タグ:由布・湯布院 ( 31 ) タグの人気記事
“土用”の“肝”焼き“ロック”・・・長期貯蔵「由布岳 粗濾過」
“梅雨明け”告知の体感は“蒸暑さ”だけでなく・・・海のサインは“入道雲”と“土用波”・・・山のシグナルは“蝉時雨”・・・とは、よく言ったもんです・・・。
小泉“郵政プロパガンダ解散”から早4年・・・このところの“任期明け=解散”告知では・・・“自見ん”党内紛“席乱運”と“動揺波”・・・与野党が入り乱れての“責時雨”になってしまって・・・“(自)ミン、ミン(主)”蝉ばかりが喧しい・・・(笑)。

c0001578_9494019.jpg土曜日(18日)・・・遅くなっている“中元”をしなくてはと出かけ・・・結局、安くなっていた“蒲焼”に“肝焼”串を追加してしまったオヤジ・・・“土曜”の“土用”の“動揺”という出来事・・・。

まんまと“平賀源内”にしてやられた“土用鰻プロパガンダ”なんですが・・・晩酌の“アテ”を探すオヤジは・・・こんな慣習も“アテ”にしています・・・(笑)。

オヤジ以外は・・・女房殿が蒸し直した“蒲焼”をご飯が隠れるほど載せての“鰻丼”・・・オヤジは“肝焼”の分だけ“蒲焼”が少なくなっていましたが・・・この“肝焼”が焼け香ばしい苦滋味なコクを持っていて・・・噛めば舌上から口中にねっとり絡みつく風味が好いんです・・・。

そして、晩酌の麦焼酎はというと・・・ここのところ“ロック”で飲んでその旨さに嵌まっていますが・・・どっしりと主張する辛口のコク・・・“ドライ&スモーク”な旨味の混成が実に見事で濃醇なキレの好さ・・・“長期貯蔵”の『由布岳 粗濾過』・・・。

まず、特質すべきは・・・これが“減圧蒸留”の“粗濾過”という点・・・従来の“ドライ淡麗”という“先入観”だけでは想像ができない辛口で香ばしく甘い味わえる“パンチ”力・・・“旨味”を失わない程度に“雑味”を整えるような“粗濾過”なんでしょうか・・・よほど拘った“原酒”なのかもしれません・・・。

続いて・・・味わいの奥行きを混成する“長期貯蔵”で纏った“樽香”風味・・・口中で気化する味わいの鼻抜けに一瞬感じる“スモーキー”で仄かな“バニラ”芳香・・・まるで“常圧蒸留”の“ガツン濃厚”な香味をもブレンドしたのでは?と疑ってしまいたくなるほど・・・。

しかし・・・“原酒”らしさと“粗濾過”旨味が先行して“樽香”のみに味わいの構造を支配させないという・・・小野酒造の“意図”的な酒質設計が巧妙に計算されているように思えます・・・この“減圧蒸留”+“粗濾過”+“長期貯蔵”の“絶対調和”を感じます・・・。

■ 「由布岳 粗濾過」(小野酒造:由布市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ醇麗タイプ
 心地よい長期貯蔵の醇香と、辛口だけが先行しない旨味と甘味の香ばしさを混成するパンチ力の醇麗タイプ。粗濾過の減圧原酒と樽香味の長期貯蔵がこれほど見事に結実するのかと感心してしまう酒質設計の意図が伝わる優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “土用”鰻の“肝焼”と“鮎魚醤”冷奴に・・・“粗濾過”の“凄ロック”旨味
by project-beppin | 2009-07-19 09:55 | 大分麦焼酎
“全麹”ブレンドのコク“芳味”・・・「黒岳」
ここのところ寒さも“霜日和”・・・風のない日中は少し陽射しが暖かいのですが、夜は冷え込みます・・・。別府の街は冷え込むことなく・・・ボーナス・お歳暮・クリスマスの“三位一体”商戦と“忘年会”商戦で・・・昼夜とも盛り上がってほしいものです・・・。

c0001578_6452447.jpg今夜、帰り着いて即、玄関先で“灯油”のポリタンクを渡されてセルフG.S.に給油に出かけたのですが・・・ガソリン代に負けず劣らず値上がりする“光熱水費”・・・ジワジワとボディーブローのように家計に圧し掛かっているのを実感・・・我が家では、オヤジの小遣いが“削減対象”になっていないか?と・・・一抹の不安が脳裏を過ぎります・・・。

