タグ:豊後大野 ( 22 ) タグの人気記事
“芳麦無比”のポスト“舞香”・・・「トヨノカゼ」
“夏至”を過ぎ、“高速道路無料化社会実験”も始まり・・・“暑気払い”の声がかかる“7月”となりました・・・。

c0001578_2221245.jpgこの夕食時の晩酌は・・・女房殿の簡単な“おかず=アテ”しかないと“前置き”されていましたので・・・出て来た“燻製こんにゃく”と“タレ焼鳥”を見て・・・まぁ、こんなもんでしょう・・・。

そんな中で・・・開封したのは『トヨノカゼ』・・・“生”でちょっとだけ嘗めたあと・・・瞠目・・・久しぶりの“フルボディー”のガツン系です・・・めっちゃ、旨ぁ~い!!!。

蒸暑さの残る晩酌には、迷わず“ロック”でした・・・。またまた、これも“大感激”、“大感動”・・・一口飲めば・・・“裸麦”系“常圧”だと明快にその“芳麦”に“陶酔”します・・・。

撮影しているうちに氷が融けかけたグラスを口元へ・・・浮かんだ氷の“冷酎”の中でも、立ち上がってくる芳ばしい“裸麦”の“焙煎香”とでも表現したいこの香り・・・一瞬、記憶の彼方に残るあの「舞香」の風合いではないか?・・・と、味わいの記憶回路が“同化”してしまいました・・・。

その“芳麦”感は、口中に含んでも期待通り・・・口あたりは、冷えた香ばしさのホロ苦い甘み・・・これは“ロースト・ロック”の真骨頂・・・・・・アルコール感が引っかからない喉ごしの“苦・辛・甘”味の心地よい“複奏”・・・。余韻も芳ばしく・・・しっかりした味わい深さです・・・。

■ 「トヨノカゼ」(藤居醸造:豊後大野市/常圧:裸麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 芳ばしく香しき焙煎麦香の匂い発ちと、その期待を裏切らないホロ苦い含み香に洗脳される角の取れた醇粋な苦甘みが豊かな濃厚タイプ。口中に広がるロースト感の麦風味は、麦の深淵に引き込まれる喉越し、芳醇でビターな麦アルコール感の複奏を感じる超ぉ~秀逸品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More “燻製こんにゃく”と・・・ポスト“イチバンボシ”の“常圧”
by project-beppin | 2010-07-02 22:59 | 大分麦焼酎
芳薫“ビター・クラッシック”・・・「魔法酔」
梅雨も“本番”となると・・・ここ数年、九州の何処かで必ず“ゲリラ雨=集中豪雨”・・・一昨日(6月30日)から昨日(1日)の明け方にかけて確かに別府も降りましたが・・・凄まじい雨の被害を受けたのが“熊本北部”と“大分県西部”の日田市周辺・・・ニュースが伝えたように記録的な24時間降水量だったと・・・。

c0001578_0191566.jpg別府も“シトシト”と降り続くという梅雨のイメージがなくて・・・曇、雨、晴、曇、雨・・・と日替わりに近い空模様が続いています・・・。

この日も帰り道は小雨が残るような天気・・・玄関を開けるなり“ジトォー”とした開襟シャツをはだけて“ただいまぁ~”と・・・食後に寛ぐ家族の“おかえりぃ”も愛想ナシ・・・食卓に残るオヤジ分の“おかず”に目をやりながら・・・短パンとTシャツに着替えたオヤジの“晩酌”と相成りました・・・。

麦茶を一杯飲んで食卓に着き・・・並んでいたのがこの3品・・・ゆずポン酢風味で“白菜と豚バラの蒸煮”、だし味噌風味の“こねり”、酢に醤油の“〆鯖”・・・油っぽくないところが“梅雨バテ”気味のオヤジにはありがたい・・・。

