タグ:熊本県 ( 12 ) タグの人気記事
金沢で米焼酎と九州鶏に出会う・・・「川辺」と炭火焼鳥“あら竹”
“東山”界隈を離れ・・・女房殿の親族や兄弟と合流し、“再会の晩餐”へと出かけました・・・。

c0001578_6285065.jpg金沢の繁華街“片町”から“犀川”縁へと向かった裏路地の飲食街・・・路に面して張り出すような間口に白い暖簾の焼き鳥屋・・・炭火焼鳥“あら竹”・・・。

「みんなぁ、無事到着して、飲みたいやろし~ぃ、子供達もぉ、食べたいやろから・・・」と・・・“貸切予約”をしておいてくれた店へ・・・老若男女、総勢10人でなだれ込みます・・・(笑)。

店内は、5人掛けほどのカウンターと座卓テーブルが4人掛け2台ほどの小さな店です・・・。

座って、生ジョッキで乾杯して・・・各種の串を順に“おまかせ”で焼いてもらったんですが・・・これが、どれをとっても“めっちゃ旨!!!”・・・瞠目と垂涎が同時に訪れる旨さ・・・集まった皆が声を揃えます・・・「うっ、旨っ」とか、「おいしいぃ~」とか・・・(笑)。

“手羽”、“とり皮”、“つくね”、“砂ズリ”、“ねぎま”、“上しろ”、“レバー”などなど・・・串に刺してあるから確かに焼き鳥ですし、オーソドックスなネタなんですが・・・その鶏の肉質といい、下味といい、焼き加減といい・・・正に絶品!・・・“グリル”と“ソテー”の食感を併せ持つ“串焼きディナー”のフルコースといった方が好いかも・・・。

これには“脱帽”・・・若く見える店主に「この鶏は、旨いなぁ~」と声をかけると・・・「ありがとうございます・・・」と応えて・・・真剣に黙々と焼いています・・・。

生ジョッキを空けそうになる前に・・・早速、焼酎“ロック”に切り替えようと焼酎銘柄を物色・・・ちょっとこだわった銘柄も充実していて・・・目に留まったのが、球磨の米焼酎『川辺』・・・。

この米焼酎・・・米のもつ清らかな吟香に・・・口中を包む円みのある甘みが優しい味わいで・・・澄み渡るコクの旨口に真っ直ぐなキレと米の香りを漂わせていて・・・あと口も穏やかに余韻が楽しめます・・・。

こんな絶品焼き鳥には・・・すっきりと清らかな米焼酎も・・・よく合います・・・。

その後・・・なんと!この肉質の鶏肉は、九州産であると聞いて・・・またまた、びっくり・・・。

この金沢の地で・・・まさか、米焼酎と九州鶏の旨さを再発見しようとは・・・焼き鳥の“美味求真”・・・思い出すだけでまた食べたくなります・・・(笑)。

■ 「川辺」(繊月酒造:熊本県人吉市/減圧:米・米麹)25度

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 絶品串焼きと焼酎へのこだわり・・・
by project-beppin | 2007-08-07 06:41 | 隣人の焼酎・泡盛
肥後の正調“お屠蘇”酒・・・「赤酒」
昨日までの“温い(ぬるい) 雨”が上がっても・・・例年に比べると暖かな“年の瀬”ですね・・・。今朝も、“冷え込み”とは呼べないような穏やかな天候でしたが・・・明日は、例年並みでしょうか・・・天気予報も“雪マーク”・・・。

c0001578_259217.jpg昨夜、帰り着くなり女房殿が・・・「ご近所の○○さんが作ったからって、ほらっ、これ戴いた・・・」と・・・小皿に取り分けた“田つくり(ごまめ)”を見せてくれました・・・。

“年の瀬”を段取り好く“正月”に備えるご近所の方らしい・・・お心遣い・・・。
ありがたく“晩酌のアテ”にしようと思ったのですが・・・それならば!と思って“お屠蘇”酒を一足早く試飲することにしました・・・肥後(熊本)の正調“お屠蘇”酒アルコール度数12°の「赤酒(あかざけ)」・・・。

「赤酒」・・・大分では食料品売り場の“調味料酒”のコーナーで見かけますが・・・実は、歴(れっき)とした古代酒“灰持酒(あくもちしゅ)”の正統派を受け継ぐ・・・熊本の“御国酒=伝統酒”で・・・正月の“お屠蘇”となる“祝酒”でもあると・・・。

熊本式 “お屠蘇”とは・・・この「赤酒」に“屠蘇散”と呼ばれる“生薬”・・・肉桂(にっけい)、防風(ぼうふう)、蜀椒(しょくしょ) 、桔梗(ききょう)、白朮(びゃくじゅつ)、陳皮(ちんぴ) ・・・を前日(大晦日)浸しておくのだそうです・・・。

