タグ:魚料理 ( 29 ) タグの人気記事
新出張紀行(その2)/口福燗・・・“鱈尽くし”
“雪雲”に覆われた日本海沿いを・・・福岡空港から“ひとっ飛び”・・・。新潟空港には・・・思ったほど雪はなかったのですが・・・長岡市に向かうにつれて“積雪”が深くなりました・・・。

新出張紀行(その2)/口福燗・・・“鱈尽くし”_c0001578_155101.jpg安宿にチェックインして・・・仕事の段取りを終えると・・・居酒屋へと・・・融け残った雪の中を街へ繰り出します・・・。やはり、“忘年会”と思しき人々が行き交う長岡の駅前・・・寒空の中でも、街が暖かな雰囲気に包まれていますよ。

道際には10cm以上の雪が残っているような駅前の居酒屋街・・・暖簾をくぐって、ひとりカウンター席へ座り・・・先ずは“ぬる燗”を注文・・・。焼酎は・・・大手ビールメーカーのものしかありませんでしたからね・・・でも、これが本来の新潟の居酒屋でしょう・・・。
ぬる燗を手酌でひっかけながら・・・“本日のおススメ”とある白板を眺めると・・・“真鱈の白子”という品書きが目に入りました・・・。

真鱈の白子・・・あの天ぷらの旨さが蘇りました・・・。店の大将が“今日は、いいのが入ったんですよ”と一声・・・“んじゃぁ、貰おうかぁ”とオイさんも素直に従います・・・。この季節になったなぁ~と思いながら・・・出された「白子のポン酢」をいただきます。

綺麗ですねぇ~・・・この淡いピンクの艶やかな白子・・・思わず歌いたくなります・・・。

 ♪ こ、これ これ これ 白子と燗酒
  鱈っだ ラッタ ラッタ ラッタ ラッタ ラッ鱈~ ♪ (唱歌:うさぎのダンス・・・の替歌)

箸で口に運ぶ間にも・・・滑り落ちそうな鮮度・・・口の中へチュルっと流し込んで・・・噛めばニュワ~ととろける清楚な旨み・・・ポン酢が効き過ぎず・・・脳醇な白子のコクが舌を覆います・・・くぅぉ~・・・。

 ♪ 箸っで 食いけり
    チュッル チュッル 踊る
   美味に舌巻き 鱈っ鱈っ鱈~ ♪

鮮度のいい真鱈の白子は、実に旨い!“口福燗”は・・・ご当地の定番“芳醇 吉乃川”の燗酒・・・やや辛口なコクのある清酒が、さらに演出してくれます・・・。

More “鱈尽くし”のもう一杯
by project-beppin | 2005-12-18 15:07 | 旅先の酒と食
“産直鮮食”の恩恵(その3)・・・“温めし”と“生牡蠣”
皆さんにも、見ていただきましょうかぁ・・・水産振興祭に行った日曜日の夕食・・・蒲江の“温めし”と杵築の“生牡蠣”・・・豊後の海の“紅白の幸”。

“産直鮮食”の恩恵(その3)・・・“温めし”と“生牡蠣”_c0001578_23441492.jpg蒲江の“温めし”・・・冷凍パックで売っていたものを自然解凍し・・・刻み葱をからめて・・・炊き立てのご飯に無造作にのっけます・・・。
本来なら・・・これに、熱いダシ汁(うちはたぶん昆布だしかな?)を・・・ぶっかけて食べるんですが・・・今回は、何もかけないで・・・大雑把に言えば“ヅケ丼”風に・・・戴きました・・・。
ぶっはぁ~・・・旨めぇ~・・・。

そして・・・
杵築の“生牡蠣”・・・殻を取って“プルン”と震える乳白色の艶・・・カボスを絞って・・・吸い込むように口中へ・・・。
海水の塩分とカボスの酸味が中和して・・・柔らかい柑橘香の甘塩に・・・噛めば広がる牡蠣の濃縮された旨み・・・くぅ~、幸せぇ~・・・。

産地から直送の鮮度を食する・・・“産直鮮食”・・・わが家の愚息たちも“沈黙”したまま・・・味わってました・・・(旨い証ですね・・・)。

もちろん・・・この傍らには・・・カボスを搾った「ぶんご誉」の“お湯割り”がありました・・・。

■ 温めし と 生牡蠣:わが家(自宅)/別府市

More “鰤”と“牡蠣”
by project-beppin | 2005-11-09 23:47 | 美食の街
クロ刺・・・♪ 豊後ぉ~鶴見ぃ崎ぃ~ ♪ 男ぉのぉ~刺身ぃ~ ♪
今日は・・・“オフライン・プレゼント”を頂戴いたしました!・・・って言っても・・・何のことか分りませんよねぇ・・・。

