タグ:珍焼酎 ( 11 ) タグの人気記事
“あげみ”で“しょちくれ”・・・くり焼酎「三代の松」
東九州“大返し”をやってのけた日の夜は・・・宮崎は“延岡”を味わう“しょちくれ”でした・・・。

c0001578_1375383.jpg帰路・・・宮崎県北部“延岡市”の市街地から大分県境に近づくR10号線沿いの“コンビニ”に立ち寄って“トイレ休憩”したところ・・・店内に並ぶ酒類も、大分とは様変わり・・・芋焼酎に大御所「黒霧島」はもちろんのこと・・・「日向 木挽」や「飫肥杉」、「松の露」があって・・・此処は“宮崎県”だと実感して酒棚の前を通り過ぎようとしたのですが・・・ふと見ると上棚に「くり焼酎」の文字の角瓶・・・。

その時・・・“そうだ、この辺りは穀物焼酎の地だった・・・”と笹さんの“酎論”を断片的に思い起こしたのでした・・・。

脳細胞が減少するオヤジにあって・・・希薄になった“シナプス”が伝達物質を送ったという“神秘”の“脳内反応”に・・・“衝動”という“心理”状態を発生させるという“脳科学”を行動として実証するために・・・真っ直ぐレジへとその角瓶を運ぶのであります・・・。

もう、それほどまでに“衝動”シグナルで活性化した我が“脳”には・・・レジカウンター脇にある“あげみ”という表示の“すり身天”をも・・・“視覚”シグナルとして認知した瞬間に“衝動買い”へと“トランス状態”化して連続行動を誘発するのでありました・・・(笑)。

“大返し”から戻った23時過ぎという時間帯・・・そんな“脳内メーカー”ならぬ“脳内、飲めるか?”という期待の角瓶“くり焼酎”はというと・・・延岡市内は佐藤焼酎製造場の『三代の松』・・・。

女房殿と長男坊はいない・・・次男坊は寝た・・・という“三位一体”の晩酌“好機”ですから・・・“あげみ”2枚を刻んで・・・“延岡”のアテで“しょちくれ”ました・・・。

1杯飲んで・・・“燃費”ならぬ“飲費”が良いと実感できる味です・・・何時でも36km以上走れる感じ・・・“九里しょっちゅう”・・・“くり”焼酎・・・(お粗末!)。

“栗”らしいというより・・・辛口の白麹仕立ての芋焼酎に甘旨さのコクのある米焼酎を馴染ませたような濃厚な味わい・・・喉ごしの後の甘い残り香とキレのいい辛さのアルコール感が“生”で飲んで旨い“マロン”とした焼酎です・・・。

■ 「三代の松」(佐藤焼酎製造場:宮崎県延岡市/常圧:くり・米麹・麦)25度

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “あげみ”という名で“しょちくれ”で・・・
by project-beppin | 2008-07-02 01:44 | 隣人の焼酎・泡盛
"送別の宴"で“starchy flavor”な旨さ・・・「じゃがたらお春」
今年は“黄砂”と“花粉”が雑じる“雨の桃節句”・・・“姫”のいない我が家は、“白酒”こそありませんでしたが、玄関には“立ち雛”飾りがあって・・・暦の上では“弥生三月、春近し”の趣・・・。

c0001578_0384341.jpg先週の木曜日(28日)・・・“東京転勤”が決まった方の“送別の宴”のお誘いがあり・・・駅前の“まやかしや”へ・・・。

数年前から仕事関係で心底世話になってましたから・・・世話になった人々が集い、この“ご栄転”を祝うという会でした・・・。

「◎◎さんがいなかったら、ここまで出来なかったよなぁ~。」と皆が頷き口を揃えるその的確なスキルと献身的なサポートに感謝、感謝です・・・。

惜しまれながら大分を去る方への“餞(はなむけ)”代わりに・・・ワインボトルに皆で“寄せ書き”したり・・・数年にわたるプロジェクトの中での“エピソード”を懐かしい思い出の爆笑話にして、盛り上ります・・・。