ということで・・・この時節は、このように“屠蘇散”袋も同梱されている山鹿市の千代の園酒造『極上 赤酒』で・・・熊本式 “お屠蘇”を模擬体験・・・昨夜、浸けておいた“屠蘇散”袋を取り出し・・・グラスに注いで、もちろん“生”のまま一杯・・・(本来は“お屠蘇”ですから、こんな風には飲まないのでしょうが・・・笑)。

ほう、ほう・・・注いだ時に感じる“トロみ”のある淡黄褐色の酒液・・・フム、フム・・・“生薬”由来の香りは、仄かながら複雑です・・・。

クイッと飲めば・・・全体を覆うようなマッタリと滑らかな甘味の舌触りが主体となって・・・続いて“アルカリ”っぽい苦辛さに・・・“生薬”の“肉桂(ニッキ)”風味が重なって鼻腔に抜けてゆく後味 ・・・例えれば、本醸造の“味醂”の尖った感じが取り除かれた円やかな“漢方酒”とでも謂えばイメージがお分かりいただけるかと・・・。

なるほど・・・古式ゆかしき由緒ある“お屠蘇”の本義・・・“鬼神・邪気”を祓い一年の“無病息災”、“一家長寿”を願う薬酒・・・これまで、“お屠蘇”も“般若湯”もなんら変わらぬ“清酒”だと思い込んでいた無教養に簡略化した“正月儀礼”を見直さなくてはと・・・急に“畏(かしこ)” まるオヤジでありました・・・(笑)。

ご近所から戴いたこの“田つくり(ごまめ)”も美味しく・・・“年の瀬”に“お節”気分の試飲晩酌でした・・・。

More 「赤酒」“お屠蘇”と“田つくり(ごまめ)”・・・
by project-beppin | 2006-12-27 23:59 | 異郷酒晩酌伝
初冬の味覚を満喫・・・みかん狩り
先週末・・・一日かけて熊本県玉名市天水へ・・・次男坊が楽しみにしていた“みかん狩り”に家族で出かけました・・・。

c0001578_2103366.jpg次男坊は“みかん好き”ですが・・・みかん農園の光景は、はじめて・・・「これ全ぇ~部、みかんなん?(みかん なの?の意)」と・・・(笑)。

遠目に見ると濃緑の葉が茂る低木の“石垣段々畑”・・・見渡せる山の殆どがこの光景です・・・。
坂道を登りはじめると・・・徐々に緑に映える“橙色の点描”が目立ってきます・・・。

農園の受付で入園料を払って・・・早速、みかん果樹の中に分け入ると・・・
この季節の“熊本みかんの代表格”だという・・・“金峯温州”が鮮やかな橙色でたわわに実っています・・・。

それを手にとって・・・その色艶と大きさを“触感”で確かめながら・・・鋏で摘み取って、その場で食べるみかんの瑞々しい甘さと調った酸味は・・・確かに、美味しいです・・・。

この摘みたての瑞々しさを味わってしまうと・・・ついつい、いくつも摘み取ってネットにいっぱい入れてしまいます・・・(笑)。

次男坊は、高いところに手が届かず・・・果樹にもぐりこむように下の方を取ってますが・・・オヤジは、中段以上の陽当たりの好い枝に実るものを摘み取りながら・・・女房殿や次男坊と食べ比べたり・・・初冬の味覚を満喫しました・・・。

持ち帰ったこのみかんの橙色・・・我が家では、この冬の食卓を象徴する“味覚色”であり“団欒色”となっています・・・。

More 天水のみかん・・・
by project-beppin | 2006-12-10 02:15 | 旅先の風土・行楽
“阿蘇”の思い出を味わう・・・清酒「神の杉」と球磨焼酎「常圧 極楽」
二週間かけて・・・やっと“やまなみハイウェイ”シリーズのアップを終えました・・・。
この二週の間も・・・HAKUDOU師匠とコップ酒の“別府逍遥”・・・“だるまや”と“九丁目の八ちょう目”・・・はたまた、土曜日(21日)の“アジアの屋台”を堪能・・・。

c0001578_23221841.jpg皆様方何人かは・・・毎日、この拙文ブログを覘いてくださっているようで・・・その皆様方はモニターに向って“まだ、阿蘇かい?”と思われていたことでしょう(笑)・・・大変、申し訳ございませんでした・・・。

