タグ:温麺・冷麺 ( 8 ) タグの人気記事
“薄味”の“涼味”スープに“細角麺”・・・かねだ「冷麺」
韓流焼肉店では・・・どうしても気になるのが、この“冷麺”・・・どんな“涼”麺感が味わえるかがもう一つの愉しみなんです・・・。

c0001578_024287.jpgあえて刻むほどの“冷麺”ではないのでは?・・・という方もいらっしゃるかもしれませんね・・・。

別府での“温麺・冷麺”は・・・“現圧”の“太丸麺”至上主義だと・・・“きりん亭”、“胡月”、“六盛”、“アリラン”、“大陸ラーメン”等の“専門店”というのが“ノーマル”でしょうが・・・。

しかし・・・この“細麺”一派も、なかなかどうして・・・個性的な“盛付け”と“スープ”と“麺食感”が味わえるんですな・・・例えば“モランボン”と此処「かねだ」でも違いますから・・・。

氷の浮かぶあっさりした“薄味”スープ・・・旨味があるダシもスッキリと冷たくて“涼味”・・・“細角麺”の“麺弾力”の噛み応えのある食感に“錦糸卵”、“薄切り人参”、“キムチ”、“胡瓜”、“刻み海苔”、“胡麻”の絡み具合がアクセント・・・。

焼肉の“脂”旨さに馴染んだ口中を“クールダウン”してくれるような・・・“邪魔”にならない“すっきり”した風味ですね・・・。

■ 冷麺:かねだ/別府市石垣東

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 氷解する旨味に・・・“クニュ”麺・・・
by project-beppin | 2009-07-12 00:55 | 美食の街
清らかスープとキムチの辛味・・・アリラン「冷麺」
車のボンネットは“熱い”・・・仕事場は“暑い”・・・田植えが終って晴れると・・・もう夏の日差しですね・・・。あと一ヶ月もすると“入道雲”かと・・・そんな天気でした・・・。

c0001578_291994.jpg別府の隠れた“麺食名物”・・・“だんご汁”でもなく“やせうま”でもなく・・・“和風ちゃんぽん”でもない麺食と言えば・・・“現圧麺”の「冷麺」、「温麺」・・・だと、勝手に思っている私・・・(笑)。

これまでに・・・“きりん亭”、“胡月”、“六盛”、“大陸”、“モランボン”と・・・それなりに食べてはいるんですが・・・ジミー荒川さんのHP“現圧冷麺”でも採り上げられた・・・もうひとつの“別府冷麺”を食べてみました・・・。

F.C.チェーンの焼肉“亜李蘭”とは違って・・・別府では老舗の“焼肉”名店でもある・・・“アリラン”の「冷麺」・・・。

中央に積み重なる“具”は・・・一番下が“キムチ”で、その上に“冷チャーシュー”・・・そして“錦糸卵”に“葱”と“白胡麻”・・・。

清らかに澄みわたるスープは・・・あっさりした“透明感”があります・・・スッキリした口あたりの・・・涼しいコク冷たさが絶妙です・・・。

ご自慢の“現圧麺”は・・・ご覧のとおり、この艶やかな“透明感”ですので・・・麺の中に入る“蕎麦粉”が少ないことがわかります・・・。
麺のコシというか“麺弾性”は・・・噛み切れるタイプのムチムチ感・・・。

スープも麺も・・・スッキリ、アッサリが身上の清らかな味わいは・・・焼肉と一緒に食しても・・・焼肉の“脂っこさ”を清めるようです・・・。

焼肉は・・・“タン”と“マクミ”・・・どちらも軽く“塩ダレ”に潜らせて・・・。
(仕事帰りなので、飲めなかったんですが)・・・これには・・・プレーンな甲類の“酎ハイ”がほしかったっす・・・(笑)。

■冷麺:焼肉 アリラン/別府市北浜 (海門寺公園隣)

More 重なる“具”を崩せば・・・
by project-beppin | 2006-06-20 02:10 | 美食の街
“代替り”して受け継ぐ・・・大陸ラーメン「温麺セット」
とある日曜日・・・女房殿と駅前に出かけた時に・・・10年ぶりぐらいで・・・“大陸ラーメン”に・・・。

c0001578_11428.jpg実は・・・今では別府の「冷麺/温麺」の特徴である・・・“太麺”で“キャベツ・キムチ”に“酢っぱ醤油スープ”の“元祖”こそ・・・この店の創業者なんです・・・。

