タグ:角打ち ( 4 ) タグの人気記事
“かくち”の“日田弁”哀歌・・・コージー大内「角打ブルース」
毎年、恒例となった“べっぷ クリスマス HANABI ファンタジア”・・・今年も“クリスマス・ソング”とシンクロする“花火”・・・明日(24日)のイブは、この夜空の下と・・・決めてる方々は、是非、別府へ・・・。

c0001578_2242939.jpgで・・・最近、オヤジ自身が“シンクロ”してしまって、嵌まりに嵌まっている“Listen 酎 Me”がありまして・・・それがコレ・・・“コージー大内”の“初アルバム”となるCD一枚・・・アコースティックなギター一本を爪弾き、歌い語る“哀歌”の全11曲・・・『角打(かくち)ブルース』・・・。

実は・・・春過ぎにHAKUDOU師匠に誘われて“ミタラった”時に・・・師匠と確か?大分・長浜角打ち学会の“グッチー”氏にこのCDを拝聴させて頂いた記憶があったのです・・・。

その時は“ミタラう”ことに浮かれていたせいか?、じっくり聴き入ることができなかったせいか?・・・その後も“ミタラって”いながら・・・そのままとなっていました・・・。

それから、夏が過ぎて・・・たまたま、日田の知人から“サイン入り”CDを借りたのが秋で・・・直ぐさま、このCDを購入・・・それからというもの通勤時であろうが、家族の“アッシー”運転時であろうが・・・もう“ヘビー・ローテーション”の聴きまくり・・・完璧に“嵌まり”ました・・・。

何が?って、あーた!・・・“Over フォーティー”のオヤジにして・・・日本の“カントリー・ブルース”は“憂歌団”と“上田正樹”だけと思い込んでいたところに・・・“ライトニン・ホプキンス”にインスパイアされた“テキサス・ブルース”ならぬ・・・“オヤジ”と“焼酎”と“青春”の光と影をテーマに“等身大”で弾き語る“日田弁・ブルース”ばい?・・・そりゃぁ~、聴かにゃぁ~・・・(爆)。

正調“日田弁”で歌いながら・・・英語のテキサス訛りに聞える“空耳”感覚といい・・・唯一、彼自身が“人生”を秘めた“カントリー・ブルース”だからこそ・・・シニカルで、コミカルで、真面目に心に“響く”んだと思います・・・。

九州には“駅長おススメの湯”があるように・・・酎州には“オヤジおススメの一枚”ってのが・・・あっても良いでしょ・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・100位圏内ですので・・・。
 これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・
人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・。
m(_ _)m。
皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。


More “さん、のぅ、がぁ~、はいっ!”・・・
by project-beppin | 2008-12-23 23:22 | 焼酎文化考
夏宵の“ミタラう”礼讃・・・神秘酒『キトラ』と「なしか!」の共鳴
夏本番!・・・30℃を越える“真夏日”となった金曜日(11日)・・・HAKUDOU師匠が“お国入り”・・・あの燻し銀の“角打ち”酒徒たちが集う“聖堂”・・・“御手洗酒店”へ・・・。

c0001578_1241625.jpg職場から直行・・・つまり、車は繁華街の駐車場で“一泊”と決めて・・・遅ればせながら宵闇の20時をまわって伺うことができました・・・。

“長浜神社”を過ぎると一際、輝く店灯り・・・既に“七輪”を囲む“焼方”の人影・・・路上にも溢れる常連・・・これが“ミタラう”という動詞の原風景かと・・・“日常”の暮らしに馴染んだこの光景に早くも浮かれてしまうのであります・・・。

店頭で接客していた“おかあさん”に「こんばんわぁ」と挨拶し・・・店内の“定位置”となった場所で“板場”を仕切る“寛さん”の姿を見つけて近寄ると・・・もう酒徒に“同化”していたHAKUDOU師匠を発見・・・(笑)。

聞けばHAKUDOU師匠は・・・この日、17時頃に店を開ける手伝いをしたというんですから“信奉者”たる酒徒の“鑑”・・・。

「お久しぶりです」と声をかけ・・・「やぁ、どうもっ」と気さくに振舞ってくれる師匠や“寛”さんや“長浜角打ち学会”の“グッチー”さん、“ソニック”さんなどとともに・・・あれよ!これまたお久しぶりの“あだっつぁん”にも“再会”・・・師匠が引き寄せた面々が快く迎えてくれました・・・。

まだまだ“新参者”のオヤジ(私)は、自ら買ったワンカップ「なしか!」を飲みながら・・・皆さんが勧めてくれる佐伯の“ちりめん”おにぎりや“カマス”、香川の“醤油豆”などなど・・・アテを頂戴しながら“夏宵”の“夏酔い”へと・・・。

