タグ:長崎県 ( 4 ) タグの人気記事
“唐墨(カラスミ)”に真髄“壱岐焼酎”・・・35°「山乃守」
由布岳が“初冠雪”し、鶴見岳も“霧氷”というニュースが流れた今週・・・豊後の晩秋も本番の冷え込み・・・“紅葉前線”も一気に里山へと下って来たなと・・・。

c0001578_082242.jpgそんな寒さを吹き飛ばすように今、大分県民が熱中するスポーツといえば“サッカー”と“相撲”・・・。

そうです・・・サッカーは、昨日のアジア予選日本代表“ドーハの逆襲”に安堵している場合ではなく・・・この日曜日(23日)の“大分トリニータ v.s. 鹿島アントラーズ”が天下分け目の“大一番”・・・“首位”アントラーズを勝点2点差で追う“4位”トリニータにしてみれば・・・絶対負けられない・・・。“ヤマザキナビスコCup”を制した勢いで・・・“Jリーグ制覇”を成し遂げる絶好の“チャンス”なのですから・・・。

それと・・・今、行われている大相撲“九州場所”・・・大分県佐伯市出身の“嘉風(よしかぜ)”・・・3敗を守って“星一つ”の差で横綱“白鵬”と関脇“安馬”を追う展開・・・大関“千代大海”もなんとか“角番脱出”・・・。

そんなこととは無関係に・・・食後の食卓で何かを作ろうとしている女房殿・・・そんな女房殿とも無関係に風呂上りの晩酌を自分で準備したオヤジ(私)・・・食卓で互いの時間が交錯しています・・・。

一昨日に灯油を買った我が家・・・ストーブにかけた薬缶からお湯をポットに注いで・・・6:4“お湯割り”の一杯・・・“出張土産”の“唐墨”を刻んで“長崎尽くし”・・・。

大麦2/3と米麹1/3という伝統の原材料・・・この“黄金比”と“かめ仕込み”の“醍醐味”を最も香り高く、味わい深く堪能できるのが“壱岐焼酎”の真髄35°「山乃守」・・・。

お湯を注いだ湯気に香る芳ばしさ・・・米麹の甘い抱擁感の麦香とでもいいましょうか・・・匂い発つとはこのことというほど福与かです・・・。

口に含んだ途端・・・ジワァ~っと口中へ染み渡る濃醇な旨味・・・痺れるような“かめ仕込み”独特のホロ苦い辛口の響きと米麹の力強い旨口が・・・喉越しと余韻に甘旨さを共感するあたりまで・・・尖り過ぎず自信に満ちた味わい深さは・・・見事に隙がありません・・・“旨い焼酎”とはこういう焼酎のことだと素直に思います・・・。

アテの“唐墨(からすみ)”・・・“天下三珍”の一つとされたその旨味が・・・“壱岐焼酎”の真髄と・・・これまた“共鳴”するんですなァ・・・これが・・・。

■ 「山乃守」(山乃守酒造場:長崎県壱岐市/常圧:大麦・米麹)35度

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・80位圏内ですので・・・。
 これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・
人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・。
m(_ _)m。
皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。


More 絶品晩酌!・・・“唐墨(からすみ)”と“お湯割り”
by project-beppin | 2008-11-22 00:11 | 隣人の焼酎・泡盛
"送別の宴"で“starchy flavor”な旨さ・・・「じゃがたらお春」
今年は“黄砂”と“花粉”が雑じる“雨の桃節句”・・・“姫”のいない我が家は、“白酒”こそありませんでしたが、玄関には“立ち雛”飾りがあって・・・暦の上では“弥生三月、春近し”の趣・・・。

c0001578_0384341.jpg先週の木曜日(28日)・・・“東京転勤”が決まった方の“送別の宴”のお誘いがあり・・・駅前の“まやかしや”へ・・・。

数年前から仕事関係で心底世話になってましたから・・・世話になった人々が集い、この“ご栄転”を祝うという会でした・・・。

「◎◎さんがいなかったら、ここまで出来なかったよなぁ~。」と皆が頷き口を揃えるその的確なスキルと献身的なサポートに感謝、感謝です・・・。

惜しまれながら大分を去る方への“餞(はなむけ)”代わりに・・・ワインボトルに皆で“寄せ書き”したり・・・数年にわたるプロジェクトの中での“エピソード”を懐かしい思い出の爆笑話にして、盛り上ります・・・。

この辺りで・・・ビールから焼酎へとチェンジ・・・。この日、この店の豊富な一升瓶棚の中から、目に留まったのが・・・長崎の“じゃがいも焼酎”・・・『じゃがたらお春』・・・。

“お湯割りセット”を頼めば・・・“生”のまま正味一合が入った片口湯呑と・・・お湯を入れた黒い“ガラ”と・・・陶製コップが出てきて・・・自分で好みの“お湯割り”をつくって飲めるという嬉しさ・・・もちろん、オヤジは6:4で・・・4のお湯を先入れし、6の焼酎を後注ぎ・・・。