その“元祖”の味わいからは・・・“少し変わった”との評判でしたので・・・久しぶりに、その味わいを確かめてみたくなったというのが・・・本音です・・・(笑)。

迷わず・・・「温麺セット」・・・“温麺”と“焼きめし”のセット・・・。
“焼きめし”は、“高菜”や“キムチ”などが選べるので・・・私は“キムチ・焼きめし”を注文・・・。

本題の“元祖・温麺”ですが・・・やっぱり、少し変わってました・・・。

トッピングは・・・昔ながらの“キャベツ・キムチ”、“もやし”、“玉子”、“テール・チャーシュー”、“葱”・・・その昔は“海苔”は無かったんじゃないかなぁ?(この辺の記憶が曖昧です・・・)。
“太麺”は・・・“元祖”の変わらぬ感じがしますが・・・“スープ”の芯となる味わいにあったはずの“まろやかな酸っぱさ”が薄れて・・・“醤油コクスープ”っ気が・・・はっきりしてきた感じ・・・。

私は・・・昔のような・・・あの“きりん亭”と“胡月”を足して割って、まとめたような味わいを記憶にとどめているんですが・・・どこか、あの頃の記憶にたどり着けないんです・・・残念なんですが・・・私には“原味覚”が・・・そちらにありますもんで・・・。

“代替り”して受け継ぐ“現圧麺”の味わいも・・・その時々の味わいになるものなんでしょうねぇ・・・。でも・・・この味わいも、これから年季が入ってくると・・・まとまってくるんでしょう・・・。

■温麺セット:大陸ラーメン/別府市北浜
by project-beppin | 2006-03-08 01:07 | 美食の街
旨口醤油スープが“和流”・・・胡月「温麺」
寒さも一段落していますが・・・やっぱり冬です・・・寒いと言えば寒いです・・・(笑)。仕事中に、焼餅で“善哉”をいただきました・・・正月らしい“甘味”でもあるんでしょうねぇ・・・。

c0001578_0303086.jpg“チェ・ジュウ見たぁ?”と・・・朝、出勤するなり話題になってました・・・昨日から始まったドラマ“輪舞曲(ロンド)”・・・そういやぁ、女房殿も見てました・・・(笑)。

それが、キッカケではないのですが・・・昼食に出かけるのは・・・“温麺でも喰うかぁ”の同僚の一言で・・・『胡月』へ・・・。

ここは、何を隠そう・・・別府の有名店・・・。“韓流”っぽい「温麺」らしさ・・・酢っぱさスープをイメージしていたら・・・ちと、違いますよ・・・。

テール肉、モヤシ、細葱、茹で玉子、白胡麻のトッピング。小皿でセパレートに出される・・・“キャベツ・キムチ”のスッパ辛さは・・・“シンプル・イズ・ベスト”。

麺は・・・“そば粉”も控えめな“現圧麺”・・・太くて麺弾力は“韓流”らしいコシを持つ歯応え・・・。ここまでは、さほど他店と変わらないのですが・・・この麺を引き立てる秘密のスープが魅力的です・・・。

コク醤油のさっぱりしたスープは・・・ここオリジナル・・・私は勝手に“韓流”ならぬ“和流”スープと呼んでいます・・・(笑)。
酢っぱさは控えめで・・・コク醤油が旨口の香りを放っていて・・・何んともはや・・・癖になります・・・嵌まれば、抜けれません・・・。

実は、私・・・このスープの大ファン!・・・。“温麺”も旨いし、“冷麺”も旨い・・・紹介したくないほどの“和流温麺”の老舗とだけお伝えしましょう・・・この味わいは伝えきれませんので・・・。

■温麺:胡月/別府市石垣東
by project-beppin | 2006-01-17 00:32 | 美食の街
クニュクニュの食感“フォー”・・・「お米冷麺」
原尻の滝を見た後に・・・食事をしようと・・・“原尻の滝”の前にある農産物直売所“愛菜果”で・・・緒方産ヒノヒカリ米でつくった米麺の中華冷麺を・・・「お米冷麺」・・・。

c0001578_1931330.jpg見た感じは・・・錦糸卵、胡瓜、ハム、茹でササミ、カニカマ、トマトでトッピングした・・・中華冷麺風ですが・・・具とタレとカラシをからませながら・・・素麺のような白い米麺と混ぜて・・・いただきます・・・。
この麺・・・箸でとり上げれば・・・伸びるような弾性があって・・・なるほど、ベトナムの“フォー”のような米麺のクニュクニュなもっちりシコシコ感が味わえます・・・。

麺自体は・・・透き通るような淡白であっさり・・・まさに和風“フォー麺”・・・。
タレは・・・典型的な中華冷麺の甘酢醤油タレ・・・カラシと絶妙のマッチングで・・・淡白な米麺と・・・歯ざわりの胡瓜やササミ・・・“ファンタスティック フォ~・・・”