そんな暮らしの不安は“来春から麦焼酎も値上げ”で・・・オヤジの晩酌にも“影”・・・。

と言っても・・・結局は“楽観的”に飲んでるんですよ・・・今夜も・・・(笑)。

夕食後のひととき・・・オヤジは、ストーブの上でアルミホイルに包んだ“銀杏”を炙ろうと準備を始めたんですが・・・女房殿から「炙ると殻の臭いが部屋じゅうに・・・」との指摘・・・
「それなら“光熱水費”を使ってオーブンにします・・・」と言葉を返したのですが・・・“一言”多かった・・・
「“光熱水費”使ってわざわざ飲まなくてもいいのよ・・・」と“返り討ち”に合いました・・・(爆)。

で・・・オーブンの中で弾ける銀杏の音を聞いたら“炙り銀杏”出来上がり・・・アツアツの殻を蒲鉾板の上に置き金槌で割って、一粒ずつ殻を取り、薄皮を剥いて・・・緑がかった黄色い種実をフーフーしながら頬張る淡いエグ味の滋実の旨さ・・・。

その銀杏の滋実に合わせる晩酌焼酎は・・・月初めから飲んでいる『黒岳』・・・そう、あの“男池”湧水を育むの名を冠した“減圧(蒸留)”と“常圧(蒸留)”のブレンド麦焼酎・・・“お湯割り”が旨い!・・・。

仄かな香りに漂う奥行きは常圧との調和がなせる業かと思うほど・・・口に含んだ時のコクが深味のある甘み、辛み、苦みを複層的に併せ持っていて・・・例えるならば、麦焼酎らしい旨みの“原生林”とでも言いましょうか・・・舌に載った時のコク甘みに、口中で転がして甘みの奥の辛みと苦みが広がり・・・喉越しにまでその円やかな味わいが高揚感を保ちながら続くようで・・・鼻腔での芳ばしい落ち着きが共鳴する余韻のように・・・印象深い豊かな旨さを奏でています・・・。

常圧の“全麹”ブレンドの麦焼酎が創り出す深いコクのあるドライ系と表現すれば・・・“お湯割り”で崩れない、その味わいの奥行きがお判りいただけるのではと・・・。

■ 「黒岳」(小野酒造:由布市/減・常ブレンド:麦・麦麹)25度・・・ドライ旨口タイプ
漂う微香に秘めた奥行きと、含み香を越えて口中で転がる甘みのコク旨さが深く味わえる旨口タイプ。常圧“全麹”ブレンドが引き出す複層する辛口のホロ苦さが円やかな後口に共鳴する印象深い優品。

More “炙り銀杏”と・・・
by project-beppin | 2007-12-18 06:47 | 大分麦焼酎
“豊後名山”秋景(その3)・・・阿蘇野から眺める“黒岳”
長湯方面へ向って“ぐるっとくじゅう周遊道路”の看板のある交差点を右折・・・阿蘇野方面へ・・・。

c0001578_1312824.jpg阿蘇野に出ると“白水(しらみず)鉱泉”と“男池”をめざして左折し、県道621号線へ・・・すると正面に聳える山が“くじゅう連山”の東端となる“ 前岳”と“黒岳”・・・左奥に“大船山”・・・。

この山容が迫る山間の田園風景にも・・・山とともに営む農村・・・藁小積みが山の神への感謝の標(しるし)のようにも見えます・・・。

“黒嶽荘”からの登山には・・・この尾根を登ります・・・。

More “藁”小積みと“花牟礼山”・・・
by project-beppin | 2007-11-24 13:04 | 大分の風土・行楽
“豊後名山”秋景(その2)・・・“記念公園”から眺める“奥豊後三山系”
“冠山(烏帽子岳)”と“大龍山”の山間を縫うように走る広域農道“奥豊後グリーンロード”の“ビュースポット”という“記念公園”からの眺め・・・。

