タグ:行楽催事 ( 33 ) タグの人気記事
花火で過ごすX'mas・・・べっぷ クリスマス HANABI ファンタジア
昨日の小雨の中・・・音楽が聞こえるあたりまで出て・・・次男坊とともにしばらく眺めました・・・“クリスマス HANABI ファンタジア”。

c0001578_1826329.jpg別府の冬の一大イベント・・・老若男女がクリスマス・ソングとシンクロする5,000発の花火に・・・各々の想いを重ねながら・・・真冬の夜空を見上げます・・・。

次男坊は・・・「寒むぃ~冷たい~ぃ」と・・・しばらく見ると小雨に負けたようで・・・。

寒波も一段落・・・今夜は風が少しありますが晴れてますから・・・多くの人が会場へ向かっています・・・。
“ホワイト・クリスマス”にはなりませんでしたが・・・まあ、あれほどの“師走寒波”が襲ったあとですから・・・平年並みの寒さの中で・・・“カッポ酒”のふるまいサービースや・・・カボスを浮かべた焼酎“お湯割り”で・・・屋台を楽しむのもイイでしょうね。

今夜の我が家は・・・長男坊が部活でまだ帰ってきていません・・・“X'mas”を家族全員で楽しむ時も・・・少なくなり始めました・・・。次男坊は・・・今夜だけ、オヤジの焼く“ステーキ”が気がかりなようです・・・(笑)。
by project-beppin | 2005-12-24 18:26 | 大分の風土・行楽
深秋の夜の夢(その2)・・・「竹楽」の情景
里山を保全するため、竹藪の竹を伐採することと・・・その有効利用を街づくりと結びつけるという発想・・・臼杵市の「竹宵」が最初で・・・それに続いて始まった・・・「竹楽」・・・竹田市という熊本県境(阿蘇地方)に近い街の・・・“竹のミレナリオ”・・・。
c0001578_1451729.jpg

c0001578_1462287.jpg2万本の竹筒燈籠で・・・田舎町の日常の風景の中にある史跡旧跡を廻るように散策コースをつくり・・・竹田の街の紅葉と食と文化とに触れながら・・・竹の明かりを通して・・・“非日常化”する・・・“バンブー・イルミネーション・ナイト・エンターテイメント”・・・。

景観に溶け込む“竹の灯明”とともに・・・一晩に3万人以上が訪れるという
・・・人が織り成す街の“賑わいの情景”・・・旨き酒と食の“地霊”にも・・・舌鼓・・・。

“エノハ”(やまめ)の塩焼・・・身の締まった実直な旨さ・・・。

他にも・・・“ししうどん”、“鶏めし”、“ごまうどん”、“どじょう汁”、“だんご汁”などなど・・・これらを、このロケーションで食せる“幸せ”を・・・“感動”と呼ばずして、何んと呼ぶ!・・・。

More 人が織り成す“街と食”
by project-beppin | 2005-11-23 01:56 | 大分の風土・行楽
深秋の夜の夢(その1)・・・「竹楽」の光景
“この秋一番の冷え込み”なんていう言葉が・・・毎日のように聞かれるようになりました・・・。
“深秋の奥豊後”竹田市へ・・・そうです・・・毎年恒例の「竹楽」を楽しみたくて・・・土曜日の夕刻・・・竹田駅に降り立ちました・・・。
c0001578_0143142.jpg


c0001578_561561.jpg竹田駅前から・・・市街地の商店街を抜けながら・・・十六羅漢や広瀬神社などの名所旧跡や“滝廉太郎”も通ったトンネル・・・“田能村竹田”を生んだ豊後岡藩名残の武家屋敷などに・・・“2万本の竹燈篭”が灯ると・・・日常の光景とは一味違う“灯明異空間”に・・・インナー・トリップ出来ます・・・。

もちろん・・・地元の美味しい食材や料理も味わえるし・・・この地でしか入手できない地焼酎や“カッポ酒”なども・・・堪能できます・・・。

先ずは・・・理屈抜き・・・今年の「竹楽」・・・竹灯明の映し出す“幽玄な世界”・・・お楽しみください・・・本日(20日)が最終日ですから・・・お近くの方は是非!!!
●十六羅漢 階段

More 2万本の“幽玄な”竹灯明
by project-beppin | 2005-11-20 05:12 | 大分の風土・行楽
“産直鮮食”の恩恵(その1)・・・大分県農林水産祭(水産部門)
昨日の夕方から、あいにくの雨空となってしまい・・・残念なことに“竹宵”に行けませんでした・・・。今日は・・・先週の農林部門に続いて・・・亀川漁港で開催されている「大分県農林水産祭」の水産振興祭に・・・行ってきました・・・。

c0001578_23483379.jpg正午近くに会場入り・・・昨夕から、ずっと雨が降ってましたから・・・出足も鈍く、“売れ残ってんじゃないかなぁ~”なんて・・・微かな期待をしていましたが・・・なんのなんの・・・。
関アジ、関サバなどは・・・姿を見ることもできず(笑)・・・その他の活魚介類も・・・完売に近いような状態・・・ひょえ~!!!・・・(笑)。