ついつい“試してみよう”と開封した一本は・・・豊後大野は“丹誠酒類”の長期貯蔵“常圧”酎・・・この時候ですから迷わず“ロック”・・・『魔法酔』・・・。

先ずは、開封時に嗅ぐ香り・・・想わずググッと引き込まれるような甘く香ばしい放香・・・潤ったリキュールアロマのようなとでもいいましょうか・・・期待させます・・・。

そのアロマから膨らんだ期待を・・・氷を入れた小ぶりの猪口に注ぎ・・・氷が融けて浮き上がった頃合いで一口・・・表層は水っぽく薄くなっているはずなんですが、なんとも旨い!・・・甘みが先立つ麦独特の芳ばしさ・・・。もう、この時点で“アタリ”です・・・(笑)。

「旨めぇなぁ~」と口にしてしまうと・・・女房殿が横取り・・・嘗めるようにちょっと飲んで「おいしいね、常蔵みたい・・・うーん、もうちょっと・・・」と二口、三口・・・。

これが飲み始めると止めれない“魔法”なんでしょうか・・・女房殿から取り戻して、濃い味わいを含んでみましたが・・・ほど好い苦旨みの芳ばしさに甘旨みの伸びる鼻抜けの“芳薫”が見事に味わい深い・・・。

長期貯蔵だけあって、角がとれた円みに満ちたアルコール感もスムーズに口中を転がるようで・・・喉越しも芳ばしい甘旨み“ビター”感の余韻と鼻腔の“残り香”の追憶に酔いしれます・・・。音楽に譬えるなら正に“クラッシック”・・・長期貯蔵“常圧”の“交響曲”ですな・・・。ギンギン迫り来る響きではないのですが・・・瞼を閉じながら深く利き飲める響きがあります・・・。

■「魔法酔」(丹誠酒類:豊後大野市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 甘く芳ばしい円やかな麦の薫りと、バランスのいい甘旨みと苦芳ばしさの複層する円熟したアルコール感の濃厚タイプ。交響曲のように印象深いビターな味わいの余韻と、スムーズなアロマの追憶が心に残る優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More 初夏の“食物詩”・・・“こねり”が旨い!・・・
by project-beppin | 2009-07-02 00:38 | 大分麦焼酎
“地銘柄”に潜む“温和”な旨さ・・・焼酎「白藤」
一昨日夜(30日)の話題は・・・なんと言っても、北京オリンピック アジア再予選“ハンドボール男子”の“日本 vs 韓国”戦でしたね・・・。大分(国際情報高校)出身の日本代表選手・・・“宮崎大輔”と“末松誠”・・・シュートでの大活躍が光りましたが・・・韓国のキーパーも凄かった・・・一歩及ばず“惜敗”・・・。大分トリオのもう一人“野村広明”の・・・『まだ終わってないよ!』にまだまだ“希望の光”が見えます・・・ガンバレ!NIPPON!・・・世界最終予選へ“当たって砕けろ!”じゃぁ~・・・。

c0001578_036539.jpgと言いながら・・・“BS 生中継”を見ることができなっかた我が家では、スポーツニュースでその結果を知ったのですが・・・(笑)。

今夜は、帰宅運転中に携帯に入った“伝言メモ”に運よく気づき・・・女房殿の“使い捨てカイロを買って帰ってきてくださーい”という“指令”に応えてコンビニに立ち寄った後、結局、22時を回って帰宅・・・。

「寒かったぁ~」と言いながら・・・左手に“一升瓶”、右手はストーブの上にかけてあった“ヤカン”を持って、食卓に陣取ったところ・・・お手製の“キッシュ”と・・・レトルトの“ハンバーグ”を・・・温め直して出してくれました・・・。

(ここだけの話ですが・・・)こんな寒さこそ、麦焼酎の“お湯割り!”と決めて・・・煮物か焼き物の“和肴”を予想していたオヤジとしては・・・ちょっと期待はずれ・・・(女房殿に対して)“酎党の笛”を吹きたくなりました・・・(お粗末!)。