“酒徒の聖堂”であり“角打ちムジカ(MUSICA)”である“御手洗酒店”・・・この“地場”と共振するHAKUDOU師匠の“磁場”・・・さてさて、今回はというと・・・ご覧のとおり大分の麦焼酎「なしか!」に・・・奈良は明日香“神秘”の清酒「キトラ」が“共鳴”したのであります・・・。

この“脇本酒造”の「キトラ」・・・これです・・・大分の“酒徒MUSICA”で飲んだ“キトラ古墳”の“霊力”の“味わい”に引き込まれました・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して70位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “酒徒MUSICA”に「キトラ」・・・
by project-beppin | 2008-07-13 12:04 | 異郷酒晩酌伝
一合“清甘”「ぶんご梅」・・・「御手洗酒店」(その2)
“角打ちMUSICA”・・・長テーブルに陣取るHAKUDOU師匠も・・・“寛”氏ほかの皆さんと正に“寛”談中・・・(笑)。師匠に引率していただいた“新参者一見客”であるこんオヤジ(私)も・・・発泡酒、麦焼酎と“打って”・・・まだまだ、飲みたい“心地酔い”・・・。

c0001578_1395174.jpg酒棚に並ぶ豊後の“清酒”に目をやれば・・・定番の国東「西の関」、九重「八鹿」、臼杵「一乃井手」、久住「千羽鶴」に交じり・・・庄内『ぶんご梅』・・・“夜桜ラベル”ということは、上撰でしょうか?・・・。

銘柄の“能書き”を垂れるよりも・・・まずは、百円玉2枚で“正味一合”の“コップ酒”・・・。

コップに口を近づけてスーッと啜る“清酒”の“心地酔い”味わい・・・この酒質は、普遍的な“清甘”な味わい・・・円みのある醸し香に落ち着いた口あたりのコク旨み・・・喉越しのゆるりとしたキレ・・・ああ、好い風味・・・。

このコップ酒を飲みながら・・・“グッチー”氏にこの店の“おやじさん”と“角打ち酒店縁起”について聞いてみたところ・・・“おやじさん”は、凧もJAZZも落語もオーディオにも造詣が深い方であり・・その“おやじさん”と“おかあさん”の人柄が・・・“一家言”ある“酒徒”を集わせ・・・その“常連”達と共にこの“角打ち場”を設えて現在に至った・・・とお教えいただきました・・・。

流れるBGMは・・・♪ ウイスキィーが お好ぅきでしょっ・・・♪ (石川さゆり)

“話”を聞き、“音”を聴き、“酒”を利けば利くほど・・・さらに魅了されるこの“場”の存在感・・・此処には、日常の中で消えかけている“何か”が確かにあるんです・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 「ぶんご梅」の“磁場”・・・
by project-beppin | 2008-03-11 01:42 | 大分地霊の酒 ect.
“長浜詣で”の“角打ちMUSICA” ・・・「御手洗酒店」(その1)
週末、金曜日(7日)・・・HAKUDOU師匠の来県・・・師匠からお誘いいただいていた“長浜詣で”に・・・。

c0001578_23251254.jpg20時過ぎ・・・大分市内の由緒正しき“長浜神社”にほど近い“長浜角打ち学会”の集会場・・・師匠も陶酔する「御手洗酒店」のガラス戸を開けます・・・。

立ち呑みカウンターに流れるヒミツの“JAZZ”の調べ・・・常連の皆さんが4名ほど先客・・・「どうもっ、こんばんわ・・・」とすぐさま馴染む師匠に倣って・・・“新参者”のオヤジ(私)も“発泡酒”一缶を飲む間に・・・“グッチー”氏ほか“常連”の皆さんが交わす“酒徒談義”に耳を傾けます・・・。

洩れ聞こえるのは・・・別府の飲み屋“九丁目の八ちょう目”のこと・・・別府から参加した私には、馴染みの話題であったことから・・・さっそく、その談義に加わって・・・すっかり“お仲間”気分になっていました・・・(笑)。

その後も・・・ワンカップ「なしか」を片手に、ちょっとしたアテを摘みながら・・・昨年、この店に集う有志が豊肥線と肥薩線で出かけた“鹿児島への旅”の写真を見せていただいたり・・・CD“琥珀色の時間”からお気に入りの曲を聞き拾ってみたり・・・店内の気さくな“酒徒”の面々に“一家言”をもった話をお聞きしたり・・・ほんと、気分の良い“角打ち”の時間です・・・。

この店の魅力は・・・“酒”、“人”、“音”、“情”が醸す人を惹きつける“場”の存在感・・・“酒徒”自らが築いた“理想郷”・・・“角打ちMUSICA”です・・・。




※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “角打ちMUSICA”の存在感・・・
by project-beppin | 2008-03-09 23:29 | 焼酎文化考