タグ:鹿児島県 ( 9 ) タグの人気記事
“夏豆”に“スィっと・ロック”・・・「薩摩の藍」
出張で茨城県つくば市ほかへ行ってきました・・・。暑かったですねぇ~・・・何処もかしこも・・・“夏本番”の陽射しが照り付けて・・・オヤジは汗だくでした・・・(笑)。

c0001578_2311557.jpg仕事を終えて・・・“ちょっと一杯飲んで帰ろう~”と誘ってもらうと・・・“断る”理由はありませんよね・・・。

誘っていただいた方が「以前のキープがあるから・・・」と入ったのは・・・駅前のF.C.居酒屋“魚民”・・・。カードらしきものを提示して・・・しばらく待ちながら・・・雑談・・・

「こっち(関東)でも・・・焼酎の“銘柄”は増えたねぇ~」

そう言われて“お酒メニュー”を見ると・・・銘柄の主流はやっぱり“芋”ですが・・・確かにここでも4合瓶が2千円前後・・・“キープ銘柄”の多くは・・・焼酎です・・・。

出て来たのがコレ・・・芋焼酎『薩摩の藍』・・・私は“ロック”で・・・。

芋の甘くやさしい澄んだ香りで・・・綺麗で軽快な旨さがあります・・・。
すっきりと飲める“スイート・ポテト”ってな感じで・・・“スィっと・ロック”・・・こんな居酒屋には似合っています・・・。

アテは・・・“夏豆”・・・。“そら豆”の異名でもありますが・・・“枝豆”も付いて・・・その上、つくば名物の“落花生”も・・・ご当地の夏らしい“塩茹で豆”尽くし・・・。
塩梅のいい“塩茹で豆”は・・・甘めの芋焼酎に・・・うってつけのアテでした・・・。

ここでも・・・こんな感じで飲めるんですから・・・やっぱり、ブームの泡が落ち着いて・・・“焼酎飲酒”は・・・確実に“全国区”になったという実感・・・。

■「薩摩の藍」(さつま無双:鹿児島県鹿児島市/常圧:芋・米麹)25度
by project-beppin | 2006-07-29 23:17 | 旅先の酒と食
“はちみつリンゴ”香の“爽快”さ・・・「あまみ 長雲」
“蝉”が鳴き始めたと思ったら・・・早くも“蒸暑い”を通り越して“熱波酷暑”・・・今年の最高気温の更新だけでなく不快指数も高かったですねぇ・・・。

c0001578_1021499.jpg帰り着けば・・・即“シャワー”・・・(笑)。

「暑かったねぇ~」と女房殿に声をかけながら、席につけば・・・“煮込みハンバーグ”と“ポテト・キッシュ風卵焼き”に“とりもつ”・・・。

それなら・・・すっきり“爽快”な晩酌を楽しみたい気分ですから・・・『あまみ 長雲』30°を7:3の“ソーダ割り”・・・。

先日、“東九州大返し”をやってのけたけんじさんからの頂戴モノ・・・照りつける太陽と光り輝く渚を思い浮かべながら“夏酎”たる“島酒”の味わいを・・・。

五合瓶のキャップを開けた途端に香る“甘美”な“黒糖香”・・・なんと言ったら良いのか・・・レンゲの“はちみつ”のようでもあり・・・齧りついた時の“リンゴ”のようでもあり・・・“はちみつリンゴ”の香りに想えます・・・。

ソーダを注いだ“発泡香”・・・このスパークリング感を口に含むと・・・“COOL”に響く炭酸ドライ感に香るような甘みのキレが好く・・・鼻腔へ抜けてゆく“香酸味”・・・。