クロ刺・・・♪ 豊後ぉ~鶴見ぃ崎ぃ~ ♪ 男ぉのぉ~刺身ぃ~ ♪_c0001578_2356530.jpgでは・・・お見せしましょう・・・今夜の“肴”の“魚”・・・「クロ刺」。
“クロ”・・・大分では“メジナ”のことをこう呼ぶんですよ・・・。

この刺身・・・我が家では・・・今年の“初モノ”・・・(笑)。目を見張るような高級魚というわけではありませんが・・・何しろ、三枚に下ろして・・・“短冊”を刻みこれだけのが取れるととなると・・・40cm級です・・・。

さてさて、その刺身の旨さは・・・なんていったらいいのかぁ・・・くぅ~・・・淡白なようで、実は上品な甘さを持つ脂があって肉質も硬すぎず柔らかすぎず・・・実に旨い・・・。もう、これには・・・家族も大満足!!!・・・さらに・・・一匹分刺身をひいて・・・家族四人で・・・クロ刺三昧・・・。

♪ ありがとお~ 身のこの うぅまさよぉ~ ♪
♪ 豊後ぉ~鶴見ぃ崎ぃ~ ♪ 男ぉのぉ~さぁぁしぃみぃ~ ♪(鳥羽一郎:男の港・・・の替歌)

この刺身の旨さに興奮しすぎて・・・ご紹介が遅れましたが・・・これこそ、豊後の若き磯釣師“大将”の“オフライン・プレゼント”・・・なんです・・・。“大将”・・・実は、この稚文ブログを見てくれていたkoppaさんのご主人で、玄人に迫る“無冠の磯釣師”・・・(笑)。
素人釣経験者である私に・・・“釣りとは、かくあるべき”と憧れる“豊後の磯釣師”の世界を見せてくれていた方です・・・。

しつこいようですが・・・別府湾で「30cm超のクロが釣れたら、祝杯で宴会をしよう!」と・・・騒ぎまわるような素人釣りをやっていた私には・・・いくら足掻いてもお目にかかれないサイズの“クロ”なんですよ・・・。そして・・・この上なく・・・美味な“魚”であり・・・私にとっては・・・ありがたい“肴”なんですよ!・・・(笑)。

大将!、koppaさん!・・・ホントに、ありがとうございました・・・。

■クロ刺身:わが家(自宅)/釣った人=大将

More その上・・・
by project-beppin | 2005-10-10 23:55 | 美食の街
国東の“銀太刀”・・・太刀魚の塩焼定食
昼頃に・・・国東(くにさき)町を通過する時は・・・私のランチ定食が決まっています・・・。

国東の“銀太刀”・・・太刀魚の塩焼定食_c0001578_2214431.jpg何んといっても一年を通じて“旬”のブランド魚・・・「国東の“銀太刀”」・・・言わずと知れた銀鱗輝く太刀魚です。

塩焼き・・・最もポピュラーですが・・・それが旨いっ!

レモンを絞って醤油を少々・・・箸でホッコリとした身離れを実感しながら・・・ご飯にのせて、一緒に口に運ぶと・・・白身のもっちりとした味わいで・・・堪らないのがこの淡白な塩加減・・・いつ食っても、旨いやぁ~。

細長い魚体から考えると・・・こんなに肉厚ぅ~・・・と思うくらい・・・美味な魚・・・。


晩酌に・・・この二キレ程度あれば・・・焼酎二杯は・・・きれいに飲めちゃいますねぇ・・・。
な~んて、考えているうちに・・・“ごちそーさん”・・・でした。

■太刀魚塩焼定食:磯萬(いそまん)/ 東国東郡
by project-beppin | 2005-06-22 00:19 | 美食の街
宴の会席膳:その五・・・美しき料理
飲んで・・・食べて・・・でしたねぇ。
宴の中で・・・印象に残った美味なる皿たち・・・

宴の会席膳:その五・・・美しき料理_c0001578_2104797.jpg言葉はいりませんよねぇ・・・。


■コース会席:はな村/別府市野口中町

More・・・とろろ昆布の鉄火巻
by project-beppin | 2005-04-06 21:08 | 美食の街
宴の会席膳:その壱・・・お造り
一昨日は・・・“送別の宴”・・・
会席の御膳を飾る美味なる料理・・・数回にわたってご紹介します。

宴の会席膳:その壱・・・お造り_c0001578_20221885.jpg名残惜しい“送る言葉”の後に・・・ビールで乾杯!
前菜をいただいて・・・緑釉をかけた“織部”風の皿には・・・鰺、烏賊、車海老の『お造り』

