タグ:玖珠・九重 ( 33 ) タグの人気記事
“黒毛和牛”ステーキと・・・「天華伝承(てんがのつたえ)」
“冷え込んだ”と言っても“平年並み”・・・天気の好い一日・・・“年の瀬”の帰省も始まったようで・・・R10号線も大分方面へ向う“下り”がいつもより混雑気味に感じました・・・。

“黒毛和牛”ステーキと・・・「天華伝承(てんがのつたえ)」_c0001578_4223436.jpg夕方、G.S.で我が愛車のメンテナンスを済ませて帰宅すると・・・先日の“クリスマス・ハプニング”で“おあずけ”となっていた“ご馳走”・・・県産“黒毛和牛”の“ステーキ”を焼くとのこと・・・。

長男坊も合宿から戻り、次男坊もすっかり健康回復・・・次男坊曰く“食欲旺盛”だそうで・・・何度も、解凍中の肉を眺めたり触ったりして待ちきれない様子・・・(笑)。

クリスマスなら、オヤジ(私)が焼くのが恒例なのですが・・・今夜は女房殿が焼くとのことで・・・オヤジは、滞りなく晩酌の準備・・・。
今年を締めくくる開封は・・・『天華伝承(てんがのつたえ)』を6:4の“お湯割り”・・・。

湯気に宿るアルコール感が穏やかに匂いたち・・・口元でドライな香りを発しながらグビリと飲めば・・・柔らかく伸びるような甘旨さに・・・鼻腔へと抜ける吟麗な風味と辛口の舌触り・・・喉越しに痺れるような余韻が続きシンプルな残響を味わう旨さ・・・。

「童話の里」=「むぎ亀」に通じるドライな甘みに・・・長期貯蔵の“古慣れた”落ち着きが加わった印象が残ります・・・。

ニンニク油の香味が効いた“ステーキ”ソースや肉本来の旨さはそのままで・・・口中の油っぽさだけを拭ってくれるような“お湯割り”というのも・・・嬉しいじゃないですか・・・。

■「天華伝承」(亀の井酒造:玖珠郡/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 穏やかに匂いたつドライ・フレーバー、吟麗な風味と辛口の舌触りに、柔らかく伸びるような甘旨さの落ち着きを持った淡麗タイプ。喉越しのアルコール感に痺れるような余韻が続く良品。

More “ステーキ”と“アンチョビー・サラダ”と“黄かぼす”・・・
by project-beppin | 2006-12-29 23:58 | 大分麦焼酎
コク旨さの奥行き・・・濃麗「亀の井 山廃仕込み 本醸造」
稲穂が頭(こうべ)を垂れ、刈り獲りも最盛期・・・秋の陽射しが“金色の天幕”のような“はざ干し”風景を照らしています・・・。“収穫の秋”・・・“軽トラ”と“麦藁帽子”が遅くまで動く遠景を見ているだけのオヤジは・・・“申し訳ない”と思ってしまいます・・・・。

コク旨さの奥行き・・・濃麗「亀の井 山廃仕込み 本醸造」_c0001578_173326.jpg少し“肌寒い”くらいの夜風を感じる今夜・・・久しぶりに“鍋”を食卓にセットして・・・“水炊き豚しゃぶ”・・・。

“豚しゃぶ”には・・・なぜか?“清酒”に食指が動きます・・・(笑)。

前に飲んだのが・・・“昔生もと造り”純米酒「出羽の雫」でしたから・・・今夜は、地酒の“生もと系”・・・濃さの奥行きと広がる味わいの幅が味わいたくて・・・玖珠町の亀の井酒造『山廃仕込み 本醸造』を“冷や”で飲みます・・・。

“山廃仕込み”・・・“生もと系山卸廃止酒母仕込み”という・・・“乳酸”を人工的に添加せず、自然界の乳酸菌を“もと=酒母”の中に取り組むというもの・・・。

円く柔らかな甘い醸香・・・含んで、口中で広がる旨口の味わいの幅・・・喉越しは、素直に馴染む酸味に奥行きのコク・・・どっしりとコシの座った味わいというよりは・・・純朴な“余裕の旨口”・・・と言ったところでしょうか・・・。