薄まっても崩れない“甘美”な味わいに続いて・・・喉越しでコクのある旨味が味わえて・・・余韻はスッキリ“爽快”な気分になれます・・・。

ありがたく“グビッ”っと“シュワッ~”っと・・・ビールがなくても“夏酎ソーダ”・・・。

■「あまみ 長雲」(山田酒造:鹿児島県大島郡/常圧:黒糖・米麹)30度

More “とりもつ”も旨~い
by project-beppin | 2006-07-15 10:05 | 隣人の焼酎・泡盛
洒落た宴席で・・・「なかむら穣」
昨日、別府公園の“梅園”の後・・・午後の仕事を早めに片付けて・・・夕方からは、知人宅の“宴席”に参加しました・・・。

c0001578_22113612.jpg“現代の数奇屋人”的な“洒落人”である知人は・・・“海外に行ってきた報告会”と称して・・・その土産話を肴に・・・思い出の地の美味しいワインを抜いて・・・楽しく飲みましょうと・・・この宴を企画してくれました・・・。

ご家族と仲間が集まれば・・・テーブルの上には・・・竹の洒落た盛器に“刺身の盛り合せ”・・・豪華なテーブルを囲みます・・・。先ずは、ビールで・・・乾杯~!
その後は・・・思い出話も織り交ぜた美味しいイタリア・ワインも堪能しながら・・・各々、持ち寄ったビール、清酒、焼酎も一緒に・・・。

そんな“宴席”に声をかけていただいた私としては・・・芋焼酎が好きなこの知人への“とっておきの一本”を選んだつもりで・・・この芋焼酎“原酒”を持参しました・・・『なかむら穣』37°・・・。

もちろん、私もこれまで飲んだことのない芋焼酎でしたので・・・“お毒味”といいながら・・・“生”で飲んでみました・・・。

“ふわっ~”と柔らかくも鮮明な香りが宿る感じで匂い発つ甘い芳香・・・口に含んめば、重なりあう馥郁たる味わいの円やかさ・・・深く滑らかな“白麹”芋の奥行きと上質な甘旨さが・・・口あたりの優しさを損なわずに・・・鼻腔にも安らぎを与えるような気品のあるアロマとなって・・・広がるようです・・・。原酒にありがちなパンチの効いたアルコール感ではなく・・・“柔能く剛を制す”とはこのこと!・・・と思ってしまうほど・・・喉越しも、余韻も円やかさに包まれた清らかなアルコール感でした・・・。

いやいや、確かに旨いのですが・・・この日は“御呼ばれ”の“宴席”ですから・・・この味わい話は“野暮”というもの・・・。

■「なかむら穣」(中村酒造場:鹿児島県国分市/常圧:芋・米麹)37度

実は、この“宴席”は・・・これよりも“洒落た演出”と・・・さらに話題をさらった衝撃の“芋焼酎”がありました・・・(笑)。

More “現代の数奇屋人”的“宴席”と“芋焼酎”・・・
by project-beppin | 2006-03-05 22:24 | 隣人の焼酎・泡盛
南北珍味で・・・薩摩の麦「豊後いのいち」
午前中は、暖房のない現場作業でした・・・。夕方、ラジオで“Livedoor”と“証人喚問”の報道を聞きながら・・・“デスクワークの錬金術”の虚構が暴かれたことに・・・“やっぱ、ものづくりだよなぁ~”と・・・自らを励ますように玄関を開けて・・・“ただいまぁ~”・・・。

c0001578_1583599.jpg昨日の羽田空港で見つけた・・・沖縄(南)と北海道(北)の“珍味”で晩酌と・・・悦び勇んで席に着きます・・・。

北は・・・北海道の缶詰“えぞ鹿大和煮”・・・プルンとした“煮コゴリ”・・・思ったよりは柔らかい“えぞ鹿肉”・・・馬と牛の中間的な食感・・・噛みしめれば滲むちょっとクセある甘露な鹿肉風味・・・。

