)。

「飲みながら喰うにはエエわい・・・こりゃぁ~、お湯割りじゃ・・・」とこちらも正直に食卓にドスンと・・・買ったばかりの5合瓶を・・・(爆)。

ドスンと置いた麦焼酎は『むぎゅ』・・・宮崎県境となる旧直川村(現佐伯市直川)の二条麦“ニシノホシ”の味わいを・・・地元の“ぶんご銘醸”謹製でという・・・生粋の“大分麦焼酎”・・・。“お湯割り”の準備をしている間に瓶が“結露”するという今日の“冷たさ”を物語る現象を観察しながら・・・ポットから小振りの湯飲みにお湯を注ぎ開栓した麦焼酎を5:5で熱くしたつもりですが・・・それでも“ぬる燗”のような感じ・・・。

期待したとおり精緻で爽やかなキレのある辛口・・・口中で転がすと鼻抜けの“吟麗”な香気と・・・“ほんのり”とした温かさの中で甘みがのっかったドライな旨味・・・喉越しを過ぎて尚、その“吟燗”を余韻に印象付けるこの口あたりは・・・この蔵の“十八番”を遍くご披露いただいていると謂わんばかりで・・・「ぶんご太郎」のように実に見事です・・・。

いやぁ~・・・この麦焼酎は、地元“焼酎飲みのプロんし”の笑顔が映る飲み飽きない旨さ・・・だからこそ“地のモン(者)”だけに飲ませるには、あまりにも惜しい味わい・・・よっしゃ~ぁ!今夜からは・・・毎晩、こんオヤジも“プロんし”に負けんごつ・・・飲んじゃぁ~る!・・・。酔っぱろうて“風邪”ひかん程度に・・・(笑)。

■ 「むぎゅ」(ぶんご銘醸:佐伯市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 爽やかな微香、口中に広がる麗しい辛口のキレと吟醸のシャープな放香に包まれる旨さを持った口あたりの淡麗タイプ。ほのかな甘みの奥に秘めた余韻のアルコール感が心地よい美品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!を頂戴し・・・ありがたいことに一時的にはトップ20以内にランクインすることができました・・・ありがとうございました。ですが・・・現在は、またもや50位圏外ですので、これからも・・・ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、まあ、応援してやろうかぁ~”とか“善意”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。“都合のいいお願い”ですが・・・よろしく・・・。

More “焼そばカルボナーラ”と“煮込みとうがらし”マヨネーズ・・・
by project-beppin | 2008-02-14 01:57 | 大分麦焼酎
“太い”旨さの醸しコク・・・「本醸造 八海山」
昨日(3日)の別府は・・・心配された“寒雨”ではなく“強風”の中での“別大マラソン”となって・・・地元大分市出身の“伏兵”・・・“足立知弥”(旭化成)が“初マラソン初優勝”の偉業・・・12分を切るタイムもあのレースなら、立派・・・おめでとう!・・・。

c0001578_221031.jpg我が家では・・・“沿道応援”していたのは、友だちと出かけた次男坊だけ・・・長男坊も女房殿もこのオヤジも、皆“所用”で・・・残念ながら直接“紙旗”を振っての応援はできませんでした・・・。

夕食時、次男坊の話を聞きながら・・・先ずは“鰈煮付”に合わせて飲むのは・・・「本醸造 八海山」・・・ストーブに載せた鍋にアルミタンポで“ぬる燗”湯煎・・・そこから注いだ陶盃の“一杯”が体を温めます・・・。

新潟の“有名処”の“本醸造”・・・とある“新年会”で封を切ったものの・・・清酒を飲む方々が少なくて7合ほど残った一升瓶が回りまわって我が家へと・・・(笑)。

ありがたく“ぬる燗”で戴いてみましたが・・・一口めに、醸し麹の甘旨味と酸度のコクに“太さ”があって・・・口中ではゆるりとその味わいが伸びて・・・喉越しでは、頃合いの好いキレが味わえる旨さ・・・“すっきり系”の“吟醸酒”とは“趣”を異にする正に“本醸造”たる風格・・・。

これこそが・・・新潟の地元オイさん達が語っている「八海山」の“原味覚”ではないでしょうか?・・・酒質が“重たい”のではなく、“太い”という醸しコク・・・なんとも頼もしい旨さです・・・。

味わいながら手酌酒を楽しんでいるオヤジの目の前で・・・なんと!“煮付”用の“料理酒”代わりに(この清酒を)使ったと・・・さらりと女房殿が言いました・・・(爆)。

そして、この後“恵方巻”と“豆”で・・・我が家の“節分”を愉しみました・・・(満腹)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!を頂戴し・・・ありがたいことに一時的にはトップ20以内にランクインすることができました・・・ありがとうございました。ですが・・・現在は、またもや50位圏外ですので、これからも・・・ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、まあ、応援してやろうかぁ~”とか“善意”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。“都合のいいお願い”ですが・・・よろしく・・・。

More “鰈煮付”、“恵方巻”と・・・“節分豆”
by project-beppin | 2008-02-04 02:52 | 異郷酒晩酌伝