More “水炊き豚しゃぶ”と・・・
by project-beppin | 2006-10-15 01:12 | 大分地霊の酒 ect.
“やまなみハイウェイ”の旅景(その1)・・・くじゅう連山北麓(飯田高原)の景
水分峠を経て・・・山下の池蛇越(じゃごし)展望所を通り過ぎ・・・杉並木の山肌を通り抜けて・・・高原風景に混じる“秋桜(コスモス)”と“芒(ススキ)”の遠景に見え始める“くじゅう連山”・・・。

“やまなみハイウェイ”の旅景(その1)・・・くじゅう連山北麓(飯田高原)の景_c0001578_953757.jpg“やまなみハイウェイ”らしく・・・九州の名峰を縫って走るこの道も・・・“高原ロード”の様相を呈してきます・・・。

この道を進むと展望所“朝日台”から・・・“くじゅう連山北麓”の標高1,000mの高原地帯・・・“飯田高原”と“長者原(ちょうじゃばる)”一帯が見渡せます・・・。

秋の“くじゅう”・・・これから高原の“金色の芒野”と山肌の“五色変化の紅葉”へと突入します・・・。

More “朝日台”から“長者原”へ・・・
by project-beppin | 2006-10-11 10:00 | 大分の風土・行楽
辛口のキレが冴える・・・辛醇「特別純米 八鹿」
昨夜・・・“台風接近”の報道を気にしながら・・・懐中電灯ほかの電池のチェックをする女房殿・・・。“嵐の前の静けさ”といった感じの夜・・・。

辛口のキレが冴える・・・辛醇「特別純米 八鹿」_c0001578_14425722.jpg「あんまり、たくさん飲みすぎないでよぉ~」・・・台風の直撃コースが北部九州となると・・・来るべき“備え”は・・・オヤジの“飲みシロ”にも影響します・・・。

昨夜は・・・“鯵フライ”にゆずポン酢をかけて・・・あとは“肉じゃが”と“冷奴”・・・。

チョットだけと言われれば・・・冷蔵庫の中から清酒“カップ酒”第2弾・・・『特別純米 八鹿』・・・。

ゆったりと漂う醸し香・・・舌先から喉もとへと過ぎてゆく旨さは正統派の淡辛口・・・コクが嫌味にならないうちに・・・滋味な辛旨さが味わいとなって・・・喉越しに冴えわたるキレを残しながら過ぎてゆきます・・・。

このあと・・・2階のバルコニーの“物干し竿”や“すのこ”を取り込んで・・・テレビで放映されていた映画版「電車男」を見ていました・・・。

(今17日(日)15時前ですが・・・上空の雲の流れはいつもと逆方向で早いですが・・・時より、雨が強く打ちつける感じ・・・風は、まだ強くありません・・・。)

More 「八鹿」とともに・・・
by project-beppin | 2006-09-17 14:44 | 大分地霊の酒 ect.
“ストレート & シングル”フレーバー・・・「銀座のすずめ 琥珀」
“9.11”から5年目の報道番組を見ながら・・・考えさせられました・・・。ABCのアンカーマン“ピーター・ジェニングス”氏の言葉・・・「ただ一つの“真実”というものはない」・・・「コインを手に取るとその“裏”まで見たくなるんです。」・・・。

“ストレート & シングル”フレーバー・・・「銀座のすずめ 琥珀」_c0001578_114279.jpgその言葉を・・・何処まで受け止めることができるか?・・・と、(自分自身に)問いかけてしまいます・・・。

そんな番組を見ながら・・・“肉・野菜炒め”をアテに・・・“開封”した“樽モノ”麦焼酎を飲み始めました・・・『銀座のすずめ 琥珀』・・・。

ショットグラスで“生”のまま・・・味わってから・・・グビグビ飲める“ソーダ割り”へと・・・。

“ストレート”な樽香・・・軽いようで味わい深さが感じ取れるシャープに放たれた匂い立ち・・・。

口に含めば・・・鼻腔へと拡散するナイーブな甘旨みとシャープなホロ苦さの“シングル”フレーバー・・・喉越しも、味わいの“奥行き”を楽しむとよりも・・・キレのいいスムースな“樽旨味”を楽しむ味わい・・・。