で・・・その麦焼酎というのが、この焼酎『白藤』・・・。皆さん、知らないでしょう・・・(微笑)。実は、私も知りませんでしたが・・・先週、竹田市に出かけた“同僚”が、珍しがって買ってきた一升瓶・・・あの「舞香」や「特蒸 泰明で知られる焼酎専業蔵“藤居醸造”さんの“地銘柄”らしきモノ・・・。

五日前に開封したのですが・・・毎晩、6:4“お湯割り”2杯の至福を味わっておりました・・・(笑)。

その味わいの“中味”は?と云うと・・・私の味覚憶えに間違いがなれば、たぶん・・・あの25度「自然麦」の地元“20度版”でしょう・・・。ホロ香ばしい甘さが先行する柔かな麦旨さが、さらに飲みやすく・・・“ゆるり”と“じんわり”沁み込む“温和”な晩酌っていう感じ・・・好いですねぇ~・・・。

■ 「白藤」(藤居醸造:豊後大野市/常圧:麦・麦麹)20度・・・ガツン濃厚タイプ
 常圧らしい麦香ばしさに甘苦いアルコール感が膨らむ心地よい濃厚タイプ。お湯割りのホロ香ばしい甘さが先行し、柔かな麦旨さの長い余韻こそ、地元で飲み続けたい晩酌定番の優品。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!を頂戴し・・・ありがたいことに一時的にはトップ20以内にランクインすることができました・・・ありがとうございました。ですが・・・現在は、またもや50位圏外ですので、これからも・・・ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、まあ、応援してやろうかぁ~”とか“善意”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。“都合のいいお願い”ですが・・・よろしく・・・。

More “キッシュ”と“一升瓶”・・・
by project-beppin | 2008-02-01 00:39 | 大分麦焼酎
柔らかく飲める“大分割り”・・・「大分んもん」
一日に7杯もの“丼物”・・・“酢香丼”、“野丼”、“手歩丼”・・・こんなに日本海に食らわされると“威嚇超”ですね・・・。いくら“毒菜”が好きでもこれほど偏食が続くと良くありません・・・ちゃんと“青菜”を“一杯”与えないと・・・。

c0001578_12915.jpgこんな“きな臭い”話は・・・ニュース解説に任せて・・・“七夕”の夜ですから・・・“彦星”と“織姫”の“逢瀬”に想いを寄せましょう・・・。

♪ 笹の葉
 さ~らさら               
 軒端に揺れる                   
 お星さ~ま
 き~らきら                 
 金銀すなご♪
(唱歌:たなばたさま)               

遅く帰った我が家の“彦星”(私)・・・“織姫”(女房殿)の“仰せ”のとおり・・・シャワーを浴びてさっぱりした気分で“晩酌”・・・。

やまと芋と鰤身の“やまかけリュウキュウ”と・・・“野菜の天ぷら”・・・旨そうです・・・。

疲れを癒す“一杯”の至福を・・・すっきりとクイクイ飲みたかったので・・・『大分んもん』20°を7:3の“白湯割り”にして・・・かぼす果汁を数滴垂らして・・・“大分割り”です・・・。

氷を入れないのは・・・清酒の“冷や”の感覚・・・冷やしすぎないことで、かぼす果汁の酸味を穏やかにして・・・ドライな麦焼酎独特の甘味を最大限引き出す飲み方・・・。ゆっくりクイクイ料理と一緒に飲む時に・・・丁度合ってるんです・・・。

穏やかな“果実香”が漂う感じの甘みをもっているこの焼酎・・・もともと20°ですから、ドライ系の中でも“シャープ”というより・・・“ソフト”な口あたりに甘旨みがのっていて・・・おとなしい鼻抜けに安堵できますし・・・舌先で転がしても“すぅ~”と滲みこむような透明感があります・・・。