↓ 大分川のもうひとつの源流“芹川”水系の山々を望む展望所で・・・山腹の高台であるここからの眺めは・・・真南を向いて眺める180°の遠望がすばらしいです・・・。180°のパノラマ・モンタージュ全景・・・(画像をクリックすると大きく別表示します。)
c0001578_10193439.jpg

c0001578_10195938.jpg
その遠景には“神々”が宿る“奥豊後三山系”・・・宮崎県境となる“祖母・傾山”山系・・・熊本県境となる“阿蘇”山系・・・そして大分の屋根“くじゅう連山”が見事な位置関係で一望できます・・・。

手前の深い谷のような“芹川”水系・・・この水系にも、直入“長湯温泉郷”や名水の湧水群があり・・・次回、じっくり回ってみたいと思っています・・・。

“ひとりドライブ”だったので・・・ここで焼酎“ワンカップ”を・・・なんていう邪悪な誘惑には負けませんでした・・・(爆)。

More “神々”が宿る“奥豊後三山系”・・・
by project-beppin | 2007-11-24 10:36 | 大分の風土・行楽
豊後歳時記・・・“柚子”実るころ
由布市庄内町から始まる広域農道“奥豊後グリーンロード”に入ってすぐ・・・道沿いに実る果樹を見つけて車を停めました・・・。

c0001578_224795.jpg豊後の“香酸柑橘=シトラス”といえば・・・“カボス”と“ユズ”・・・。

露地モノは、“香母酢=カボス”が8月末から10月末頃までで・・・11月になれば、この少し大ぶりな黄色い玉生りが目立ち始めます・・・“蜜柑=ミカン”より大きく、“八朔=ハッサク”より小さい鮮明な黄色・・・そう、秋の深まりとともに色づくこの“香酸柑橘”こそ“柚子=ユズ”です・・・。

このちょっと硬くごつごつした皮肌・・・“ユズ肌”なんていう喩えに用いられることもありますね・・・。しかし、これを乾かして粉粒にして香りを引き出すとは・・・すばらしく味覚を刺激する“香辛料”であると思います・・・。

大分の“柚子”は・・・露地に生っている時は皮“香”が匂い漂うほどではないのですが・・・“柚子こしょう”や“柚煉ようかん”で加工品として用いると独特の濃い皮“香”が冴える味わいを生み出します・・・。

“柚子こしょう”発祥の地とされる大分では・・・まだ、青い柚子皮のうちに青唐辛子と練るのが“青柚子こしょう”・・・このように黄色く熟した皮と赤唐辛子を練るのが“赤柚子こしょう”と・・・色味を楽しみながら使い分ける“香酸柑橘”でもあります・・・。老舗の“七味唐辛子”屋さんでも、“陳皮”の代わりにこの乾燥“柚子皮”を用いて“柚子七味”とするとか・・・。

“香り”は皮、“酸”は実・・・と言われるように、皮を除いた実の方は搾って果汁100%“柚子酢”にします・・・。この季節、一升瓶に“柚子酢”を貯える作業が行われていることでしょう・・・。

More “柚子”の実・・・
by project-beppin | 2007-11-24 02:37 | 大分の風土・行楽
“豊後名山”秋景(その1)・・・庄内から眺める由布・鶴見・高崎
“晩秋の三連休”が始まりました・・・。オヤジは、“安・近・短”な楽しみ方を・・・先日(13日)の“ひとりドライブ”から・・・豊後の“秋景”を怒涛のアップといたしましょう・・・(笑)。

c0001578_11402321.jpg別府を出て・・・志高湖、由布川渓谷を過ぎ、由布市庄内町小野屋へと向う途中の県道52号線からの眺め・・・刈取りを終えた丘陵の棚田と“由布岳”・・・。

由布岳南麓から大分川の河岸段丘に続く庄内町周辺で眺めるこの山容こそ・・・美峰“豊後富士”たる由縁・・・。

遠景に山容が映る“田舎田圃”の秋景・・・この大地の景色を作り出す作為なき人の営み・・・地下足袋姿の農作業を繰り返す日々があってこそと・・・。

山は・・・そんな農作業をする人々のために、山肌の彩りを変え季節を教え、雲を纏って天候を教えていると・・・“地霊”が宿る美しさとは、こんな想いが浮かぶ風景だと思います・・・。