“ソーダ割り”では・・・“炭酸ナイズ”されたドライな爽快感を・・・。

この後にもう一杯・・・ショットグラスに氷を1個で“ショット・ロック”にしましたが・・・これが“正解”でした・・・淡く甘さが引き立ちます・・・。この樽貯蔵焼酎の“真骨頂”は・・・断然“ロック”でした・・・。

■「銀座のすずめ 琥珀」(八鹿酒造:玖珠郡九重町/減圧:麦・麦麹)25度・・・ウィスキータイプ
 軽快でストレートな樽香に潜む味わいは、ナイーブな甘旨みとシャープなホロ苦さが率直に味わえるウィスキータイプ。キレのいいスムースな旨味に甘さが引き立つロックがおススメの優品。

More 取り合わせが・・・
by project-beppin | 2006-09-12 01:02 | 大分麦焼酎
香りの美吟“グラッパ”・・・純粕取 「きじ車」
未明のW杯サッカー準決勝“ドイツ vs イタリア”は・・・凄まじかったですねぇ~・・・。“深夜族”化したオヤジは・・・早起きして見ようと思ってましたが・・・朝食時のニュースで知った次第・・・(笑)。

香りの美吟“グラッパ”・・・純粕取 「きじ車」_c0001578_23422049.jpg今日は、朝からの約束・・・夕方の定時に仕事を終えて・・・女房殿に頼まれた夕食の食材も・・・ちゃんと、買って帰ったのですが・・・。

もう一本提げて帰った“箱入り焼酎”・・・どうも・・・これが“オフサイド”でした・・・。

女房殿の指示以上に“(金額が)飛び出した”との判定・・・
 「ちょっと(お金を)多めに持たせたら・・・すぐ、焼酎買っちゃうんだもんっ・・・もぉぅ~、ダメッ!!!」

オヤジ・・・(懺悔のポーズで・・・)
 「久しぶりやけん、大目に見てよぉ~・・・。アンタんも、買ってきたけん・・・。」

・・・と、“甘夏とかぼす”の「カルピス フィーズ」を食卓に置くと・・・“悪意”のなかったことを感じていただいたようで・・・なんとか“レッド・カード”は免れました・・・(笑)。

夕食は・・・買出し食材の豚肉で作った“ポーク・ステーキ”・・・。

これには、堪らず・・・食後まで待ちきれずに“開封”・・・“生”のままグラスに注ぎます・・・。
“20年古酒”と呼んでもおかしくない長期貯蔵の“正調粕取”焼酎・・・『きじ車』・・・。

酒粕“グラッパ”と呼ぶに相応しい・・・華やかに解き放たれる35°の美吟香と・・・濃醇な吟醸粕のアルコール感は・・・このグラスに唇を近づけるだけで・・・豊かに漂っています・・・。

口に含めば・・・鼻腔へ抜けようとする美吟な“酒粕グラッパ”の風味が・・・舌先で重厚な“辛甘さ”を鮮明に響かせながら喉へと向います・・・。

磨いた清酒粕であるからこそ醸せる焼酎とは・・・大分の“清酒兼業蔵”ならでは・・・。
先鋭なキレで吟醸香味の冴える「吟醸 粕取り焼酎」よりも・・・深く、円いコクがあって・・・こなれた奥行きが光ります・・・。

郷土玩具“きじ車”の名を冠するに相応しい・・・正統な美味・・・。

■「きじ車」(八鹿酒造:玖珠郡九重町/常圧:酒粕)35度・・・正調粕取焼酎
 20年の歳月の眠りから覚め、華やかに解き放たれる美吟香と、濃醇に拡散する辛甘さとアルコール感が冴える粕取焼酎。響き渡る鮮明な喉ごしの奥に、深くも円くこなれた風格を漂わせる絶品。

More “ビンテージ”の“瓶提示”・・・
by project-beppin | 2006-07-05 23:45 | 豊後の粕取焼酎
“ナシカ!”の“酎上絵”・・・「原酒 なしか!」
朝には雨も上がって・・・陽射しも眩しい日中と蒸し暑さの残る夕方・・・。早めに、家に帰り着けば・・・鍵がかかっていて、誰もいない・・・。19時前になって、次男坊が遊び疲れて戻って来ました・・・。

“ナシカ!”の“酎上絵”・・・「原酒 なしか!」_c0001578_0232017.jpgそうです・・・今日から女房殿は“東京”・・・。我が家に残るは、オヤジと愚息ども・・・“野郎三匹”・・・(笑)。