“かぼす果汁”はほんの数滴・・・入れ“過ぎない”方が美味しいです・・・。

ソフトなドライ系20°「大分んもん」と“白湯(さゆ)”で・・・氷のない“水割り”・・・夏の夜の“ゆっくり晩酌”には・・・焼酎の味わいを楽しむ“ベスト・カップル”だと思います・・・。

■「大分んもん」(藤居醸造:豊後大野市/減圧:麦・麦麹)20度・・・ドライ淡麗タイプ
 穏やかな甘い果実のような香りを漂わせ、円醇な甘みが柔らかい口あたりと味わえる旨さの喉越しに安らぐ淡麗タイプ。味わいを持ちながらも、染み渡るような透明感が印象深い優品。

More “やまかけリュウキュウ”と“野菜の天ぷら”
by project-beppin | 2006-07-08 12:11 | 大分麦焼酎
コクありの“ちょい辛”・・・旨口「金鷹 上撰」
長雨が上がった昨日・・・カラッとした“五月晴れ”・・・別府は市長選の“選挙カー”が・・・最後のお願い・・・。市有地(楠港跡地)の活用が争点・・・企業誘致か、凍結再検討か・・・?。(今日、投票日です・・・。)

c0001578_9582851.jpgそんなことも・・・女房殿と話していた夕方・・・。
“夕食、何にする?”と女房殿に聞かれ・・・先日、居酒屋に行った時の“アンチョビーが美味しかったなぁ”って言ったもんですから・・・“アンチョビー・サラダ”と“卵とじチキンカツ”・・・。

酎リーング”で最後に残っていた清酒ワンカップ・・・『金鷹 上撰』を飲んじゃいましょう・・・ちょっと、この料理には“アウェイ”ですが・・・(笑)。

“カポッ”とアルミキャップを取って・・・“グピッ”っと・・・甘みのまったりとのったコクで・・・ゆるりと“ちょい辛”のキレ・・・旨口の酒質・・・。

甘過ぎず、軽過ぎず、綺麗過ぎない・・・“味ののった”タイプの旨口・・・という意味では・・・「丹誠 上撰」と似ているようにも思いますが・・・ちょっとだけ辛口ですかね・・・。

More “アンチョビー・サラダ”と“卵とじチキンカツ”・・・
by project-beppin | 2006-05-21 10:00 | 大分地霊の酒 ect.
キレのあるすっきりした飲み口・・・「荒城の月」
釣りから帰って・・・女房殿の夕飯支度の前に・・・さっそく、次男坊の釣果を捌きました・・・“ネバゴチ”3匹・・・(笑)。

c0001578_2153947.jpg塩でヌルミを取って・・・腹腸を出して・・・冷水で洗って・・・水切りして・・・皿に並べておけば・・・女房殿が“唐揚げ”にして出してくれました・・・。

他にも・・・“味付けマグロの唐揚げ”や一口サイズの“揚げ出し豆腐”も・・・。

“揚げ物”には・・・ドライ淡麗タイプが欠かせません・・・“酎ーリング”の折に入手した・・・『荒城の月』25°ワンカップを・・・“カボス&ソーダ”で割って・・・すっきり飲みたいです・・・。

先ずは、キャプを開けて“生”でチビリと飲んだのですが・・・微香のシャープな口あたりで・・・仄かな優しい甘さがあって・・・ドライですが、心地よい味わいが軽快なアルコール感です・・・。

それでは・・・氷の入ったグラスに“100%カボス果汁”を少しと・・・焼酎を入れ・・・6:4となる濃いめの“ソーダ割り”・・・。
軽くステアして、グビッと飲めば・・・口中で“シュワッ~”・・・やっぱ、旨いです・・・この“柑橘酸”味とドライなキレが効いた“スパークリング感”・・・くぅ~、うめぇ~・・・。

