タグ:果樹 ( 7 ) タグの人気記事
豊後歳時記・・・“柚子”実るころ
由布市庄内町から始まる広域農道“奥豊後グリーンロード”に入ってすぐ・・・道沿いに実る果樹を見つけて車を停めました・・・。

c0001578_224795.jpg豊後の“香酸柑橘=シトラス”といえば・・・“カボス”と“ユズ”・・・。

露地モノは、“香母酢=カボス”が8月末から10月末頃までで・・・11月になれば、この少し大ぶりな黄色い玉生りが目立ち始めます・・・“蜜柑=ミカン”より大きく、“八朔=ハッサク”より小さい鮮明な黄色・・・そう、秋の深まりとともに色づくこの“香酸柑橘”こそ“柚子=ユズ”です・・・。

このちょっと硬くごつごつした皮肌・・・“ユズ肌”なんていう喩えに用いられることもありますね・・・。しかし、これを乾かして粉粒にして香りを引き出すとは・・・すばらしく味覚を刺激する“香辛料”であると思います・・・。

大分の“柚子”は・・・露地に生っている時は皮“香”が匂い漂うほどではないのですが・・・“柚子こしょう”や“柚煉ようかん”で加工品として用いると独特の濃い皮“香”が冴える味わいを生み出します・・・。

“柚子こしょう”発祥の地とされる大分では・・・まだ、青い柚子皮のうちに青唐辛子と練るのが“青柚子こしょう”・・・このように黄色く熟した皮と赤唐辛子を練るのが“赤柚子こしょう”と・・・色味を楽しみながら使い分ける“香酸柑橘”でもあります・・・。老舗の“七味唐辛子”屋さんでも、“陳皮”の代わりにこの乾燥“柚子皮”を用いて“柚子七味”とするとか・・・。

“香り”は皮、“酸”は実・・・と言われるように、皮を除いた実の方は搾って果汁100%“柚子酢”にします・・・。この季節、一升瓶に“柚子酢”を貯える作業が行われていることでしょう・・・。

More “柚子”の実・・・
by project-beppin | 2007-11-24 02:37 | 大分の風土・行楽
♪小籠に摘んだぁはぁ~♪・・・桑の実
今夜は小雨で“梅雨の走り”?かと思わせるような天気でしたが・・・一昨日の日曜日(27日)は・・・中学校では“運動会”、各地の“川開き”や“山開き”の催事も行われ・・・35℃を越える“猛暑日”という“気象用語”が“初適用”となった大分県下(豊後大野市)・・・“麦刈り”や“田植え”の農繁期の方々には“猛暑お見舞”を申し上げたいぐらいでした・・・。

c0001578_23192714.jpgこの日の朝、知人からの電話・・・「くわんきにくわんみなっちょんき、ぜんぶくわんき、とりんきない」と・・・?。

はじめは、何の事を言ってるのか?・・・殆んどわかりませんでしたが・・・何度か聞き直しているうちに・・・「桑ん木に桑ん実生っちょんき、全部食わんき、採りん来ない」(桑の木に桑の実(が)生ってるから、全部(は)食べないから、採りに来なさい・・・の意)・・・と言ってることが(やっと)判明しました・・・(笑)。

“ではでは、お言葉に甘えて・・・”と採らせていただいたのが・・・この“桑の実”・・・。

元々は養蚕用の“桑の葉”を採っていた木だったらしいのですが・・・数十年前に野放し状態になって以来、大きくなった木だそうで・・・今では、毎年この時期に小さな房を“たわわ”に実らせるんだそうです・・・。

“黒紫”に熟し、表面に艶のある実房が食べ頃の甘さだそうで・・・“赤み”が残るうちは堅く甘みも少ないようで・・・しかし、逆に熟れ過ぎた実は、採ってる最中に指で潰れて手が紫色に染まります・・・(笑)。

摘み採りながらの“摘み食い”・・・熟したこの風味は、イチジクとブルベーリーが混ざったような淡麗な完熟風味の仄かな甘さが魅力です・・・。

大分では一般的に“クワんミ”ですが・・・調べてみると・・・地方によっては、川沿いの土手堤に植えられいた“桑”の木から名付けられて“ドドメ(土留め)”と云う方言で呼ばれることもあるらしく・・・つまり、“ドドメ色”とは“桑ん実色”ってことのようです・・・(知らんかった・・・)。

一昔前は、夕焼けを追いかけるように遊ぶ子供たちの“旬のおやつ”だったとのこと・・・今では“栄養成分や薬効”も注目され・・・もう一度、見直されているようですね・・・。

大分の旧朝地町では・・・“桑の実ソフト”というスイーツが味わえるようです・・・。

摘み採って持ち帰ったオヤジは・・・もちろん、“梅酒”をつくったことを思い出して・・・焼酎で自飲用“桑ん実酒”をつくろうかと・・・(笑)。

More ♪ やぁまぁ~の 畑のぉ・・・
by project-beppin | 2007-05-29 23:24 | 大分の風土・行楽
初冬の味覚を満喫・・・みかん狩り
先週末・・・一日かけて熊本県玉名市天水へ・・・次男坊が楽しみにしていた“みかん狩り”に家族で出かけました・・・。

c0001578_2103366.jpg次男坊は“みかん好き”ですが・・・みかん農園の光景は、はじめて・・・「これ全ぇ~部、みかんなん?(みかん なの?の意)」と・・・(笑)。

遠目に見ると濃緑の葉が茂る低木の“石垣段々畑”・・・見渡せる山の殆どがこの光景です・・・。
坂道を登りはじめると・・・徐々に緑に映える“橙色の点描”が目立ってきます・・・。