ほんのりと漂う甘さの芳香に和みながら・・・口にした風味は、“新ジャガ”の記憶が蘇るような確かで穏やかな“澱粉香”が鼻腔をくすぐる感じ・・・。口中で転がして味わう旨さは、甘口に仕上げた麦焼酎が“澱粉質”を纏ったような落ち着いた口あたり・・・辛みがおとなしい分だけ、この“starchy flavor”が円やかな喉越しとなって・・・気持ちよく飲み口を重ねることが出来ました・・・。

こういう“送別の宴”で飲みながら・・・直接的には、その“エピソード”話に居合わせてはいないのに・・・まるで、その場に居たかのように語るオヤジは誰あろう・・・この私です・・・(爆)。

仲間内に笑われながら「しゃぁしんじゃぁ~」(やかましい・・・の意)と・・・まるでニュータイプの“ゴレンジャー”か“ジンジャエール”のように“大分弁”で貶され罵られる快感を得たところで・・・この宴の“主賓”に「これからも、そのスキルとサポート力で良い仕事して下さいね~」と・・・真面目な気持ちで“贈る言葉”を述べながら・・・さらに、飲むのでありました・・・。

■ 「じゃがたらお春」(福田酒造:長崎県平戸市/減圧:じゃがいも・麦・米麹)25度

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在も100位圏内ですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。

More "送別の宴"の味わい・・・
by project-beppin | 2008-03-04 00:47 | 隣人の焼酎・泡盛
出張紀行(その6)/復路・・・“花かご弁当”と「雪洲」ワンカップ
昼過ぎに“福岡空港”に到着後・・・地下鉄を使って“博多駅”へ向かいます・・・(急いで我家に帰りたい心境・・・)。

c0001578_2234381.jpgが・・・その福岡空港の地下で・・・“UMAKAMON”という九州オリジナル物産ショップを見つけました・・・。
おぉ~九州の味・・・“空弁”も、この店オリジナルの「花かご弁当」・・・おふくろのにぎり飯のような素朴さに惹かれて・・・これを購入・・・。ついでに、別府のスイーツを見つけたので・・・“別府温泉蒸しプリン”も・・・。

博多駅では・・・なんと!「壱岐観光物産展」・・・当然、“壱岐焼酎”もありました・・・(神は、私に試練を与えたもうた・・・)物色と試飲した後・・・“買ってぇ~”と言っているようにみえる(笑)ワンカップ『雪洲』を手にとって・・・“青いソニック”へ向かいます・・・。

乗ってしまえば・・・「花かご弁当」・・・“鳥めしにぎり”と“鮭にぎり”の海苔巻きバクダンが2個・・・鳥つくねとコンニャクの串、鳥唐揚げ、だし巻き卵、里芋や椎茸の煮物、沢あん・・・田舎弁当の凝縮となる薄味の味付が・・・えぇんですなぁ~これが・・・。

運命の出会いとも思える・・・「雪洲」のキャップを開けて・・・グビグビ・・・。
くぅ~・・・これが“壱岐焼酎”らしさかもしれませんね・・・ウェットで柔らかな香り・・・米麹の甘みがクロスオーバーするコク旨み・・・喉越しのあと口に、麦の仄かな香ばしさの余韻が奥行きになります。

前日に長岡で飲んだ・・・「ちんぐ 黒」が壱岐の“ガツン濃厚系”ならば・・・こちらは本場の“ウェット旨口系”・・・定番酒といえども・・・味わいの深みには・・・畏れ入ります・・・。この米麹の甘みのハーモニーを大切に醸す味わいは・・・単調な風味に陥りやすい麦焼酎とは・・・一味違います・・・。

食って、飲んで・・・壱岐焼酎のパンフを読みながら・・・豊後へ向かう電車・・・。

“温泉蒸しプリン”と“青いソニック”
by project-beppin | 2005-10-24 22:37 | 旅先の酒と食
“くぎ煮”か?クッキーか?・・・「ちょうちょうさん」
遅く帰って・・・食事は牛丼となめこ汁・・・今、風呂上り・・・“芋ロック”飲みましょうかぁ。

c0001578_7573834.jpg“紫マサリ”という芋種で醸す「赤霧島」・・・店頭で見かけました。
それには手を出さず・・・“紅あずま”で醸す・・・『ちょうちょうさん』。

香りは薄く・・・少しばかり物足りないライトなフレーバー。
口に含んで・・・芋甘さを味わえるんですが・・・喉越しと後口に旨いアルコール刺激が柔らかく・・・。
氷が解けてくれば・・・スイッ、スイッと・・・キレをスムースに味わえます。旨さの奥行きという意味では・・・少し浅いかなぁ・・・。

関西の親戚がこの時期に送ってくれた“くぎ煮”を・・・ちょこっと摘んで・・・この生姜風味の甘辛佃煮・・・噛みしめるたびに濃い旨味を口中に広げてくれます・・・。

それから・・・ひと口、飲む・・・これの味わいの波打つようなバランスに・・・合掌。旨い・・・。
“クッキー”は?・・・っていうと・・・もちろん、女房殿のオツマミですね。

“くぎ煮”・・・daidai_LA さんは・・・ 母の味・・・だそうです。

■「ちょうちょうさん」(長崎大島酒造:長崎県西佐久郡/不明:紅あずま芋・米麹)25度
by project-beppin | 2005-03-30 00:02 | 隣人の焼酎・泡盛