もちろん、自宅の晩酌では・・・“阿蘇山ロープウェイ”の売店でお土産に買った“ミニチュア瓶”と“ワンカップ”を楽しんでいました・・・。

この“旅の思い出の清酎混淆”という“揃い踏み”銘柄を・・・“門外漢”の“舌”で味わうことも・・・“日々是楽”ですな・・・。

More 「神の杉」と「常圧 極楽」・・・
by project-beppin | 2006-10-23 23:24 | 隣人の焼酎・泡盛
“やまなみハイウェイ”の旅景(エピローグ)・・・帰路の景
“黄昏”の“草千里ヶ浜”を発って・・・“阿蘇五岳”に別れを告げて・・・“やまなみハイウェイ”を帰路・・・一路“別府”へ・・・。


c0001578_23421637.jpg“草千里ヶ浜”の夕景は・・・“烏帽子岳”の稜線を尾根と谷のシルエットで浮かび上がらせて・・・立体的に迫ってきます・・・。

“たった一日の出来事”でしたが・・・あらためてその雄大な風景に感動した旅でした・・・。


↓ 150°のパノラマ・モンタージュ全景・・・(画像をクリックすると大きく別表示します。)
c0001578_23424365.jpg
往路で見た“昼景”とは・・・また違った表情を見せる山々の“夕夜景”・・・これも美しい・・・。

“黄昏”の“阿蘇五岳”・・・“外輪山”の向こうに霞む“くじゅう連山”・・・“十七夜”の“由布岳”・・・。

More “夕夜景”の名山・・・
by project-beppin | 2006-10-22 23:45 | 旅先の風土・行楽
“やまなみハイウェイ”の旅景(その4)・・・草千里の景
“中岳”火口からの展望を楽しむことはできませんでしたが・・・夕暮れの近づく“草千里”駐車場に車を止めて・・・この草原風景の中に溶け込んでみます・・・。

c0001578_23401284.jpgドライブインが建ち並ぶ駐車場から道路を横切り・・・“烏帽子岳”へ向って・・・窪地のような“草千里”の草原を歩く女房殿と次男坊・・・この自然の中では“ちっぽけな人”であっても・・・これが我が“家族”なんだと思った次第・・・。

実は・・・ここを最後に訪れたのには理由があって・・・次男坊のもう一つの“リクエスト”に応えるためでした・・・。

それは・・・“乗馬体験”でも“阿蘇火山博物館”でもなく・・・“キャッチボール”・・・(笑)。

More “草千里”で“キャッチボール”・・・
by project-beppin | 2006-10-21 23:44 | 旅先の風土・行楽
“球磨焼酎”揃い踏み・・・阿蘇山ロープウェイ売店
阿蘇“中岳”火口は見ることができませんでしたが・・・オヤジには驚きの“売店”の光景を見ることができました・・・。

c0001578_0374249.jpg“阿蘇山ロープウェイ”の売店を物色する中で・・・本能の如く売店の“お酒コーナー”に吸い寄せられるオヤジ・・・(笑)。

そこに・・・このディスプレイです・・・。

円卓上には105ml“ミニチュア瓶”・・・そうです・・・熊本が誇る“球磨焼酎”が約20銘柄・・・可愛くも“これでもか!”っと言わんばかりに・・・並んでいます・・・。

嬉しいじゃないですかぁ~・・・こういう“揃い踏み”・・・。
まるで・・・子供が駄菓子屋でお菓子を選ぶのを迷うかのように・・・“童心”に帰ってミニチュア瓶を順に手に取り眺めるオヤジ・・・そのうち、ニマニマしながら・・・“英世”2枚分8本を“大人買い”・・・(笑)。

奥の棚には・・・4~5合瓶の球磨焼酎が目白押し・・・あの「かめ仕込み 球磨の泉」、「常圧 極楽」などの憧れの銘柄や・・・珍酎スピリッツ50°「球磨火酎(くまほーちゅう)」などまで・・・こちらにも食指が動きましたが・・・(女房殿に睨まれ・・・)断念・・・。

道を挟んで反対側にあるお土産店にも・・・俗に言う「白 いつき」や「黒 いつき」なども・・・。

それと・・・阿蘇の“御神酒”と言えば・・・清酒「神の杉」・・・ワンカップなども・・・。

いやぁ~、これだけでも・・・ここまで来て“良かった”と思えましたが・・・この奥隣には“立ち飲みコーナー”まであるとは・・・さらに感服いたしました・・・。

More “立ち飲みコーナー”・・・
by project-beppin | 2006-10-20 00:45 | 旅先の風土・行楽
“やまなみハイウェイ”の旅景(その3)・・・草千里展望所と山上の景
R57号線を阿蘇駅前から・・・県道111号線となる“阿蘇登山道路 坊中線”を・・・牧草の草原を縫うように上って・・・“杵島岳”の山腹を越えれば・・・“草千里”を見下ろす展望所に出て・・・ひとときその眺めを楽しんで・・・“噴火口”のある“中岳”へと車を走らせます・・・。

c0001578_0504117.jpgこの日は・・・噴煙を上げている様子はなかったのですが・・・“阿蘇山ロープウェイ”の乗り場前の駐車場までで・・・火口は、火山ガスのため“立ち入り禁止”となっていました・・・(ちぇっ!)。