この辺りで・・・ビールから焼酎へとチェンジ・・・。この日、この店の豊富な一升瓶棚の中から、目に留まったのが・・・長崎の“じゃがいも焼酎”・・・『じゃがたらお春』・・・。

“お湯割りセット”を頼めば・・・“生”のまま正味一合が入った片口湯呑と・・・お湯を入れた黒い“ガラ”と・・・陶製コップが出てきて・・・自分で好みの“お湯割り”をつくって飲めるという嬉しさ・・・もちろん、オヤジは6:4で・・・4のお湯を先入れし、6の焼酎を後注ぎ・・・。

ほんのりと漂う甘さの芳香に和みながら・・・口にした風味は、“新ジャガ”の記憶が蘇るような確かで穏やかな“澱粉香”が鼻腔をくすぐる感じ・・・。口中で転がして味わう旨さは、甘口に仕上げた麦焼酎が“澱粉質”を纏ったような落ち着いた口あたり・・・辛みがおとなしい分だけ、この“starchy flavor”が円やかな喉越しとなって・・・気持ちよく飲み口を重ねることが出来ました・・・。

こういう“送別の宴”で飲みながら・・・直接的には、その“エピソード”話に居合わせてはいないのに・・・まるで、その場に居たかのように語るオヤジは誰あろう・・・この私です・・・(爆)。

仲間内に笑われながら「しゃぁしんじゃぁ~」(やかましい・・・の意)と・・・まるでニュータイプの“ゴレンジャー”か“ジンジャエール”のように“大分弁”で貶され罵られる快感を得たところで・・・この宴の“主賓”に「これからも、そのスキルとサポート力で良い仕事して下さいね~」と・・・真面目な気持ちで“贈る言葉”を述べながら・・・さらに、飲むのでありました・・・。

■ 「じゃがたらお春」(福田酒造:長崎県平戸市/減圧:じゃがいも・麦・米麹)25度

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More "送別の宴"の味わい・・・
by project-beppin | 2008-03-04 00:47 | 隣人の焼酎・泡盛
“一ぱい”刺を“いっぱい”食べながら“一杯”・・・「川霧」
今日は・・・真っ白な“霜”が降る朝で・・・“冬本番”を実感しました・・・。“由布岳”は霧氷で“白(豊後)富士”だったようですし・・・“湯布院盆地”の朝霧も濃く幻想的でした・・・。

c0001578_2354868.jpg22時近くに帰り着くなり・・・女房殿から、この冬2度目となる“灯油の購入”を言い渡され・・・セルフの給油所で・・・ポリタンク2個分を給油して戻れば・・・食卓には、ご覧のとおり・・・“夕食 兼 晩酌”の“ご馳走”・・・。

実は、この“イカ刺”・・・豊後釣師“大将”がこの季節に嵌まっている“エギング”釣果の美味な“エイリアン”・・・県南 米水津の“藻イカ”・・・。

先日、大将から“新鮮冷凍”したままを遠慮なく(笑)頂戴したものでして・・・女房殿が今朝から“自然解凍”して“一ぱい”分を・・・皿“いっぱい”の“イカ刺”にしてくれました・・・。

この日が来るのを待ちわびた我が身としては・・・“歓喜乱舞”・・・小躍りしながら歌ってしまいます・・・(笑)。
 ♪ もぉーイカぁ~ もぉーイカぁ~ たぁっぷりぃ もぉーイカぁ~ ♪
     (キグルミ/たらこ・たらこ・たらこ・・・の替歌)

県南の冬の到来を告げる肴で“一杯”できるとなれば・・・これには・・・冬の味わい方となる“お湯割”の晩酌でしょう・・・そば焼酎『川霧』・・・。

おとなしい微かな“蕎麦っぽさ”の香り・・・口に含んで柔らかく感じるシンプルで淡麗な旨味・・・。
口中で転がすと“蕎麦っぽさ”を持つ米麹のような甘みが優しく円やか・・・喉もとをスムースに落ちてゆく辛みの余韻が綺麗な旨さです・・・。