張りきって“男子厨房”をと・・・“オヤジの手料理”の提案したところ・・・愚息どもから“大ブーイング”・・・。
次男坊 「遅くなるぅ~ 腹減ったぁ~」
長男坊 「不味かったら、食えんっちゃぁ~」

オヤジ 「じゃぁ、“吉牛”の“豚丼弁当”かぁ~?」

次男坊 「まぁ、いいよぉ~」 
長男坊 「まだ、(その方が)マシやし・・・」

チェッ・・・。そんなこんなで・・・“豚丼”、“お新香”、“味噌汁”・・・の夕食・・・。
食べ初めれば・・・(心の中では)三人とも・・・「たまには、うめぇ~なぁ」でした・・・(笑)。

さてと・・・洗濯物を取り込んで、宿題をさせて・・・愚息どもが風呂に入って・・・やっと“週末晩酌”・・・暑くなってきたので、“バンッ ズビッ バン!(Bounce with me Bounce!)”と・・・『原酒 なしか!』・・・。

アテは・・・コンビニの“牛蒡天”と・・・夕食の残りモノの“紅生姜”・・・。

“原酒 ロック”・・・ドライな減圧系でありながら、含んだ甘味が“ビヴィット”で・・・鼻腔へ広がる“全麹仕込み”のブレンドが醸す香味の拡散・・・まるで“シャンプー香料”のような鼻抜け・・・。

私には・・・氷に解けて馴染む液体の甘旨さより・・・不意を衝かれるようなこの“吟麗”香味が・・・何故か、もうひとつ馴染めないんです・・・特に“ロック”では・・・。

となれば・・・ドライ系のロックには“天下の宝刀”・・・“かぼす果汁”をタラ~リ・・・(笑)。

氷を振るように・・・軽くグラスごと“ステイ”して・・・“グビッ”っと飲めば・・・くぅ~、これです、これ・・・抜群に旨さが光る“豊後のDRY GIN”ってな感じ・・・痺れるほどシャープに響く旨さ・・・。

たぶん・・・他の“柑橘系果汁”や“焼酎用レモン”では・・・ここまで“ど真ん中”に来ないような“COOL”な風味です・・・。
これこそ、減圧の原酒らしいテイスト・・・“味覚中枢”に“バンッ ズビッ バン!”・・・“DJ OZMA”に飲ませたくなります・・・(爆)。

■「原酒 なしか!」(八鹿酒造:玖珠郡九重町/減圧:麦・麦麹)40度・・・ドライ濃醇タイプ
 クールでフレーバーなアルコール香を発し、全麹の甘味がビヴィットに口中で拡散して味わえる濃醇タイプ。痺れるようにシャープに響くドライなトロミを氷解しながら、キレまでクールな原酒の優品。

More “牛蒡天”・・・FRIDAY ナイト“ファイバー ”
by project-beppin | 2006-06-16 23:59 | 大分麦焼酎
爽麗で円やかな米旨み・・・「空河」
“出張”や“飲み会”もあって・・・週末が嬉しくなるような多忙な一週間でした・・・。何とか今夜は・・・家族と一緒に囲む食卓です・・・。

爽麗で円やかな米旨み・・・「空河」_c0001578_039551.jpg「ホタルを見に行こうか」と、話題を投げかけたものの・・・飲みたくなってしまって・・・(笑)。

ささ身の“フライ”をポン酢でいただきながら・・・蕗の“佃煮”や“酢煮”をアテに・・・黒麹の米焼酎『空河』を7:3の濃いめの“水割り”で・・・。

仄かな香りにふくらむような柔らかさがあって・・・口に含めば、ドライで黒麹らしい辛口な舌触りから・・・清らかに転がるような円い甘みが鼻腔と口中に緩やかに広がります・・・。

“水割り”ですから・・・甘みの円~い感じが米焼酎らしい“爽やか”で“麗か”な旨さがあって・・・蕗の“佃煮”で正解ですね・・・。

■「空河」(亀の井酒造:玖珠郡玖珠町/減圧:米・米麹)25度・・・米焼酎
 ふくらむような柔らかさを持つ仄かな香りとドライな黒麹らしさが光る米焼酎。口中で転がるような清らかな円い甘みが爽麗な味わいを奏でる優品。
by project-beppin | 2006-06-04 00:39 | 地焼酎(米 ect.)
白滝のすべり台・・・竜門の滝
空いた時間に・・・“曇天”の中をちょっと遠出・・・“豊後の滝”シリーズです・・・(笑)。