南は・・・沖縄“海ぶどう”・・・艶やかさが輝く別名“グリーンキャビア”・・・冷水で洗って水切りして・・・そのまま食べると・・・口中で“プチプチ”と弾けながら・・・塩味が綺麗・・・。
馬路村の“ゆずポン酢”に・・・ちょこっと漬ければ・・・これまた、鮮度を味わう“シンプル・イズ・ベスト”・・・。

で・・・麦焼酎も・・・これまた県外銘柄・・・『豊後いのいち』・・・。
あの芋・芋麹の「蘭」で知られる鹿児島の黄金酒造の麦焼酎・・・“遠赤焙煎仕込法”と“ペーハー転換蒸留法”を採用したというフレコミなんですが・・・PB(プライベート・ブランド)なのか?・・・わざわざ“豊後”とラベルにあるところが・・・歴史を感じます・・・。少なくとも、“豊後”と入れることで買ってくれる酒屋があったか?・・・はたまた、“豊後”と入れなければ売れないと一考したネーミングなのか?・・・今は、蔵元のHPにも商品紹介はありませんから・・・まだ、芋焼酎が売れないブーム以前に蒸留していた?・・・“商品戦略上”で必要不可欠な“豊後”を冠するラベルであるところに惹かれました・・・デッド・ストックものでしょうかねぇ・・・。

“生”の味わいは・・・甘い麹香を持つような芳香・・・含んだ時の甘さはしっかりしていますが・・・鼻抜けの風味が、独特な“炒り麦”のようなドライ感・・・全麹のような甘旨みがどこか“古びた味わい”にも思え・・・喉越しまでこのクセのあるコク甘さが残ります・・・。

これは、直感的に“生”より“お湯割り”だと思いましたね・・・さいわい“黄カボス”もありましたので・・・銘柄に冠した“豊後”らしい飲み方6:4の“黄カボスお湯割”で飲めば・・・クセのある“炒り麦”風味が消え・・・スイスイと甘みが活きた味わいが心地よくなります・・・。

何となく・・・“豊後のいいち”と読み違えてしまいそうなタイポグラフィーのラベルに・・・麦焼酎の“豊後”ブランドへあやかりたいという感じが読み取れるのは・・・私だけでしょうかねぇ・・・(笑)。

■「豊後いのいち」(黄金酒造:鹿児島県国分市/不明:麦・麦麹)25度

More 南海の“長命草”・・・海ぶどう
by project-beppin | 2006-01-20 01:58 | 隣人の焼酎・泡盛
ドライカレーとチキンスープと「有泉」と・・・
春一番かと思うような強風ですが・・・雪混じりの雨・・・。

c0001578_2323482.jpg9時をまわって、帰宅・・・夜食に近い夕食は・・・“ドライカレー”と“チキンスープ”・・・ですか。

ドライカレーは・・・ピリッとしたご飯がパサパサ気味の方がいいですねぇ。
チキンスープは・・・コンソメスープに骨付きチキンが柔らかい・・・結構、いい味出してます。

この時間なら・・・晩酌も、あんまり飲めないですが・・・『有泉』を一杯だけ。

軽く甘~い香り・・・軽快でありながらフルーティーな旨甘み・・・黒糖らしい旨甘みのキレもきれいな喉越しです。


“生”で飲みながら・・・次の一杯は、“ロック”にしようと思ってます。
(これを書きながら・・・“ロック”で飲んでます。)

■「有泉」(有森酒造:鹿児島県与論島/常圧:黒糖・米麹)25度
by project-beppin | 2005-03-24 23:24 | 隣人の焼酎・泡盛
“ギョーザ”の時は、芋飲みたくなるんですよ・・・「村尾」
今日は、雪が舞う一日でしたねぇ・・・寒かった。
少し熱っぽくて・・・悪寒がしたり・・・気をつけないと・・・。

c0001578_047971.jpg夕食は・・・ギョーザもパリパリ・・・旨そうです。
和風ちゃんぽん」の時に・・・ちょっとばかしスープの話を書いたばかりですが・・・太平燕(タイピエン)も出てきました。
春雨入りスープで、中華風の夕食・・・いい味出してます。