山葵をちょこんと載せて、醤油に潜らせて“イカ刺”を一切・・・この純白で身厚の歯応えとネットリ感の旨味を味わいながら・・・“お湯割”を飲む・・・なんという贅沢・・・なんという“漁夫の利”・・・(笑)。

豊後釣師“大将”に大感謝です・・・ご馳走様、様、でした・・・m(_ _)m・・・旨かったぁ~・・・。

■「川霧」(クンチョウ酒造:日田市/不明:そば・米・麦・米麹・麦麹)25度・・・蕎麦焼酎
 おとなしい微かな香りと“蕎麦っぽさ”を持つ米麹のような甘みが優しい感じのシンプルで淡麗な旨味。喉もとをスムースに落ちてゆく辛みの余韻に浸る晩酌の逸品。

More 米水津産“美味”エイリアン・・・
by project-beppin | 2006-12-20 02:41 | 地焼酎(米 ect.)
清酒風味を期待しすぎると・・・「天の酌」
蒸暑さは残っていますが・・・夜ともなれば“虫の音”・・・。昨日の“部分月食”も雲っていて見ることができませんでした・・・。

c0001578_1331033.jpg遅く帰る日々ですが・・・午後9時過ぎに夕食兼晩酌・・・ちゃんと飲んでますよ・・・(笑)。

宿題を終えた次男坊は・・・“運動会”の“応援団”に抜擢されたとのことで・・・“三・三・七拍子”のポーズの練習をはじめました・・・。

長男坊も・・・“体育祭”の構成を考えるとかで・・友人達と出かけてました・・・。

オヤジひとりで・・・“オロシ秋刀魚”と“冷奴”・・・。
“オロシ大根”が水っぽくなり過ぎないで・・・程よい辛味があると醤油と馴染んで好みなんですがね・・・。

合わせる焼酎は・・・“角の井”の清酒焼酎『天の酌』・・・。

清酒を再蒸留した焼酎?なんでしょうか?・・・ま、飲んでみりゃわかる・・・ということで・・・“生”でいただきます・・・。

香りは確かにおとなしい清酒のようで清涼感を纏っています・・・。

口に含んで・・・まずは淡い甘みが舌先に乗っかる感じ・・・その後は鼻腔へも喉越しにも・・・辛口の味わいが長く続く感じ・・・舌の奥で余韻となって残るというか・・・清酒風味を期待しすぎると・・・もう“チョット”っという感じですかね・・・。

この後・・・氷を浮かべて飲んでみると・・・“甘み”が伸びてきて辛口の味わいが影を潜めて落ち着いて“スイッ”と飲めます・・・。

味わい的に“清酒焼酎”と名乗るほどでは?・・・と思ってしまうのが“玉に瑕”でしょうか・・・(笑)。

“ひと汗”かくほど練習した次男坊・・・「宿題を片付けなさい」と女房殿に言われて・・・

 「お父さんも“焼酎瓶”を片付けなさい・・・(ニマッ)」

この“減らず口”こそ・・・「天邪鬼」なんですがね・・・(笑)。

■「天の酌」(井上酒造:日田市/減圧:清酒)25度・・・清酒焼酎
 清涼感のあるおとなしい香り、淡い甘みが先行してその後に訪れる辛口な味わいが余韻となって続く清酒を蒸留した焼酎。控え目な甘みがストレートよりもロックで生きる良品。

More “オロシ秋刀魚”・・・
by project-beppin | 2006-09-09 01:33 | 地焼酎(米 ect.)
胡麻風味がシャープ・・・「紅乙女」
秋雨にけむる一日・・・息も少し白く映りそうな肌寒さを感じました・・・もう、秋本番・・・耶馬溪の紅葉は見頃に入ったとのこと・・・。

c0001578_2301219.jpg遅く帰ったので・・・自分で晩酌を準備・・・冷蔵庫を開けて・・・“赤魚の煮付け”と“胡瓜のカラシ漬”。
冷めてしまった“赤魚の煮付け”・・・温めなおすより・・・焼いちゃおうかぁ~と・・・オーブンで、身がほど良く硬くなる程度に炙ってから・・・煮汁を垂らして・・・。
ホロッと引き締まった白身に・・・甘めの煮汁が絡めば・・・淡白な身の旨さを引き出してくれます・・・。