となれば、昼食に・・・県下各地から一堂に会した秋の美味な“産直鮮食”・・・めったにめぐり合えない“海や川の幸”・・・出来うる限り、味わってみたいものです・・・。それが・・・“風土のFood”ですから・・・。

家族で手分けして・・・料理直売テントに並んで・・・“緋扇貝の浜焼き”、“海賊鍋(汁)”、“ドジョウの唐揚げ”、“アジ寿司”などなど・・・。

豊後の“水域の幸”・・・焼酎と違って・・・“甲乙”つけ難い“旨さの底力”・・・各地の“風土のFood”・・・こうして有り難く戴けることの至福に・・・心から感謝した一日でした・・・。

More “水域の幸”を味わう
by project-beppin | 2005-11-07 00:26 | 大分の風土・行楽
“地産地消”の活気・・・大分県農林水産祭(農林部門)
“天高く馬肥ゆる秋”・・・別府公園で・・・「大分県農林水産祭」が開催されていました・・・。

c0001578_1537050.jpgいやぁ~・・・会場は“ひと・ヒト・人”・・・県下各地の“地モノ”の野菜、果実、食肉などの農産加工品をはじめ・・・花、木竹品など・・・出るわ、売るわ、食うわ、作るわ・・・の大騒ぎで大盛況・・・(笑)。

なんといっても椎茸、カボスなどの野菜や果実も・・・抜群に新鮮でいいのですが・・・豊後牛、豊のシャモなどの食肉も・・・安いし・・・猟獣肉の猪・鹿・雉などの“ジビエ料理”もあって・・・別府でも、なかなか食せないものにもめぐり合えます・・・。“地産地消”・・・売る側も、買う側も・・・活気があります。

テントで売ってるアルコール類は・・・やっぱりビールが主流ですが・・・焼酎もちゃんと・・・八鹿の“なしか”がありました・・・“カボスを絞っち、飲んじょる”オイさんも・・・。

豊後の農林産品を・・・堪能できるこのお祭りは・・・今日までですが・・・水産部門は・・・来週末に・・・同じく別府の亀川漁港で開催されます・・・。この海の幸も・・・楽しみです・・・。

More ゴマだしうどんもカボたんも・・・
by project-beppin | 2005-10-30 15:41 | 大分の風土・行楽
出張紀行(番外編)/博多駅コンコースで・・・“壱岐七蔵”に出会う
22日(土)の帰路・・・“博多駅コンコース”では・・・「壱岐観光物産展」が開催されていました・・・。

c0001578_22445690.jpg青地に・・・“壱州鬼凧”(いしゅうおんだこ)絵柄・・・揃いの半被(はっぴ)で・・・「ハイ、どうぞ~、いらっしゃーぃ」と呼び込みの声もかかって・・・黒山の人だかり・・・。

そりゃ~・・・知らぬ顔で“味過ごす”ことなど出来ません・・・(笑)。
当然・・・吸い寄せられるように・・・壱岐焼酎のコーナーへ・・・。
“壱岐の七蔵”・・・天の川、壱岐の華、玄海、猿川伊豆、重家、山の守、壱岐焼酎協業・・・“息”のあった呼び込みで・・・試飲販売会場も盛況です・・・。

混み合う中で、試飲したのは・・・壱岐焼酎協業さんの「常圧蒸留 大祖」・・・ウェットな甘旨さと香ばしさが円く・・・柔らかなホロ苦み・・・ほぅぉ~、旨い・・・。

何しろ・・・米麹1/3、大麦2/3という壱岐伝統の風味は・・・米麹の甘旨さが重なり醸す味わい深さ・・・他にもいろいろ飲んでみたかったのですが・・・他のお客さんも多いので・・・なかなか、クイクイとは・・・ありつけませんでした・・・(笑)。
販売品の中で・・・唯一のワンカップ・・・「雪洲」を手にとって・・・
 私 「これ減圧?」・・・と不躾な質問・・・。
 担当の方 「お客さん!詳しいですね・・・こういう場で販売する時は専門用語はあまり使わないんですよ~・・・」
 私 「そりゃ~、大分じゃもん・・・(笑)。壱岐で蔵見学観光に行ったときは、“大分の減圧と違って旨さがあるでしょ”って言ってたよ。」
 担当の方 「大分ですかぁ~・・・私ら(壱岐)とは濾過法も違いますからね~」
・・・と・・・互いに自信を持ってますから・・・これで良いんです・・・(笑)。