■「荒城の月」(丹誠酒類:豊後大野市/減圧:麦・麦麹)25度・・・ドライ淡麗タイプ
 シャープな微香、仄かな優しい甘さに心地よい味わいが軽快な淡麗タイプ。キレのいい凛麗な口あたりとすっきりとした飲み口のアルコール感がオールマイティーな良品。

More “ネバゴチ”と“味付けマグロ”の唐揚げ・・・
by project-beppin | 2006-05-15 02:18 | 大分麦焼酎
どっしりとした“上燗”・・・旨口「丹誠 上撰」
まだまだ・・・G.W.期間中の“酎ーリング”も・・・その後の“雨月の宴”も・・・その他もろもろも含めてエントリー・アップを終えてませんが・・・旧緒方町“酎ーリング”にちなんで・・・5月4日(木)に飲んだ清酒ワンカップを・・・。

c0001578_135347.jpgこの日は・・・暑いくらいの“五月晴れ”だったのですが・・・夕方は過ごしやすい感じでした・・・飲み始めたのは夕食前・・・アテは“山葵味噌”と“山葵葉の醤油漬け”・・・。

もちろん、この時に買い求めた・・・『丹誠 上撰』・・・田舎のオイさん達には“佳撰”よりも“上等な日常酒”です・・・(笑)。

“三増酒”ワンカップと言われようが・・・“燗つけ”でこそ!の味わいがあると思ったもんですから・・・この日は何となく、お燗をつけて飲みたくなったんです・・・。

アルミタンポで湯煎・・・いつもより、少し長めの“上燗”・・・。

“山葵味噌”を箸で突っつくように舐めながら・・・湯呑に注いで、クィッとあおれば・・・“ゆるり”とした匂い発ちに・・・淑やかで“豊潤”なコクがどっしりとしていて・・・旨口の酒質・・・。

吟醸酒のような淡麗“過ぎず”・・・つまり、甘過ぎず、軽過ぎず、綺麗過ぎない・・・“味ののった”タイプの旨口・・・と云った感じでしょうか・・・。

More “山葵葉の醤油漬け”も・・・
by project-beppin | 2006-05-09 01:37 | 大分地霊の酒 ect.
県南・豊肥紀行(その2)・・・水路と田園の二蔵を歩く
番匠川を溯り・・・県道35号線から53号線を旧宇目町へ抜けて・・・R326号線で旧三重町を経由して・・・R502号線を豊後大野市緒方(旧緒方町)へ・・・。

c0001578_23392827.jpg原尻の滝”周辺の“チューリップまつり”も終る頃・・・番匠川上流の山間地の風景とは一変して・・・緒方川と水路に囲まれた穀倉地帯が輝いています・・・。

用水路の水の流れは・・緒方川の豊富な水を湛えて・・・“春の清涼感”があります・・・。秋には“原尻の滝”上流の川中にある鳥居を越えて神輿が渡る“緒方三社川越しまつり”も開かれる・・・水との関わりが深い風土です・・・。

こんな水に恵まれた風土の町には・・・清酒「金鷹」や「鷹来屋」と焼酎「さぶろう」の浜嶋酒造さんと・・・清酒「丹誠」と焼酎「荒城の月」の丹誠酒類さんが並び建っています・・・。

More 旧緒方町“酎ーリング”・・・
by project-beppin | 2006-05-07 23:47 | 大分の風土・行楽
ひとときを楽しむ“ロースト・ロック”・・・「舞香」
なかなか、ゆっくり飲めない日々が続いています・・・G.W.前は、それなりに忙しさを楽しみながら・・・なんとか、頑張ってます・・・(笑)。

c0001578_2225748.jpg今日は21時をまわって帰着・・・夕食後、すぐに風呂・・・22時を廻って・・・“飲める悦び”・・・。

帰り着くのが、遅くなってしまうことで・・・“量を飲む”というより“味わって飲む”・・・と思ってしまうんですね・・・。

こういう日には“食中晩酌”ではなく・・・寝酒に近づく“ひととき晩酌”・・・。

スティックタイプのビスケット“野菜バー”を咥えて・・・ゆっくり本でも読み返しながら・・・“ロック”で『舞香』を・・・。そうです・・・あの「特蒸 泰明」の“長期貯蔵酒”・・・。