さて・・・今日は・・・“胡麻の香り”を楽しみたくなって・・・「紅乙女」・・・。
本当は・・・“お湯割り”にと思っていたのですが・・・ポットのお湯が残っていないので・・・不精者のオヤジは“ロック”に変更・・・。

お湯割じゃないので・・・香りはおとなしい感じ・・・。
氷の下で溶けた液体を・・・口にした途端・・・鼻腔にスーっと・・・胡麻の香りをたっぷりと広げてくれます・・・。芳ばしい“胡麻油”のような風味を楽しみながら・・・しっかり崩れない米麹由来の甘みと・・・麦の辛みと苦み・・・。喉越しで・・・シャープな辛さの残響感が長く続くところが・・・好いです・・・。

“胡瓜のカラシ漬”・・・ほど佳い塩加減とツンとした辛さは・・・この焼酎と合わせて・・・“正解”でした・・・。

今日は・・・一杯でお仕舞い・・・。
残りは・・・後日、“お湯割り”で楽しみたいと・・・思っています・・・。

■「紅乙女」(紅乙女酒造:福岡県久留米市/減圧:麦・米麹・胡麻)25度
by project-beppin | 2005-11-12 02:30 | 隣人の焼酎・泡盛
豊後麦焼酎入門・・・「ミニ焼酎館」
♪夏が過ぎ~ 風あざみぃ~ 誰の~あこがれにぃ~ さまようぅ~♪(井上陽水:少年時代)・・・ついつい、思い出して・・・口ずさみながら・・・帰宅・・・。

c0001578_059437.jpg今日・・・買ってしまいました~ヨン!・・・(笑)

豊後の麦焼酎の味わいの広がりを知りたい・・・オイさんは・・・まんまと、釣られて、喜ぶのもなんですが・・・そう!あの臼杵の久家本店さん売り出し中の5銘柄・・・100mlの小瓶のセット・・・『ミニ焼酎館』

早速、箱を開けて・・・小瓶を取り出し・・・ビックリ!・・・。
な、な、なんと!・・・箱の中には淡い薄緑の“栞”が一枚・・・。
各銘柄別に・・・①主要原材料②麹の種類③蒸留方法④ろ過方法⑤貯蔵方法⑥貯蔵年数⑦アルコール度数と・・・味わいの一口コメントが・・・書き込まれています・・・。
なるほど・・・醸す製造過程にはこれだけのパラメーターがあって・・・この5銘柄の味わいの骨格がどう違うか・・・よ~くわかります・・・。
“常蔵フリーク”なオイさんの心を揺さぶる・・・心憎い“栞”ではないですかぁ・・・。

♪あ~ほ~面にぃ~ 残されたぁ~ 私の心は 飲む模様ぉ~・・・♪

で・・・順番に・・・ショットグラスで“生”のまま・・・チビチビと飲み比べました・・・。
従来の大分のスタンダードな味わいである・・・ドライ系の「減圧 常蔵」を標準味覚とすると・・・
「黒島」はシェリー樽の風味付け・・・「常圧 常蔵」は常圧蒸留の香ばしさ・・・「黒麹 常蔵」は黒麹の甘さ・・・「ほげほっぽ」は“はだか麦”の香りと旨み・・・どれも、お見事!!!