それにしても・・・“壱岐の七蔵”の味わいが一堂に・・・試飲できるというのは・・・ありがたいことです・・・。

“豊後の蔵”も・・・がんばりましょうね・・・。

More “壱岐の七蔵”
by project-beppin | 2005-10-25 22:48 | 焼酎文化考
浜脇薬師まつり(その参)・・・花魁道中
 浜脇・・・昔の“色街”のなごりは・・・再開発によってほとんど消えてしまいましたが・・・。

c0001578_2314735.jpg この日ばかりは・・・“浜脇の艶っぽい情景”が・・・蘇ります ・・・「花魁道中」・・・。
 舞台の上での紹介を終えれば・・・温泉広場を通って市中(浜脇温泉周辺)を一周・・・。
 地域の名士(市長、県議、市議長、校長、院長)など・・・女装した“花魁”姿の“妖艶”と・・・
 ミス別府や地域の看護師などの初々しい“新造”姿の“美艶”・・・
 その美しさは・・・対照的でした・・・(笑)。

拍手をして迎えるおばあちゃん・・・握手を求めるオバさん連中・・・“よっ!はま奴っ!”と声をかけるオイさん・・・キャーキャー言って写メール撮影する女子学生・・・口をぽかんと開けて見上げる子供達・・・老若男女があまねく楽しみにしている・・・“夏の大衆芸能”的縁日の余興・・・観客はまるでオヒネリを投げるが如く・・・ケータイで撮影・・・。
 戦後の台風被害等で一時中断し・・・昭和49年から復活したこの“浜脇薬師まつり”・・・その中で、昭和61年から始まって今年で20周年となるこの花魁道中・・・ご年配の方には懐かしく・・・子供達には珍しい・・・日本の文化をアナログで楽しむひとときとなっています・・・。
 
 地域の誇る薬師如来の縁日、夏祭り・・・続いて欲しいものです・・・。

More “妖艶”な花魁道中
by project-beppin | 2005-08-29 00:00 | 大分の風土・行楽
浜脇薬師まつり(その弐)・・・縁日の風景
c0001578_9264282.jpg 子供達がお小遣いの小銭を握って・・・無邪気に“非日常”を体験できる・・・夏休み中の“別府の縁日”的な風情としては・・・私も、気に入っているお祭りなんです。

 この祭りではありませんが・・・露天商の裸電球の下でドキドキしながら遊んだ実体験・・・あの頃を思い出すオヤジ・・・。

 ヨーヨー釣り、りんご飴、イカ焼き、くじ引き、お化け屋敷・・・道沿いに立ち並ぶ露天で・・・目を輝かせた子供達・・・踊りに参加する地域の方々・・・浜脇の薬師如来の縁日には・・・観光イベントとは違う・・・古き別府の“地域の素顔”がある気がします・・・。

More 総踊りと薬師堂と縁日
by project-beppin | 2005-08-28 09:31 | 大分の風土・行楽
浜脇薬師まつり(その壱)・・・見立て細工と浜脇温泉
 「宿題が終ってないと行けないのよ~、分ってる~」という女房殿の言葉に・・・ここ二、三日素直に従っていた次男坊・・・。
 次男坊が気に入っているお祭りで・・・毎年のように出かけるのが・・・この「浜脇薬師まつり」です。

c0001578_25631100.jpg 「行くぞ~」と次男坊に声をかけて・・・朝見川に沿って・・・下ると・・・ワシントニア・パームが川沿いに立ち並び・・・対岸(右側)の浜脇温泉の周りが縁日の灯りで・・・迎えてくれます。

 テクテク歩いているうちに・・・浜脇温泉が近ずくと・・・何処からともなく次男坊の名を呼ぶ声・・・次男坊は、オヤジを振り返りながら・・・目と目で暗黙の了解・・・友達が手を振る方へと・・・消えてゆきます。
 さて・・・オヤジはというと・・・まずは、テントの中に並ぶ・・・「風流見立て細工」を見物しましょうかねぇ・・・。

More 見立て細工と浜脇温泉
by project-beppin | 2005-08-28 03:02 | 大分の風土・行楽
音楽の春・・・別府アルゲリッチ音楽祭
今年のGWは、比較的天候に恵まれて・・・終りましたね。トリニータも・・・今日のビッグアイの試合で8位に浮上!・・♪チャ、チャ、チャ、チャッチャ ♪ ト~リニ~タッ!♪

c0001578_21573819.jpg“GWで一段落・・・”ではないんですよ・・・!この週末には・・・“音楽の春”を告げる・・・「別府アルゲリッチ音楽祭」がはじまります。

会場は・・・別府コンベンションビューロー“ビーコンプラザ”と大分市の“iichiko総合文化センター”。

会期中に・・・音楽祭総監督である
 マルタ・アルゲリッチ・コンサート
は、もちろん・・・
 若手演奏家コンサート
 子どものための無料コンサート
などの公演プログラムもあります。

今年が7回目になるこの音楽祭・・・継続は力なり・・・“文化の醸成”とは・・・こういう取り組みからはじまるんでしょうねぇ・・・。
by project-beppin | 2005-05-08 22:00 | 大分の風土・行楽