氷が浮かぶグラスの透明な液体に口を近づけると・・・“はったい粉”を焙煎したらこんな香りではないのか?と思ってしまいます・・・。麦香の“スモーキー”な甘さを深呼吸して嗅ぎたくなるような・・・ガツン系の見事な“Fragrance body”・・・。

冷えた香ばしさのホロ苦い甘みの口あたりは・・・正に“ロースト・ロック”・・・清々しさを伴って、きれいな喉越しへと“昇華”します・・・アルコール感が“円熟”した心地よい円やかさ・・・。余韻は柔らかく・・・“安らぐ”味わい深さです・・・素直に旨い・・・。

先日発表になった熊本国税局の“18年酒類鑑評会”の入賞結果・・・「泰明」で入賞した藤居醸造さんへの“祝杯”も兼ねて・・・この旨さを味わいながら・・・“ひととき晩酌”を楽しむことができました・・・。

(愛用のデジカメが“電池切れ”・・・長男坊の携帯スナップ撮影で・・・。)雰囲気は、お伝えできていますでしょうか・・・?

■「舞香」(藤居醸造:豊後大野市/常圧:麦・麦麹)25度・・・ガツン濃厚タイプ
 麦香のスモーキーな甘さの心地好い香発ちと、香ばしさのホロ苦い甘みの円熟した濃厚タイプ。ロースト風味でありながら清々しいきれいな喉越しに、アルコール感の円やかさが味わい深い気品を漂わせる逸品。
by project-beppin | 2006-04-28 00:56 | 大分麦焼酎
甘辛な“鯖の味噌煮”に、中庸な旨口・・・特別純米酒「鷹来屋」
雨も上がって・・・ちょっと寒いのですが・・・女房殿は「晴れて“花粉”が飛ぶよりマシじゃない・・・」と・・・。そろそろ、女房殿の鼻も“センシング”しているようです・・・。

c0001578_21525284.jpg部活のなかった長男坊も・・・食べ終えていましたから・・・今夜は、オヤジが一人で夕食兼晩酌・・・。

お惣菜コーナーの特売だったという“枝豆天”と“野菜天”に・・・長男坊の好物“鯖の味噌煮”の缶詰・・・。
練モノ天ぷらは、オーブン・・・“鯖缶”は“湯煎”・・・ともに、温め直し・・・だそうです・・・。

女房殿が“湯煎”から出された“鯖の味噌煮”を盛り付けている合間に・・・その鍋で・・・清酒ワンカップをアルミタンポで“ぬる燗”に・・・特別純米酒『鷹来屋』。

いいですね・・・“砥部焼”の湯呑に伝わる“ぬくもり”と・・・この純米らしい“色つき”の透き通り方・・・ふんわりとした香りも穏やかです・・・。

ひと口つければ・・・地味な旨口の感・・・。しかし、何と云ったらいいのか・・・“濃醇”過ぎないコク旨さに・・・“淡麗”過ぎないキレがあって・・・喉越しには“馥郁”過ぎない余韻が楽しめる・・・って感じです・・・旨い!。
この“過ぎない中庸さ”の味わいは・・・“醇麗”とでも表現したくなるほど・・・なかなか、真似できるようで、できない酒質かも・・・。

甘辛な“鯖の味噌煮”にも・・・バッチリ!相性抜群ですし・・・練モノの塩加減にも・・・キッチリ!まとめてくれました・・・。
清酒好きの方なら・・・これが“日常酒”なら、幸せでしょうねぇ・・・。

私は・・・このあと(つまり、今)・・・「由布岳」の“お湯割り”を飲んでます・・・。
by project-beppin | 2006-02-20 21:54 | 大分地霊の酒 ect.