この道すがら見かけた“由布岳”、“鶴見岳”、“高崎山”が映る風景・・・素直に美しいです・・・。

More “藁”小積みと“鶴見岳”、“高崎山”・・・
by project-beppin | 2007-11-23 11:44 | 大分の風土・行楽
深秋の“源流”紀行(その3)・・・名水の滝
庄内町阿蘇野方面から県道621号線を天然炭酸水の“白水鉱泉”を過ぎて・・・“男池”へ向う途中にある・・・阿蘇野川“源流”の滝と言えば・・・その名もズバリ!“名水の滝”・・・。

c0001578_10485759.jpg道際の青い看板にそう書かれているので・・・見た瞬間は“ホントかい!”と突っ込みたくなるぐらい・・・自画自賛の“胡散臭さ”があったんですが・・・まぁ、立ち寄ってみるかと・・・(笑)。

車を道際に寄せて、その滝口へと下ると・・・思いのほか“名瀑”・・・“先入観”で疑うという田舎オヤジの悪い癖は・・・この景観と滝音に払拭されました・・・。

そりゃぁ~・・・“黒岳原生林”が磨いた伏流水・・・“男池”湧水群の“源流”水が滝水となっているんですから・・・落差10mほどの滝ではありますが・・・名に恥じぬ滝景色でした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 名に恥じぬ滝景・・・
by project-beppin | 2007-11-17 10:50 | 大分の風土・行楽
深秋の“源流”紀行(その2)・・・黒岳原生林
“男池”湧水群を育む森・・・“くじゅう連山”の“黒岳”北麓の原生林・・・。“21世紀に残しておきたい日本の自然100選”にも選定されたという・・・“手付かず”の自然が、ここに残されています・・・。

c0001578_405462.jpg鬱蒼と生い茂る春や夏の森とは趣を変えた秋の木立に・・・“小春日和”の木漏れ陽が金色の輝きとともに射し込むようで・・・落葉を踏み締めながら空を見上げて・・・深呼吸してみました・・・。

手付かずのままの原生林の中には・・・まるで、岩を掴むように根を張る木があったり・・・大岩に腰掛けて辺りを見守るこの森の“長(おさ)”のような“威信”を漂わせる“大欅(ケヤキ)”があったり・・・結構、“木を見て森を見ず”でも楽しめます・・・(笑)。

その自然が醸し出す独特の美しさは・・・ここを訪れる人々まで樹間に擁くような木々の“生命力”であり・・・木々が森となって“共生”する“包容力”なのかもしれません・・・。

“黒岳”登山へ向かう出発点に・・・この“男池”登山口を選ぶ方が多いというのも頷けます・・・。

後は、もう・・・言葉がありません・・・。ゆっくりと・・・そんな“源流”を育む“原生林”をご覧いただければと・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “黒岳原生林”の秋景・・・
by project-beppin | 2007-11-16 04:06 | 大分の風土・行楽
深秋の“源流”紀行(その1)・・・阿蘇野川 「男池(おいけ)」湧水
一昨日の火曜日(13日)・・・車のラジオから流れた“鉄腕 稲尾和久”氏の急逝の一報・・・故郷に錦を飾る“稲尾記念館”の開館から1ヶ月余りが過ぎたばかりだというのに・・・信じられませんでした・・・。(心から、ご冥福を祈ります・・・。)

c0001578_1949683.jpgその日“振替え休日”であったオヤジ(私)は・・・“深秋”を満喫する“源流”風景を求めて“ひとりドライブ”・・・。

先ず、めざしたのは・・・“大分川”の上流“阿蘇野川”の源流・・・。

“くじゅう連山”の東側“黒岳”北麓原生林の中にある「男池(おいけ)」・・・環境省の“名水百選”の一つとして知られる湧水群です・・・。

由布市庄内町阿蘇野から九重町飯田高原へと向う“ぐるっとくじゅう周遊道路”県道621号線沿いの駐車場に車を止め・・・“男池園地”と書かれた歩道入口から原生林へ入ると・・・澄みきった清流の源が、この小さな池から“滾々”と涌き出る毎分14トンの濁ることなき清水でした・・・。