次男坊に・・・“生きてる地球”を垣間見る“噴火口”の迫力と大自然の雄大さを・・・感じとってほしかったんですが・・・残念でした・・・(笑)。

More それでも・・・阿蘇は阿蘇・・・
by project-beppin | 2006-10-19 00:56 | 旅先の風土・行楽
阿蘇で“動物”と遊ぶ・・・カドリー・ドミニオン
“阿蘇外輪山”を下って、R57号線に入り・・・まずは、次男坊の“リクエスト”を叶えようと・・・動物エンターテイメント・テーマパーク・・・“カドリー・ドミニオン”へ・・・。

c0001578_16545138.jpgお目当ては・・・テレビで見たチンパンジーの“パンくん”とブルドックの“ジェームズ”・・・“友情”を感じる“犬猿の仲”だそうで・・・(笑)。

ここは・・・一昔前まで“阿蘇くま牧場”という施設だったんですが・・・今は、遊園地でもなく、動物園でもなく・・・身近な動物達と触れ合えるアナログな“動物村”と行った感じで・・・楽しめます・・・。

園内には・・・飼い犬を連れて入って“ドッグラン”を楽しめるスペースがあったり・・・動物のショーを見て、小動物たちに触れて、世界中の熊たちに餌をやって・・・。

次男坊は「パンくんとジェームズは利口やなぁ・・・」と・・・“みやざわ劇場”で見たステージが印象深かったようです・・・。

More 園内は・・・
by project-beppin | 2006-10-15 17:05 | 旅先の風土・行楽
“豊満”な味わいの奥行き・・・「熊本城」
昨日21日(金)・・・“梅雨前線”の停滞と“大雨”の日々・・・鬱陶しい気分を一掃しようと・・・昼休みに“うな重弁当”を買いに出たのですが・・・人が多くて、注文して20分以上かかりました・・・。

 ♪ 雨にぃ~ぬれなが~ら たたずぅむ 人がいるぅ~
   傘の~花が咲くぅ~ “土用”ぉの 昼さがりぃ~ ♪ (三善英史:・・・の替歌)

c0001578_235910.jpg結局・・・“早く(職場に)戻らないと”と焦りながら、車に駆け込もうとして・・・滑って転ぶ始末・・・(笑)。

♪ 約束した
  時間だけど
  体が
  擦り剥けるぅ~

 道行く人はぁ
  誰一人もぉ~
 見向きも
  しなぁい~ ♪

そんな破目に会いながらも・・・週末の仕事を片付けて帰宅・・・。

既に夕食を終えて、くつろいでいる愚息たちは・・・この日が“夏休み”初日・・・。
そんな愚息たちに・・・「オマエたちゃぁ 良いのぅ~」と大人げなく声をかけながら・・・食卓を見ると・・・“豆腐ステーキ”と“野菜天”にもう一品・・・“馬刺し”が・・・(ニマッ)。

実は・・・女房殿に“ボーナス謝恩”という名目で“おねだり”していたのがこの“馬刺し”・・・(笑)。というのも・・・“来別”したYouさんから頂戴した球磨焼酎『熊本城』に合わせて・・・“晩酌”を楽しむためでした・・・。

「熊本城」・・・常圧蒸留の米焼酎「極楽」の原酒を樽貯蔵した味わいをベースに定番の「極楽」を加えた“Composite Flavor”・・・Youさんお薦めの“逸品”・・・。

なんといっても“ストレート”で・・・まずは、その深き味わいを・・・。
鼻に近づけて嗅げば・・・甘みを伴う仄かな“バニラ香”・・・常圧の米焼酎が持つ円くて厚みのある旨味がしっかりしています・・・。
樽の味わいの奥にあるガツンとした響きを持ったアルコール感は・・・“豊満”なホロ苦さに重なる深い甘旨さが“核心”です・・・。

氷が解けかけた“ロック”も・・・冷たさの中に甘苦味の“Cask Taste”があって・・・味わいが崩れないほどの“奥行き”があります・・・確かに樽モノの“横綱級”ですね・・・(Youさん・・・!)。

■「熊本城」(林酒造場:熊本県球磨郡湯前町/常圧:米・米麹)35度

More “馬刺し”の“ねっとり”旨味・・・
by project-beppin | 2006-07-22 23:07 | 隣人の焼酎・泡盛