ここで食べられるのは・・・4月から11月までらしいのですが・・・お持ち帰り用もありました。

■お米冷麺:愛菜果/豊後大野市緒方町
by project-beppin | 2005-09-24 19:32 | 美食の街
サッパリした酸味と太麺のコシ・・・きりん亭「冷麺」
盆を過ぎ・・・夜は幾分過ごしやすくなってきました・・・でも、昼は・・・まだ、何処かで涼みたいです・・・。“きりん亭”に・・・寄ろっと・・・。

c0001578_10225234.jpg涼しい昼食・・・脂っこくなく、サッパリしたスープで・・・麺類となると・・・やっぱり「冷麺」・・・でしょう。

別府の“伝統の冷麺”といえば・・・キャベツ・キムチ・・・テール・チャーシュー・・・玉子、葱、白胡麻・・・澄んだ冷たいスープに入った蕎麦粉の入った押し出し太麺・・・見た目も涼麗です。

スープは・・・サッパリしたスープに円やかな酢の酸味がシンプルに旨いです・・・。
麺は・・・“噛む口内食感”の醍醐味・・・クニュッとしたコシを感じながら・・・最後には潔くプツンと切れる無骨さ・・・食べなれると癖になる食感の麺です・・・。

あまり辛くないキャベツは・・・噛んでも酸味がしっかり・・・その後に甘味もしっかり。
硬く締まったテール・チャーシュー・・・赤身の筋肉繊維質感とミネラルっぽさの旨み・・・。玉子は・・・酸味を中和するようで・・・冷たいスープを啜ると白胡麻と葱が喉を擽ります・・・。

実にサッパリとしていて・・・旨い!!! オヤジは・・・残りスープで、白飯を流し込むのも・・・エエンでないかぇ~!!!

■冷麺:きりん亭/別府市餅ケ浜町
by project-beppin | 2005-08-22 23:08 | 美食の街
葱の香とともに味わう温麺・・・六盛「ネギ温麺」

今日は、家族で・・・「六盛」(ろくせい)に行ってきました・・・麺食の外食。

c0001578_22243914.jpg別府の隠れた名物・・・“温麺”の葱トッピング版・・・「ネギ温麺」

ここは、刻み青葱をスープ表面を覆うほど入れた上に、白髭葱をトッピングという手の込みよう・・・。この2種類の葱が味わいを広げてくれます。
別皿の“キャベツキムチ”を浮かべると唐辛子の旨辛さとキャベツの酸っぱさが絶妙です。(私は、必ず・・・浮かべま~す!)
葱の下には、大きめの赤身肉チャーシューが3枚・・・これがまた、コクのある肉質・・・。
そして・・・メインの麺こそが・・・そば粉の黒さが混じる太麺・・・これぞ温麺の王道。

モランボン”の細麺もいいですが・・・この太いそば粉麺がポピュラーなんです。
スープも最高!・・・すっぱさより品のいい旨味が葱の香を包み込むような美味。

太麺に絡む刻み青葱・・・白髭葱のシャキシャキ感・・・スープを最後まで飲んでしまっても・・・ついつい・・・箸で葱を集めてしまうほど・・・私のお気に入りなんです。

■ネギ温麺:六盛(ろくせい)/別府市松原町
by project-beppin | 2005-03-19 22:32 | 美食の街
韓流でからだもホカホカ・・・モランボン「温麺」
今朝は寒いではなく・・・冷たい!でした。雪でうっすら真っ白・・・凍りました、滑りました・・・。お弁当屋さんもお休みです。

c0001578_1241787.jpgこんな日こそ、体ごと温まる健康的な昼食にしたいもの・・・モランボンの『温麺』

あったか~い湯気も漂って運ばれてきました。
ここの麺は、別府で一番細いのですが、噛み締めるとやわらかい弾力も蕎麦の風味も絶品です。
海苔の風味と香りも混じりながら・・・スッキリと味わいの整った清らかなスープは、熱すぎず飲んでもまろやかな旨みがあります。
キムチはおとなしい酸味で甘みがしっかりして美味しいですねぇ・・・徐々にスープに溶け込むその辛味も清楚。ついつい・・・スープを飲み干してしまいました。旨いっ!

温まりましたし、頭も冴えたようです・・・オヤジができる“冬の昼食健康法”なんてね。

この“温麺・冷麺”・・・専門店もいくつかありますし・・・別府の隠れた名物かもしれませんねぇ。

■温麺:モランボン/別府市東荘園町
by project-beppin | 2005-02-02 22:38 | 美食の街