“日帰り登山”の方にも人気がある“男池登山道”の入り口にもなっていますから・・・リュックサックを背負った方々も・・・ここで水筒やペットボトルに水を汲んでいます・・・。

備え付けの柄杓で汲んで、この湧水を飲めば・・・冷た過ぎない清涼感で、少し“硬め”に感じる口あたり・・・天然のミネラルウォーターです・・・。この感じは・・・ドライ系の麦焼酎の“割水”には最適でしょうね・・・。

周辺は、“紅葉”というより“山吹色”に彩った“黒岳原生林”・・・この湧水を育む“緑のフィルター”であることを思いながら・・・その美しきが輝くような秋の“森林浴”を楽しめました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・“見たよ!読んだよ!”とのメッセージ代わりに・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “男池園地”と“源流”・・・
by project-beppin | 2007-11-15 04:02 | 大分の風土・行楽
“ビター・ブラック”の臨界点・・・「由布之郷」
“ゴールデン・ウィーク”も後半初日(3日)・・・“藤棚”の青紫も爽やかに輝く五月・・・絶好の“行楽日和”でしたね・・・。

c0001578_10361956.jpg我が家は・・・長男坊や次男坊とも“部活”中心の連休・・・女房殿を手伝いながらゆっくり過ごした日中・・・。

夕方になって「何が食べたい」と聞かれて・・・「何でもイイよ」と答えると・・・「そう言うのが一番困るのよねぇ~」と・・・。

しばらくして台所では油で揚げる音・・・“天ぷら”か?と思いながら・・・一足早く晩酌の準備をするオヤジ・・・。

出てくる前に、先ず“生”を呷って“食前酒”・・・これが“黒麹裸麦仕込み”の“復活常圧蒸留”・・・あの「大龍蔵」の“黒麹版”とも云うべき『由布之郷』・・・。

香ばしさが甘苦く漂うような優雅な香り・・・口に含めば、円やかな口あたり・・・続いて、おとなしい甘みが広がりながら・・・焦げ苦さのビターな麦旨みが雑味なく鼻腔に向ってゆきます・・・。鼻腔と喉越しで味わう苦さと甘さと香ばしさのバランスが“臨界点”に達した味わい・・・これが裸麦“ビター・ブラック”の真髄でしょう・・・。

そうしているうちに食卓に並んだ“蓮根”、“ピーマン”、“ししゃも”の“天ぷら”が・・・なんと!“うどん”とともに出てきました・・・(笑)。

女房殿「急に食べたくなったのよねぇ~“うどん”・・・私は“ぶっかけ風”に“天ぷら”載せるけど・・・おとうさんは?」と・・・。

半生麺の“茹でたて”だそうですから・・・「じゃぁ、“釜揚げ”・・・」と伝えて・・・ここまでは“讃岐うどん”風ですが・・・ここからが“一味”違います・・・。

オヤジは・・・オーソドックスな薬味“おろし生姜”を・・・“柚こしょう”に替えて・・・葱を浮かべたツユに溶き、茹でたてうどんを浸けて“ズッズゥー”と・・・。“ツーン”と響く“青辛”な辛みと“爽酸”な柚香・・・うどん麺に絡むその薬味香“辛感覚”・・・これが“恐るべき柚こしょううどん”です・・・(笑)。

もちろん、これを食べながら“お湯割り”を一杯・・・温和で円い“ビター・ブラック”を飲む・・・豊後の麦焼酎と柚子薬味の香りを楽しむ“香楽日和”です・・・。

■ 「由布之郷」(小野酒造:由布市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 甘苦く漂うような優雅な香り、円やかな口あたりとおとなしい甘みに続く焦げ苦さのビターな麦旨みが真髄の濃厚タイプ。鼻腔と喉越しで味わう苦さと甘さと香ばしさのバランスが秀逸な裸麦“ビター・ブラック”の到達した風味の優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “天ぷら”と“釜あげうどん”と“お湯割り”と・・・
by project-beppin | 2007-05-04 10:41 | 大分麦焼酎