■「ミニ焼酎館」(久家本店:臼杵市/※:麦・麦麹)

More 味わいデータ
by project-beppin | 2005-09-03 00:54 | 大分麦焼酎
五色の味わい・・・「宮の舞 本格焼酎ミニセット」
今日、少しは雨が降りましたが・・・大分でも四国同様・・・8月としては異例の少雨状態が続いています・・・。私も・・・少々、バテ気味・・・“休み疲れ”なんて言えば職場では怒られそうです・・・(笑)。

c0001578_2153985.jpg夕刻から・・・“ジャコ天”を炙って・・・ショウガ醤油でアテにしようと思ってましたが・・・“生姜”もチューブ入りの“おろしショウガ”も買い置きがない?・・・トホトホ・・・仕方なく、ワサビ醤油を・・・自分で準備しました・・・。

そうです・・・“自分へのお土産”に買った・・・ミニチュア・ボトルの伊予焼酎・・・「宮の舞 本格焼酎ミニセット」と・・・あわせるために・・・。

伊予の“宮の舞”といえば・・・伊方杜氏と呼ばれる清酒造りの職工が有名ですが・・・その“宮の舞”の名を冠する・・・粕取、酒取、麦、そば、くりの・・・五色の味わいです。ショットグラスで・・・“きき酒”のように・・・順番に味わってみました・・・。

『粕取』・・・“清酒吟醸粕”から醸された辛甘さの整った旨さ・・・“宮の舞”さすが四国を代表する粕取焼酎ですね。
『酒取』・・・“清酒”から醸された辛口が芯の滲み入る旨甘味・・・まるで“正調粕取の古酒”のような風味があります。
『麦』・・・“米・米麹・麦”から醸された米の甘旨みにキレのいい麦の味わいがのった旨口・・・ウェット旨口系の味わいですね。
『くり』・・・“米・くり・米麹”から醸された栗らしい香りと甘く濃い味わい・・・まるで、栗の炊き込みご飯のような甘く円い味わいが面白い・・・。
『そば』・・・“そば・米・米麹”から醸された辛苦い香ばしさと旨甘さの両立・・・お湯割りが旨そうな予感があります。

四国の伊予の“ジャコ天”・・・薩摩(鹿児島)の“さつま揚げ”みたいな甘味はないものの・・・この好い塩梅の練り天ぷらは・・・私にとって“好物”に近い酒の肴なんですよ・・・。

■「宮の舞 本格焼酎ミニセット」(松田酒造:愛媛県西宇和郡)
by project-beppin | 2005-08-21 21:16 | 隣人の焼酎・泡盛
銘水仕込みを味わう協演・・・豊、日、肥の焼酎入門
夕方・・・女房殿に頼まれコンビニに寄って・・・レジへ向かおうとした時・・・“んっ!”(振り返りながら・・・後ずさり・・・)。
通常なら、冷酒やカクテル系のあるクール・ケースの棚に・・・見慣れたラベル・・・『銀座のすずめ 黒麹』、『かんろ』、『時代 蔵八』・・・ほっほぉ~・・・“仕込水割り”のシリーズものかぁ・・・。買って帰って・・・まぁ試しに・・・早速、飲み比べでしょ・・・。

c0001578_2316698.jpg肴は・・・“鰺の南蛮漬け”・・・好いかも・・・。

まずは地元豊後(大分)・・・麦『銀座のすずめ 黒麹』・・・“九重連山の伏流水”・・・麦黒麹のほのかな甘さが清く染み渡ります。

続いて日向(宮崎)・・・芋『かんろ』・・・“日南の森の湧き水”・・・芋らしい香りと甘旨い味わいがしっかりしています。

最後に肥前(熊本)・・・米『時代 蔵八』・・・“球磨川上流の伏流水”・・・淡麗で芯のある旨さのキレが心地好い味わいです。

どれも12度の250ml瓶ですから・・・グラスに注いで一杯ずつ・・・三種三様の個性が活きる味わいを・・・楽しめます。
12度ですから・・・焼酎好きには・・・少し薄く感じるかもしれませんが・・・こうやって比べ飲みできると・・・各々の“味わいの個性”がよくわかります。
今から夏にかけて・・・冷やして飲むには・・・割水にもこだわった“冷酎”として・・・入門者にはちょうどいいかも・・・。