山葵をのせて・・・醤油にチョコンと・・・。

鰺は、新鮮な歯ごたえ・・・
烏賊は、厚みのある舌触り・・・
車海老は、噛めばプリプリの甘さ。


会席の味わいは・・・素材の本質を鮮度で味わう・・・「お造り」から始まります・・・。
量的には少なくて良いんです・・・刺身を“旨い”と思えた宴席は・・・あとの料理も美味しいことが多くありませんか?
by project-beppin | 2005-04-01 22:32 | 美食の街
嗚呼!ふぐ会席・・・番外編:『ふぐ寿司』
“ふぐ皮の肝合え”・・・“刺し”・・・“唐揚げ”・・・“ふぐ鍋”・・・“雑炊”・・・と続いて、満腹。

嗚呼!ふぐ会席・・・番外編:『ふぐ寿司』_c0001578_1114357.jpgあ~ん?大分のふぐ会席としては?・・・なにかひとつ足りませんねぇ。
そうなんです!唐揚げのあとにもう一品ありました・・・“ふぐ寿司”

半透明な艶やかな刺身・・・
透けて見えるのは・・・彩り鮮やかな“ふぐ寿司”トリコロール・・・肝・・・紅葉おろし・・・浅葱
箸をとらずに、手で摘んで・・・ちょこんとポン酢を・・・一口でいただく・・・

シャリの酢香もほのかで、上品です。なんと言っていいやら・・・
“うひょぉ~~~!”

(注:“うひょぉ~~~!”=けんじさんオリジナルの旨さの擬態語・・・摘ませていただきました・・・)

■ふぐ会席:つま味/別府市元町
by project-beppin | 2004-12-11 11:14 | 美食の街
嗚呼!ふぐ会席・・・その弐:『ふぐ刺し』と『ヒレ酒』
ホラホラッ・・・“ふぐ刺し”が来ました~!来ましたヨ~ン!

嗚呼!ふぐ会席・・・その弐:『ふぐ刺し』と『ヒレ酒』_c0001578_1275415.jpgご自慢の自家製ポン酢に・・・浅葱、紅葉おろし、そして肝を入れて・・・少し和えてっと・・・。

大分は・・・絵皿が透けて見えるような薄引きではなく・・・肉厚のふぐ身の歯応えを味わうんです。
皮と小葱を刺身で巻いて~・・・ちょんとポン酢に潜らせて・・・口の中へ・・・。

鼻先に残るポン酢香・・・舌の上では、肝のコクが滲み・・・噛んで、身のプリッとした弾力と感じて・・・淡白な旨みを味わい・・・身の中に包まれた小葱はサックっと・・・皮はコリッと・・・

噛むたびに、心地よく跳ね返す厚い刺身・・・ふぐ、ふぐ、ふく、福・・・至福~

嗚呼!ふぐ会席・・・その弐:『ふぐ刺し』と『ヒレ酒』_c0001578_11185439.jpg この時とばかりに・・・“ヒレ酒”登場!

おっと・・・アルコールを飛ばした熱燗が匂いたちました~。杯を手にとっても熱くないように竹籠を編みつけてあるのも・・・粋だね~。

杯に唇を啜るようにあてると・・・ヒレの焦げた香りに甘~い燗香が混じり・・・口の中で染渡るヒレのコク・・・クゥッ~・・・絶句・・・。

More “ヒレ酒”・・・秘儀の炎
by project-beppin | 2004-12-09 22:31 | 美食の街
嗚呼!ふぐ会席・・・その壱:『ふぐ皮の肝和え』
私は今日から忘年会が、はじまりました。・・・美味い料理をご紹介します。
本日からは、3回にわたって、大分名物“ふぐ会席”の特集です。

嗚呼!ふぐ会席・・・その壱:『ふぐ皮の肝和え』_c0001578_22493347.jpg座って、まずはビールですね・・・乾杯~・・・グビッ、ふ~っ~う、旨いっ!

さてと、あぁっ!・・・“ふぐ皮の肝和え”・・・1年ぶりですね。
ポン酢タレに浸って耀いてます。・・・まずは一口・・・く~っ、旨め~。

確かに、ふぐ皮です・・・このコリコリ感は、他の食材で味わったことがありません。肝も大きいし、淡白でありながら濃い旨みが出ています・・・何の肝かなんて・・・どうでもいいぐらい美味。

噛む・・・コリッコリッ・・・あっ、肝の旨みが広がった・・・呑み込んでも、喉を皮と肝汁が交互に通るのが味覚と触覚で感じられます。ビールをグビッ!皮をコリッ!肝も・・・く~っ!・・・悶絶~

(つづく)
by project-beppin | 2004-12-08 22:56 | 美食の街