白滝のすべり台・・・竜門の滝_c0001578_011464.jpg玖珠I.C.を降りて・・・“案内板”に従って九重町方面へ・・・里山の懐深くへ向う感じで・・・山肌に沿って続く“道なりカーブ”を幾度も曲がって・・・滝近くの駐車場へ車を止めます・・・。

鎌倉時代に建立された“龍門寺”という寺院の境内を少し歩いて・・・眼下に「竜門の滝」を望みながら・・・整備された滝下に出ます・・・。

慈恩の滝”と同じく二段滝・・・違うのは、その大きさと・・・滝壷が上滝と下滝の間にあるということ・・・。

なだらかに続く下滝は・・・放射状に広がる岩盤となっていて・・・夏には、子供たちが“滝すべり”を楽しむ光景を見ることができます・・・。自然の滝で遊べる“夏休みキャンプ場”としても人気です・・・。

白滝のすべり台・・・竜門の滝_c0001578_0122775.jpg
連休前のこの季節は・・・桜から新緑へと・・・静かな時が流れていました・・・。周辺には茶屋もあって・・・“ゴールデン・ウィーク”には、賑わうでしょうね・・・。

湯布院から日田へ向う国道210号線も通称“滝見ロード”・・・この“竜門の滝”、“三日月の滝”、“慈恩の滝”などなど・・・“滝フェチ”ツーリングには、もってこいです。
by project-beppin | 2006-04-24 00:25 | 大分の風土・行楽
鮮烈な華やかさの吟醸香・・・「吟醸 粕取り焼酎」
今日は、暖かかったぁ~・・・部屋の中より、外の空気の方が暖かい感じで・・・“小夏”日和・・・なんて言葉はありませんが・・・(笑)。

鮮烈な華やかさの吟醸香・・・「吟醸 粕取り焼酎」_c0001578_031435.jpg仕事で・・・大きなプロジェクトへの配属が決まり・・・ちょっと嬉しくもあり・・・今後の多忙を推測すると“ため息”も・・・“男はつらいよ”・・・です。

夕食を済ませて・・・“大寅”にならない程度に“祝い酒”・・・『吟醸 粕取り焼酎』・・・八鹿酒造のモロミ取り粕取焼酎35°・・・。

“清(酒)焼(酎)混淆”の蔵元だからこそ醸すことができる味わい焼酎・・・“生”のまま・・・“ギンギン”飲んでみます・・・。

♪ こぉれぇが“異端”じゃ~ お酒はぁ飲めぬぅ
  わかっちゃいるんだ 粕取りぃ~よぉ~ ♪  (渥美清:男はつらいよ・・・の替歌)

吟醸酒の酒粕に漂う・・・あの“香り”を蒸留した香気成分は・・・鮮烈で鮮明な“華やかさ”が花咲くようです・・・。
ボキャブラリーが貧困なことを恥じるばかりですが・・・やっぱり“吟醸香”というほかない香り立ちが、鼻腔に拡散するように抜けて・・・爽やかな“辛甘さ”の舌触りは、口あたりの“凛麗”なアルコール感となって響き・・・ときめくような喉ごしに結実します・・・余韻は鼻腔に残る吟香・・・。

アルコール感の刺激は・・・あの「古酒 乙焼酎」よりやさしく・・・爽やかささえ感じます・・・私には、こちらの方が飲みやすいと感じましたね・・・。

■「吟醸 粕取り焼酎」(八鹿酒造:玖珠郡九重町/不明:酒粕)35度・・・吟醸粕取焼酎
吟醸酒粕の鮮烈で華やかな香気の花咲く香り立ちと、鮮明で爽やかな辛甘さを持つ粕取焼酎。凛麗のあるアルコール感が響き、ときめく喉越しに結実する吟醸香味が冴える銘品。

More アテは・・・“つぶ貝と焼にんにくの炙り焼”
by project-beppin | 2006-04-20 00:35 | 豊後の粕取焼酎