“豊、日、肥”の三国からなる仕込水で割る焼酎の企画モノ・・・コンビニ商戦で・・・企画モノが出回るってことは・・・焼酎ブームも市民権を得るまで浸透したってことでしょうか・・・。
by project-beppin | 2005-05-28 23:20 | 隣人の焼酎・泡盛
懐古録・・・「壽」のラベル
蔵も廃業し、絶版となってしまった・・・正調粕取焼酎『
清酒「豊の誉」を醸していた中島酒造場・・・清酒蔵だからこそ醸せる“焼酎”です。
その“焼酎の味わい”とともに・・・“銘柄ラベルの味わい”を記憶にとどめておきましょう・・・。

c0001578_22545773.jpg c0001578_22552430.jpg c0001578_22554661.jpg
私は・・・ロイヤルブルーと金と白を基調色としたこのラベルデザインに惚れています。

丸く抜かれた中央部に・・・“ひげ文字”の旧書体の「壽」・・・白地に抜ける黒い文字の大きさといい、片仮名の「コトブキ」といい・・・フォントバランスが優れています。
その円周を金の帯が取り囲み・・・赤ではなく“朱”のローマ字標記が鮮明に視覚的インパクトを持っています・・・。
そして・・・中央部の左右を飾る薄灰色の帯・・・よく見ると、江戸小紋の柄にあるような図案化された・・・“松竹梅”の吉祥紋。昔ながらの左から読む朱色のサブコピーは・・・左右で「風味絶佳」・・・つまり「譬えるものがないほど佳い風味」という意・・・。

なんといっても・・・ラベル全体に重厚感と品格を持たせる役目を果たすのが・・・この深いロイヤルブルーです。
上部に・・・堂々とした「粕取 焼酎」の白抜きの配置・・・下部に所在地と蔵元名の標記・・・。
そして・・・これら絶妙な配色構成とフォントバランスをキッチリと引き締めるのが・・・周りを囲む金色の細い縁どり・・・。

この焼酎のもつ味わいのイメージを託した・・・バーコードの印刷表示もない銘柄ラベル・・・。
誰がこのラベルの意匠を創作し採用したのか?・・・今となっては知る由もありません・・・。
しかし、私には・・・豊後の焼酎文化の優れたラベルデザインであり・・・“想いを託す創造力”が朽ちようとしている今では・・・ポストモダンにさえ思えるのです・・・。

c0001578_22542030.jpg酒造組合の表示レッテルも「乙類 酒粕取」・・・正々堂々と・・・貼り付いています。

c0001578_2256274.jpg 出荷時に貼ったと思われる裏ラベル・・・社名を「豊の誉酒造本店」に変更していたんですね・・・「長期貯蔵」の標記に蔵元の想いがあります。

今日は・・・“銘柄ラベルを味わう”・・・でした・・・。
by project-beppin | 2005-05-19 23:04 | 焼酎文化考
雨月庵の宴:その1・・・「天下無敵」の“大吟醸大古酒”
昨日は一路、佐伯へ・・・。
そう、あの尊敬する“浪速の立ち呑み師”・・・HAKUDOU師匠が帰郷・・・ありがたくお誘いいただいた「雨月庵」(別名:「酔墨庵」)の“宴”で・・・豊後の焼酎に酔心・・・。

夕刻からはじまって・・・まもなくHAKUDOU師匠の想い出深い味わいをいただきました・・・米焼酎「天下無敵」の干支ボトル・・・20年以上の時を経た瓶内熟成・・・。

c0001578_23424159.jpgガラスのお銚子から、小さなグラスに注がれた淡く色づく液体・・・円く深いやわらかさが・・・何とも表現しがたい耽美な旨さ・・・。

旨口タイプの“大吟醸大古酒”という称号を与えたくなるような・・・そんな焼酎です。

その味わいを静かに語るHAKUDOU師匠・・・この小野富酒造の味わいに惚れこんだ者だけが知る至高の一杯・・・私には、そう思えたのです。

宴の肴に・・・“鰺の刺身”と“フカの湯引き”など・・・地モノの魚と至高の一杯・・・この旨さから・・・“宴”は始まりました・・・。

(つづく)
by project-beppin | 2005-05-01 23:45 | 焼酎文化考