農園の受付で入園料を払って・・・早速、みかん果樹の中に分け入ると・・・
この季節の“熊本みかんの代表格”だという・・・“金峯温州”が鮮やかな橙色でたわわに実っています・・・。

それを手にとって・・・その色艶と大きさを“触感”で確かめながら・・・鋏で摘み取って、その場で食べるみかんの瑞々しい甘さと調った酸味は・・・確かに、美味しいです・・・。

この摘みたての瑞々しさを味わってしまうと・・・ついつい、いくつも摘み取ってネットにいっぱい入れてしまいます・・・(笑)。

次男坊は、高いところに手が届かず・・・果樹にもぐりこむように下の方を取ってますが・・・オヤジは、中段以上の陽当たりの好い枝に実るものを摘み取りながら・・・女房殿や次男坊と食べ比べたり・・・初冬の味覚を満喫しました・・・。

持ち帰ったこのみかんの橙色・・・我が家では、この冬の食卓を象徴する“味覚色”であり“団欒色”となっています・・・。

More 天水のみかん・・・
by project-beppin | 2006-12-10 02:15 | 旅先の風土・行楽
秋の“一熟”・・・無花果(いちじく)
この時期・・・初秋の“旬果”の“御裾分け”をいただきます・・・“無花果”(いちじく)・・・。

c0001578_18453652.jpg枝先で膨らむ果実は一枝に一つずつ熟す“一熟”から・・・“いちじく”と呼ばれるようになったという“帰化果樹”・・・。

“淡緑”の実が徐々に大きくなると“暗紅紫”の熟した実となって甘い匂いが漂います・・・。

その実を傷めないように軸元から折れば・・・乳白の樹液が涙のように溢れるさま・・・。
この時、この果樹の“生命”をいただいていることに気づいたりして・・・なぜか、樹液を指に付いたままにすると痒くなって・・・“罰(ばち)が当たらんように、ちゃんと食べよう”と子ども心に思ったりした記憶が甦ります・・・(笑)。

大分では・・・高崎山近くの“田ノ浦”や九州石油ドームに近い“松岡”などが産地です・・・。

More “熟甘さ”と“プツプツ感”・・・
by project-beppin | 2006-09-30 18:46 | 大分の風土・行楽
別府歳時記・・・さくらんぼ
好天に恵まれて始まったG.W.になりましたね・・・休日に近所を散歩・・・。

c0001578_9425564.jpg3月に早咲きの桜の花だと思っていた木・・・昨日見ると・・・赤々と“さくらんぼ”をつけていました・・・。

去年、撮影したあの“春告げ桜”は・・・実は“桜桃=さくらんぼ”の花だったと・・・。

春の花から実る果実・・・これから夏にかけて・・・“梅”や“”も、実が膨らみますね・・・。

私は・・・度数の高い焼酎(35°~)で・・・自飲用の果実酒をつくりたくなります・・・(笑)。
by project-beppin | 2006-04-30 09:44 | 大分の風土・行楽
里山の秋・・・毬栗
涼しい朝・・・日中は、見上げれば“ウロコ雲”・・・。里山も・・・しっかり秋です・・・道際に生える自生の栗の木・・・ちゃんと“毬栗”をつけてました・・・。

c0001578_23504368.jpgこの毬栗から顔だす“栗”を見ると・・・「梅栗植えて、ハワイに行こう!」・・・を思い出します・・・。

山村であった大山町(現日田市大山町)が・・・棚田の耕地作物から・・・土地収益性の高い果樹作物への転換をめざし・・・その時に、梅とともに代表的な果樹だったのが・・・この栗でした・・・。

単なる梅と栗の出荷から・・・30年をかけて・・・市場価格に左右されることのない・・・梅干しや栗菓子などの農産加工食品を生産・・・その後・・・「一村一品運動」の象徴として・・・農協が都会(福岡)にアンテナショップを持つという・・・“生産し、加工し、販売する”高次元農業経営で成功・・・。今は・・・レストラン経営も・・・。

そんな大山町ですが・・・今では、梅加工品で大成功して・・・“なんとなくクリスタル(栗廃る)”・・・なんです・・・(お粗末!!!)。

More “栗スイーツ”ならば・・・
by project-beppin | 2005-09-28 00:09 | 大分の風土・行楽
秋の味覚を楽しむ・・・ぶどう狩り
秋晴れに恵まれた三連休・・・部活に励む長男坊を除き・・・家族で“秋の行楽”をと・・・福岡県杷木町で・・・“ぶどう狩り”・・・。

c0001578_1335270.jpgぶどう農園で鋏と篭を借りて・・・ぶどう棚の中へ・・・袋をかぶった“巨峰”を少しめくって・・・色づき具合を確かめて・・・黒紫に濃く色づいた大粒の房を選びます・・・。

「僕が、見つけて、切るけんな・・・」と・・・次男坊が主導権を握ります・・・まあ、いいでしょ・・・。
なかなか、決まらないと思いきや・・・すぐに「これ、大きくてきれいやろ~」と・・・確かに・・・思ったより大粒で、艶もよく・・・袋をはずして・・・摘みとる前の記念撮影・・・。

5房ほどを収穫して・・・1,300円程度・・・摘みとった直後に・・・農園内で食べる“収穫の旨さ”は・・・これまた、格別ですね・・・。“秋の味覚”・・・これから、さまざまに楽しめますね・・・。

More ぶどう棚と“巨峰ソフト”
by project-beppin | 2005-09-26 01:35 | 旅先の風土・行楽