深酒せずに・・残ってた『村尾』・・・“生”で一杯だけ。
芋の香ばしさも強く、コクと旨甘みのバランスもしっかりと・・・“ズバン主張”が旨いです。
なぜか・・・“ギョーザ”の時は・・・芋飲みたくなるんですよ・・・また、これが好いんですよぉ・・・。

■「村尾」(村尾酒造:鹿児島県川内市/常圧:芋・米麹)25度
by project-beppin | 2005-02-20 22:22 | 隣人の焼酎・泡盛
キリリとした舌触り・・・「玉露 甕仙人」
正月早々、残業でした・・・。食事を終えて・・・かぼちゃの煮つけで一杯です。

c0001578_23355526.jpgたまには、芋も・・・と・・・取り出したのですが・・・『玉露 甕仙人』

最後の一杯でした。ロックでスィーっといただきましょうかね・・・甕仕込みのピリっとした甘辛さのような旨味が程好く・・・きりりとした舌触りでありながら・・・甘みも上品。

かぼちゃの甘さも美味・・・疲れた時には・・・こんな晩酌も・・・合掌。



■「玉露 甕仙人」
(中村酒造場:鹿児島県国分市/常圧:芋・米麹)25度
by project-beppin | 2005-01-06 23:40 | 隣人の焼酎・泡盛
パンチの効いた味わい・・・「かめ壺仕込み 白波」
パリッと焼けた餃子ですね・・・。 旨そう~・・・“芋”にしようかなぁ・・・

c0001578_2244374.jpgよし!・・・それなら、残ってる“芋”を空けちゃいましょうか・・・。

甘みも香りも個性的で刺激的な旨さと言っていい・・・『かめ壺仕込み 白波』

定番の「白波」も旨いですが、これは一味も二味もビッシっとしてますね・・・甘み、旨み、雑味、アルコール感に刺激的なパンチがあります。このクセの強さがいいですねぇ。

芋らしいあとくちの余韻が好きなんです・・・。


■「かめ壺仕込み 白波」
(薩摩酒造:鹿児島県枕崎市/常圧:芋・米麹)25度
by project-beppin | 2004-12-14 22:31 | 隣人の焼酎・泡盛
ズバンと余裕があるのが・・・「村尾」/芋焼酎
本日は、休肝日・・・“棚ボタ”の思い出の味わいを一話だけ・・・
2週間ほど前、酒宴で芋の『村尾』を飲みました。鹿児島出身の方が持参し、会場を沸かせた一本です。一升瓶に残った一合あまり・・・瓶ごといただきました。
酒宴では・・・旨い・・・という記憶が残るのが精一杯で・・・持ち帰った一合あまりを晩酌で・・・ありがたく堪能させていただきました。

■「村尾」(村尾酒造:鹿児島県川内市/常圧:芋・米麹)25度

c0001578_20153597.jpg生  :独特の芋の香ばしくふくよかな香り・・・そして口の中に芋の甘みを伴った転がるようなアルコール感。ノド越しもはじめは柔らかく、スバンと舌触りに旨さの余韻が残ります。生でも旨さが私好みです。

ロック:香りは控えめになりますが、口の中では程好い甘みを味わうことができます。氷が解け始めても味わいの奥に香ばしい旨みを感じることができる。これも旨い!

お湯割:やわらかい香ばしいさに甘みを嗅ぐことができます。芋の香ばしさの甘みと柔らかな雑味の旨さのバランスの良さ、余韻の心地よさが秀逸です。

芋の香ばしい旨みと甘みのバランスをズバンと保ちながら、後味の余韻に余裕があるのが村尾の特徴でしょうね。生、ロック、お湯割り飲み方を選ばず、どの飲み方でも旨さを各々の好みで味わえるところが良いですね。
by project-beppin | 2004-11-29 20:39 | 隣人の焼酎・泡盛